Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 06月
«
»
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 41 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

人形劇三国志(集英社文庫コバルト1983年6月15日-1984年1月15日発行)


小説 ※前の記事 立間祥介訳 三国志演義(平凡社1962年、徳間書店1983年8月)

 2017年4月7日金曜日、夕方になりつつあったけど、引き続きネタ消化。前の記事では「人形劇三国志」の原作を確認したのだけど、今度は「人形劇三国志」のノヴェライズについての閲覧申請して確認。たとえるなら鯨や海豚ってところだろうか。
 ちなみに「人形劇三国志」はNHK総合で1982年10月2日から1984年3月24日まで放送している。それに対して、本館の閲覧申請をすると、そのノヴェライズである集英社文庫コバルトシリーズ『人形劇三国志』は上巻1983年6月15日発行、中巻1983年6月15日発行、下巻1984年1月15日発行だった。まさか放送中に最後まで刊行されているとは思わなかったので、どこで終わりか確認していなかった。後日確認しよう。※追記。目次を見ると一目瞭然でp.282「二十六、玄徳の死」、pp.293-301「二十七、秋風五丈原」と続く。まぁ、1984年1月14日の放送が第58回「関羽死す」だから当然の短さなんだろうけど。
 上巻を確認すると、著者は「小川英 田波靖男」、つまり人形劇三国志の脚本の3人のうち2人。掲載されてある番組クレジットで「立間祥介訳『三国志演義』(平凡社刊)より」とある。印象に残ったのは、文庫の巻頭に「人形劇 三国志」の写真が載せられているのだけど、そこに呂布の弟、呂王というオリジナルキャラクターが登場する回があったってことだろうか。しかも赤壁前。

※関連記事 人形劇 三国志 三顧礼での諸葛亮の寝台デザイン(1983年3月19日)

三国志名臣列伝 後漢篇(オール讀物2015年12月22日-)


小説 下記ブログ記事で知ったこと。

・尚書省 三國志部
http://d.hatena.ne.jp/kyoudan/

・宮城谷昌光「三国志名臣列伝 後漢篇」連載
http://d.hatena.ne.jp/kyoudan/20170228/1488214438

下記出版社サイトの雑誌ページのバックナンバーによると、文藝春秋より発売の『オール讀物』の2016年1月号(2015年12月22日)より宮城谷昌光「三国志名臣列伝(後漢篇)」の連載が開始されている。下記からたどれる初回のページには「時代小説、初夢占い」と冠せられており、つまり小説とのこと。

・文藝春秋
https://www.bunshun.co.jp/

・文藝春秋|雑誌|オール讀物
https://www.bunshun.co.jp/mag/ooruyomimono/

※関連記事 三国志外伝(2014年5月16日)

タイトルどおり人物を軸とした小説で各回には人物名がつけられており以下まとめてみる。。

2016年1月号-3月号 何進〈中〉〈下〉(※初回のウェブページでは「〈上〉」の表記なし)
2016年4月号-6月号 朱儁〈中〉〈下〉(※初回のウェブページでは「〈上〉」の表記なし)
2016年7月号-9月号 王允〈上〉〈中〉〈下〉
2016年12月号 盧植 [一挙掲載]
2017年3月号 孔融

戦国ベースボール 三国志トーナメント編③赤壁の地獄キャンプ(2016年11月24日)


  • 2016年12月 3日(土) 15:18 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    246
小説 ※関連記事 三国志ヒーローズ!!(2016年12月22日)

上記関連記事を書く際に知ったこと。つまりは下記記事の続き。

※前巻記事 戦国ベースボール 三国志トーナメント編(2016年6月24日7月22日)

下記出版社サイトの下記書籍ページによると、集英社より2016年11月24日にりょくち真太/作、トリバタケハルノブ/絵『戦国ベースボール 三国志トーナメント編③赤壁の地獄キャンプ』(集英社みらい文庫 ISBN978-4-08-321346-5)が660円(税別)で発売したという。

・集英社みらい文庫
http://miraibunko.jp/

・戦国ベースボール 三国志トーナメント編③赤壁の地獄キャンプ │ みらい文庫の本 │ 集英社みらい文庫 miraibunko.jp
http://miraibunko.jp/book/rekisi/book036/

・戦国ベースボール │ 作品クローズアップ │ 集英社みらい文庫
http://miraibunko.jp/special-book/archive017/

宮城谷昌光/著『三国志外伝』文庫(2016年10月7日)


  • 2016年11月30日(水) 07:25 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    156
小説 ・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~
http://www.toho-shoten.co.jp/

・メルマガ登録
http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/

上記の書店サイトの上記ページにあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2016年第9号(総303号その1)(2016年11月24日発行)により知ったこと。宮城谷昌光/著『三国志』の文庫の新刊が発売したとのことだ。

※前巻記事 宮城谷昌光/著『三国志』文庫第十二巻(2015年4月10日)

・文藝春秋ホームページ
http://www.bunshun.co.jp/

そうすると上記サイト内にある下記ページに行き着く。それによると、2016年10月7日に宮城谷昌光/著『三国志外伝』(小説、文春文庫、ISBN978-4-16-790709-9)が690円(税別)で発売したという。もちろん文庫なので先に単行本がある。

・文春文庫『三国志外伝』宮城谷昌光 | 文庫 - 文藝春秋BOOKS
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167907099

※新規関連記事 三国志外伝(2014年5月16日)

戦国ベースボール 三国志トーナメント編(2016年6月24日7月22日)


小説 下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。

・敎団 (Vitalize3K) on Twitter
http://twitter.com/Vitalize3K

下記出版社サイトの下記書籍ページによると、集英社より2016年6月24日にりょくち真太/作、トリバタケハルノブ/絵『戦国ベースボール 三国志トーナメント編①信長、世界へ!』(集英社みらい文庫 ISBN978-4-08-321320-5)が620円(税別)で発売するという。また下記の作品クローズアップのページによると2016年7月22日に『戦国ベースボール 三国志トーナメント編②孔明のワナ!』が発売するという。

・集英社みらい文庫
http://miraibunko.jp/

・戦国ベースボール │ 作品クローズアップ │ 集英社みらい文庫
http://miraibunko.jp/special-book/archive017/

・これから出る本 │ みらい文庫の本 │ 集英社みらい文庫
http://miraibunko.jp/book/nowon/index.html#book1
※月が変わればページ内容も変わると思われ。

※関連記事 三国志 1(2011年4月5日)

興亡三国志 一(集英社文庫2015年10月20日)


小説 下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。

・佐藤ひろお(Hiro_Satoh) on Twitter
http://twitter.com/Hiro_Satoh

・Twitter / Hiro_Satoh: 集英社文庫で三好徹『興亡三国志』が、リニューアルして発行されてますが、 ...
http://twitter.com/Hiro_Satoh/status/700881147295731712

※関連記事 信長・曹操殺人事件(2014年10月4日)

下記サイトの下記ページにあるように、2015年10月20日に集英社より三好徹『興亡三国志 一』(小説、集英社文庫、ISBN 978-4-08-745374-4)が940円(税別)で発売したという。

・集英社のコミックス・書籍を検索! 集英社BOOK NAVI
http://books.shueisha.co.jp/

・興亡三国志/一|三好 徹|集英社文庫(日本)|BOOKNAVI|集英社
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-745374-4

※関連記事
 三好徹/著『三国志外伝』(2008年3月12日)
 三国志激戦録(2011年7月19日)

関羽を斬った男(2015年12月8日)


小説 下記の出版社サイトの書籍ページによると、講談社より2015年12月8日に吉川永青/著『関羽を斬った男』(ISBN978-4-06-219832-5)が1450円(税別)で発売されたという。下記ページを見ると、今まで連載に掲載された分を一冊にまとめた短編集といったところだろうね。その短編の一編が単行本の表題になってある。その短編の主役は下記から引用するに「夏侯淵、太史慈、于吉、簡雍、曹節、馬忠、潘璋、魏延、楊儀、馬岱」。下記関連記事のシリーズの作者らしいラインナップ、有名人物ではない。

・講談社BOOK倶楽部
http://bookclub.kodansha.co.jp/

・『関羽を斬った男』(吉川永青)|講談社BOOK倶楽部
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062198325

※関連記事 戯史三國志(講談社文庫2013年7月12日9月13日11月15日)

泣き虫弱虫諸葛孔明 第伍部(2014年8月8日-)


  • 2015年12月22日(火) 06:23 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    319
小説 ※関連記事 泣き虫弱虫諸葛孔明 連載再開(2011年6月8日)

上記の関連記事を最後に、カレンダコンテンツも含め「三国志ニュース」にて、小説の酒見賢一/著『泣き虫弱虫諸葛孔明』の連載中の方のことに触れてこなかった。それに気づき、まずはカレンダコンテンツのデータを更新し、今、記事でも更新してみる。ちなみに上記の関連記事の連載時は『泣き虫弱虫諸葛孔明』第参部だった。それは下記出版社サイトの下記雑誌ページによると、隔月刊雑誌の『別册文藝春秋』2012年1月(297)号(2011年12月8日発売、1500円)で第11回で終了したという。

・文藝春秋ホームページ
http://www.bunshun.co.jp/

・文藝春秋|雑誌|別册文藝春秋_110701
http://www.bunshun.co.jp/mag/bessatsu/bessatsu294.htm

・文藝春秋|雑誌|別册文藝春秋_110901
http://www.bunshun.co.jp/mag/bessatsu/bessatsu295.htm

・文藝春秋|雑誌|別册文藝春秋_111101
http://www.bunshun.co.jp/mag/bessatsu/bessatsu296.htm

・文藝春秋|雑誌|別册文藝春秋_120101
http://www.bunshun.co.jp/mag/bessatsu/bessatsu297.htm

※関連記事
 泣き虫弱虫諸葛孔明 第参部(2012年7月25日)
 泣き虫弱虫諸葛孔明 第参部(2015年2月6日文春文庫)

妖怪道中三国志(1) 奪われた予言書(2015年11月)


  • 2015年12月11日(金) 07:06 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    398
小説 下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。

・敎団 (Vitalize3K) on Twitter
http://twitter.com/Vitalize3K

・Twitter / Vitalize3K: 【新刊情報】11/21(土)にあかね書房より三田村信行『妖怪道中三国志(1)奪われた予言書』が1296円で発売された ...
http://twitter.com/Vitalize3K/status/670902577819549696

下記サイトの下記ページにあるようにあかね書房より三田村信行/作・十々夜/絵『奪われた予言書』(「妖怪道中三国志 (1)」、ISBN978-4-251-04521-8)が2015年11月に出版されたという。1200円(税別)。「小学校4年生以上」とのこと。「(1)」となっているのはシリーズなんだろうね。

・子どもの本のあかね書房
http://www.akaneshobo.co.jp/

・奪われた予言書 (妖怪道中三国志 (1)) :三田村信行/十々夜 - あかね書房
http://www.akaneshobo.co.jp/search/info.php?isbn=9784251045218

信長・曹操殺人事件(2014年10月4日)


  • 2015年10月 5日(月) 00:11 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    344
小説 下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。

・佐藤ひろお(Hiro_Satoh) on Twitter
http://twitter.com/Hiro_Satoh

・Twitter / Hiro_Satoh: 『信長・曹操殺人事件』読了。信長は曹操を模倣したという新設を唱えて、 ...
http://twitter.com/Hiro_Satoh/status/648428145641586688

※追記 興亡三国志 一(集英社文庫2015年10月20日)

下記サイトの下記ページにあるように、2014年10月4日に実業之日本社より風野真知雄/著『信長・曹操殺人事件 歴史探偵・月村弘平の事件簿』(小説、実業之日本社文庫、ISBN 978-4-408-55188-3)が574円(税別)で発売したという。

・実業之日本社
http://www.j-n.co.jp/

・信長・曹操殺人事件|実業之日本社
http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-55188-3

※関連記事
 芝豪/著『呂蒙』(2007年12月3日)
 蒼穹三國志 劉備立志篇(2010年2月26日)