三国志ニュースについて

みんなで書き込む三国志ニュース。

RSS2.0フィード一覧


Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 11月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

東大三国志研究会(2019年11月22日-24日第70回駒場祭)


教育機関 ※関連記事 創縁祭での中文同学会(2018年11月3日4日)

・東大三国志研究会@3日目(日)西D-66b (todaisanken) on Twitter
http://twitter.com/todaisanken

・Twitter / todaisanken: 駒場祭の告知です。今年は呉の後半期を扱います(*≧∀≦*) 【場所】5号館2階523教室 【時間】3日間終日 【内容】 ・展示(「その後の孫呉」) ・無料の武将紹介冊子(30P弱)の配布 ・石亭の戦いのジオラマの展示 ・武将との身長くらべ ・会誌『雑覇』の頒布 ・その他展示など ...
https://twitter.com/todaisanken/status/1197074703363395584

上記関連記事にあるように、今年の大学の文化祭における三国関連を紹介した流れで、今回も紹介。

・第70回駒場祭
https://www.komabasai.net/70/visitor/

・東大三国志研究会
https://www.komabasai.net/70/visitor/kikaku/488

※前回記事 東京大学三国志研究会(2018年11月23日-25日第69回駒場祭)

上記サイトにあるように、2019年11月22日金曜日から24日日曜日まで東京都目黒区駒場の東京大学 駒場キャンパスにて「第70回駒場祭」が開催される。東大で三国関連といえば、東大三国志研究会であり、上記ページのように同研究会により「東大三国志研究会」の企画が5号館2階523教室にて行われるという。

・東大三国志研究会Blog
http://toudaisanken.blog66.fc2.com/

マンガ この一冊で中国の歴史がわかる!(2000年4月10日発行)


書籍
※前の記事 餃子専門舗 三國志(大阪府交野市、東大阪市)

 2019年6月29日土曜日16時すぎ。横浜中華街にいて、神奈川県横浜市中区山下町166(横浜中華街内) 横濱バザール 3階のブックカフェ関帝堂書店に向かう。鉄観音を注文。『孔明のヨメ。』3巻だった、三国志フェス2013レポと三国志祭レポ

・横濱バザール
http://yokohamabazaar.com/

・たぶん横浜中華街唯一のブックカフェ*BOOKS&CAFE関帝堂書店
http://kanteido.com/

※関連記事 王欣太談鄭問(2018年7月4日)

   

※関連記事
 孔明のヨメ。 3巻(2014年2月6日)
 ヨメウラ三国志(2013年12月2日)
 メモ1:三国志フェス2013(2013年9月28日)
 第七回三国志祭(2013年10月13日14日)
 特別展『三国志』事前取材レポート(2019年6月1日)

 そこで宮崎正勝/監修・たかもちげん/画『マンガ この一冊で中国の歴史がわかる!』(三笠書房2000年4月10日発行)を見かける。パラパラと見ると、pp.93-128が「第三章 分裂の世紀 ――三国志と南北朝」で、その三国部分は赤壁がメインだった。

※関連記事 図説 地図とあらすじでわかる! 倭国伝(2011年5月15日)

・三笠書房
https://www.mikasashobo.co.jp/c/

餃子専門舗 三國志(大阪府交野市、東大阪市)


物品 ※前の記事 リンク:本田圭佑の教育論(GOETHE2019年3月3日)

 前の記事にあるように、2019年6月29日土曜日に溜まったTLを見て、下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。

・藤沢 (fujimira) on Twitter
https://twitter.com/fujimira

・Twitter /fujimira: 餃子専門店 三國志ってお店を見つけたよ! 今日はそこの餃子で夜ご飯にした〜うまい。小さめでぱくぱくいけるおいしさ ...
https://twitter.com/fujimira/status/1144616543528996865

下記サイトにあるように、「餃子専門舗 三國志」が交野本店として大阪府交野市私部4-1-2に、また瓢箪山店として、大阪府東大阪市瓢箪山1-26にあるとのこと。下記の公式サイトを見ても特に三国要素が見られないので、久々に店名だけ三国の予感。

・餃子専門舗 三國志
http://3594.l-shop.net/

※関連記事
 中華料理 三国志(大阪市西区西本町)
 中華居酒屋 三国の宴(東京 東十条)
 メモ:横浜中華街 三国演義 孫権コース(2019年5月26日)

特別展『三国志』事前取材レポート(2019年6月1日)


マンガ 下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。

・杜康潤@3/7孔明のヨメ。9巻1/7発売 (toko_wanko) on Twitter
https://twitter.com/toko_wanko

※関連記事 孔明のヨメ。 10巻(2019年7月4日)

・Twitter /toko_wanko: 【お知らせ】 6/1発売の『まんがホーム』2019年7月号に、三国志展の特別事前レポートまんがが載ります。 開催準備中の東京国立博物館にお邪魔して、インタビューをさせていただきました。三国志熱が上昇中の方も、実はそこまで詳しくなくて…な方も、どうぞご覧下さい♪ ...
https://twitter.com/toko_wanko/status/1133029728204365825

上記関連記事にあるように、芳文社の『まんがホーム』2011年1月号(2010年12月2日発売、毎月2日発売)より杜康潤/著『孔明のヨメ。』が連載中で、下記ページによると、2019年6月1日に340円で発売の『まんがホーム』7月号に杜康潤「特別展『三国志』事前取材レポート」が掲載されたという。

・漫画の殿堂・芳文社
http://houbunsha.co.jp/

・まんがホーム|漫画の殿堂・芳文社
http://houbunsha.co.jp/magazine/detail.php?p=114459

・居酒屋杜康亭 ~杜康潤 公式サイト~
http://www5f.biglobe.ne.jp/~tokoh_kikaku/
※作者サイト

リンク:本田圭佑の教育論(GOETHE2019年3月3日)


ネット 下記Twitter Accountの下記Statusで知ったこと。いやちょっと前にメモを残していたのだけどね。

・伏竜舎@乱世の切り絵歴士 (fukuryusha3594) on Twitter
http://twitter.com/fukuryusha3594

※関連記事 扉(2019年4月10日)

・Twitter / fukuryusha3594: 「僕にとっての一番の英雄は、『三國志』の曹操孟徳でした」本田圭佑 GOETHE WEB https://goetheweb.jp/person/slug-na3aafe30ae40 ...
https://twitter.com/fukuryusha3594/status/1134334517068599296

下記サイトの下記ページに2019年3月3日に「本田圭佑の教育論「人生のプログラムを自分で見つけるための道づくりこそ教育だ」【本田思考②】」という本田圭佑選手のインタビュー記事が公開された。上記のツイート通り、その中には本田選手の発言で「僕にとっての一番の英雄は、『三國志』の曹操孟徳でした」と三国関連が含むのだけどもちろんそれがメインというわけではない。というか曹操が人気だということはあまり知られてない傍証というか。

・GOETHE[ゲーテ] |男性月刊誌『GOETHE』発のWebメディア
https://goetheweb.jp/

・本田圭佑の教育論「人生のプログラムを自分で見つけるための道づくりこそ教育だ」【本田思考②】
https://goetheweb.jp/person/slug-na3aafe30ae40

※関連記事
 山手線西の思い出巡り(2017年1月21日)
 SOSOの服を着てSOSO好きにSOSOのハンコを渡す(2018年8月11日)