Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2018年 04月
«
»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 43 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

三国志 完全版(2015年4月15日)


小説 ※前の記事 あすたくにづか街あるき クイズラリー&グルメマップ(2018年2月16日-3月15日)

 2018年3月8日木曜日夕方17時半ごろに出発。大雨。京都から東海道線を乗り継いで東に向かう。駅前のパン屋さんで買った、ナンカレー、ベーコンリング、みかんデニッシュを草津駅につく18時2分には食べ終えていた、同志社大学の入試2/10と早稲田大学2/12をみながら。三国志ニュースの記事「同志社大学の日本史入試で三国志関連2018」を書く。米原駅近くのヤンマー中央研究所によると、気温10℃。米原駅、やはりツイッターのタイムラインを溜める。19時5分発東海道本線(東海)新快速(豊橋行)。19時37分大垣駅、そろそろねむらないと。20時35分、刈谷駅。やっぱりうまくねむれず。「同志社大学の日本史入試で三国志関連2018」を書く。21時11分、豊橋駅に4分遅れで到着。11分停車するので、その間に駅中の成城石井 豊橋店で大人気バラエティーセット(パン) 486円を買う。次の日の昼食分。レシートによると21:15。21時55分浜松駅到着。ひかり538号(N700系)(東京行)に乗換え、節約のため東京まで行かず小田原駅で降りる。22時50分。車内での22時41分に「同志社大学の日本史入試で三国志関連2018」を書き上げる。小田原駅からは小田急線急行(新宿行)。新宿で中央線に乗換え、0時52分に阿佐ヶ谷駅到着。
 次の日(といっても日付的には3月9日金曜日当日)の昼食は豊橋駅で買ったんだけど、朝食はコンビニで買おうと、駅近くのローソンに入る。そうするといろんな歴史マンガが並んでいるのをみかけたんだけど、マンガだけじゃなく小説も並んでいた。
 その1つが表題の吉川英治『三国志』。ゴマブックスから出ている。とりあえず「吉川英治 三国志 ゴマブックス」とキーワードを覚えておけば後で確認が取れる、と思っていたら、どうも該当するものが見当たらないので、今、ネットで情報に当たれる近い出版日のを挙げておく。出版社自体は電子書籍に力を入れているようだね。

・電子書籍・電子コミック(マンガ)のポータルサイト|ゴマブックス
http://www.goma-books.com/

・三国志
http://www.goma-books.com/digital/novel/eiji-yoshikawa/the-three-kingdoms

・三国志 完全版 上巻
http://www.goma-books.com/archives/25796

・三国志 完全版 下巻
http://www.goma-books.com/archives/25794

※関連記事
 吉川英治『三国志』(青空文庫2013年9月5日-)
 正史「三國志」完全版(2009年2月15日)
 吉川英治『三国志』を読む - 孔明の巻 -(京都2018年5月8日-6月19日)

 上記サイトの上記ページにあるように、2015年4月15日にゴマブックスより吉川英治『三国志 完全版』上巻・下巻(電子書籍)が各500円(税別)で発売されたという。上記関連記事(1番目)で触れたことと同様に、著作権が切れた関係での販売だろうね。あと何が「完全版」なのか上記ページに説明がないのだけど。「吉川英治作品シリーズ第一弾として『三国志』を刊行!」だそうな。

リンク:赤壁の戦(1926年11月30日発行)


小説 ※前の記事 学研まんが世界の歴史 第4巻 古代中国文明と秦の始皇帝(学研1992年5月)

 青春18きっぷの旅。2018年1月6日土曜日昼。前の記事にあるとおり上野の国会図書館国際子ども図書館児童書研究資料室にいて、始皇帝期のよろいが日本の児童書や学習マンガなどでどのように描かれてきたか見てた。

・国際子ども図書館
http://www.kodomo.go.jp/

 そのため目的から外れていたのだけど、大衆の興味の対象が近い位置にあるせいか、結構、三国のものも見かけていた。

落談 三国志英雄伝(1984年1月10日発行)


小説 ※前の記事 生賴範義 展 THE ILLUSTRATOR(上野の森美術館2018年1月6日-2月4日)

 2017年12月28日木曜日15時過ぎ。一旦、東京メトロのWiFiにつなぐため赤坂見附駅のベンチへ。

・訪日外国人のお客様向け無料Wi-Fiサービスを東京メトロ全駅・車両内に拡大します!
http://www.tokyometro.jp/news/2016/811.html

 ネットにつないで少しくつろいでから東京駅に行って、東海道線→横浜駅乗換え→根岸線といって、石川町駅で降り、横浜中華街に行きブックカフェ関帝堂書店へ。16時半ぐらいに到着。

・横濱バザール
http://yokohamabazaar.com/

・たぶん横浜中華街唯一のブックカフェ*BOOKS&CAFE関帝堂書店
http://kanteido.com/

※関連記事 メモ:関帝堂書店 おはなし屋ことのは鳥コラボ 絵本ライブ(2017年12月17日)

旋風は江を駆ける(1997年2月1日)


小説 ※前の記事 仮面ライダービルド(2017年9月3日-)

 2017年9月10日日曜日、都内某チェーン店を出て、10時半ぐらいに東京メトロの駅に到着。どこにも寄り道せず用事をこなしても20円ぐらいしか差額がでないので、東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券900円を購入。

・各種一日乗車券 | PASMO・乗車券 | 東京メトロ
http://www.tokyometro.jp/ticket/value/1day/index.html

 東京メトロ丸ノ内線→東京メトロ銀座線と乗り継いで上野駅に到着。JR上野駅の南にある東京メトロの駅から北西にある上野公園の向こう側にある目的地までたくさん歩く。やはり日曜日の上野駅は賑やかだ。
 目的地は国際子ども図書館の児童書研究資料室だ。以前は国会図書館本館新館関西館同様、日曜祝日は休室だったような記憶があるんだけど、最近、下記サイトにアクセスして、日曜日も開いていることに気づき、スケジュールに余裕のあるこの日に訪ねることにした。

・国立国会図書館国際子ども図書館
http://www.kodomo.go.jp/

・児童書研究資料室
http://www.kodomo.go.jp/use/room/data.html

※関連記事
 三国志(1953年6月30日)
 三國志物語(1940)、少年三国志(1955)、羽石光志/絵

タイムスリップ信長vs三国志(2017年8月8日)


小説 ※関連記事 孟徳と本初 三國志官渡決戦録(2017年7月25日)

上記関連記事を書く際に知ったこと。

下記出版社サイトの下記書籍ページによると、講談社より2017年8月8日に鯨統一郎『タイムスリップ信長vs三国志』(講談社ノベルス ISBN978-4-06-299100-1)が820円(税別)で発売したという。下記ページを見ると、この作者は『タイムスリップ森鴎外』(2002年3月7日)、タイムスリップ戦国時代(2008年11月6日)、『タイムスリップ忠臣蔵』(2009年11月05日)、『タイムスリップ紫式部』(2010年11月2日)など、「タイムスリップ」シリーズを出しているので、これもその流れなんだけど、そのためかマンガ、アニメ、ゲームで見かけるタイムスリップだけでなく現代・未来だけでなく他の二つの時代の「vs」と複雑なことになっているんだろうね。あ、小説だと集英社でそういうのあったか、まぁそれは時代というよりどちらかというと人物のオールスター的なものだし、タイムスリップはしてないし。

・講談社BOOK倶楽部|最新公式情報満載! お気に入りの一冊に出会える書籍ポータル
http://bookclub.kodansha.co.jp/

・『タイムスリップ信長vs三国志』(鯨 統一郎):講談社ノベルス
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062991001

※関連記事
 自衛隊三国志(世界文化社)
 三国志ジョーカー 第5巻(2012年12月14日)
 『イナズマイレブンGO クロノ・ストーン』で劉備登場(2012年10月3日)
 三国恋戦記 魁(2017年8月25日)
 戦国ベースボール 三国志トーナメント編③赤壁の地獄キャンプ(2016年11月24日)

孟徳と本初 三國志官渡決戦録(2017年7月25日)


小説 下記の出版社サイトの書籍ページによると、講談社より2017年7月25日に吉川永青『孟徳と本初 三國志官渡決戦録』(ISBN978-4-06-220608-2)が1650円(税別)で発売されたという。下記ページを見ると、下記関連記事で触れた短編集と違って今回は一冊でまとまった長編。。

・講談社BOOK倶楽部
http://bookclub.kodansha.co.jp/

・『孟徳と本初 三國志官渡決戦録』(吉川 永青):|講談社BOOK倶楽部
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062206082

※関連記事 関羽を斬った男(2015年12月8日)

泣き虫弱虫諸葛孔明 第四部(2017年7月6日文春文庫)


小説 下記の書店サイトの上記ページ(メルマガ登録)にあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2017年第6号(総311号その1)(2017年7月28日発行)により知ったこと。

・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~
http://www.toho-shoten.co.jp/

・メルマガ登録
http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/

※関連記事 泣き虫弱虫諸葛孔明 第伍部(2017年6月26日)

※新規関連記事 世界史劇場 正史三國志(2017年7月24日)

下記サイトの下記書籍ページによると文芸春秋より2017年7月6日に小説の酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明 第四部』(文春文庫、ISBN978-4-16-790883-6)が1050円(税別)で発売したという。つまり下記関連記事で触れた単行本の文庫版だ。

・文藝春秋ホームページ
http://www.bunshun.jp/

・文春文庫『泣き虫弱虫諸葛孔明 第四部』酒見賢一 | 文庫 - 文藝春秋BOOKS
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167902995

※関連記事 泣き虫弱虫諸葛孔明 第四部(2014年11月21日)

文庫で第四部となるのはすでに三部分が発売しており、下記を挙げておく。

※関連記事
 泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部(2011年2月10日文春文庫)
 泣き虫弱虫諸葛孔明 第参部(2012年7月25日)
 泣き虫弱虫諸葛孔明 第参部(2015年2月6日文春文庫)

泣き虫弱虫諸葛孔明 第伍部(2017年6月26日)


小説 ・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~
http://www.toho-shoten.co.jp/

・メルマガ登録
http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/

※関連記事 英雄たちの装備、武器、戦略 三国志武器事典(2017年7月7日)

※新規関連記事 泣き虫弱虫諸葛孔明 第四部(2017年7月6日文春文庫)

上記の書店サイトの上記ページ(メルマガ登録)にあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2017年第6号(総311号その1)(2017年7月28日発行)により知ったこと。

・文藝春秋ホームページ
http://www.bunshun.co.jp/

・『泣き虫弱虫諸葛孔明 第伍部』酒見 賢一 | 単行本 - 文藝春秋
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163906614

※関連記事
 泣き虫弱虫諸葛孔明 第四部(2014年11月21日)
 泣き虫弱虫諸葛孔明 第伍部(2014年8月8日-2016年10月20日)

上記の出版社サイトの上記の書籍ページによると文藝春秋より2017年6月26日に酒見賢一/著『泣き虫弱虫諸葛孔明 第伍部』(ISBN978-4-16-390661-4)が2400円(税別)で発売するという。つまり上記関連記事で示した第伍部の続きで昨年10月20日で連載終了した分で、今回で完結とのことだ。

人形劇三国志(集英社文庫コバルト1983年6月15日-1984年1月15日発行)


  • 2017年5月25日(木) 23:55 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,003
小説 ※前の記事 立間祥介訳 三国志演義(平凡社1962年、徳間書店1983年8月)

 2017年4月7日金曜日、夕方になりつつあったけど、引き続きネタ消化。前の記事では「人形劇三国志」の原作を確認したのだけど、今度は「人形劇三国志」のノヴェライズについての閲覧申請して確認。たとえるなら鯨や海豚ってところだろうか。
 ちなみに「人形劇三国志」はNHK総合で1982年10月2日から1984年3月24日まで放送している。それに対して、本館の閲覧申請をすると、そのノヴェライズである集英社文庫コバルトシリーズ『人形劇三国志』は上巻1983年6月15日発行、中巻1983年6月15日発行、下巻1984年1月15日発行だった。まさか放送中に最後まで刊行されているとは思わなかったので、どこで終わりか確認していなかった。後日確認しよう。※追記。目次を見ると一目瞭然でp.282「二十六、玄徳の死」、pp.293-301「二十七、秋風五丈原」と続く。まぁ、1984年1月14日の放送が第58回「関羽死す」だから当然の短さなんだろうけど。
 上巻を確認すると、著者は「小川英 田波靖男」、つまり人形劇三国志の脚本の3人のうち2人。掲載されてある番組クレジットで「立間祥介訳『三国志演義』(平凡社刊)より」とある。印象に残ったのは、文庫の巻頭に「人形劇 三国志」の写真が載せられているのだけど、そこに呂布の弟、呂王というオリジナルキャラクターが登場する回があったってことだろうか。しかも赤壁前。

※関連記事 人形劇 三国志 三顧礼での諸葛亮の寝台デザイン(1983年3月19日)

三国志名臣列伝 後漢篇(オール讀物2015年12月22日-)


小説 下記ブログ記事で知ったこと。

・尚書省 三國志部
http://d.hatena.ne.jp/kyoudan/

・宮城谷昌光「三国志名臣列伝 後漢篇」連載
http://d.hatena.ne.jp/kyoudan/20170228/1488214438

下記出版社サイトの雑誌ページのバックナンバーによると、文藝春秋より発売の『オール讀物』の2016年1月号(2015年12月22日)より宮城谷昌光「三国志名臣列伝(後漢篇)」の連載が開始されている。下記からたどれる初回のページには「時代小説、初夢占い」と冠せられており、つまり小説とのこと。

・文藝春秋
https://www.bunshun.co.jp/

・文藝春秋|雑誌|オール讀物
https://www.bunshun.co.jp/mag/ooruyomimono/

※関連記事 三国志外伝(2014年5月16日)

タイトルどおり人物を軸とした小説で各回には人物名がつけられており以下まとめてみる。。

2016年1月号-3月号 何進〈中〉〈下〉(※初回のウェブページでは「〈上〉」の表記なし)
2016年4月号-6月号 朱儁〈中〉〈下〉(※初回のウェブページでは「〈上〉」の表記なし)
2016年7月号-9月号 王允〈上〉〈中〉〈下〉
2016年12月号 盧植 [一挙掲載]
2017年3月号 孔融
<以下、追記>
2017年6月号 皇甫嵩
2017年9月号 荀彧(じゅんいく)三国志名臣列伝 後漢篇 [完結]

予定表(今後二ヶ月)

4月24日(火)
4月25日(水)
4月26日(木)
4月27日(金)
4月28日(土)
4月29日(日)
4月30日(月)
5月 1日(火)
5月 2日(水)
5月 5日(土)
5月 6日(日)
5月 7日(月)
5月 8日(火)
5月12日(土)
5月14日(月)
5月19日(土)
5月22日(火)
5月25日(金)
5月26日(土)
5月28日(月)
6月 1日(金)
6月 2日(土)
6月 5日(火)
6月 9日(土)
6月11日(月)
6月12日(火)
6月16日(土)
6月19日(火)