Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2024年 05月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 79 投票 | 0 コメント

始皇帝の遺詔と薄葬の系譜(汲古 第83号2023年6月)


研究 ※前の記事 横山光輝 三国志 蜀五虎将軍 消失(兵庫県神戸市ハーバーランド駅2023年6月1日)

 2023年6月26日月曜日、帰宅すると、古典研究会編『汲古』第83号(汲古書院2023年6月)が届いてた。汲古書院の学術誌『汲古』(古典研究会編)は半年刊。ISSN 0289-2693

・株式会社汲古書院 古典・学術図書出版
http://www.kyuko.asia/

※関連記事 中国古代の法・政・俗(2019年12月24日)

※以前の同誌記事 『独断』訳注商榷三則(2020年12月)

※同誌次号記事 光緒十年怡怡堂刊『関帝明聖真経』と斉有堂「霊験記」について(汲古 第84号2023年12月)

※新規関連記事 大上正美先生傘寿記念 三国志論集(2023年9月3日)

 その第83号のpp.12-22,38下段に鶴間和幸「始皇帝の遺詔と薄葬の系譜 ――文帝劉恒・劉向・曹操・曹丕――」という論文がある。始皇帝の研究でおなじみの鶴間先生、そういえば最終講義をすでに終えられていたな、と。

※関連記事
 ノート1:三国志学会 第五回大会
 関西学院大学の日本史入試で三国志関連2021(2月1日)

 それで上記の以前の同誌記事同様、いつものように目次でまとめてみよう。

12 はじめに
12 一 始皇帝の遺詔の真偽
13 ニ 始皇帝の葬送の遺詔
14 三 前漢文帝の遺詔
16 四 劉向の薄葬の上疏
18 五 魏王曹操の違令
19 六 魏文帝曹丕の終制
21 おわりに
21 注

 三国関連はもちろん五と六になるのだけど、やはり安陽西高穴大墓に触れられるね、例えば注(12)で下記関連記事でふれた『曹操墓の真相』と関尾史郎『三国志の考古学 出土資料からみた三国志と三国時代』が挙がる。

※関連記事
 曹操墓の真相(2011年9月)
 三国志の考古学(2019年6月)

 あと注で『汲古』と同じ汲古書院の『全譯三國志』が注でちょいちょい出てくるのが印象的。p.38の注(14)では「『全訳三国志』では盗掘者が求めるものがなかったとしているが、求める埋蔵品があるかどうかは掘ってみなければわからない。」というツッコミも印象的だ。関係ないが、こういう論文をあまり読んでいない清岡にはp.38下段の飛び地的な掲載はとても珍しく見える。

※関連記事 全譯三國志 全九冊(2019年11月22日-)

 「おわり」では『日本書紀』巻二十五孝徳天皇大化二(646)年甲申の薄葬令の詔の冒頭部分に出てくる「西土之君」に曹操・曹丕をつなげる内容および分析でそんなつながりがあったのか、ととても興味深かった。
 ちなみにp.45に編集後記があって、金文京先生による文もあり、該当論文についても記述されている。


 日記パートに戻って、アニメ「事情を知らない転校生がグイグイくる。」、西村茜の父を福山潤さんが演じる。話としてはもうすっかり照れ話になっている危うさがある。

・TVアニメ『事情を知らない転校生がグイグイくる。』
https://guiguikuru.com/

※関連記事 メモ:三サポ板20周年記念 単騎先駆オフ会(2023年5月19日20日21日)

 6月28日水曜日、アニメ「スキップとローファー」#12 1期最終回を見る。原作はまだまだ続くけど、ひとまずの文化祭エンド。yomigaeruさんがヒューマンドラマって言ってた理由がわかった気がした。幼馴染など志摩くんまわりだけでなく副委員長周りも描いていたし。「パリピ孔明」につづいてマンガ原作アニメを制作したP.A.WORKS。

・TVアニメ「スキップとローファー」公式サイト
https://skip-and-loafer.com/

 アニメ「転生貴族の異世界冒険譚」#12 1期最終回を見る。原作のことを全く知らないのだけど、終盤、今後の展開をポンポン見せてエスカレートさせるやり方は嫌いじゃない、おもろい。

・TVアニメ 転生貴族の異世界冒険録〜自重を知らない神々の使徒〜 公式サイト
https://www.tensei-kizoku.jp/

 7月1日の日本マンガ学会大会に向けて準備に追い込まれている中、これは楽しみにしていた、「「2023年夏アニメチェック&春アニメ総括」第203回 はざくみ&もりかずの見切り発車でいこか~」。つまりはアニメ回。とても楽しかったー。

・「2023年夏アニメチェック&春アニメ総括」第203回 はざくみ&もりかずの見切り発車でいこか~
https://www.youtube.com/watch?v=eLIRuyDpOBw

※関連記事 普洱茶ミルクティー(神戸Cha-ngokushi2023年3月18日-)

※新規関連記事 メモ2:三国志学会 第十八回大会(2023年9月3日)

 6月29日木曜日、アニメ「推しの子」#11 第1期最終回を見る。数時間前に2期制作発表、今回で1期最終回と聞いて。前半部分。見てて入り込みすぎて、古参オタのリアクションに笑いながら涙したけど、まだ先があった!後半 作中作「東京ブレイド」、同じジャンプ系だし、るろ剣のオマージュ?と思ったけど、2.5次元だし普通に、刀剣? あの対決は楽しみ。そういや「ガラスの仮面」の姫川、なんて下の名前だっけ、ってGoogleで検索しようとしたら検索候補に「推しの子 姫川」って出てきた、すげーな集合知。姫川亜弓、黒川あかね ね、狙ったキャラだったか。

・アニメ『【推しの子】』公式サイト
https://ichigoproduction.com/

※関連記事 リンク:神戸新長田 三国志祭を尋ねる(2021年12月29日)

 アニメ「デッドマウント・デスプレイ」#12 第1期最終回。あまり全体のストーリーを飲み込めてないんだけど、最終回冒頭のアンジャッシュ的なところは面白かった。原作があるから俺たた的な。

・TVアニメ「デッドマウント・デスプレイ」公式サイト
https://dmdp-anime.jp/

※次の記事 メモ:「三国志演義」翻案マンガにおける「明光甲」後考(日本マンガ学会第22回大会2023年7月1日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/6477
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。