Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2021年 04月
«
»
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 1件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 64 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

春節ランタンオブジェ パビリオン(横浜中華街2021年2月12日-26日)


展覧会 ※関連記事 関帝さま(神戸南京町2021年2月12日)

上記関連記事に続いて春節に関するイベントについて開催中止を確認するだけかと思いきやそうではなかった。

 神奈川県横浜市中区山下町にある横浜中華街につて2021年2月12日金曜日の春節について何か三国関連のイベントがないか下記公式サイトを確認すると、下記ページにあるように2021年2月12日金曜日から2月26日金曜日までの期間の16時から23時までの間、横浜中華街内の山下町公園にて「春節ランタンオブジェ パビリオン ~幻想的な光あふれる春節の夕べ~」が開催されるという。ただし時間については下記ページから引用するに「※新型コロナウイルスの感染拡大状況によって、緊急事態宣言が2月7日以降も延長となった場合、点灯時間は16時から20時までに変更となる可能性があります」とのことだ。名前の通りランタンオブジェが展示されるイベントなのだけど、何が三国と関係するかというと、三面オブジェランタンの2組のうち1組が「劉備玄徳 関羽雲長 張飛益徳」だという。

・[公式]横浜中華街の食べる・飲む・買う・楽しむが分かる!300店舗以上掲載!
https://www.chinatown.or.jp/

※関連記事 リンク:私、横浜中華街に住みました 第15回(横浜中華街公式サイト2020年10月1日)

・2021春節
https://www.chinatown.or.jp/event/celebration/shunsetsu2021/

※新規関連記事 春節カウントダウン(横浜中華街関帝廟2021年2月11日)

リンク:競演!『三国志』の風雲児たち ギャラリートーク(YouTube2020年11月27日)


  • 2020年12月14日(月) 11:50 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    103
展覧会 下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。

・三国志学会 公式 (3594gakkai) on Twitter
http://twitter.com/3594gakkai

※関連記事 【延期】第5回“三国志”の作り方講座(東京都新宿区戸山2020年5月17日)

・Twitter / 3594gakkai: 早稲田大学演劇博物館 特別展「競演!『三国志』の風雲児たち――日本・中国・台湾の華麗なる舞台」第Ⅱ期より 三国志研究家として著名な渡邉理事による解説!【ギャラリートーク】 YouTubeで貴重な品々を解説付きで視聴できます。必見です ...
https://twitter.com/3594gakkai/status/1332165237793980417

下記関連記事で触れた早稲田大学演劇博物館 特別展「競演!『三国志』の風雲児たち――日本・中国・台湾の華麗なる舞台」でのギャラリートークは(感染症が流行るご時世なので)2020年11月27日に下記リンク先のようにYouTubeにてオンラインで公開された。渡邉義浩先生による。終盤に収蔵庫を紹介する映像あり。

・早稲田大学演劇博物館 特別展「競演!『三国志』の風雲児たち―― 日本・中国・台湾の華麗なる舞台」第Ⅱ期より 三国志研究家として著名な渡邉理事による解説! 【2020年11月27日】 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=58fqtwsPaGg

※関連記事 競演!『三国志』の風雲児たち(早稲田大学演劇博物館2020年9月28日-12月25日)

・enpaku 早稲田大学演劇博物館
http://www.waseda.jp/enpaku/

・競演!『三国志』の風雲児たち――日本・中国・台湾の華麗なる舞台
http://www.waseda.jp/enpaku/ex/11041/

・渡邉義浩ホームページ
http://ywata.gakkaisv.org/

※関連記事 三国志 英傑完全ランキング(2020年11月19日)

※新規関連記事 邪馬台国サミット2021(NHK BSプレミアム2021年1月1日)

GONTA MECCAの壁(GALLERY CUORE 2017年7月14日-2020年12月27日)


  • 2020年11月 6日(金) 22:06 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    145
展覧会
下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。

・GONTA MECCA at g.cuore (gallery_cuore) on Twitter
http://twitter.com/gallery_cuore

・Twitter / gallery_cuore: 【GONTA MECCA】お知らせドラゴン “蒼天の日”から1週間。今日は皆様に重大な報告があります。 GONTA MECCAのネットショップと各SNSは今まで通りですが、常設で展示販売をして来たMECCAの壁を12月27日(日)をもって終了します。 MECCAの壁があるギャラリー・クオーレの実店舗も、‘21年1月末で閉めます ...
https://twitter.com/gallery_cuore/status/1323550509408505856

・Twitter / gallery_cuore: 4月5月と東京都の要請によるコロナ禍の休業をし、6月から営業再開はしたものの、コロナが収束するまで1〜2年は有にかかることが予想されます。 GONTA MECCAの売上は、ファンの皆様のお陰様で順調です。しかし、ギャラリー・クオーレの他の売上は、海外から地方からの旅行客の激減で厳しい状況です。 ...
https://twitter.com/gallery_cuore/status/1323551869256388608

・Twitter / gallery_cuore: ギャラリー・クオーレとGONTA MECCAは続きます コロナ収束時に、王欣太展を開催するための準備にも入りました。そのアナウンスを出来る日を楽しみに、エネルギーを十分に貯めたいと思っています。 ファンの皆様に直にお会いできる場所が無くなるのは残念ですが、他は今まで通り ご安心下さい ...
https://twitter.com/gallery_cuore/status/1323554165075800064

下記の公式サイトには未発表なのだけど、上記の一連のツイートによると、2017年7月14日に開設した東京都港区高輪4-10-18 ウィング高輪west 2F GALLERY CUORE(ギャラリー・クオーレ)は2021年1月末まで、またそこの王欣太常設展示スペース「GONTA MECCA」の壁は2020年12月27日日曜日までだという。

・楽しい使えるアート&クラフトは"ギャラリー・クオーレ"
https://www.gallery-cuore.com/

※関連記事
 GONTA MECCA(GALLERY CUORE 2017年7月14日-)
 Afternoon Tea Party(GONTA MECCA 2018年7月15日)

よみがえる邪馬台国(吉野ヶ里歴史公園2020年9月19日-11月8日)


  • 2020年10月17日(土) 22:51 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    130
展覧会 下記Twitter Accountの下記Statusで知ったこと。

・たまこ (gokanotamako) on Twitter
http://twitter.com/gokanotamako

・Twitter / gokanotamako: 特別企画展「よみがえる邪馬台国」 ‐倭人伝のクニを探る[Ⅱ]‐ 邪馬台国と豊前「宇佐」 会期 2020年9月19日(土)~11月8日(日) 会場 吉野ヶ里歴史公園内「弥生くらし館」 観覧無料(入園料別途・中学生以下入園無料) http://yoshinogari.jp/contents4/detail.php?id=750 これ気になるけど多分行けない ...
https://twitter.com/gokanotamako/status/1307260483032944640

下記サイトの下記ページにあるように佐賀県神埼郡吉野ヶ里町田手1843 吉野ヶ里歴史公園内 弥生くらし館にて2020年9月19日土曜日から11月8日日曜日まで特別企画展「よみがえる邪馬台国」‐倭人伝のクニを探る[Ⅱ]‐ 邪馬台国と豊前「宇佐」が開催されるという。入園料「大人(15歳以上)」460円、「シルバー(65歳以上)」200円で、「観覧無料(入園料別途・中学生以下入園無料)」とのこと。内容は「「魏志倭人伝」に記された同時代の遺物などから、各地域に存在したと想定されるクニの姿に迫る、シリーズ「倭人伝のクニを探る」の第2回となります。」とのことだ。

・吉野ヶ里歴史公園
http://www.yoshinogari.jp/

・特別企画展「よみがえる邪馬台国」開催
http://www.yoshinogari.jp/contents4/detail.php?id=750

※関連記事
 邪馬台国はどこにあった?(にっぽん!歴史鑑定 #139 2017年12月11日)
 「魏志倭人伝」の世界(NHK文化センター徳島教室2017年4月20日-9月21日)

競演!『三国志』の風雲児たち(早稲田大学演劇博物館2020年9月28日-12月25日)


展覧会 下記のTwitter Accountの下記statusで知ったこと。

・早稲田大学 坪内博士記念演劇博物館 (waseda_ENPAKU) on Twitter
http://twitter.com/waseda_ENPAKU

・Twitter / waseda_ENPAKU: / 開催日程決定! \ 早稲田大学演劇博物館 特別展 競演!『 #三国志 』の風雲児たち―日本・中国・台湾の華麗なる舞台 会期:2020年9月28日(月)~12月25日(金) 開館時間:10:00-16:00 会場:早稲田大学 #演劇博物館 1階 特別展示室 入館無料絵 ...
https://twitter.com/waseda_ENPAKU/status/1306503245997789184

 下記美術館サイトの下記展覧会ページによると2020年9月28日月曜日から12月25日金曜日まで東京都新宿区西早稲田1-6-1の早稲田大学演劇博物館(通称、enpaku) 1階 特別展示室にて早稲田大学演劇博物館 特別展「競演!『三国志』の風雲児たち――日本・中国・台湾の華麗なる舞台」が開催されるという。「10月は土曜・日曜日」休館日で、開館時間は10時から16時まで。「入館無料」

・enpaku 早稲田大学演劇博物館
http://www.waseda.jp/enpaku/

※関連記事 早稲田大学の入試世界史国語で三国志関連2020(2月13日15日20日)

・競演!『三国志』の風雲児たち――日本・中国・台湾の華麗なる舞台
http://www.waseda.jp/enpaku/ex/11041/

※新規関連記事 リンク:競演!『三国志』の風雲児たち ギャラリートーク(YouTube2020年11月27日)

川本喜八郎人形ギャラリー 中央ケース(渋谷2020年8月22日-)


展覧会 ※前の記事 覇道ナクシテ、泰平ヲミル シリーズ(観劇三昧2016年7月24日-)

 2020年8月23日日曜日6時に目が覚める。東京に行った時、寄れるな、と思っていてチェックしたところ。それは下記リンク先にある東京都渋谷区宇田川町1-1 渋谷ヒカリエ8階の川本喜八郎人形ギャラリーについて。2019年12月8日からの常設展示がかわったってことで下記にPDFファイルにリンクされる『川本喜八郎人形ギャラリー瓦版』No.15を見るとによると、「第15回常設展(令和2年8月22日~)」となっているものの、前回同様「人形劇三国志」の展示は「三国志武将群像」と「漢室の風雲」をテーマにしたものだった。どこが違うかはその冊子の「展示アドバイザーののひとくちメモ」に理由が書かれてあって、つまりは「新型コロナウイルス」の影響で一時閉館などがあったから基本継続展示なのだが、「第15回常設展」として新要素を導入したと。それがこの記事の本題の「中央ケース」だ。つまり展示場の中央にガラスケースを新たに設け、今回、そこに諸葛亮の人形を展示したと。なので参考までに同所での2018年2月10日の「孔明の撮影会」での写真を貼っておこう。まぁ、ありがたいマイナーチェンジではあるんだろうね、ファンにとって。

・渋谷区/川本喜八郎人形ギャラリー
http://www.city.shibuya.tokyo.jp/shisetsu/bunka/kihachiro_gallery/index.html

※前回展示記事 人形劇三国志 三国志武将群像 漢室の風雲(川本喜八郎人形ギャラリー2019年12月8日-)

※関連記事 メモ:人形の構造やからくりの解説、孔明の撮影会(渋谷2018年2月10日)

月岡芳年『月百姿』発行135年記念展 後期(川崎浮世絵ギャラリー2020年9月19日-10月18日)


展覧会 ※関連記事 リンク:「月岡芳年ー血と妖艶」展スライド・トークその4「月百姿」(2020年8月27日)

上記関連記事を書く際に知ったこと。

上記関連記事で触れた太田記念美術館での展覧会「月岡芳年 血と妖艶」前期、2020年8月1日-30日の期間、月岡芳年「月百姿 南屏山昇月 曹操」が展示されたのだけど、その後、おそらく下記サイトの下記ページにあるように、神奈川県川崎市川崎区駅前本町12-1 川崎駅前タワー・リバーク3階 川崎浮世絵ギャラリーでの「月岡芳年『月百姿』発行135年記念展」の後期、2020年9月19日土曜日から10月18日日曜日まで、月岡芳年「月百姿 南屏山昇月 曹操」が展示されるのであろう。開館時間は11時から18時30分まで。観覧料500円

・川崎浮世絵ギャラリー ~斎藤文夫コレクション
https://ukiyo-e.gallery/

・開催中のイベント
https://ukiyo-e.gallery/current_event/

・月百姿 南屏山昇月 曹操 - 国立国会図書館デジタルコレクション
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1306349

※関連記事 魏晋学術考(1968年)

リンク:「月岡芳年ー血と妖艶」展スライド・トークその4「月百姿」(2020年8月27日)


  • 2020年8月28日(金) 23:09 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,530
展覧会 下記のTwitter Accountの下記statusで知ったこと。

・太田記念美術館 Ota Memorial Museum of Art (ukiyoeota) on Twitter
http://twitter.com/ukiyoeota

※関連記事 三国志 英雄100年の興亡(2017年8月29日)

・Twitter / ukiyoeota: 「月岡芳年ー血と妖艶」展の前期は明後日8/30(日)まで。展覧会の見どころを紹介するスライド・トークをオンラインで配信中。第4回は月にまつわる物語を描いた「月百姿」。コロナのために美術館に来られない方、あるいは、展覧会の予習をしたい方、是非→https://youtube.com/watch?v=8TPlXwqsvao #おうちで浮世絵 ...
https://twitter.com/ukiyoeota/status/1299178528911499264

 下記美術館サイトの下記展覧会ページによると2020年8月1日土曜日から10月4日日曜日まで東京都渋谷区神宮前1-10-10の太田記念美術館にて展覧会「月岡芳年 血と妖艶」が開催されるという。作品リストを見るとそのうち前期8月30日まで日曜日に月岡芳年「月百姿 南屏山昇月 曹操」が展示されるという。

・太田記念美術館 Ota Memorial Museum of Art
http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/

※関連記事 江戸の女装と男装(太田記念美術館2018年3月2日-3月25日)

・月岡芳年 血と妖艶
http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/exhibition/blood-and-the-bewitching

三国志グッズ・川本コレクション展(飯田市川本喜八郎人形美術館2020年8月6日-9月8日)


展覧会 下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。

・飯田市川本喜八郎人形美術館 (KawamotoPuppet) on Twitter
https://twitter.com/KawamotoPuppet

※関連記事 川本人形塗り絵(飯田市川本喜八郎人形美術館2020年5月12日)

※新規関連記事 2021年福袋(飯田市川本喜八郎人形美術館2021年1月2日-)

・Twitter / KawamotoPuppet: 【特別展開催中!】 飯田市川本喜八郎人形美術館では、 川本喜八郎生誕95周年・没後10年特別展として、 「三国志グッズ・川本コレクション展」を開催しております! 期間:2020年8月6日(木)~9月8日(火) 会場:川本美術館3Fスタジオ 詳しくはブログをご参照ください! ...
https://twitter.com/KawamotoPuppet/status/1291536773990903813

 下記美術館サイトの下記お知らせページにあるように、長野県飯田市本町1丁目2番地の飯田市川本喜八郎人形美術館 川本美術館3Fスタジオにて2020年8月6日木曜日から9月8日火曜日まで川本喜八郎生誕95周年・没後10年特別展「三国志グッズ・川本コレクション展」が開催されるという。下記お知らせページによると「そんな中で、川本が数年かけて買い集めた貴重な品の数々と、/「三国志演義」翻訳者、立間祥介氏らと共に中国へ行った際の写真を展示しています。/また、展示替えや飯田市内で開催されたイベントに参加した川本の写真も展示しています。」とのこと。

・飯田市川本喜八郎人形美術館
http://www.city.iida.lg.jp/kawamoto/

※関連記事
 三国志~桃園の誓いから三顧の礼~(飯田市川本喜八郎人形美術館2020年1月30日-2021年1月中旬)
 年間パスポート 販売中止(飯田市川本喜八郎人形美術館2020年5月25日-10月31日)
 川本 喜八郎 先生 逝去 2010年8月23日

・川本喜八郎生誕95周年・没後10年特別展開催中  (※上記サイトのお知らせページ)
http://kawamoto-info.jugem.jp/?eid=706

学習院大学東アジア学バーチャルミュージアム(2011年-2012年)


展覧会 ※前の記事 ブックカフェCha-ngokushi( ちゃんごくし )にて勝手にDay 2 蜀(神戸2020年5月31日)

 2020年5月31日日曜日、少しさかのぼって16時19分、下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。

・キリエ (Kyrie0359) on Twitter
http://twitter.com/Kyrie0359

※関連記事 多謝カード(ブックカフェ関帝堂書店2020年6月2日-)

※新規関連記事 三国志に学ぶ人間関係の法則120(2020年6月15日)

・Twitter / Kyrie0359: ...
https://twitter.com/Kyrie0359/status/1266989817578975234

※関連記事 漢三國西晉鏡銘集成(横浜ユーラシア文化館2015年3月-)

 上記ツイートにある漢三國西晉鏡銘集成については上記関連記事にあるようにすでに記事化しているのだけど、それを説明する次の学習院大学東アジア学バーチャルミュージアムについては記事化してないので今回はそれを記事化に。しかし、その学習院大学東アジア学バーチャルミュージアムのサイトにある「利用規約・お問い合わせ」ページ https://www.gakushuin.ac.jp/univ/rioc/vm/inquiry.html の「リンクについて」から下記へ引用するに、

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
学習院大学東アジア学バーチャルミュージアム(http://www.gakushuin.ac.jp/univ/rioc/vm/index.html)へのリンクは、原則としてフリーです。リンクを張った際は、そのホームページの内容とアドレス及びリンクの趣旨、お名前、連絡先などを「お問い合わせ」からお知らせください。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

といちいち連絡の手間をかけないといけないんで今回はリンクせず引用の要件を満たすためにもURLで示していく。大学でも絶滅してなかったか、ダメアーキテクチャ

 下記URL先にCopyrightが2011-2012の学習院大学東洋文化研究所の「東アジア学バーチャルミュージアム」がある。ここで三国に関係するのは「漢籍の世界」/「東洋文化研究所所蔵古典籍」と、「前近代東アジアの世界」/「旧制学習院歴史地理標本室コレクション」だ。

・東アジア学バーチャルミュージアム|学習院大学東洋文化研究所
https://www.gakushuin.ac.jp/univ/rioc/vm/index.html

※関連記事 中国漢代墓葬装飾の地域的研究(2012年2月)

 まず「東洋文化研究所所蔵古典籍」の『繍像後三国演義』。「三国演義」とあるものの、舞台は三国時代ではなくてその「後」、西晋と東晋とのことだ。ページをパラパラと捲ると挿絵に司馬炎(「武帝」だけどね)が描かれていたりする。
 その次が「旧制学習院歴史地理標本室コレクション」。三国にかかってそうなのが「牛車型明器」(瓦牛車、漢~晋時代)、「緑釉倉明器」(漢釉瓦囷俑、漢~晋時代)、「緑釉狗明器」(緑釉狗、漢~晋時代)の3点。