Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2024年 05月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 1件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 79 投票 | 0 コメント

三国志拾遺 補(2023年3月21日)


研究 ※前の記事 三国志拾遺 続(2022年4月22日)

 2023年4月9日日曜日朝、前の記事に続いて下記関連記事を書いていて、知ったこと。

※関連記事 周縁の三国志(2023年5月下旬刊行予定)

 下記noteアカウントの下記ページ(下が目次へのリンク、上が本体)によると、2023年3月21日に関尾史郎『三国志拾遺 補――東アジア・石刻ほか』(Nakazato Labo)が800円で発売したという。

・ssekio | note
https://note.com/nakazato211

・『三国志拾遺 補――東アジア・石刻ほか』,正式に刊行します.
https://note.com/nakazato211/n/n97b89caeb34c

※前巻記事 三国志拾遺 続(2022年4月22日)

・『三国志拾遺 補――東アジア・石刻ほか』を月内に刊行します.
https://note.com/nakazato211/n/n306d873bf312

・關尾史郎のブログ
http://sekio516.exblog.jp/

※関連記事 周縁の三国志(2023年5月下旬刊行予定)

※新規関連記事 リンク:長沙走馬楼呉簡の研究(古田史学会報 第147号 2018年8月13日)

 上記ページから下記へ目次を引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本篇 1
第一『後漢書』『三国志』所見「内属」試論 3
 はじめに 3
 一 小林説とその検討 3
 二 「内属」――『後漢書』の事例から 6
 三 「内属」――『三國志』の事例から 15
 おわりに 17
 註/主要引用史料/参考文献 18
第二 類書の「東夷」観 23
 はじめに 23
 一 『通典』邊防典ほか 25
 二 『册府元龜』外臣部 30
 三 『太平御覽』四夷部 32
 四 『後漢書』東夷伝 34
 おわりに 38
 註/主要引用史料/参考文献 39
第三 中江塔梁子三号崖墓壁画題銘試釈 45
 はじめに 45
 一 三号崖墓の概観 45
 二 題銘の釈読――『塔梁子崖墓』から 48
 三 墓主一族について 52
 四 三号崖墓の年代 57
 おわりに 58
 註/図表出典/主要引用史料/参考文献 59
第四 所謂「毋丘儉紀功碑」新釈 65
 はじめに 65
 一 出土から現在まで 65
 二 本碑の内容 67
 三 新疆出土、後漢時代の石刻 70
 四 本碑建立の意図と目的 75
 おわりに 76
 註/図表出典/主要引用史料/参考文献 77
附篇 85
第一 古代東アジア世界の構造――日本における研究動向の紹介と若干の提起 87
 註/参考文献 99
第二 東アジア文化圏論の現在――前近代史研究の立場から 107
 主要参考文献 112
第三 古代北東アジア史上の渤海 113
 註/参考文献 123
第四 魏晋南北朝時代の東アジア――堀敏一著『中国と古代東アジア世界―中華的世界と諸民族―』によせて 127
第五 高昌・トゥルファンと中国――玉木重輝著『高昌国物語』によせて 131
第六 正倉院とシルクロード――東野治之著『正倉院』によせて 135
第七 水利からみた国家と社会――佐久間吉也著『魏晋南北朝水利史研究』によせて 139
 図表出典 154
第八 図像史料への誘い――渡部武著『画像が語る中国の古代』によせて 155
第九 河西地域出土図像史料研究の座右――俄軍・鄭炳林・高国祥主編『甘粛出土魏晋唐墓壁画』によせて 161
註 169
第十 津田資久「書評:関尾史郎著『三国志の考古学出土資料からみた三国志と三国時代』」に接して 171
註/参考文献 181
あとがき 187
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 三国志ニュースの記事「周縁の三国志(2023年5月下旬刊行予定)」の方は、13時55分に大体書き上げたのだけど、「補」の方も続けて記事に。


 以下、三国に関係なこと。下記のoftunLABの配信を見る。ここで紹介のあった、冬アニメの「テクノロイド」がアマプラにあったんで少し見てみようと思ったらおもろいね、アンドロイドという違う視座から人間社会を見るっていう切り口がね…あ、メディア展開してんだ

・【 #2023年春アニメ 】春アニメチェック&冬アニメ視聴感想【#Anime】
https://www.youtube.com/live/V1eIEuR8Y5Q?feature=share&t=2570

※関連記事 リンク:研究内容を話す相手の人口ピラミッド&お金の流れ(note佐藤ひろお|三国志研究中2023年3月25日)

※新規関連記事 リンク:遂に本領発揮?アナウンス科卒中国人の漢詩朗読はどんな感じ?(YouTube2023年4月28日)

・テクノロイド公式サイト | テクノロイド OVERMIND
https://techno-roid.com/anime

 17時16分、yomigaeruにて『進撃の巨人』全34巻、読み終わった!マダガスカル! 三国志ニュースの記事「第四回 桃園の智会(KOBE鉄人三国志ギャラリー2023年5月3日)」を書く、21時30分アップ。

※次の記事 リンク:「進撃の巨人」徹底解説wall 1.5(YouTube 2022年3月9日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/6395
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。