Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 08月
«
»
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 41 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

大津祭 宵宮 本祭(2017年10月7日8日)


場所 ※関連記事 大津祭 宵宮 本祭(2016年10月8日9日)

上記関連記事で触れたように毎年、滋賀県大津市で大津祭があって、一昨年と違って、忘れず今年も記事にする。毎年滋賀県大津市で開催され、2017年では宵宮が10月7日土曜日夕刻-21時、本祭10月8日日曜日9時-17時30分に開催される「大津祭」の曳山(ひきやま)に、孔明祈水山 (こうめいきすいざん)と龍門滝山 (りゅうもんたきやま)があるという。

・大津祭曳山連盟
http://www.otsu-matsuri.jp/festival/
※「リンクポリシー」を見るとリンクする前に連絡する義務があるとのことで、URLだけ示しておく。以下、同じ。まだこういったダメアーキテクチャって撲滅しないね。というよりFACEBOOKのリンクするボタンがあるのにそれを押す前に事前に連絡をしろってことだろうか…いや「トップページ以外へのリンクは原則として」断っているから無用な機能の筈なんだけど。

・13基の曳山: 大津祭
http://www.otsu-matsuri.jp/festival/about-hikiyama.php
※このページから引用するに「蜀の諸葛孔明が、魏の曽操と戦ったとき」とあり、「曽操」って誰だろう?とそんな「そそう」に今年もツッコミを入れてしまう。訂正されないね

※関連記事 大津曳山祭総合調査報告書(2015年6月12日)

もちろん孔明祈水山は蜀漢の諸葛亮由来で、龍門滝山は後漢の李膺由来だ。

孔明の罠 約3ヶ月休業(2017年8月16日-)


場所 下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。

・孔明の罠@国分寺 (koumeinowana16) on Twitter
https://twitter.com/koumeinowana16

・Twitter / Amazing_Sichuan: 8月16日から約3ヶ月の休業に入りますのでよろしくお願いします。なお、9月5.6.7日は周年イベントのため開いております。重ねてよろしくお願いします。 ...
https://twitter.com/koumeinowana16/status/891959219007574017

上記のStatus、および確認にアクセスした下記のFACEBOOKページによると、東京都国分寺市南町3-15-9 ことぶきコーポA棟2階(国分寺駅南口近く)にある2016年9月5日に開業した“深”中国的酒場 孔明の罠は2017年8月16日から約3ヶ月の休業に入るという。またその休業期間に周年を迎えるが、2017年9月5日火曜日、6日水曜日、7日木曜日は1周年イベントのため開店しているという。

・孔明の罠 - 国分寺・中華 (※FACEBOOKページ)
https://www.facebook.com/koumeinowana

※関連記事
 孔明の罠(国分寺2016年9月5日-)
 メモ:中国的酒場 孔明の罠(国分寺2017年4月8日訪問)

三国志の聖地・武侯祠博物館 中国・成都市に行ってみようツアー(2017年11月16日-19日)


場所 ・Cha-ngokushi (Changokushi) on Twitter
https://twitter.com/Changokushi

・Twitter / Changokushi: 【ご案内・募集】 今年の11月16日(木)~19日(日)に中国の成都を訪れる予定です。個人旅行ですが、何名か同行者を募集致します。武侯祠見学(ガイド付)、錦里散策、その他。 ...
https://twitter.com/Changokushi/status/885719318964477952

※関連記事 Cha-ngokushiで『三国志メシ』を作ろう!(2017年5月14日)

 兵庫県神戸市長田区二葉町五丁目1-1-104の六間道なごみサロン内のお店Cha-ngokushi(「ちゃんごくし」と発音、つまり茶と三国志をかけている)が、twitterの上記statusにあるように、個人旅行の同行者を募集している。その旅行は上記statusのチラシの画像によると題して「三国志の聖地・武侯祠博物館 中国・成都市に行ってみようツアー」で、2017年11月16日木曜日から19日日曜日までの3泊4日で、費用は80000円とのこと。申込先・問合せ先はCha-ngokushiまでだそうな。

※関連記事
 三国志名場面めぐり7日間(2017年9月11日-9月17日)
 体感!中国美食紀行 #5#6(2012年11月23日30日)

京都祇園祭で三国(2017年7月)


場所 夕方、四条烏丸の銀行に入ったら、山鉾はともかくすでにブースが出ていて、観光客もややあふれてたんで何かと思って、あとで下記サイトにアクセスするとすでに山建・鉾建の期間に入っていたんだと思い、記事に。

・京都祇園祭
http://www.gionmatsuri.jp/

※関連記事 京都祇園祭で三国(2016年7月)

 上記サイトにあるように、京都の祇園祭は毎年7月に開催され、観光で人気なのは山鉾が街中に立てられる宵山、前祭:7月14日-16日、後祭:21日-23日と、それらの山鉾が街中を回る、山鉾巡行、前祭:7月17日、後祭:24日であるという印象がある。特に今年、2017年は前祭、後祭共に、宵々山、宵山がそれぞれ土曜日日曜日なので一般的には足を運びやすい。その反面、より混雑してしまうのだけどね。
 それでどこが三国と関係するかというと、下記関連記事にあるように、今年も前祭:孟宗山、菊水鉾、後祭:鯉山といったところだろうか。菊水鉾に至ってはローカルルールっぽく三国と関係するが、孟宗山は『三国志』に載る人物の孟仁の人形が出てくる。

※関連記事
 京都祇園祭山鉾巡行に孟宗山(7月17日)
 7月16日 京都祇園祭宵山に菊水鉾
 7月16日 祇園祭宵山に鯉山

2017年の関帝誕は7月17日


場所 以下の横浜中華街の関帝廟のサイトの「關帝廟最新情報」の所(ページタイトルは「横浜 関帝廟《關帝廟の最新情報》」)によると2017年の関帝誕(関羽の誕生日。つまりそれを祝う祭り)は7月17日月曜日(旧暦6月24日、2017年の旧暦6月24日を新暦に変換)とのこと。

・横浜中華街 関帝廟《関帝廟入口》
http://www.yokohama-kanteibyo.com/
※リンクするのに許可が要るようなのでURLのみ。以下同じ。

・横浜 関帝廟《關帝廟の最新情報》
http://www.yokohama-kanteibyo.com/news/news.php

※前年記事 2016年の関帝誕は7月27日

嶋崎 祐三 氏 死去(2017年6月14日?)


場所 ・Cha-ngokushi (Changokushi) on Twitter
https://twitter.com/Changokushi

・Twitter / Changokushi: 長年新長田の三国志街づくりに尽力された六間道の関羽さんこと嶋﨑さんが亡くなられました。 ...
https://twitter.com/Changokushi/status/874981092670947328

 twitterの上記statusで知りえましたが、訃報です。
 兵庫県神戸市長田区の六間道五丁目商店街にて青果店を営み、三国志を通じ商店街だけでなく新長田地区の街づくりに長年、貢献されていた、嶋崎 祐三 氏がお亡くなりになりました。2014年6月の新聞記事では69歳とのことですから、72歳とのことでしょう。
 故人を偲ぶため下記に関連記事を挙げてみました。嶋崎さんは三国志なりきり隊の中心人物であり、関羽に扮しておられました。三国志祭り等、新長田でのその姿を伺った覚えのある方は多いことでしょう。

※関連記事
 三国志祭 いざ出陣~神戸 新長田~(2012年12月11日)
 『よ~いドン!』で新長田駅周辺(2009年7月21日)

三国志名場面めぐり7日間(2017年9月11日-9月17日)


場所 下記サイト2017年5月20日更新分で知ったこと。

・三国志学会
http://sangokushi.gakkaisv.org/

※関連記事 三国志学会 第十二回大会(2017年9月9日土曜日)

上記サイトの該当ページ(三国志関係情報)によると、2017年9月11日月曜日から9月17日日曜日まで阪急トラベルサポート主催で東京から出発の「三国志名場面めぐり7日間」という旅行企画があるという。「監修 : 渡邉 義浩(早稲田大学文学学術院教授)」(下記関連記事と違い「同行」ではないのに注意)とのことで「費用 : 228,000円」。上記の該当ページでは下記サイトの下記ページにリンクが張ってあって、それによると、出発日は「2017年07月01日~2017年09月11日」と設定されてあって、最少催行人数は同じく10人。「赤壁の戦い」「長坂の戦い」「五丈原の戦い」関連の場所をめぐるのが売りのようだけど、日程を見ると「官渡の戦い」「夷陵の戦い」関連もめぐっているね。

・HTS 阪急トラベルサポート | 大人旅・キッズ旅行の予約
https://travel.hts-net.co.jp/

・HTS|三国志名場面めぐり7日間
https://travel.hts-net.co.jp/detail.php?ccode=ece6d041cce169ae98ccd2a0eb819035

※関連記事
 三国志学会の佐々木正治先生と行く~中国三国時代の考古学―魏の武帝・曹操を歩く(2017年5月30日-6月3日)
 三国志の史跡を巡る旅(東京2017年3月11日-15日、大阪2017年3月10日-14)
 100分 de 名著 三国志(2017年5月1日-22日)
 「古典中國」における小説と儒教(2017年5月15日)
 三国志の世界 ― 三顧の礼(2017年5月13日-6月17日)

メモ:中国的酒場 孔明の罠(国分寺2017年4月8日訪問)


場所 ※前の記事 中華屋台坊 千里香 神林店(2017年4月8日訪問)

 2017年4月8日土曜日18時38分、松本方面から中央本線で国分寺駅到着。下記関連記事で触れたお店「中国的酒場 孔明の罠」に初めて行くためだ。

※関連記事 孔明の罠(国分寺2016年9月5日-)

・孔明の罠@国分寺 (koumeinowana16) on Twitter
https://twitter.com/koumeinowana16

・孔明の罠 - 国分寺・中華 (※FACEBOOKページ)
https://www.facebook.com/koumeinowana

中華屋台坊 千里香 神林店(2017年4月8日訪問)


場所 ※前の記事 和紙人形を創る(2002年6月)

・家族で楽しめるショッピングセンター アイシティ21のホームページ
http://www.inouedp.co.jp/icity/

 2017年4月8日土曜日12時30分ごろ、長野県東筑摩郡山形村7977のi-City21 3F 山形ウエルアップホールから出て、疲れた体でとぼとぼと帰路に着く。
 東へ。来た道を戻ると、スタジアムではすっかりキックオフ前の盛り上がりを見せていて、MCが相手の長崎サポーターによびかけたり、先発の選手を読み上げたりしていた。それにしてもやっぱり山雅サポーターは12を選ぶ人が多い…というかJリーグの習慣かな。



 そこから東へ十数分歩くと、お目当てのお店、千里行ならぬ千里香へ。

※関連記事 メモ:はじめての京劇V~三国志「古城会」(2015年4月18日)

 店に入ったとたん床のぬめりを感じ昔ながらの中華料理店だなと思った。やはり特に三国とからめた店でないらしい、小倉の玄徳と同じく。しいて言えば桃まんじゅう3個がメニューにあったぐらい。

※関連記事 玄徳(福岡県北九州市小倉片野)

 ラーメンチャーハンセット780円を頼む。山雅サポーターの方も来店されていたっけかな。メニューを見ると「中華屋台坊 千里香 神林店、桐店」とあって、つまりは2店舗あって、ここは神林店とのことだ。長野県松本市大字神林2779-4で、第2第4火曜日休み 営業時間11:00-14:30 17:00-23:00 赤がシンボルカラーで関羽の赤ら顔からきているというわけではなさそう。ちなみにポイントカードがネームカードのようにおいてあって来店のたびに1ポイントもらえて、10ポイント(十顧の礼!いやカードを得るのをあわせたら十一顧の礼!)で500円割引だそうな。

  

BOOKS&CAFE関帝堂書店(2017年4月2日訪店)


場所 ※前の記事 メモ:「達人伝」×「蒼天航路」 王欣太先生 原画展(2017年4月2日訪問)

 ほぼ日記は続く。
 横浜駅からやはり青春18きっぷの移動で、根岸線に乗って石川町駅で降りる。

・横浜中華街 Yokohama China Town
http://www.chinatown.or.jp/

 横浜中華街に入り、どこにもよらず関帝廟の近くに至る。

・横浜中華街 関帝廟《関帝廟入口》
http://www.yokohama-kanteibyo.com/
※リンクを張るのに古式ゆかしき許可制なのでURLだけ示しておこう。

予定表(今後二ヶ月)

8月22日(火)
8月24日(木)
8月25日(金)
8月26日(土)
8月27日(日)
8月28日(月)
8月29日(火)
8月31日(木)
9月 2日(土)
9月 3日(日)
9月 7日(木)
9月 9日(土)
9月12日(火)
9月15日(金) - 9月24日(日)
9月21日(木)
9月23日(土)
9月30日(土)
10月 5日(木) - 10月31日(火)
10月 7日(土)
10月 8日(日)
10月19日(木)