Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 05月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

入門 こんなに面白かった三国志(2019年11月7日)


書籍 ※前の記事 ごっつ三国(2017年4月13日)

 2019年11月16日土曜日、京都駅14時発の琵琶湖線新快速(米原経由近江塩津行)に乗り込む。おにぎりと菓子パンとバナナ食べたら、気づいたら能登川駅の手前だった。米原駅近くのヤンマー中央研究所の電光掲示板によると気温13℃。14時53分に米原駅到着。乗換え。ねむってた、ノートPCをつけたらブルー画面だった。大垣駅。「想定の範囲内で5番線到着でそのまま新快速になるパターンだった」、直前で車内アナウンスがあった。15時53分、岐阜駅気温17℃。16時38分、刈谷駅。謎の電源オフ。なのでノートPCのバッテリー早くも3本目。蒲郡駅で乗換え。

※関連記事
 はじめての三国志(2019年11月5日)
 「三国志」の知恵(2019年11月8日)

 17時27分、東方書店のメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2019年第10号(総337号)(2019年11月15日発行)をチェックすると3冊、三国関連の書籍があって、うち2冊は上記関連記事で触れたように既出だったため、のこり1冊を記事にする。

・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~
http://www.toho-shoten.co.jp/

※関連記事 はじめての三国志(2019年11月5日)

※新規関連記事 中国古典名劇選 II(2019年12月中旬)

・メルマガ登録
http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/

※関連記事 三国志への道標(2019年2月)

・国内書 入門 こんなに面白かった三国志 正史と演義、史実の英雄たち
https://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4479307914&bookType=jp

下記出版社サイトの下記書籍ページによると、2019年11月7日に大和書房より渡邉義浩『入門 こんなに面白かった三国志 正史と演義、史実の英雄たち』(だいわ文庫、ISBN9784479307914)が740円(税別)で出版されたという。

・株式会社 大和書房 生活実用書を中心に発行。新刊案内、書籍目録、連載エッセイ、読者の広場
http://www.daiwashobo.co.jp/

※関連記事 一冊でまるごとわかる三国志(2016年1月7日)

・入門 こんなに面白かった三国志
http://www.daiwashobo.co.jp/book/b213581.html

・渡邉義浩ホームページ
http://ywata.gakkaisv.org/

※関連記事
 はじめての三国志(2019年11月5日)
 バカリズムの大人のたしなみズム 第66回 三国志のたしなみ~曹操編~(BS日テレ2019年11月30日)
 いま、曹操評価に何が起きているのか?(東京池袋2019年8月20日)

冬の三国志会(KOBE鉄人三国志ギャラリー2019年12月22日)


  • 2019年12月 2日(月) 07:15 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,794
ショー 下記リンク先によると、今年はKOBE鉄人三国志ギャラリー(兵庫県神戸市新長田地区アスタくにづか6番館1階)にて2019年12月22日日曜日14時30分から17時30分まで開催するそうな。2000円。テーマは「一足先に楽しむ、三国志の冬とお正月」

・KOBE鉄人三国志ギャラリー紹介
http://www.kobe-tetsujin.com/gallery/

※前回記事 春の三国志会(KOBE鉄人三国志ギャラリー2018年3月25日)

※次回記事 オンライン三国志会(KOBE鉄人三国志ギャラリー2020年5月22日)

※関連記事 冬の三国志会(KOBE鉄人三国志ギャラリー2017年12月24日)

※新規関連記事 休業要請解除まで、休館(KOBE鉄人三国志ギャラリー2020年4月16日-)

飯田市川本喜八郎人形美術館 お正月特別開館(2020年1月2日)


  • 2019年12月 2日(月) 06:39 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    546
展覧会 下記のサイトの下記ブログ記事で知ったこと。

・飯田市川本喜八郎人形美術館
http://www.city.iida.lg.jp/kawamoto/

※関連記事 関羽チケット(飯田市川本喜八郎人形美術館2019年12月1日-2020年3月31日)

※新規関連記事 福袋(飯田市川本喜八郎人形美術館2020年1月2日-)

※新規関連記事 三国志キャラみくじ(飯田市川本喜八郎人形美術館2020年1月2日-7日)

・2019年年末年始休館日と2020年お正月特別開館のお知らせ  (※上記サイトのお知らせページ)
http://kawamoto-info.jugem.jp/?eid=673

※前回記事 飯田市川本喜八郎人形美術館 お正月特別開館(2019年1月2日)

長野県の飯田市川本喜八郎人形美術館の年内の開館は2019年12月28日までで来年は2020年1月4日から開館されるのだけど、その年末年始休館の期間中、毎年恒例の無料で入館できるお正月特別開館があるという。※追記。また福袋もこの日から販売される。

交地ニハ絶ツコトナカレ名古屋 弐(2019年12月15日ポートメッセなごや)


二次創作 ・真・三國無双中心 三国志全般オンリーイベント【交地ニハ絶ツコトナカレ】
http://www.youyou.co.jp/only/musou/

※前回記事 交地ニハ絶ツコトナカレ名古屋(2018年12月9日ポートメッセなごや)

※次回関連記事 交地ニハ絶ツコトナカレ名古屋 参(2020年2月16日ポートメッセなごや)

前回と同じく、上記のサイトの左の「開催スケジュール」を見ると、「2019/12/15(日) 交地ニハ絶ツコトナカレ名古屋 弐(ポートメッセなごや)」とのことで、2019年12月15日日曜日に愛知県名古屋市港区金城ふ頭 ポートメッセなごやにて真・三國無双中心 三国志全般オンリー同人誌即売会「交地ニハ絶ツコトナカレ名古屋 弐」が開催されるという。

・ポートメッセなごや
http://portmesse.com/

真・三國無双中心 三国志全般オンリー同人誌即売会「交地ニハ絶ツコトナカレ 名古屋 弐」「コミックライブin名古屋 ウインタースペシャル2019」於 ポートメッセなごや

六朝初期的《郷飲酒禮》(京都2019年12月15日)


  • 2019年11月30日(土) 21:46 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    174
研究 速報的に書く。2019年12月14日土曜日15日日曜日の二日間、京都市左京区吉田本町の京都大学人文科学研究所本館4階 大会議室にて国際シンポジウム「経書と漢代経書学」が開催されるのだけど、その初日に行ってみると2日分の配布資料がまとめて渡されるのだけど、その中に16時20分-17時予定の童嶺「六朝初期的《郷飲酒禮》:基於皇權與士族關係的考察」の中文資料もA4サイズで24ページあって、それをパラパラと見ると晉辟雍碑を軸に構成されており、京大人文研の『魏晉石刻資料選注』や福原啓郎『西晉の武帝 司馬炎』(中国歴史人物選、白帝社1995年)が脚注に見える。

・京都大学人文科学研究所
http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/

※関連記事
 ノート:六朝建康都城圏的東方―破崗瀆的探討為中心(2014年12月6日)
 ノート:三国志学会 第六回大会(2011年8月27日)
 2016年度(第28回)日本秦漢史学会大会(2016年11月19日)

※新規関連記事 メモ:深衣の復原(京都2019年12月14日)

※関連記事
 リンク:『魏晉石刻資料選注』
 メモ:『西晉の武帝 司馬炎』
 「魏晋南北朝史と石刻史料研究の新展開」ノート1(2008年9月14日)