Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2021年 02月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 64 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

奇人と異才の中国史(2005年2月18日発行)


書籍 ※前の記事 関帝堂書店ブックカフェ(2020年9月6日-)

 2020年9月20日日曜日11時半ぐらい、前の記事に続いて神奈川県横浜市中区山下町166(横浜中華街内) 横濱バザール 3階のブックカフェ関帝堂書店のブックカフェ(書籍席)にいた。四室あるうちの西遊記房。それでも三国ネタをさがす。

・横濱バザール
http://yokohamabazaar.com/

・たぶん横浜中華街唯一のブックカフェ*BOOKS&CAFE関帝堂書店
http://kanteido.com/

・9月連休ですよ
https://8790073586.amebaownd.com/posts/10325192

※関連記事 ウルトラマンと戦後サブカルチャーの風景(2018年12月20日発行)

  

 それでまず目についたのが井波律子『奇人と異才の中国史』(岩波新書 新赤版934、岩波書店 2005年2月18日発行)。「中国史」とある以上、しかもあの井波先生だから三国ネタがあるだろうと。

・岩波書店
https://www.iwanami.co.jp/

※関連記事 中華の成立(2019年11月20日)

・奇人と異才の中国史
https://www.iwanami.co.jp/book/b268753.html

※関連記事
 井波 律子 先生、死去(2020年5月13日)
 中国の隠者(2001年3月)

ウルトラマンと戦後サブカルチャーの風景(2018年12月20日発行)


書籍 ※前の記事 三国志大戦 三周年の宴ONLINE(2020年9月26日27日)

 2020年9月19日土曜日4時半に目覚し時計。前の記事で図書館から借りてきた福嶋亮大『ウルトラマンと戦後サブカルチャーの風景』(PLANETS2018年12月20日発行)で三国ネタを見つける。この著者は青土社の『ユリイカ』2019年6月号「特集=「三国志」の世界」にて金文京先生と対談した人だと思いつつ。そして発行者(と編集)が宇野常寛さん、下記関連記事で触れた『若い読者のためのサブカルチャー論講義録』(朝日新聞出版2018年3月30日発行)の著者だ。

※関連記事 若い読者のためのサブカルチャー論講義録(2018年3月30日発行)

  

・wakusei2nd.com
http://wakusei2nd.com/

・【数量限定特典付・先行予約受付中】福嶋亮大『ウルトラマンと戦後サブカルチャーの風景』12月発売!
http://wakusei2nd.com/archives/articles/ultraman

※新規関連記事 関公VSエイリアン(第16回大阪アジアン映画祭2021年3月14-3月16日)

 それはpp.4-17の「序章 「巨匠」の後のテレビドラマ」にあった。まずp.16に下記に引用する文がある。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私はどちらかと言えば、ときに狭義のウルトラマンシリーズとは離れた分野(特にアニメや出版)に、このシリーズの遺伝子を認めている。なぜなら、作品の「遺産」というのはえてして正統的な嫡子ではなく、異端的な庶子によって偶発的に相続され生き延びていくものだからである*12。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「*12」の注番号を辿ると、p.17に次のような文がある、それが今回の本題。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*12 なお、円谷の特撮の海外展開にも面白い事例があるが(例えば、関羽がウルトラマンのように巨大化して香港の街で闘う一九七○年代の映画『関公大戦外星人』は、日本式特撮と中国式京劇のハイブリッドである)、本書では論じなかった。しかし、このような「庶子の遺産相続」も本当は無視できない。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 一九七○年代の映画『関公大戦外星人』、覚えておこう。

マンガ/漫画/MANGA ―人文学の視点から―(2020年3月31日)


書籍 ※前の記事 リンク:『三国志演義』研究 : そのテキスト生成に関する考察(2000年9月)

 2020年8月29日土曜日になる7分前起床。実際は後述のブックカフェで目を通していたのだけど、先に本題、ということで、神戸大学関連が続いてしまうのだけど、先週、行きつけの図書館で借りてきた本に、前川修・奥村弘/編『マンガ/漫画/MANGA ―人文学の視点から―』(神戸大学出版会2020年3月31日、ISBN:9784909364098)というのがあって、そこで三国ネタを見かける。ちなみに税別2800円とのことで、「神戸大学大学院人文学研究科70周年記念事業キックオフシンポジウム「「MANGA」―人文学研究の新展開―」の内容を書籍化」とのことだ。

・マンガ/漫画/MANGA -人文学の視点から- | 国立大学法人 神戸大学 (Kobe University)
https://www.kobe-u.ac.jp/info/public-relations/book/2020/04_02_01.html

・神戸大学出版会
http://www.org.kobe-u.ac.jp/kupress/

・マンガ/漫画/MANGA|神戸新聞総合出版センター
https://kobe-yomitai.jp/book/1027/

 三国ネタは「第2章 マンガ研究の諸相1 日本美術史の中のマンガ・アニメ」でのpp.68-72 増記隆介「はじめに―日本美術史とマンガ・アニメ」のp.70にあって、下記に引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
逆に複数のページからなるマンガが、捲る行為から切り離されある一ページだけ提示された時にそれが「絵画化」するということも起こりうるのではないだろうか。例えば、二○一九年夏に東京国立博物館で行われた「三国志」展では、コーナーごとに物語や登場人物を象徴する場面として横山光輝『三国志』(一九七一―八七)のマンガ原稿の一ページが展示された。原稿であることによってその画面には、墨や「ホワイト」による「絵画」の推敲の過程が如実に示されていること、そしてページから切り離されることで物語が曖昧になること、このふたつの点においてマンガが絵画に歩み寄っている印象を見るものに与え、そこに博物館における展示の余地が生まれたように感じられた。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 とのことで、ここでいう「東京国立博物館で行われた「三国志」展」は、下記関連記事にある、同所の後、九州国立博物館で巡回展のあった特別展「三国志」のことであろう。あとちゃんと横山光輝「三国志」の連載年が合っているのもポイント。

※関連記事
 特別展 三国志(東京2019年7月9日-9月16日、福岡2019年10月1日-2020年1月5日)
 100年後に残したい! マンガ名作(2017年11月30日発売)

中華の成立(2019年11月20日)


書籍  残したメモより東方書店のメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2019年第11号-2(総338号)(2019年12月10日発行)で知ったこと。

・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~
http://www.toho-shoten.co.jp/

・メルマガ登録
http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/

※関連記事 河西魏晋・〈五胡〉墓出土図像資料(塼画・壁画)目録(2019年11月13日)

※新規関連記事 後漢・魏晋簡牘の世界(2020年3月26日)

・国内書 中華の成立 唐代まで シリーズ中国の歴史1
https://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4004318040&bookType=jp

下記出版社サイトの下記書籍ページによると岩波書店から2019年11月20日に渡辺信一郎『中華の成立 唐代まで』(岩波新書1804〈シリーズ 中国の歴史〉、ISBN 9784004318040)が840円(税別)で出版されたという。タイトル通り、三国時代も含む。渡辺信一郎先生といえば『天空の玉座』。

・岩波書店
https://www.iwanami.co.jp/

※関連記事 文選 詩篇(訳注、2018年1月16日-)

※新規関連記事 奇人と異才の中国史(2005年2月18日発行)

・中華の成立
https://www.iwanami.co.jp/book/b482334.html

※関連記事
 生と死のことば(2017年10月20日)
 メモ:『天空の玉座』

陳舜臣対話集 三国志と中国(1995年9月10日発行)


書籍 ※前の記事 正子公也の宇宙(2020年8月8日)

 2020年8月10日月曜日、5時過ぎ起床。8時40分出発。9時20分、河原町駅発の阪急特急に乗る三国志ニュース「キーワードで読む「三国志」(2019年7月5日)」を車内でアップ。10時50分、神戸のブックカフェCha-ngokushi(ちゃんごくし)に到着。

・Cha-ngokushi (Changokushi) on Twitter
https://twitter.com/Changokushi

※関連記事 正子公也の宇宙(2020年8月8日)

※新規関連記事 覇道ナクシテ、泰平ヲミル シリーズ(観劇三昧2016年7月24日-)

 三国志ニュースの記事「三サポ板ツリー別閲覧ランキング2020上半期」を書く。14時半、ようやくアップ。
 それで閉店間際で今回の記事の本題。本棚から『陳舜臣対話集 三国志と中国』(文春文庫 文藝春秋1995年9月10日発行 ISBN978-4-16-715015-0)を発見。さっと見ると、pp.87-118「三国志、英雄の素顔 立間祥介・陳舜臣」が良さげかなと。『別册文藝春秋』195号(1991年春)が初出とのこと。帰宅の途に。

・本の話 ~読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア~
https://books.bunshun.jp/

※関連記事 中国の隠者(2001年3月)

・『三国志と中国』陳舜臣 | 文庫
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167150150

※関連記事
 中国の歴史 4 英雄たちの時代 ―孔明と三国志―(1986年8月20日発行)
 立間祥介訳 三国志演義 全4巻(KADOKAWA2019年5月24日6月14日)

  

貸本関係資料集成 ―戦後大衆の読書装置(2012年7月-)


書籍 ※前の記事 人気書籍作家調査 機関誌部(街の図書館1956年2月号)

 2020年8月5日水曜日昼、前の記事に続いて国会図書館関西館にいた。

・関西館|国立国会図書館―National Diet Library
https://www.ndl.go.jp/jp/kansai/

※新規関連記事 マンガ/漫画/MANGA ―人文学の視点から―(2020年3月31日)

  

・金沢文圃閣ホームページ(出版、及び古書販売) - 金沢文圃閣・出版目録
https://kanazawa-bumpo-kaku.jimdo.com/

・* 文圃文献類従 28 *[編集復刻+新組版] 浅岡邦雄・大竹正春・梶井純・藤島隆―編・解題 - 金沢文圃閣・出版目録
https://kanazawa-bumpo-kaku.jimdo.com/刊行一覧/貸本関係資料集成/

 やはり前の記事に続いて、『貸本関係資料集成 ―戦後大衆の読書装置』に順に目を通していた。今回は『貸本関係資料集成 ―戦後大衆の読書装置』の三国志に関係するプチネタ。「第II期 5巻(貸本関係誌紙―全国・都内編②)」。『文化復興タイムス』第33号1955年10月15日、p.400(4)の「最近の刊行著一覧」に「漫画全集(太平洋文庫)/106少年三国志 一三○」とある。太平洋文庫の『少年三国志』については下記関連記事参照。やはり貸本だったと裏をとれる。

※関連記事 少年三国志(太平洋文庫1954年10月25日発行)

三国志人物大事典(2020年3月2日発売)


書籍 ※前の記事 韓国いんちきマンガ読本(2019年8月10日発売)

 2020年8月2日日曜日、都内某マンガ喫茶で小休止。9時半すぎに上野駅に到着。下記関連記事に続いて、上野の国際子ども図書館の児童書研究資料室にいく。

・国際子ども図書館
http://www.kodomo.go.jp/

・児童書研究資料室
https://www.kodomo.go.jp/use/room/data.html

※関連記事 アジアの古代文明と東アジア世界の成立(学研まんが NEW世界の歴史 3 2016年2月11日発売23日発行)

  

 下記のリンク先にあるように国会図書館の検索をかけていたら、たまたま見かけたので記事に(閲覧申請はしていない)。

・国立国会図書館オンライン
https://ndlonline.ndl.go.jp/

※関連記事 邪馬台国時代のクニグニ : 南九州(2014年4月)

※新規関連記事 ヘンテコリンな六朝通史『建康実録』の最古刊本(東方461号2019年7月)

・三国志人物大事典 (講談社ポケット百科シリーズ)
https://id.ndl.go.jp/bib/030264800

 下記出版社サイトの下記ページにあるように2020年3月2日に講談社よりコーエーテクモゲームス/企画協力、渡邉義浩/監修『三国志人物大事典』(講談社ポケット百科、A6、ISBN978-4-06-516484-6)が1200円(税別)で発売したという。「企画協力」は表紙にわかりやすく同社シミュレーションゲーム『三國志』シリーズのイラストが使用される。

・講談社BOOK倶楽部
http://bookclub.kodansha.co.jp/

※関連記事 愛と欲望の三国志(講談社現代新書2019年8月21日)

・『三国志人物大事典』(コーエーテクモゲームス,渡邉 義浩,講談社)
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000323534

・コーエーテクモゲームス|GAMECITY
http://www.gamecity.ne.jp/

※関連記事 三國志14 with パワーアップキット(2020年12月10日)

・渡邉義浩ホームページ
http://ywata.gakkaisv.org/

※関連記事 カルチャーラジオ 文学の世界 曹操・関羽没後1800年 三国志の世界(NHKラジオ2020年7月2日-8月27日)

韓国いんちきマンガ読本(2019年8月10日発売)


書籍 ※前の記事 マンガ進化論(2009年5月22日発売)

 2020年7月26日日曜日14時5分、前の記事に続いて京都国際マンガミュージアムの研究閲覧室にいて、何か研究材になるものがないか本棚を物色していた。

・京都国際マンガミュージアム
http://www.kyotomm.jp/

※新規関連記事 正子公也の宇宙(2020年8月8日)

・研究閲覧室
https://www.kyotomm.jp/material/research/

  

 下記出版社サイトの下記ページにある大江・留・丈二『韓国いんちきマンガ読本』(パブリブ2019年9月1日発行8月10日発売)を見かけたので手に取る。

・パブリブ Publib LLC
https://publibjp.com/

・韓国いんちきマンガ読本 | 書籍
https://publibjp.com/books/isbn978-4-908468-37-7

※関連記事 メモ:パクリが平常運転化された連環画(パ平連)(マンガ論争18 2017年12月29日)

・『韓国いんちきマンガ読本』が完成したので詳しく紹介します
https://publibjp.com/20190815

マンガ進化論(2009年5月22日発売)


書籍 ※前の記事 アジアの古代文明と東アジア世界の成立(学研まんが NEW世界の歴史 3 2016年2月11日発売23日発行)

 2020年7月26日日曜日5時40分に目が覚める。とりあえず皿洗いと食事。Netflixでアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」#4-14を見る。おじさまが皇帝を倒して絶命。キリトがたすかるのはハーレム文脈。

・TVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション」オフィシャルサイト
https://sao-alicization.net/

※関連記事 メモ:らじおちゃ忘年会2019(2019年12月28日)

※新規関連記事 正子公也の宇宙(2020年8月8日)

 アニメ「バキ」大擂台賽編3-7,8を見る。大塚明夫さん劇場

・アニメ「バキ」大擂台賽編公式サイト
https://baki-anime.jp/

※関連記事 加工豚 加工猿(波よ聞いてくれ ep10 2020年6月6日)

 9時20分、「★☆★さねよしいさ子メールマガジン★☆★ 第063号 2020.7.23」、また来ているのに気付かないところだった(汗)もちろん舞台『銀河鉄道の夜』の告知ね。神奈川芸術劇場。チケット発売日をしっかりおぼえておかないと。

・音楽劇「銀河鉄道の夜2020」|KAAT 神奈川芸術劇場
https://www.kaat.jp/d/gingatetsudo2020

※関連記事 大集結 邪馬台国時代のクニグニ(2015年4月14日)

※新規関連記事 マンガ/漫画/MANGA ―人文学の視点から―(2020年3月31日)

 三国志ニュースの記事「銅鏡から読み解く2~4世紀の東アジア(2019年9月)」を書く。10時15到着。前の記事につづいて国際ハシゴ。研究閲覧室目当てで京都国際マンガミュージアムへ。検温と連絡先記入あったけど、さすがに筆記具の消毒まではしてないや。

・京都国際マンガミュージアム
http://www.kyotomm.jp/

※関連記事 大学入試センター試験で三国志関連2020(2020年1月18日)

・研究閲覧室
https://www.kyotomm.jp/material/research/

  

※関連記事 三国志学会 第十五回大会 三国志大文化祭(オンライン2020年9月13日日曜日)

 これを書いている時点で公表済みだけど、上記関連記事にあるように2020年9月13日の三国志学会 第十五回大会にて「マンガ化される「三国志演義」」という題で研究報告することになって、そのため、資料調査に訪れる。

メモ:横山光輝「三国志」大研究(2010年8月10日)


書籍
※前の記事 リンク:日本人は『三国志』を「自分のもの」にしている―中国人学生(レコードチャイナ2020年7月14日)

 2020年7月23日木曜日、今年と来年のみ?の祝日。海の日。3時に目覚めたけど、そのまま起きる。三国志ニュースの記事「Rise of Kingdoms―万国覚醒―(2019年12月16日)」を書く。9時30分河原町駅発。11時、神戸のブックカフェCha-ngokushi(ちゃんごくし)に到着。

・Cha-ngokushi (Changokushi) on Twitter
https://twitter.com/Changokushi

※関連記事 リンク:日本人は『三国志』を「自分のもの」にしている―中国人学生(レコードチャイナ2020年7月14日)

※新規関連記事 正子公也の宇宙(2020年8月8日)

 三国志ニュースの記事「第1回三国志研究会(オンライン全国版)(2020年9月5日)」「~サラリーマン三国志~ 三国社(2020年7月8日)」を書く。17時1分、『横山光輝「三国志」大研究』(潮出版社2010年8月10日)をみかけたんで、メモをとる。この書籍は下記関連記事にあるように、横山光輝「三国志」検定のときに公式本として売り出されたもので、そういやちゃんと見てなかったな、と思い。

※関連記事 横山光輝「三国志」大研究(2010年8月10日)

※新規関連記事 メモ:三国志学会 第十五回大会 講演(2020年9月13日)