Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2024年 04月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 3件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 79 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

関帝廟・媽祖廟(大阪市西成区太子2丁目2023年12月2日-)


場所 ※前の記事 メモ:三顧の礼(川本喜八郎人形ギャラリー2023年11月26日-)

 2023年12月2日土曜日夜、都内某ネットカフェに入る。下記のX Accountの下記のStatusで知ったこと。

・さとうしん (satoshin257) さん / X
http://twitter.com/satoshin257

・Xユーザーのさとうしんさん:「 大阪・西成に中華街構想 中国人団体に地元「無理ある」:朝日新聞デジタル https://asahi.com/articles/ASM2J0VBLM2HPTIL032.html 以前に紹介した西成中華街構想の続報が出てたが、記事はまだアップされてないみたい。このほど西成に関帝廟と媽祖廟がオープンしたとのこと。地元の理解も少しずつ得られつつあるらしい。 ...
https://twitter.com/satoshin257/status/1730852632044945852

 下記の「朝日新聞デジタル」のサイトの下記2019年2月16日付記事「大阪・西成に中華街構想 中国人団体に地元「無理ある」」によると、2019年2月15日に中国人経営者林伝竜さん等約40名による「大阪華商会」から発表があったそうで、それは大阪市西成区あいりん地区東側に中華街を作る構想だそうな。さらにこれを書いている時点では追加情報があり、同サイト(というより新聞だろうけど)にて発表された下記2023年12月3日付記事「三国志の関羽まつる廟、西成・釜ケ崎に 中国人経営者らがお披露目」によると、2023年12月2日に「大阪華商会」により大阪市西成区太子2丁目に建てたれた関帝廟・媽祖廟が披露されたという。

・朝日新聞デジタル:朝日新聞のニュースサイト
https://www.asahi.com/

※関連記事 URL:伊都国「王墓」ガラス玉、「草原の道」から 中央アジア出土品と一致(朝日新聞デジタル 2021年9月18日)

・大阪・西成に中華街構想 中国人団体に地元「無理ある」
https://www.asahi.com/articles/ASM2J0VBLM2HPTIL032.html

・三国志の関羽まつる廟、西成・釜ケ崎に 中国人経営者らがお披露目
https://www.asahi.com/articles/ASRCW5CM5RCVPTIL002.html

 上記2番目の記事から引用するに「華商会ではこの廟を中国の旧暦の毎月1、15日に開放する方針」とのことで、下記関連記事で触れた大阪市の日本橋にあったいつの間にか消えた関帝廟と違って、いつでも参拝できるというわけではないんだね。同じく下記関連記事で触れた大阪市の天王寺にある大阪関帝廟は健在。

※関連記事 大阪上海新天地ビル関帝廟(2018年4月28日訪問)


 日常の記述に戻り、頭痛薬飲んで眠る。12月3日日曜日1時前に目覚める、よく眠った感。2時57分『GIANT KILLING 』62巻読み終える。直接対決で鹿島の優勝を阻止するマッチのキックオフ。3時40に出て、4時20分に桜台のBar Grooveに到着。ミラン×フロジノーネを見る。左右に振ってのゴール前での攻防でこぼれたところに、実はそれに定評があったヨビッチのボレーシュートで先制。メニャンのフィードでプリシックが抜け出し2点目、というよりメニャンのセリエA、3つ目のアシスト。コーナーキックで、右に振ってのヨビッチのクロスにトモリが押し込み3点。クリーンシートは無理だったけどね。大敗の次戦だからすごく不安で見てたけど、「プリシック、アメリカ人なのにファンタジスタ」とか「ヨビッチ、ボレーうまいの、知ってた」とか「テオ、それサイドバックのディフェンス」とかツッコミながら見てて久々に楽しめた。列車を乗り継ぎ西へ。12時48分、三国志ニュースの記事「三国志ジョーカー(第44回京都コミック読書会テーマSF 2023年10月21日)」アップ。18時10分、劇場アニメ「青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない」を見る。前作とうってかわっていつものSFテイストがもどってきた。ついついメタフィクション的解釈をしそうになるね、作者に見捨てられたキャラとか。今回もエンドロール後の引きあり。公開時期教えて!

・劇場アニメ「青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない」
https://ao-buta.com/knapsack/

 12月4日月曜日、アニメ「16bitセンセーション」#9を見る。うっすら雪のつもる中、持ち物の紙袋と途中までの足音だけ残り、消え去る演出良いね、って現代にもどったらアキバのまちが消滅ってタイムリープものの定番が来た!アニメ「スパイファミリー」。ヨルさんの活躍ばかりかと思ったら、たそがれにも活躍の場があった。ラグナクリムゾン、銀器マニアの姫が出てきて面白くなってきた。

※次の記事 【音楽活動】六間道 三国志祭り(YouTube2023年12月1日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/6657
  • 関帝廟・媽祖廟(大阪市西成区太子2丁目2023年12月2日-)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。