関プチ5 全国ツアー 直近 京都2014.9.14. 写真は7.26.

創作居酒屋「兀突骨」のお肉

三国志ニュースについて

みんなで書き込む三国志ニュース。

RSS2.0フィード一覧


Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2014年 09月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

当サイトのニュース記事に関する質問です。

三国志ニュースで読みたい記事はどんなもの?

  •  コラム(人物紹介、戦闘解説、制度考察…)
  •  学術関連
  •  エンタメ情報(ドラマ、映画、漫画、アニメ、ゲーム…)
  •  書籍・作品レビュー
  •  三国志ファン向けおすすめ情報
  •  イベントや企画の告知情報やレポート
  •  同人情報
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究
  •  その他

結果
他のアンケートを見る | 167 投票 | 0 コメント

PR


掲示板 件名 最新投稿

メモ:「三国志演義」を翻案した少年マンガの1980年代までの変遷(2014年6月28日)


研究 ※関連記事 「三国志演義」を翻案した少年マンガの1980年代までの変遷(2014年6月28日)

 上記関連記事で告知したように2014年6月28日土曜日15時30分から16時までに京都精華大学・会場B(黎明館 L-103)にて清岡美津夫「「三国志演義」を翻案した少年マンガの1980年代までの変遷」の口頭発表がある。

・日本マンガ学会
http://www.jsscc.net/

・日本マンガ学会 第14回大会(京都精華大学・京都国際マンガミュージアム) - 日本マンガ学会
http://www.jsscc.net/convention/14

・京都精華大学
http://www.kyoto-seika.ac.jp/

※前回記事 ノート:横山光輝『三国志』に見られる連環画の再構築(2013年7月6日)

 上記の前回記事に続いて、清岡はこの学会大会で二年連続二度目の口頭発表参加だ。しかしそんな華々しいものではなく、前日の6月27日には23時に就寝したものの研究報告の準備が終わってなかったので、2時に目覚まし時計で覚醒する。

曹操注解 孫子の兵法(2014年8月7日)


書籍 ・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~
http://www.toho-shoten.co.jp/

・メルマガ登録
http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/

上記の書店サイトの上記ページにあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2014年第10号(総277号その2)(2014年8月20日発行)により知ったこと。

・朝日新聞出版 最新刊行物
http://publications.asahi.com/

・朝日新聞出版 最新刊行物:文庫:曹操注解 孫子の兵法
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=16181

上記サイトの上記ページにあるように、2014年8月7日に朝日新聞出版より中島悟史『曹操注解 孫子の兵法 <新装版>』(ISBN:9784022618078)が907円(税込)で発売したという。
「新装版」とあるのは1998年12月にビジネス社より同書が発売したからのようだね、左のAmazon.co.jpのページによると。

少年三国志(1953年6月-1954年7月)


マンガ ※関連記事 SD三国志(1992年8月15日-1993年1月15日)

 手元のメモによると上記関連記事で触れた『SD三国志』と同日に別のメモを残している。上記関連記事でも触れたように、それは学術目的で、下記のデータベース利用で知ったことなんで、安易な情報公開は躊躇していた。

・戦後日本 少年少女雑誌データベース
http://manga-db.jugemu-tech.co.jp/bgmag/

 当時は研究報告する当てがなかったものの、その後、下記関連記事にあるように、それを研究材に日本マンガ学会第14回大会で発表した。すでに公表した情報なものだから、ようやっと「三国志ニュース」で記事にできる。

※関連記事 「三国志演義」を翻案した少年マンガの1980年代までの変遷(2014年6月28日)

 上記で触れた研究報告のレジュメでは下記にあるように、まず作者名やタイトル、掲載誌を挙げていた。

[1] 福井英一『少年三国志』(小学館『中学生の友』1953年7月号-1954年8月号初出 A5版)

 ちなみに下記関連記事にあるように、『中学生の友』1953年7月号に集英社の「おもしろ漫画文庫」の広告があり、「今月の新刊」に『三銃士』『西遊記』があり近刊に菅大作『三国誌』(『三国志』の誤り)があるため、菅大作『三国志』より福井英一『少年三国志』の方が(制作時期は判らないものの発表時期は)古いマンガだと言える。さらに言えば管見の及ぶ限りでは、マンガの定義にもよるだろうが、世界最古の三国マンガと言える。

※関連記事 三国志(1953年6月30日)

三國志研究第九号(2014年9月6日)


研究 ・三国志学会
http://sangokushi.gakkaisv.org/

※関連記事 三国志学会 第九回大会(2014年9月6日13日土曜日)

 上記関連記事で触れた2014年9月6日土曜日開催の「三国志学会 第九回 東京大会」、あるいは同年同月13日土曜日開催の「三国志学会 第九回 京都大会」にて会員には会費と引き替えに三国志学会機関誌『三国志研究』第九号(190ページ、ISSN 1881-3631)が渡された。
 『三國志研究』は上記サイトにもあるように汲古書院で購入できるそうな。

・株式会社汲古書院 古典・学術図書出版
http://www.kyuko.asia/

三国志を読む(2014年9月20日から毎月第三土曜日全5回)


教育機関 ※関連記事 三国志学会 第九回大会(2014年9月6日13日土曜日)

上記関連記事で触れた三国志学会 第九回 東京大会で頂いたフライヤで知ったこと。

・史跡湯島聖堂|公益財団法人斯文会
http://www.seido.or.jp/

上記のサイトでは情報はないが(2014年9月6日現在)、フライヤによると、東京都文京区の湯島聖堂斯文会にて早稲田大学教授の渡邉義浩先生による湯島聖堂斯文会文化講座「三国志を読む」が2014年9月20日、10月18日、11月15日、2015年1月17日、2月7日土曜日10時15分から11時45分まで全5回受講料9358円、定員25人で開講されると言う。

・渡邉義浩ホームページ
http://ywata.gakkaisv.org/

※関連記事 三国時代の国際関係(2014年9月25日-12月4日)