Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2024年 07月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 3件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 79 投票 | 0 コメント

パリピ孔明 14巻(2023年7月6日)


マンガ ※前の記事 リンク:ゲームきっかけで大学院へ 『三国志』好き会社員、研究に没頭(早稲田ウィークリー2023年7月4日)

 2023年7月8日土曜日、2日前に表題の単行本を購入し、阪急の四条烏丸駅から9時22分発ので出発。十三駅で乗換えて10時45分着で西台駅へ。天気は下り坂予報ながら降雨はなく、そこから15分ほど歩き、11時過ぎに神戸のブックカフェCha-ngokushi(ちゃんごくし)に到着。

・Cha-ngokushi (Changokushi) on Twitter
https://twitter.com/Changokushi

※関連記事 横山光輝 三国志 蜀五虎将軍 消失(兵庫県神戸市ハーバーランド駅2023年6月1日)

※新規関連記事 リンク:三国志の聖地巡礼 神戸編(note 2023年7月29日)

 2023年7月6日に講談社から『パリピ孔明』14巻(ヤンマガKCスペシャル、ISBN978-4-06-532251-2)が690円(税別)で発売された。週刊『ヤングマガジン』連載中で、四葉夕卜/原作、小川亮/作画。初出は「『ヤングマガジン』2023年第13号、第14号、第16号、第17号、第19号、第20号、第23号、第24号」とのこと。

・講談社コミックプラス|無料で漫画を試し読み! 最新公式情報満載のコミックポータル
https://kc.kodansha.co.jp/

※関連記事 龍狼伝 王霸立国編 8巻(2022年7月14日)

※新規関連記事 龍狼伝 王霸立国編 9巻(2023年7月14日)

・『パリピ孔明(14)』(四葉 夕卜,小川 亮)
https://kc.kodansha.co.jp/product?item=0000378027

※前巻記事 パリピ孔明 13巻(2023年4月6日)

※関連記事 異なる世界を繋ぐものとしての標準化(2023年6月6日)

※次巻記事 パリピ孔明 15巻(2023年10月5日)

・パリピ孔明
https://magazine.yanmaga.jp/c/paripi/

※新規関連記事 「中国嫌い」のための中国史〈2〉(Voice 2013年9月号 8月4日)

※新規関連記事 Dreamer(2023年11月1日)

※新規関連記事 諸葛孔明の兵法(2023年8月16日発売)

 気づけばバッテリーが切れていたので、カメラをお借りて、その単行本14巻を撮影。前巻と同じく、孔明由来のメニューでもある普洱茶ミルクティーを注文し、さらに定番の劉備の耳付蜀パン四川風ホットサンドを注文し、勝手にシン・水魚セットと呼んでいた分だけど、右から水魚の構図だよね、ちょうど表紙が作中での現代シン・水魚といったところだろうか。やはり帯は2023年秋ドラマの分で、裏側には英子役に上白石萌歌さんがえらばれたとある…「いだてん」の前畑選手のイメージからアップデートされてない清岡。

※関連記事 パリピ孔明(フジテレビ新水10ドラマ2023年9月27日-)



 それで以下、いつものネタバレ前提のメモ。


・pp.12-13見開き p.12 k.2 小林オーナー「荊州譲渡を断った劉備みたいで良かったぞ!」を始めとする5人のコメントをうけてのp.13 k.1の英子の「いじるのをやめてくれ~」 和気あいあいとして楽しい。
・pp.14-15 手前の孔明がレーベルのみんなに語るシーンがカバーをとった単行本の絵に使われている。
・p.20 k.2 p.12 k.2と同じ構図で小林オーナー「領地を持たなかった劉備が蜀をゲットしたようにするってことだな!」 ブレないね!そして東海林「なるほど!」英子「なおさらわかんない」 ・pp.28-29の見開き四コマ。前園の記者会見。次のページで英子が突っ込んでいるけど「鋼の精神だな おい」
・p.35→p.36のめくりで孔明「私はすでに“踊ってみた”済みです」 フリも含めおもしろい あとから振り返るとTikTokもどきのDiKDokについてのイントロだったんだね。
・めくりでp.44 k.1で孔明の回想、というか想像で徐庶登場! 「贋書の計」って行っているあたりやはり三国時代からのトリップじゃなくて物語世界のトリップ説が強化されるね。
・p.45 k.4「現代の問題がそろそろ起きる頃ですよ」が重要なフリ。
・p.50でその「現代の問題」SNSで集まった客層のリアクションなんだけど、こういった批評性風刺性がある「パリピ孔明」は興味深い、というか震えた。サビが終わると、ステージを見ずに一斉に手元のスマホをいじりだすこと。
・p.52からはその現象について孔明の解説 p.55 孔明の計略、始動。
・p.59の次の話(第110話)では解決編。クラブミュージックの特長まで描かれていて震えるわ。p.63 k.1 孔明「客層に刺さる曲に変えその日の雰囲気を作っていく」「決まったセットリストがない機動力がクラブ最大のメリット」
・p.64 そして、めくり前に「ダメ押しです」として出てきた見開きコマのKABE!いいね!pp.66-67で見開き全開で観客の熱狂を描く!
・pp.71-72の英子と客の触れ合いもいいね(いや一回目でこの2ページ、気づかずまるっと見逃していた、それでも偶然話がつながるもんだね)。
・そして作戦会議 p.97小林オーナー「単独ライブを練兵に使うってことか」わかりやすい!
・160ページ中p.113からは競馬の話!大きな流れから自然に入ってきた。ギゴショクライダー、サクユウフレンツェ テイブクルーガー そしてライバルのテキロサンライズ。ゼツエイじゃなくて?
・p.131 まさかの孔明の調教話
・p.134 前世では孔明は赤兎馬と会ったことがあったのか。
・p.142 オシカルかわいい!
・p.146 唐澤再登場!

※関連記事 パリピ孔明(TVアニメ2022年4月5日-)

・pp.149-157 書き下ろし小説「孔明、ネオ居酒屋に行く」、小林オーナーと孔明との三国志談義が出てきて面白かった。夷陵の戦いね。
・次巻はいつものスパンで2023年10月とのこと。

 15時半には退出。

※次の記事 イラストでサクッと理解 流れが見えてくる三国志図鑑(2023年7月13日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/6470
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。