Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2024年 01月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 3件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 79 投票 | 0 コメント

サイトカレンダ - ピックアップ

記事 (31)

2023年 Cha-ngokushi納め(神戸Cha-ngokushi2023年12月29日)


物品 ※前の記事 リンク:長沙走馬楼呉簡の研究(古田史学会報 第147号 2018年8月13日)

 2023年12月29日金曜日、6時に目覚し時計。阪急の特急を乗り継ぎ、西へ。11時過ぎに駒ヶ林駅に到着、そこからすぐに神戸のブックカフェCha-ngokushi(ちゃんごくし)に到着。

・Cha-ngokushi (Changokushi) さん / X
https://twitter.com/Changokushi

※関連記事 三国志八宝茶 孫呉大都督(神戸Cha-ngokushi2023年11月4日-)

 この日が2023年営業最終日だそうで、そのためCha-ngokushiのメニューの飲み納め/食べ納めにやってきた。2023年には新メニューがなんと3品も開発されており、下記関連記事に列挙するように、3月18日に普洱茶ミルクティー、8月14日に碧眼紫髯の杏仁プリン、11月4日に三国志八宝茶 孫呉大都督がリリースされた。

※関連記事
 普洱茶ミルクティー(神戸Cha-ngokushi2023年3月18日-)
 碧眼紫髯の杏仁プリン(神戸Cha-ngokushi2023年8月14日-)
 三国志八宝茶 孫呉大都督(神戸Cha-ngokushi2023年11月4日-)

 さらに期間限定のノベルティを含めると下記関連記事にあるように3月3日に 丕なあられ、3月11日に 三国志ろいマシュマロが配られていた。

※関連記事 三国志ろいマシュマロ(兵庫県神戸市Cha-ngokushi 2023年3月11日-)

水鏡先生の好好水餃子を作って一緒に春節を祝おう会!(兵庫県神戸市Cha-ngokushi 2024年2月11日)


物品  下記のX AccountのStatusで知ったこと。

・Cha-ngokushi (Changokushi) さん / X
http://twitter.com/Changokushi

※関連記事 三国志八宝茶 孫呉大都督(神戸Cha-ngokushi2023年11月4日-)

※新規関連記事 第四回 志在千里(神戸長田Cha-ngokushi2024年3月24日)

・XユーザーのCha-ngokushiさん:「 【2/11参加者募集 三国志メシを作ろう番外編!水鏡先生の好好水餃を作って一緒に春節を祝おう会!】 4年ぶりに三国志メシを作ろう会を開催!春節に縁起のいい水餃子と冰皮月餅を作って祝いませんか? ■日時:2月11日(日)14時 ■参加費:1300円 ■定員:10名 ご参加はこちら⇒https://twipla.jp/events/596765 ...
https://twitter.com/Changokushi/status/1748277871834218973

 上記のポスト内でもリンクされているが、下記イベントページにあるように、兵庫県神戸市長田区二葉町五丁目1-1-104の六間道なごみサロン内 ブックカフェCha-ngokushi(ちゃんごくし)2024年2月11日日曜日14時から17時30分まで「三国志メシをつくろう番外編!水鏡先生の好好水餃子を作って一緒に春節を祝おう会!」が開催されるという。参加費1300円、定員10名。スピンオフ元のイベント「Cha-ngokushiで『三国志メシ』を作ろう」は下記関連記事にあるように、マンガ『三国志メシ』作中に登場する料理を作る参加型企画で、現状最後に開催したのは2020年2月2日、そうパンデミック前ということで、それと同じイベントだとみなすと4年ぶりの開催となる。今回つくる料理はスピンオフ元のようにマンガ作品からではなく、お店「Cha-ngokushi」のメニュー、水鏡先生の好好水餃、さらに冰皮月餅とのことだ。前者については下記関連記事(3番目)参照のこと。ちなみにタイトルにある今年の春節は2月10日。

・三国志メシをつくろう番外編!水鏡先生の好好水餃子を作って一緒に春節を祝おう会! - TwiPla
https://twipla.jp/events/596765

※関連記事
 Cha-ngokushiで『三国志メシ』を作ろう!(2017年5月14日)
 メモ:第12回 Cha-ngokushiで『三国志メシ』を作ろう(2020年2月2日)
 ブックカフェCha-ngokushi( ちゃんごくし )にて勝手にDay 4 漢(神戸2020年6月2日)

※新規関連記事 春節カウントダウン(横浜中華街関帝廟2024年2月9日-10日)

 

リンク:長沙走馬楼呉簡の研究(古田史学会報 第147号 2018年8月13日)


ネット ※前の記事 光緒十年怡怡堂刊『関帝明聖真経』と斉有堂「霊験記」について(汲古 第84号2023年12月)

 2023年12月28日木曜日、三国志ニュースの記事「リンク:宮闈宴楽図漆案についての考察と画像(2017年12月1日)」についてポストしたとき、久々に関尾先生のブログを見ると、下記のその日の17:15付のブログ記事に情報が書かれてあった。

・關尾史郎のブログ
http://sekio516.exblog.jp/

※関連記事 三国志拾遺 補(2023年3月21日)

※新規関連記事 塼画墓・壁画墓と河西地域社会(2024年2月26日出版)

・「長沙走馬楼呉簡の研究」
https://sekio516.exblog.jp/30582024/

 それによると、下記サイトの下記ページに、『古田史学会報』147号(2018年8月13日)掲載の古谷弘美「長沙走馬楼呉簡の研究」という記事が読めるようで。

・古田史学会報
https://www.furutasigaku.jp/jfuruta/jfuruta9.html

・長沙走馬楼呉簡の研究 古谷弘美
https://www.furutasigaku.jp/jfuruta/kaiho147/kai14703.html

邪馬台国をゆく(福岡県福岡市2024年1月25日,2月22日,3月28日)


教育機関 下記関連記事の流れで講座を紹介。

※関連記事 九州視点 「再構築」邪馬台国時代(福岡県北九州市2023年10月21日、12月2日、2024年1月27日、2月24日、3月30日)

※新規関連記事 奇書「先代旧事本紀」を読む(東京都新宿区2024年1月13日,2月10日,3月9日)

下記サイトの下記ページによると、福岡県福岡市博多区博多駅前2-1-1福岡朝日ビル8階 朝日カルチャーセンター福岡教室にて2024年1月25日,2月22日,3月28日の第4木曜日13時から15時まで歴史作家・福岡県文化団体連合会顧問  河村哲夫先生による全3回の講座「邪馬台国をゆく」があるという。「本講座はZoomミーティングを使用した、教室でもオンラインでも受講できる自由選択講座です」、また「見逃し配信(1週間限定)」ありとのこと。受講料はで7800円(税別)。下記関連記事(2番目)の続き。

・朝日カルチャーセンター | 福岡教室
https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WKyotenTopPage.do?id=fukuoka

※関連記事 見えてきた邪馬台国と吉野ケ里(福岡県福岡市2023年10月28日,11月25日,12月23日)

※新規関連記事 邪馬台国三国志 魏・呉・蜀と楽浪公孫氏の考古学(オンライン2023年10月16日分録画)

・邪馬台国をゆく
https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=4624420

※前回同講座記事 邪馬台国をゆく(福岡県福岡市2023年10月26日,11月30日,12月28日)

※新規関連記事 大和王権の成立と地域伝承(福岡県福岡市2024年4月25日,5月23日,6月27日)

光緒十年怡怡堂刊『関帝明聖真経』と斉有堂「霊験記」について(汲古 第84号2023年12月)


研究 ※前の記事 舞台 パリピ孔明(東京2024年5月3日-6日 大阪2024年5月10日11日)

 2023年12月26日火曜日、帰宅すると、古典研究会編『汲古』第84号(汲古書院2023年12月)が届いてた。汲古書院の学術誌『汲古』(古典研究会編)は半年刊。ISSN 0289-2693

・株式会社汲古書院 古典・学術図書出版
http://www.kyuko.asia/

※関連記事 全譯魏武帝註孫子(2023年12月25日出版)

※同誌前号記事 始皇帝の遺詔と薄葬の系譜(汲古 第83号2023年6月)

※新規関連記事 塼画墓・壁画墓と河西地域社会(2024年2月26日出版)

 その第84号のpp.38-44に小谷友也・佐々木聡「光緒十年怡怡堂刊『関帝明聖真経』と斉有堂「霊験記」について」という論文がある。

※関連記事 魏晉南北朝史研究会第21回大会・国際学術講演会(2021年9月18日・19日)

九州視点 「再構築」邪馬台国時代(福岡県北九州市2023年10月21日、12月2日、2024年1月27日、2月24日、3月30日)


教育機関 下記関連記事の続きで講座を紹介。

※関連記事 考古学が挑む邪馬台国10の問い(オンライン2024年1月17日,2月21日,3月20日)

※新規関連記事 邪馬台国をゆく(福岡県福岡市2024年1月25日,2月22日,3月28日)

下記サイトの下記ページによると、福岡県北九州市小倉北区室町1丁目1-1 リバーウォーク北九州2階 朝日カルチャーセンター北九州教室またはオンラインにて2023年10月21日、12月2日、2024年1月27日土曜日13:30-15:00、2月24日土曜日14:00-15:30、3月30日土曜日13:30-15:00に「九州視点 「再構築」邪馬台国時代」というリレー方式講座があるという。受講料会員 15000円(税別)。すでに終わっている回もあるが、各回申込ができるとのことで紹介した。 1回会員3200円(税別)、一般3900円(税別)

・朝日カルチャーセンター | 北九州教室
https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WKyotenTopPage.do?id=kitakyushu

※関連記事 三国志のロマンとリアル(福岡県北九州市2019年4月6日-)

・九州視点 「再構築」邪馬台国時代
https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=4532075

舞台 パリピ孔明(東京2024年5月3日-6日 大阪2024年5月10日11日)


ショー ※前の記事 イジンデン(2023年7月10日/第2弾2023年12月25日)

 2023年12月22日金曜日、下記のX AccountのStatusで知ったこと。

・舞台『パリピ孔明』公式 (paripi_stage) さん / X
http://twitter.com/paripi_stage

・Xユーザーの舞台『パリピ孔明』公式さん:「 舞台『パリピ孔明』 2024年5月、東京・大阪にて上演決定// 石田 明(NON STYLE)による脚本・演出で、 諸葛孔明、今度は舞台に降臨!! 主演・藤田 玲が演じる諸葛孔明の壮麗な佇まいと、幻想的で都会的な空間が融合した舞台版ビジュアル公開!! https://paripikoumei-stage.com #パリピ孔明 #パリピ舞台 ...
https://twitter.com/paripi_stage/status/1737971734949859592

 下記サイトにあるように、マンガ原作の「舞台 パリピ孔明」が東京都品川区東品川2-3-16 シーフォートスクエア内2階 天王洲 銀河劇場にて2024年5月3日金曜祝日13時開演、18時開演、5月4日土曜日13時開演、18時開演、5月5日日曜日13時開演、18時開演、5月6日月曜祝日12時開演、16時30分開演で上演され、また大阪府大阪市北区梅田2-4-9ブリーゼタワー7F サンケイホールブリーゼにて5月10日金曜日18時30分開演、5月11日土曜日12時開演16時30分開演で上演されるという。脚本・演出は「NON STYLE」の石田明さん。

・舞台『パリピ孔明』公式サイト
https://paripikoumei-stage.com/

※関連記事
 パリピ孔明 15巻(2023年10月5日)
 パリピ孔明(フジテレビ新水10ドラマ2023年9月27日-)
 パリピ孔明 Road to Summer Sonia(2024年3月1日)

※新規関連記事 舞台 パリピ孔明 キャストコメント(2024年2月10日-18日)

・天王洲 銀河劇場 | THE GALAXY THEATRE
https://www.gingeki.jp/

・サンケイホールブリーゼ
https://www.sankeihallbreeze.com/

※関連記事 舞台 真・三國無双 官渡の戦い(東京2018年4月26日-5月1日 大阪5月5日-6日)

考古学が挑む邪馬台国10の問い(オンライン2024年1月17日,2月21日,3月20日)


教育機関 そろそろチェックしないと見逃しそう、というかすでに1件見逃しているので、下記関連記事の続きで講座を紹介。

※関連記事 清と濁の間――銘文と考古資料が語る曹操とその一族(2024年3月11日)

※新規関連記事 九州視点 「再構築」邪馬台国時代(福岡県北九州市2023年10月21日、12月2日、2024年1月27日、2月24日、3月30日)

下記サイトの下記ページによると、横浜市西区高島2-16-1ルミネ横浜8階 朝日カルチャーセンター横浜教室主催でオンラインにて2024年1月17日、2月21日、3月20日水曜日15:30-17:00に東京大学名誉教授の設楽博己先生による「考古学が挑む邪馬台国10の問い」という講座があるという。「会員 9,900円(税込)」。初回は終わっているが見逃し配信ありということで記事にした。

・横浜教室 | 朝日カルチャーセンター
https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WKyotenTopPage.do?id=yokohama

※関連記事 『魏志』倭人伝通読(神奈川県横浜市2023年10月13日,11月10日,12月8日)

※新規関連記事 卑弥呼・邪馬台国と倭の五王と氏族(神奈川県横浜市2024年4月2日-6月18日)

・考古学が挑む邪馬台国10の問い|朝日カルチャーセンター|横浜教室|講座詳細
https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=4597746

※関連記事 考古学が挑む邪馬台国10の問い(神奈川県横浜市2019年4月6日)

イジンデン(2023年7月10日/第2弾2023年12月25日)


ゲーム
※前の記事 諸葛孔明の兵法(2023年8月16日発売)

 2023年12月21日木曜日、下記のX AccountのStatusで知ったこと。さらに下のStatusで第1弾の発売日、さらに下の別のStatusで第2弾の発売日を知る。

・イジンデン/ダイソーオリジナルトレーディングカードゲーム (ijinden100) さん / X
http://twitter.com/ijinden100

・Xユーザーのイジンデン/ダイソーオリジナルトレーディングカードゲームさん:「 【新カードリスト公開!!】 イジンデン第2弾の全カードリストを公開いたしました。 https://one-draw.jp/ijinden/cardlist.html 年末の発売に向けて頑張って準備中です。お楽しみに! #イジンデン #ダイソー ...
https://twitter.com/ijinden100/status/1737412918176887097

・Xユーザーのイジンデン/ダイソーオリジナルトレーディングカードゲームさん:「 【本日発売!イジンデン!】 イジンデンはダイソーで販売されるトレーディングカードゲームです。 世界のイジンを召喚する魔法使いとなって、ライバルよりも強いデッキを作りましょう! さぁ君も、ダイブトゥ イジンデン! #ダイソー #イジンデン ...
https://twitter.com/ijinden100/status/1678385211141406726

・Xユーザーの木志田コテツ@だし屋のマルサヤさんとのコラボ商品販売中!さん:「 【宣伝拡散希望】#ダイソー 100円で始められる! 大人気TCG #イジンデン 第二弾 【SR 諸葛亮】描かせて頂きました。 黄スターター「三国の英傑」のパッケージに 採用して頂きました。 ...
https://twitter.com/KIN_G_OF_KINGS/status/1739246460842184898

※関連記事
 戦国大戦トレーディングカードゲーム 時代別 強化パック ~三国志~(2018年1月26日)
 絶対に人に言いたくなる ろくでもない三国志の話(2018年3月30日)

 2023年7月10日より下記サイトにあるように大創出版より「イジンデン スターターセット」3種類と「イジンデン スターターセット」が各100円(税別)でダイソーにて発売されたという。「イジンデン スターターセット」3種類は下記サイトから引用するに「上杉謙信率いる「伝説の武将デッキ」、レオナルドダヴィンチによる「知と美の革命デッキ」、出雲阿国をはじめとする「日本の大天才デッキ」の3種類。」とのこと。また2023年12月25日にその第2弾が発売され、そのスターターセットは「三国の英傑デッキ」でパッケージに諸葛亮が描かれている。

・イジンデン トップページ
https://one-draw.jp/ijinden.html

※新規関連記事 イジンデン公式動画【黄デッキ解説】戦略で戦場を支配しよう!三国の英傑デッキ!(YouTube2023年12月25日)

恋姫†シリーズ版画展(2024年1月5日-2月26日 金曜-月曜)


絵画 下記のX Accountのプロモーションで知ったこと。

・【公式】アールジュネス (illustrator_fes) さん / X
https://twitter.com/illustrator_fes

・アールジュネス・軸中心派・E☆2-えつ-
https://artjeuness.jp/

※関連記事 『アナログの力』展 小林智美(東京2022年10月6日-24日、大阪11月3日-21日)

・恋姫†シリーズ版画展 |
https://artjeuness.jp/contents/652/

上記サイトの上記ページにあるように、または公式Xアカウントを辿って見れる限り、2024年1月5日金曜日から1月8日月曜祝日までの山口県周南市 周南地域地場産業振興センターでの開催を皮切りに、今のところ、2月23日金曜祝日から2月26日月曜日までの奈良県大和高田市 奈良県産業会館での開催まで「恋姫†シリーズ版画展」が各期間(金曜日から月曜日まで、11時から18時30分/19時まで)各所で開催されるという。原画ではなく版画だからか同時開催もある。このシリーズには「恋姫†夢想」シリーズも含まれるという。

※関連記事 真・恋姫†夢想-革命- 蒼天の覇王(2017年7月28日)

諸葛孔明の兵法(2023年8月16日発売)


書籍
※前の記事 ティアムーン帝国物語 第10話(2023年12月9日)

 2023年12月16日土曜日9時41分、三国志ニュースの記事「第47回 秋の古本まつり(京都2023年11月1日-5日)」を書いていてアマゾンで見かけた。それが本題。

・三笠書房
https://www.mikasashobo.co.jp/c/

※関連記事 マンガ この一冊で中国の歴史がわかる!(2000年4月10日発行)

・諸葛孔明の兵法
https://www.mikasashobo.co.jp/c/books/?id=100883800

※関連記事 劉備 三国志 随一の徳望をもつ男(1990年11月30日発行)


諸葛孔明の兵法
 上記出版社サイトの上記ページにあるように、2023年8月16日に三笠書房より守屋洋『諸葛孔明の兵法 ―― 「三国志」最強の軍師に学ぶ生存戦略・処世訓』(知的生きかた文庫)が850円(税別)で発売したという。帯の部分には講談社の「パリピ孔明」の絵が描かれる。

※関連記事 パリピ孔明 14巻(2023年7月6日)

裏切り者の中国史(2024年1月15日発売)


書籍 下記のX Accountの下記のStatusで知ったこと。

・東方書店 東京店(神田神保町) (toho_jimbocho) さん / X
http://twitter.com/toho_jimbocho

※関連記事 清と濁の間――銘文と考古資料が語る曹操とその一族(2024年3月11日)

※新規関連記事 リンク:青山あり! 中国祠墓紀行 第八回 朱然墓(安徽省馬鞍山市)(大修館書店2023年10月4日)

・Xユーザーの東方書店 東京店(神田神保町)さん:「 【入荷】 『裏切り者の中国史 /講談社学術文庫』(井波律子 著/税込1,265円)が入荷しました! https://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4065335413&bookType=jp 伍子胥、王莽、司馬懿、桓温、安禄山、秦檜、呉三桂ほか、呉起、始皇帝、商鞅、張儀、蘇秦、趙高、則天武后、楊貴妃、項羽、劉邦、諸葛亮、永楽帝、朱元璋、李自成など多数。 ...
https://twitter.com/toho_jimbocho/status/1745277991725531488

・国内書 裏切り者の中国史
https://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4065335413&bookType=jp

※新規関連記事 塼画墓・壁画墓と河西地域社会(2024年2月26日出版)


裏切り者の中国史
下記出版社サイトの下記書籍ページによると2024年1月15日に講談社より井波律子『裏切り者の中国史』(ISBN978-4-06-533541-3、講談社学術文庫)が1150円(税別)で発売されるという。何が三国と関係するかというと、後で引用するように、少なくとも司馬懿と諸葛亮について書かれていると。

・講談社BOOK倶楽部
http://bookclub.kodansha.co.jp/

※関連記事 パリピ孔明 16巻(2024年1月9日)

※新規関連記事 龍狼伝 王霸立国編 第10巻(2024年4月17日)

※新規関連記事 竹林の七賢(2024年6月13日)

・『裏切り者の中国史』(井波 律子):講談社学術文庫
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000382302

※関連記事
 奇人と異才の中国史(2005年2月18日発行)
 井波 律子 先生、死去(2020年5月13日)

ティアムーン帝国物語 第10話(2023年12月9日)


アニメ
※前の記事 神戸三国志祭 2023年に行って来たよ!(YouTube2023年11月4日)

 2023年12月15日金曜日、あれこれコンテンツを消化していたら、プチネタが現れたって話、以下。

 アニメ「16bitセンセーション ANOTHER LAYER」#11を見る。違う世界の現代編。AIのフリとAIの絡みと。いよいよSF展開になってきた。実はレジェンドとして世界に知られていた主役。次がクライマックス?

・テレビアニメ『16bitセンセーション ANOTHER LAYER』公式
https://16bitsensation-al.com/

 ネトフリで見れるようになっていると思ったら、昨日からか、ドラマ「幽☆遊☆白書」。ドラマ「重版出来!」を見たばかりだから高畑先生が戸愚呂兄に?と思ってしまった。

・実写ドラマ『幽☆遊☆白書』豪華キャスト大集結 史上最大規模5000人イベントに北村匠海「不思議な感情」 | ORICON NEWS
https://www.oricon.co.jp/news/2306540/full/

 京都のyomigaeruにて予定にはなかった『翔んで埼玉 アンソロジー』にトラップされつつ「ヤングサンデー」翔んで埼玉回を見てた。アンソロ、粒揃いの中、山科伏見ネタおもろい。あと山田マリエ先生の同時代性ったら!

・翔んで埼玉 アンソロジー 埼玉解放戦線調査報告書 - 宝島社
https://tkj.jp/book/?cd=TD049070

・翔んで埼玉2に宿る「変なモノの力」〜耽美・BL・埼玉の組み合わせが起こした奇跡【山田玲司-431】 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=ru_IaP3Io_M

 それで本題、2023年12月9日放送のアニメ「ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~」第10話「ミーア姫、誘拐事件!」を見る。原作未読。下記ページにあるように主役のミーア姫が外国のレムノ王国に居るのだけど、そこの革命軍の兵士たちが画面の端にでてくるのだけど(Amazon Prime Videoで19分ごろ)青い頭巾を被っている。それで主役たちとその兵士たちに間近ですれ違ったシーン、Amazon Prime Videoでの20分36秒に

ミーア「あの蒼い頭巾は?」
リンシャ「革命派のシンボルみたいなものね。蒼巾党とか名乗っていたかな」

と説明が入る。そう『後漢書』や『三国志』に出てくる黄巾賊が元ネタだろう。黄巾賊は「蒼天已死、黄天當立、歳在甲子、天下大吉」と、蒼天がすでに死んだ、と蒼を無いものとしていたんでこのことを知ったら卒倒しそう(笑)

・TVアニメ『ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~』
https://tearmoon-pr.com

※関連記事 上坂すみれのおまえがねるまで #125 (YouTube 2023年10月28日)

・第10話 | Story
https://tearmoon-pr.com/story/ep10/

※関連記事 オーバーテイク! Rd.05(2023年10月29日)

増補 天空の玉座(2024年3月15日出版)


研究 下記のX Accountの下記のStatusで知ったこと。

・法藏館 (hozokan) さん / X
http://twitter.com/hozokan

・Xユーザーの法藏館さん:「 \法蔵館文庫3月!/ 1月配本分が続々と書店様に並んでおりますが、次回配本のラインナップも確定いたしました! 次回は、 ▼牛山佳幸『〈小さき社〉の列島史』 ▼渡辺信一郎『増補 天空の玉座:中国古代帝国の朝政と儀礼』 ▼荒木浩『方丈記を読む:孤の宇宙へ』 の3本です。 ご期待ください! ...
https://twitter.com/hozokan/status/1745238804091535387


増補 天空の玉座
下記出版社サイトの下記書籍ページによると2024年3月15日に法藏館書店より渡辺信一郎『増補 天空の玉座:中国古代帝国の朝政と儀礼』(ISBN9784831826633)が1200円(税別)で出版されるという。何が三国と関係するかというと、下記の初出の書籍の関連記事を参照のこと。

・仏教書専門出版と書店の法藏館 -仏教の風400年-
http://www.hozokan.co.jp/

※関連記事 全訳 六度集経(2021年6月25日)

・増補 天空の玉座
https://pub.hozokan.co.jp/book/b640344.html

※関連記事 メモ:『天空の玉座』

神戸三国志祭 2023年に行って来たよ!(YouTube2023年11月4日)


ネット ※前の記事 【音楽活動】六間道 三国志祭り(YouTube2023年12月1日)

 2023年12月12日火曜日、三国志ニュースの記事「【イベント】神戸六間道商店街三国志祭2023年11月4日(土)懐中レーシング出演時間は14時50分からとなっています。(2023年10月30日)」を書く際に知ったこと。

 下記のYouTubeでの「中国! CHINA! TOM jianghe Channel」チャンネルにて下記のように2023年11月4日に動画「神戸三国志祭 2023年に行って来たよ!」(10分29秒)が公開された。タイトル通り、下記関連記事にある2023年11月4日の三国志祭の模様。

※関連記事
 三国志祭(2023年11月4日)
 六間道三国志祭(神戸市新長田2023年11月4日)

・中国! CHINA! TOM jianghe Channel - YouTube
https://www.youtube.com/@chinatomjianghechannel1174

・神戸三国志祭 2023年に行って来たよ!
https://www.youtube.com/watch?v=hJl4A4p2OJs

横山光輝 生誕90周年記念 POP UP STORE 歴史もの(東京都中野区2024年2月1日-2月12日)


物品 下記のX Accountの下記のStatusで知ったこと。

・墓場の画廊 (hakaba_gallery) さん / X
http://twitter.com/hakaba_gallery

・Xユーザーの墓場の画廊さん:「 ★イベント情報★ 今なお輝く巨匠の軌跡とは。 2024年1月18日(木)12:00より『#横山光輝 生誕90周年記念 POP UP STORE』開催。 告知第2弾をチェックしよう! #墓場の画廊 https://hakabanogarou.jp/archives/50446 ...
https://twitter.com/hakaba_gallery/status/1744939622990541003

下記サイトの下記ページにあるように、2024年1月18日木曜日から2月12日月曜祝日まで東京都中野区中野5丁目52-15 中野ブロードウェイ 3F 墓場の画廊 中野店にて「横山光輝 生誕90周年記念 POP UP STORE」が開催されるという。前期の31日水曜日までがSF作品、2月1日木曜日からの後期が歴史もので、後期にはもちろん横山光輝「三国志」が含まれるという。会期中の営業時間は12時から20時まで(土日祝11時から)という。)

・墓場の画廊
https://hakabanogarou.jp/

※関連記事 超三国志展 in コーチャンフォー北見店(北海道北見市2023年11月17日-12月25日)

※新規関連記事 生誕90周年記念展示 横山光輝の世界(東京都豊島区池袋2024年4月12日-9月11日)

・今なお輝く巨匠の軌跡とは。2024年1月18日(木)12:00より『横山光輝 生誕90周年記念 POP UP STORE』を中野で開催。告知第2弾をチェックしよう!■YOKOYAMA MITSUTERU |
https://hakabanogarou.jp/archives/50446

※関連記事 超三国志展(東京都中野区2022年11月12日-12月12日)

【音楽活動】六間道 三国志祭り(YouTube2023年12月1日)


ショー ※前の記事 関帝廟・媽祖廟(大阪市西成区太子2丁目2023年12月2日-)

 2023年12月5日火曜日、下記のX AccountのStatusで知ったこと。

・さたおやぢのつぶやき (gen_zou) さん / X
http://twitter.com/gen_zou

・Xユーザーのさたおやぢのつぶやきさん:「 11/4 神戸長田区で開催された「六間道商店街 三国志祭り」のライブをUPしました #三国志祭り #神戸市 #長田区 ...
https://twitter.com/gen_zou/status/1730551335660196191

 YouTubeでの「A型おとんとB型おかん【アラフィフ夫婦珍道中】」チャンネルにて下記のように2023年12月1日に動画「【音楽活動】六間道 三国志祭り」(17分14秒)が公開された。タイトル通り、下記関連記事にある2023年11月4日の六間道三国志祭の模様で、バンド「三国アンダ義」による音楽舞台の動画だ。

※関連記事 六間道三国志祭(神戸市新長田2023年11月4日)

・【音楽活動】六間道 三国志祭り - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=oIbCBlQBk9I

※関連記事 鉄人28号と三国志に歓喜! 海抜47mの丸太橋に驚愕!(YouTube2022年8月19日)

※新規関連記事 2023年三国志祭【青龍偃月刀】龍明老師演武(YouTube日本カンフー武術協会 2023年11月10日)

中国時代劇歴史大全2024年度版(2023年7月24日)


ムック 東方書店のメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2023年第9号(総383号)(2023年8月10日発行)で知ったこと。下記関連記事と同じくメモ書きからのピックアップ。

・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~
http://www.toho-shoten.co.jp/

※新規関連記事 リンク:『周縁の三国志』評 新津健一郎(WEB東方2024年1月15日)

・メルマガ登録
http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/

※関連記事 中國紀行 CKRM Vol.32(2023年7月25日)

・国内書 中国時代劇歴史大全2024年度版 /FUSOSHA MOOK
https://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4594620745&bookType=jp


中国時代劇歴史大全
2024年度版
下記サイトの下記ページによると2023年7月24日に扶桑社より『中国時代劇歴史大全2024年度版』(FUSOSHA MOOK、ISBN9784594620745)が発売されたという。1600円(税別)。下記ページにはないものの右のAmazon.co.jpのページでは「第三特集 ジャンル別中国時代劇ドラマガイド」に「風起隴西」の名が見える。

※関連記事 風起隴西-SPY of Three Kingdoms-(エンタメ・アジア2023年11月1日-)

・扶桑社
https://www.fusosha.co.jp/

・中国時代劇歴史大全2024年度版|書籍詳細
https://www.fusosha.co.jp/books/detail/9784594620745

※二年前記事 中国時代劇歴史大全 2022年度版(2021年7月29日)

※関連記事 風起隴西(Blu-ray BOX 1,2 DVD-BOX 1,2 2023年4月12日,26日)

パリピ孔明 16巻(2024年1月9日)


マンガ ※前の記事 伊集院光のタネ 新春スペシャル(ニッポン放送2024年1月2日)

 2024年1月13日土曜日、9時20分河原町駅発阪急特急、9時58分十三駅、三国志ニュース「【音楽活動】六間道 三国志祭り(YouTube2023年12月1日)」アップ。三国志ニュースの記事「横山光輝 生誕90周年記念 POP UP STORE 歴史もの(東京都中野区2024年2月1日-2月12日)」を書く、途中、三宮の金券ショップによって、10時55分、新長田到着直前でアップ。11時5分に神戸のブックカフェCha-ngokushi(ちゃんごくし)に到着。表題のものは発売日の1月9日に買っていたんだけど、ここで開封。

・Cha-ngokushi (Changokushi) さん / X
https://twitter.com/Changokushi


パリピ孔明 16
 2024年1月9日に講談社から『パリピ孔明』16巻(ヤンマガKCスペシャル、ISBN978-4-06-534296-1)が690円(税別)で発売された。週刊『ヤングマガジン』連載中で、四葉夕卜/原作、小川亮/作画。初出は「『ヤングマガジン』2023年第39号、第40号、第42号~第44号、第46号、第48号、第51号」とのこと。後述の写真では旗とお椀で隠れてしまっているけど、帯は劇場アニメ「パリピ孔明 Road to Summer Sonia」の告知。

※関連記事 パリピ孔明 Road to Summer Sonia(2024年3月1日)

・講談社コミックプラス|無料で漫画を試し読み! 最新公式情報満載のコミックポータル
https://kc.kodansha.co.jp/

※新規関連記事 裏切り者の中国史(2024年1月15日発売)

・『パリピ孔明(16)』(四葉 夕卜,小川 亮)
https://kc.kodansha.co.jp/product?item=0000385012

※前巻記事 パリピ孔明 15巻(2023年10月5日)

・パリピ孔明
https://magazine.yanmaga.jp/c/paripi/

※新規関連記事 リンク:箱崎みどりが語る、三国志の魅力とおすすめの本(日経BOOKプラス2024年1月18日,25日,2月1日,8日)

※新規関連記事 数寄語り 劇場アニメ パリピ孔明 歴史ファンが見るべき5つのポイント(仮)(岐阜県大垣市 時re風2024年3月8日)

 昨年の納めと同様、ちゃんごくし初めも、孔明由来の普洱茶ミルクティーと定番メニューの劉備の耳付蜀パン四川風ホットサンドとのシン・水魚セットで!あたたまって美味しい。

※関連記事 普洱茶ミルクティー(神戸Cha-ngokushi2023年3月18日-)

2024長崎ランタンフェスティバル(2023年2月9日-25日)


場所 ※関連記事 南京町2024年春節祭(神戸南京町2024年2月10日-12日)

※新規関連記事 春節カウントダウン(横浜中華街関帝廟2024年2月9日-10日)

上記関連記事にあるように2024年2月10日の春節(旧暦正月)に合わせた行事をチェックしていた。

※関連記事 2023長崎ランタンフェスティバル(2023年1月22日-2月5日)

上記関連記事にあるように、毎年、長崎新地中華街を中心とした長崎市内の地域(中央公園会場、唐人屋敷会場、興福寺、鍛冶市会場、浜んまち会場、孔子廟会場)では春節時に長崎ランタンフェスティバル(長崎燈會)が行われている。下記ページにあるように、今回の2024長崎ランタンフェスティバルは2024年2月9日金曜日から2月25日日曜日までの開催だという。例年15日間のところ17日間に延長したと。点灯時間は点灯式にあわせる10日が18時からでそれ以外は17時から22時までの間

・長崎ランタンフェスティバル | 長崎市公式観光サイト「travel nagasaki」
https://www.at-nagasaki.jp/lantern-festival

関帝廟・媽祖廟(大阪市西成区太子2丁目2023年12月2日-)


場所 ※前の記事 メモ:三顧の礼(川本喜八郎人形ギャラリー2023年11月26日-)

 2023年12月2日土曜日夜、都内某ネットカフェに入る。下記のX Accountの下記のStatusで知ったこと。

・さとうしん (satoshin257) さん / X
http://twitter.com/satoshin257

・Xユーザーのさとうしんさん:「 大阪・西成に中華街構想 中国人団体に地元「無理ある」:朝日新聞デジタル https://asahi.com/articles/ASM2J0VBLM2HPTIL032.html 以前に紹介した西成中華街構想の続報が出てたが、記事はまだアップされてないみたい。このほど西成に関帝廟と媽祖廟がオープンしたとのこと。地元の理解も少しずつ得られつつあるらしい。 ...
https://twitter.com/satoshin257/status/1730852632044945852

 下記の「朝日新聞デジタル」のサイトの下記2019年2月16日付記事「大阪・西成に中華街構想 中国人団体に地元「無理ある」」によると、2019年2月15日に中国人経営者林伝竜さん等約40名による「大阪華商会」から発表があったそうで、それは大阪市西成区あいりん地区東側に中華街を作る構想だそうな。さらにこれを書いている時点では追加情報があり、同サイト(というより新聞だろうけど)にて発表された下記2023年12月3日付記事「三国志の関羽まつる廟、西成・釜ケ崎に 中国人経営者らがお披露目」によると、2023年12月2日に「大阪華商会」により大阪市西成区太子2丁目に建てたれた関帝廟・媽祖廟が披露されたという。

・朝日新聞デジタル:朝日新聞のニュースサイト
https://www.asahi.com/

※関連記事 URL:伊都国「王墓」ガラス玉、「草原の道」から 中央アジア出土品と一致(朝日新聞デジタル 2021年9月18日)

・大阪・西成に中華街構想 中国人団体に地元「無理ある」
https://www.asahi.com/articles/ASM2J0VBLM2HPTIL032.html

・三国志の関羽まつる廟、西成・釜ケ崎に 中国人経営者らがお披露目
https://www.asahi.com/articles/ASRCW5CM5RCVPTIL002.html

生賴範義展(東京都青梅市2024年1月20日-3月17日)


展覧会 下記のX Accountの下記のStatusで知ったこと。

・オーライタロー (oraitaro) さん / X
http://twitter.com/oraitaro

・Xユーザーのオーライタローさん:「 青梅市吉川英治記念館での 生賴範義展、1/20(土)から始まります。 吉川英治関連の仕事、25点程の特集展示です。 2/11(日)にはちょっとトークもやります。 ...
https://twitter.com/oraitaro/status/1743438955075543470

下記サイトの下記ページにあるように、2024年1月20日土曜日から3月17日日曜日まで東京都青梅市柚木町1丁目101−1 青梅市吉川英治記念館にて新春展示「生賴範義展 ~吉川英治を描く~」が開催されるという。三国関連、というより吉川英治「三国志」関連だと下記ページのチラシを見る限り、「吉川英治全集第26巻箱絵 孔明(1966)」は確実に展示される。

・青梅市吉川英治記念館
https://ome-yoshikawaeiji.net/

関連記事 『三国志』の世界(東京都青梅市2022年10月1日-12月18日)

・新春展示「生賴範義展 ~吉川英治を描く~」
https://ome-yoshikawaeiji.net/events/event-7954

関連記事
 諸葛孔明ポストカード(青梅市吉川英治記念館2020年9月7日?)
 第41回 秋の古本まつり(京都古書研究会2017年11月1日-11月5日)
 生賴範義展 THE ILLUSTRATOR スター・ウォーズ、ゴジラを描いた孤高のイラストレーター(大分市美術館2017年5月13日-7月2日)

メモ:三顧の礼(川本喜八郎人形ギャラリー2023年11月26日-)


展覧会 ※前の記事 テンゲン英雄大戦 第3巻(2023年3月20日)

 2023年12月2日土曜日夕方。下記ページや下記関連記事にあるように、2023年11月26日日曜日から東京都渋谷区宇田川町1-1 渋谷ヒカリエ8階の川本喜八郎人形ギャラリー内の「人形劇三国志」関連の展示は「三顧の礼」がテーマになったそうなので、見に行く。

・川本喜八郎人形ギャラリー | 図書館・文化教育施設 | 渋谷区ポータル
https://www.city.shibuya.tokyo.jp/shisetsu/bunka-shisetsu/bunka-shisetsu/gallery.html

※関連記事 三顧の礼(川本喜八郎人形ギャラリー2023年11月26日-)

※新規関連記事 館内の全展示の写真撮影可能(飯田市川本喜八郎人形美術館2024年4月1日-)

南京町2024年春節祭(神戸南京町2024年2月10日-12日)


場所 そろそろ春節のイベント情報が出てくるかと思って、下記の神戸南京町サイトをチェック。

・神戸の中華街・南京町へようこそ!
http://www.nankinmachi.or.jp/

・春節祭
https://www.nankinmachi.or.jp/event/shunsetsu

※前回記事 2023南京町春節祭(神戸南京町2023年1月22日、27日-29日)

※新規関連記事 2024長崎ランタンフェスティバル(2023年2月9日-25日)

※新規関連記事 春節カウントダウン(横浜中華街関帝廟2024年2月9日-10日)

兵庫県神戸市中央区栄町通の南京町にて春節当日の2024年2月10日土曜日、それに加えて11日日曜日、12日月曜祝日に南京町2024年春節祭が開催されるという。今のところ三国関連に、昨年もあった、南京町広場のあづまや(四阿)にて、会期中の12時から19時まで関帝さまこと、関聖帝君を参拝できる企画があるね。「祭壇参拝100円(線香1本)」。また「お守り500円(1個)」もあるとのこと。

テンゲン英雄大戦 第3巻(2023年3月20日)


マンガ ※前の記事 数寄語り パリピ劉備(岐阜県大垣市 時re風2024年1月5日)

 2023年12月2日土曜日、先に本題。


テンゲン英雄大戦 3
コアミックスの月刊『コミックゼノン』2021年12月号(10月25日発売)から連載開始した、裕本恭(ひろもとやす)/原作・坂ノ市クバル/漫画「テンゲン英雄大戦」の単行本3巻(ISBN978-4867204832)が下記4番目のページにあるように2023年3月20日に発売したという。右のAmazonのページを見ると、呂布が登場したようだね。

・COAMIX|株式会社コアミックス
https://www.coamix.co.jp/

・ゼノン編集部|ゼノン・ぜにょん・タタンが1つになったWEBマンガサイト
https://comic-zenon.com/

・テンゲン英雄大戦 - 坂ノ市クバル/裕本恭 / 第1話 群雄割拠 | ゼノン編集部
https://comic-zenon.com/episode/3269754496618781009

・3月20日(月)ゼノンコミックス新刊発売!
https://www.coamix.co.jp/topics/86vx_nfy33qu

※前巻記事 テンゲン英雄大戦 第2巻(2022年9月20日)

※次巻記事 テンゲン英雄大戦 第4巻(2023年7月20日)

春の三国志会(KOBE鉄人三国志ギャラリー2024年3月30日)


ショー 下記関連記事で紹介した記事の末に書いてあったこと。

※関連記事 リンク:神戸の秋を彩った第17回三国志祭のオフィシャルレポートが到着!(電撃オンライン 2023年11月25日)

兵庫県神戸市長田区二葉町(大正筋商店街)のKOBE鉄人三国志ギャラリーにて2024年3月30日土曜日に「春の三国志会」が開催されるという。

・KOBE鉄人三国志ギャラリー紹介
http://www.kobe-tetsujin.com/gallery/

※関連記事 第6回 桃園の智会(KOBE鉄人三国志ギャラリー2024年1月6日)

※前回記事 春の三国志会(KOBE鉄人三国志ギャラリー2023年3月26日)

※新規関連記事 横山光輝 三国志 孔明 空城の計 消失(兵庫県神戸市駒ヶ林駅2023年12月)

リンク:劉備出自考(国士舘人文学 第3号 2013年3月)


研究 ※前の記事 雑覇 四十四(2023年12月27日初版第一刷発行)

※関連記事 数寄語り パリピ劉備(岐阜県大垣市 時re風2024年1月5日)

※新規関連記事 メモ:数寄語り パリピ劉備(岐阜県大垣市 時re風2024年1月5日)

 2024年1月2日火曜日4時30分に目覚し時計をかける。上記関連記事にあるように3日後の発表に備えてスライドを作成をしていたのだけど、『三国志』巻三十二蜀書先主伝にある「坐酎金失侯」をどう説明すればいいか迷って、検索した所、ネットのPDFで読めるある論文に行き着いた。なので、下記関連記事の流れとなる。

※関連記事 リンク:両晉における爵制の再編と展開(論叢アジアの文化と思想 第23号 2014年12月30日刊行)

※新規関連記事 リンク:西晋における礼制秩序の構築とその変質(九州大学東洋史論集 第30号 2002年4月)

 それはネット上で2016年2月1日公開の津田資久「劉備出自考」『国士舘人文学』第3号pp.43-61(国士舘大学文学部人文学会2013年3月)だ。「研究ノート」という位置づけ。下記リポジトリの下記ページにてPDFファイルが公開されている。

・国士舘大学 学術情報リポジトリ
https://kokushikan.repo.nii.ac.jp/

・劉備出自考
https://kokushikan.repo.nii.ac.jp/records/6609

※関連記事 ヘンテコリンな六朝通史『建康実録』の最古刊本(東方461号2019年7月)

全譯魏武帝註孫子(2023年12月25日出版)


研究  2023年12月26日火曜日に汲古書院より学術誌『汲古』第84号(古典研究会編)ともにカタログとフライヤが届いていた。後者に三国関連の書籍の紹介があり。

・株式会社汲古書院 古典・学術図書出版
http://www.kyuko.asia/

※関連記事 大上正美先生傘寿記念 三国志論集(2023年9月3日)

※新規関連記事 光緒十年怡怡堂刊『関帝明聖真経』と斉有堂「霊験記」について(汲古 第84号2023年12月)

・全譯魏武帝註孫子
http://www.kyuko.asia/book/b638885.html

※関連記事 魏武注孫子(2023年9月11日)

 それは2023年12月25日に汲古書院より渡邉義浩・関俊史/編『全譯魏武帝註孫子』(ISBN9784762967375)が7000円(税別)で出版されたという。上記ページによると「本書は、京都大学附属図書館清家文庫蔵、永禄三(一五六〇)年十月五日唐本書写清原家本『魏武帝註孫子』(以下、清家本)を底本とする」とのことで底本からこのタイトルなんだね、「帝」付き。上記関連記事のが一般向けでこちらが専門ってことか。

・渡邉義浩ホームページ
http://ywata.gakkaisv.org/

※関連記事
 三国志研究第十八号(2023年9月3日発行)
 諸葛孔明と三国志(歴史街道12月号 2023年11月6日)

※新規関連記事 翻訳文学の多様性 ―三国志を中心に―(東京都新宿区戸山2024年3月17日)

※新規関連記事 三国志大学(東京都新宿区 紀伊國屋ホール2024年4月14日)

※新規関連記事 おとなの教養講座 三国志の世界を楽しむ(NHKラジオ第1 2024年4月10日から第2水曜)

パリピ孔明 Road to Summer Sonia(2024年3月1日)


アニメ ※前の記事 リンク:神戸の秋を彩った第17回三国志祭のオフィシャルレポートが到着!(電撃オンライン 2023年11月25日)

 2023年11月29日水曜日22時からフジテレビ系列でドラマ「パリピ孔明」第10話最終回が放送された。

・パリピ孔明 - フジテレビ
https://www.fujitv.co.jp/paripikoumei/

※関連記事 パリピ孔明(フジテレビ新水10ドラマ2023年9月27日-)

 それで感想だけど、全体的にはショートカット感、よりポジティブに書くとドラマを先に見たほうが原作を深く味わえそうな気がする、と思ってた。もしくは肩透かしとか空振りとかワードが頭に浮かんだけど、自分にとっては良いMVがしっくり来る。あと前園は別キャラと捉えたほうがしっくり来るかな。
 なんてことをぼんやり思いながら、見ていると、CMに入り、急にアニメの孔明の顔が出てきた。何かというと2024年3月1日に映画館で劇場アニメ「パリピ孔明 Road to Summer Sonia」が公開されるという。TVシリーズ・シーズン1全12話の総集編だという。下記が公式サイト。いやまさか同じ原作とはいえ、放送局の違っていた作品のCMが入るとは思わなかった。

・映画『パリピ孔明 Road to Summer Sonia』公式サイト 2024.3.1公開!
https://paripikoumei-anime.com/

※関連記事 パリピ孔明(TVアニメ2022年4月5日-)

※新規関連記事 舞台 パリピ孔明(東京2024年5月3日-6日 大阪2024年5月10日11日)

※新規関連記事 数寄語り 劇場アニメ パリピ孔明 歴史ファンが見るべき5つのポイント(仮)(岐阜県大垣市 時re風2024年3月8日)

※新規関連記事 メモ:パリピ孔明 Road to Summer Sonia(2024年3月2日鑑賞)

・パリピ孔明【マンガ&TVアニメ公式】 (paripikoumei_PR) さん / X
http://twitter.com/paripikoumei_PR

※関連記事 リンク:本渡楓×置鮎龍太郎「精神的にも技術面でも成長した」勇気を与える音楽の力(with online 2022年4月30日)

・Xユーザーのパリピ孔明【マンガ&TVアニメ公式】さん:「 アニメ総集編 『#パリピ孔明 Road to Summer Sonia』 2024年3月1日(金)公開決定    /  //    \ 今最も熱い男、孔明が劇場に参上! 英子のサマーソニア出場までの 華麗なる知略を大スクリーンで刮目せよ Let’s Party https://paripikoumei-anime.com ...
https://twitter.com/paripikoumei_PR/status/1729862786606379489

※新規関連記事 パリピ孔明 16巻(2024年1月9日)

※新規関連記事 【音楽活動】六間道 三国志祭り(YouTube2023年12月1日)

※新規関連記事 メモ:数寄語り パリピ劉備(岐阜県大垣市 時re風2024年1月5日)

※新規関連記事 諸葛亮 「英雄」諸葛孔明の創造(京都府京都市2024年3月6日)

※新規関連記事 パリピ孔明 17巻(2024年4月5日)

三國志演技~孫呉(東京都中央区 明治座2024年4月5日-16日)


ショー 下記のX AccountのStatusで知ったこと。

・梅津瑞樹STAFF (umetsu_staff) さん / X
http://twitter.com/umetsu_staff

・Xユーザーの梅津瑞樹STAFFさん:「 荒牧慶彦さんと梅津瑞樹のW主演! 剣劇「三國志演技〜孫呉」 出演いたします!! 日程:2024年4月5日(金)〜 4月16日(火) 会場:明治座 皆様のご来場お待ちしております♪ ▼詳細はこちら https://kengeki-sangokushi.com ...
https://twitter.com/umetsu_staff/status/1740297255863898142

下記サイトにあるように、2024年4月5日金曜日から16日火曜日までの間、東京都中央区日本橋浜町2丁目31番1号 明治座にて「三國志演技~孫呉」が上演されるという。詳細日程やチケットなどは未発表。

・剣劇「三國志演技〜孫呉」公式サイト
https://kengeki-sangokushi.com/

・荒牧慶彦 OFFICIAL SITE
https://aramaki-yoshihiko.com/

※関連記事 殺陣まつり~和風三国志~(東京2022年12月15日-18日)

・明治座 公式サイト
https://www.meijiza.co.jp/

※関連記事
 2006年2月19日「長江の流れは緩やかに見えて」観劇
 劇団EXILE W-IMPACT レッドクリフ(2011年8月8日-31日)
 呉国大謀―赤壁(2017年4月6日-13日)
 舞台 真・三國無双 赤壁の戦い(東京2019年2月7日-2月17日)

三サポ板ツリー別閲覧ランキング2023


ネット ・三国志ファンのためのサポート掲示板
http://cte.main.jp/

※関連記事 碧眼紫髯の杏仁プリン(神戸Cha-ngokushi2023年8月14日-)

 上記サイトは私が管理するサイトの一つで、下記関連記事にあるように半年を区切りとしてフロントページにてツリー別閲覧ランキングを更新している。そして半年に一回、この記事や下記関連記事にあるようにそのランキングの記録を残している。

※2022年記事 三サポ板ツリー別閲覧ランキング2022

※2023年上半期記事 三サポ板ツリー別閲覧ランキング2023上半期

※2024年上半期記事 三サポ板ツリー別閲覧ランキング2024上半期

 この「ツリー別閲覧ランキング」は下記の記事別の閲覧ランキングの閲覧数が多い記事を参考にして、ツリー別に組みなおしてできたものだ。その後の作業として、記事別の閲覧ランキングをリセットしている(つまりは記事別のヒット数全てを0にする)。

・閲覧ランキング
http://cte.main.jp/c-board.cgi?cmd=rnr


☆ツリー別閲覧ランキング(2023/1-2023/6)
 1. リンク正史の陸遜
 2. リンク曹張無言問答
 3. リンク雑号将軍らの開府に及び幕僚等への俸給
 4. リンク三国志ファンは今どこに?
 5. リンク太史慈の命日について
 6. リンク国の色
 7. リンク:地名の班氏・狋氏・尸氏などの「氏」の意味
 8. リンク周瑜の先祖 周興さん
 9. リンク明帝曹叡は曹丕の子か?
 10.リンク曹叡の死亡年の西暦表記
 11.リンク三国志の原文・書き下し文・日本語訳
 12.リンク五徳説-それぞれの王朝は何徳?
 13.リンクなぜ曹操は渡河を試みたのか(赤壁)
 14.リンク三国志を取り巻く現状を憂う(長いです)
 15.リンク曹操の幼名(吉利、阿瞞)について
 16.リンク「黄天」?「黄夫」??
 17.リンク陸遜の流罪について
 18.リンク三国名臣序賛
 19.リンク陸康と孫策について。
 20.リンク上表・上疏・上奏の違い

☆ツリー別閲覧ランキング(2023/7-2023/12)
 1. リンク正史の陸遜
 2. リンク太史慈の命日について
 3. リンク三国志ファンは今どこに?
 4. リンク:地名の班氏・狋氏・尸氏などの「氏」の意味
 5. リンク周瑜の先祖 周興さん
 6. リンク曹植の妻子について
 7. リンク明帝曹叡は曹丕の子か?
 8. リンク雑号将軍らの開府に及び幕僚等への俸給
 9. リンク曹叡の死亡年の西暦表記
 10.リンクなぜ曹操は渡河を試みたのか(赤壁)
 11.リンク曹張無言問答
 12.リンク国の色
 13.リンク魏晋の役人(獄吏)について質問です
 14.リンク三国志を取り巻く現状を憂う(長いです)
 15.リンク劉備の遺言「君可自取」の解釈について
 16.リンク五徳説-それぞれの王朝は何徳?
 17.リンク曹操の幼名(吉利、阿瞞)について
 18.リンク馬氏の五常
 19.リンク上表・上疏・上奏の違い
 20.リンク「黄天」?「黄夫」??

メディアギャラリ (10)

  • 記事用 (10)
    • [2024-01-06]
    • [2024-01-07]
    • [2024-01-13]
    • [2024-01-23]
    • [2024-01-23]
    • [2024-01-23]
    • [2024-01-23]
    • [2024-01-27]
    • [2024-01-27]
    • [2024-01-31]


カレンダjp (4)