Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2022年 07月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 72 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

趙雲伝(2022年3月1日)


小説  東方書店のメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』第3号(総364号)(2022年3月28日発行)で知ったこと。下記関連記事と同じくメモ書きからのピックアップ。

・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~
http://www.toho-shoten.co.jp/

・メルマガ登録
http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/

※関連記事 孔明に訊け!(2022年4月6日)

※新規関連記事 嵆康の方法 文学としての「論」(2022年2月)

・国内書 趙雲伝
https://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4309030258&bookType=jp

 2022年3月1日に河出書房新社より塚本靑史『趙雲伝』が1980円(税別)で発売されたという。

・河出書房新社
https://www.kawade.co.jp/

※関連記事 少女マンガ 歴史・時代ロマン決定版全100作ガイド(2017年12月30日)

・趙雲伝 :塚本 靑史|
https://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309030258/

※関連記事
 三国志への誤解を解く(渋谷2019年9月28日)
 仲達(角川文庫2012年1月25日)

連載小説を深く楽しむ 「諸葛亮」副読本(日本経済新聞サイト2022年3月)


小説 ※前の記事 リンク:なぜ日本人は三国志が大好きなのか?(2022年4月4日)

 2022年4月5日火曜日、下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。

・USHISUKE (USHISUKE) on Twitter
https://twitter.com/USHISUKE

※関連記事 諸葛亮(日本経済新聞夕刊 2022年1月4日-)

・Twitter / USHISUKE: 「連載小説を深く楽しむ『諸葛亮』副読本」公開中。日経夕刊連載中の同小説はオンラインだと有料会員じゃないと読めないけどコッチは無料。連載の方は諸葛玄の終焉が近づいている感じだけど、歴史の行間を人物に寄り添って丁寧に埋める筆致に変わらず好感。この連載イイ https://www.nikkei.com/telling/DGXZTS00000920Z00C22A2000000/ ...
https://twitter.com/USHISUKE/status/1511265552781971457

 2022年1月4日から『日本経済新聞』夕刊の平日毎日連載の宮城谷昌光「諸葛亮」関連で、下記サイトの下記ページにあるように(ツイッターでURL検索するに)2022年3月1日に「連載小説を深く楽しむ 「諸葛亮」副読本」が更新された。「構成/西原幹喜」「地図・年表/仙石奈央」とのこと

・日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

※関連記事 諸葛亮(日本経済新聞夕刊 2022年1月4日-)

・連載小説を深く楽しむ 「諸葛亮」副読本
https://www.nikkei.com/telling/DGXZTS00000920Z00C22A2000000/

三国志外伝 朱儁伝(竹林クロワッサン2022年1月16日)


小説 ※前の記事 大学入学共通テストの世界史Bで三国志関連2022(2022年1月15日)

 先に本題。2022年1月16日日曜日11時から16時まで、、京都市の岡崎にある、京都市勧業館「みやこめっせ」第二展示場にて第六回文学フリマ京都が開催された(あまり関係ないけどURLの「bunfree」が気になる、フリマ→フリーマーケット→蚤の市、flea marketなのだから綴りが違うのが)。

・京都市勧業館「みやこめっせ」京都最大級のイベント会場・展示場
https://www.miyakomesse.jp/

※関連記事 春の古書大即売会2019(京都古書研究会2019年5月1日-5日)

・第六回文学フリマ京都(2022/1/16)
https://bunfree.net/event/kyoto06/

 

 それに参加されているサークルに竹林クロワッサンがあって、発行日がこの日、2022年1月16日になっていてカッコ書きで「第六回文学フリマ京都」の小説同人誌、楪らく『三国志外伝 朱儁伝』が新刊として出された。同著者の『三国志 巻一』(竹林クロワッサン2018年9月17日)、『三国志 巻二』(竹林クロワッサン2019年1月27日)、『三国志 巻三』(竹林クロワッサン2019年7月21日)のスピンオフ作品だ。800円。下記ページによると「昨年の文学フリマ大阪で出した未完成版にオマケの短編2本を追加した完成版です。」とのこと。

・竹林クロワッサン - BOOTH
https://bamboo-croissant.booth.pm/

※関連記事 三国志 巻一(竹林クロワッサン2018年9月17日)

・三国志外伝 朱儁伝
https://bamboo-croissant.booth.pm/items/3586621

諸葛亮(日本経済新聞夕刊 2022年1月4日-)


小説 ※前の記事 『三国志』のことはプロに聞け! (ファミ通.com2021年12月26日-)

 2021年12月28日火曜日、下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。

・USHISUKE (USHISUKE) on Twitter
https://twitter.com/USHISUKE

※関連記事 三国志で楽しく学ぶ中国語 初級編(2021月6月18日)

※新規関連記事 連載小説を深く楽しむ 「諸葛亮」副読本(日本経済新聞サイト2022年3月)

・Twitter / USHISUKE: キター! 新連載小説、宮城谷昌光「諸葛亮」1月4日から: 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUD161F70W1A111C2000000/ ...
https://twitter.com/USHISUKE/status/1475500037715410946

 下記新聞社サイトの下記新聞記事「新連載小説、宮城谷昌光「諸葛亮」1月4日から」によると、「連載小説、荻原浩氏の「ワンダーランド急行」は12月28日で完結、2022年1月4日から宮城谷昌光氏の「諸葛亮(しょかつ・りょう)」を掲載します。」とのことで、その新聞記事だけだと何のことかわからないんで、検索をかけてみると、つまりは2022年1月4日から『日本経済新聞』夕刊の平日毎日に宮城谷昌光「諸葛亮」が連載されるという。下記3番目のURLにあるように、Web上でも購読可能だそうで。

・日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

※関連記事 日経電子版 春割 2018(2018年3月26日-5月15日)

※新規関連記事 連載小説を深く楽しむ 「諸葛亮」副読本(日本経済新聞サイト2022年3月)

・新連載小説、宮城谷昌光「諸葛亮」1月4日から
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUD161F70W1A111C2000000/

・宮城谷昌光「諸葛亮」
https://www.nikkei.com/theme/?dw=21121405

※関連記事
 三国志名臣列伝 後漢篇(2020年11月7日発売)
 『三国志』再発見!講義(ZOOM2021年9月11日)
 リンク:最高の名将は誰だったのか…(週刊文春2021年9月9日号)

三国志名臣列伝 後漢篇(2020年11月7日発売)


小説 東方書店のメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2020年第10号(総349号)(2020年12月11日発行)で知ったこと。というよりメモ書きからのピックアップ。

・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~
http://www.toho-shoten.co.jp/

※関連記事 中国ドラマメモリアルBOOK(2020年11月7日発売)

※新規関連記事 リンク:もうひとつの三国志(東方464号2019年10月)

・メルマガ登録
http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/

※新規関連記事 図説 一冊で学び直せる三国志の本(2020年12月17日発売)

・国内書 三国志名臣列伝 後漢篇
https://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4167916060&bookType=jp

 下記出版社サイトの下記書籍ページによると文藝春秋から2020年12月8日に小説の宮城谷昌光『三国志名臣列伝 後漢篇』(文春文庫)が803円(税込)で発売したという。タイトルにあるようにやはり人物ごとの小説だそうで何進、朱儁、王允、盧植、孔融、皇甫嵩、荀彧だという(ウェブページの「慮植」の誤りはイタい)。下記関連記事(3番目)にあるように雑誌『オール読物』で連載されていた。

・文藝春秋ホームページ
http://www.bunshun.co.jp/

※関連記事 三国志入門(文春新書2021年3月20日)

・文春文庫『三国志名臣列伝 後漢篇』宮城谷昌光 | 文庫 - 文藝春秋BOOKS
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167916060

※関連記事
 三国志読本(文春文庫2017年5月10日)
 三国志名臣列伝 後漢篇(オール讀物2015年12月22日-)

※新規関連記事 『三国志』再発見!講義(ZOOM2021年9月11日)

※新規関連記事 諸葛亮(日本経済新聞夕刊 2022年1月4日-)

声優・上坂すみれと読書会 第1部(オンライン2021年5月30日)


小説
下記配信で知ったこと。その番組でのその他三国ネタは記事を改める。ちなみに終了したラジオ番組「上坂すみれの♡をつければかわいかろう」の後継的番組。

・#6 おすすめミュージック♫【上坂すみれのおまえがねるまで】 - YouTube
https://youtu.be/ZrZaLGyGWAE

※関連記事 上坂すみれの♡をつければかわいかろう(文化放送2019年8月4日放送分)

もう少し番組について詳しく書きつつ何のことか紹介すると、YouTubeにて毎週土曜日22時から22時30分までの枠で声優の上坂すみれさん出演所属事務所キングレコード提供の番組「上坂すみれのおまえがねるまで」(番組内通称「おまねる」)がライブ配信(アーカイブもあり)されていて、その上記第6回(2021年5月15日配信分)の5分30秒にイベント情報があった。
それは下記サイトの下記ページによると2021年5月30日日曜日14時から15時45分までの枠でオンラインにて「声優・上坂すみれと読書会」第1部開催んぽことで、その課題図書は伊崎喬助『董白伝 ~魔王令嬢から始める三国志~』だという。代金は3300円(税込)。文脈的には「あの著名人と会える・話せる「小学館カルチャーライブ!」」という企画のシリーズのようで。

・小学館コミック – 小学館のコミック情報が全てここに。
https://comics.shogakukan.co.jp/

・「声優・上坂すみれと読書会」オンラインイベント5月30日開催決定!
https://comics.shogakukan.co.jp/news/29899

※関連記事 董白伝 ~魔王令嬢から始める三国志~(2019年12月18日-)

・上坂すみれ
http://king-cr.jp/artist/uesakasumire/

※関連記事 すーぱー呂布呂布ぱらだいす!(先行配信2019年12月27日 NEO PROPAGANDA2020年1月22日)

※新規関連記事 上坂すみれのおまえがねるまで(YouTube 2021年4月10日-)

三好 徹 氏、逝去 2021年4月3日


小説 訃報です。
2021年4月3日に三好徹氏がお亡くなりになりました。享年90歳でした。三国での代表作に『興亡三国志』がありました

・三好徹さん死去 90歳 直木賞作家、「天使シリーズ」 | 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20210406/k00/00m/040/153000c

三好徹氏のご遺徳を偲び、哀悼の意を表します。

董白伝 ~魔王令嬢から始める三国志~(2019年12月18日-)


小説 下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。いや前々から小耳に挟んでいたのだけど、良い機会なので。

・ガガガ岩浅 (kiwaasa_gagaga) on Twitter
https://twitter.com/kiwaasa_gagaga

・Twitter /kiwaasa_gagaga: 『董白伝 ~魔王令嬢から始める三国志~3』明日1/19発売! 今巻は新キャラも盛りだくさん! 鈴の甘寧とか、涼州の閻行とか、軍師の荀攸とか…。 うん、なんかキャラチョイスが絶妙にコアな方向にいっているのは気のせいだろうか、伊崎さん ...
https://twitter.com/kiwaasa_gagaga/status/1351087340119334912

下記出版社サイトの下記書籍ページにあるように小学館よりガガガ文庫にて2019年12月18日に伊崎喬助/著、カンザリン/イラスト『董白伝~魔王令嬢から始める三国志~』(ISBN9784094518252)が611円(税別)で、2020年6月18日に同著『董白伝~魔王令嬢から始める三国志~ 2』(ISBN9784094518474)が660円(税別)で、2021年1月19日に同著『董白伝~魔王令嬢から始める三国志~ 3』(ISBN9784094518870)が660円(税別)で発売したという。タイトルどおり異世界転生もの。

・小学館
https://www.shogakukan.co.jp/

※関連記事 学習まんが 世界の歴史5 古代中国2(新~唐)(2018年11月29日)

※新規関連記事 声優・上坂すみれと読書会 第1部(オンライン2021年5月30日)

・董白伝~魔王令嬢から始める三国志~
https://www.shogakukan.co.jp/books/09451825

・董白伝~魔王令嬢から始める三国志~ 2
https://www.shogakukan.co.jp/books/09451847

・董白伝~魔王令嬢から始める三国志~ 3
https://www.shogakukan.co.jp/books/09451887

   

泣き虫弱虫諸葛孔明 第伍部(2020年8月5日文春文庫)


  • 2020年12月 3日(木) 08:17 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    135
小説  残したメモより東方書店のメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2020年第7号(総346号)(2020年9月7日発行)で知ったこと。

・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~
http://www.toho-shoten.co.jp/

・メルマガ登録
http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/

※関連記事 後漢・魏晋簡牘の世界(2020年3月26日)

※新規関連記事 秦漢時代の家族と国家(2020年3月上旬発売)

・国内書 泣き虫弱虫諸葛孔明 第伍部
https://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4167915476&bookType=jp

下記サイトの下記書籍ページによると文芸春秋より2020年8月5日(10日発行)に小説の酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明 第伍部』(文春文庫、ISBN978-4-16-791547-6)が1485円(税込)で発売したという。つまり下記関連記事で触れた単行本の文庫版だ。

・文藝春秋ホームページ
http://www.bunshun.jp/

・文春文庫『泣き虫弱虫諸葛孔明 第伍部』酒見賢一 | 文庫 - 文藝春秋BOOKS
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167915476

※関連記事 泣き虫弱虫諸葛孔明 第伍部(2017年6月26日)

文庫で第伍部となるのはすでに四部分が発売しており、下記を挙げておく。今回で完結。

※関連記事
 泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部(2011年2月10日文春文庫)
 泣き虫弱虫諸葛孔明 第参部(2012年7月25日)
 泣き虫弱虫諸葛孔明 第参部(2015年2月6日文春文庫)
 泣き虫弱虫諸葛孔明 第四部(2017年7月6日文春文庫)

英雄大戦 曹操対ハンニバル(2004年10月)


小説 ※前の記事 魔法科高校の劣等生 第26話(2014年9月28日)

 2020年8月14日金曜日6時過ぎに静岡県内の某マンガ喫茶で起床。『アオイホノオ』23巻(6/12発売)を読む。「うる星やつら オンリー・ユー」、「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」と映画でまとまってんな。あとあだち充先生。今日の予定を組んでみたけど、ひとところに1時間と落ち着かず夜まで移動時間で終わってしまいそうな…。ヴィ・ド・フランスでカリカリカレーパンとふわふわりんごとレジ袋を買う(※全国的なレジ袋有料化)。405円。列車を乗り継いで東へ。中野駅。ケンタッキーで並んでてりやきツイスターを買う。11時43分、出土資料により必ずしも5日と決まったものではないね。

・【2546】Re:司馬師や司馬昭の仕官はじめはいつ?
http://cte.main.jp/c-board.cgi?cmd=one&no=2546

※関連記事 『漢代の地方官吏と地域社会』(汲古叢書75 2008年)

※新規関連記事 三國政権の構造と「名士」 増補版(2020年12月21日)

 某所ATMでお金の引き出し。列車を乗り継いで横浜中華街へ。目的地は神奈川県横浜市中区山下町166(横浜中華街内) 横濱バザール 3階のブックカフェ関帝堂書店。下記ページにあるように遅くとも2020年8月12日水曜日にはできていたテラスカフェが目的。

・横濱バザール
http://yokohamabazaar.com/

・たぶん横浜中華街唯一のブックカフェ*BOOKS&CAFE関帝堂書店
http://kanteido.com/

・8/12水曜は夏期お盆期間営業日ですよ
https://8790073586.amebaownd.com/posts/9408263?categoryIds=1958055

※関連記事 関帝堂書店テークアウト(横浜中華街2020年6月2日-)

 3階に上がるとやはりこのご時世、静寂に包まれていたのだけど、上記のサイトで見たように開店日時を確認してたので、灯りは灯っている。なるほど、本棚の下をくぐるように中に入るのか。

  

 上記関連記事で書いたようにテークアウトは以前からあって、廊下部分に面したところに本棚もあってそこには売り物の書籍がおいてあって13時30分、気になる書籍を見かける。それが今回の本題。柘植久慶『英雄大戦 曹操対ハンニバル』(中央公論新社2004年10月)。架空戦記に分類されるのかな?素人(=清岡)みなしだけど。

・中央公論新社
http://www.chuko.co.jp/

※関連記事 倭の風(2013年3月25日)

※新規関連記事 戦乱中国の英雄たち(2021年5月10日)

・英雄大戦|電子書籍|中央公論新社
http://www.chuko.co.jp/ebook/2007/04/512480.html

※関連記事
 電子書籍のダウンロード
 仕事に効く「兵法」(2009年7月20日)