Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 10月
«
»
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

魏晋学術考(1968年)


研究 ※前の記事 三国志断簡 空明の哥(2004年7月28日発行)

 2020年4月4日土曜日、神奈川県内の某マンガ喫茶に移動して、ネットで検索してたら、21時、国立国会図書館デジタルコレクションで狩野直喜『魏晋学術考』(筑摩書房1968年)を見かける。後述するように著者死後50年以上、出版50年以上経過しているものの、残念ながら、国立国会図書館館内限定公開とのことで、ネット上からは見ることができない。

・国立国会図書館デジタルコレクション
https://dl.ndl.go.jp/

※関連記事 第43回 秋の古本まつり(京都2019年10月31日-11月4日)

※新規関連記事 月岡芳年『月百姿』発行135年記念展 後期(川崎浮世絵ギャラリー2020年9月19日-10月18日)

・魏晋学術考
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2970970

 狩野直喜先生は下記関連記事で触れた狩野直禎先生の祖父にあたる方であり、下記サイトにある下記の礪波護・藤井讓治/編『京大東洋學の百年』(京都大学學術出版會2002年5月)所収の高田時雄「君山狩野直喜先生小傳」によると、1868年生れで1947年逝去、p.13「生前に刊行された著書は、最初の二種のみで、他はすべて沒後の編集になる」とのことで、『魏晋学術考』もそれに含まれる。

※関連記事 リンク:蜀漢政権の構造(史林1959年)

・高田時雄 TAKATA Tokio
http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~takata/

・君山狩野直喜先生小傳 (※PDFファイル)
http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~takata/Kano.pdf

真・三國無双8 Empires(PS5/PS4/Nintendo Switch/Xbox Series X/Steam 2021年)


ゲーム ※関連記事 「真・三國無双」20周年記念番組(2020年9月27日)

 上記の関連記事で触れたネット番組で発表されたのが今回の記事の本題。

・コーエーテクモゲームス|GAMECITY
http://www.gamecity.ne.jp/

※関連記事 三國志 覇道(2020年9月15日-)

※新規関連記事 真・三國無双(クローズドβテスト2020年10月8日-12日)

・真・三國無双8 Empires
http://www.gamecity.ne.jp/smusou8e/

※派生元作品記事 真・三國無双8(PlayStation4 2018年2月8日)

上記の「GAMECITY」の2020年9月27日のNEWSから引用するにコーエーテクモゲームスより「真・三國無双8 Empires PS5/PS4/Nintendo Switch/Xbox Series X/Steam版 発売決定!」とのことで、上記の「真・三國無双8 Empires」サイトにリンクされてあった。発売日は今のところ「Early 2021」と2021年の早い段階で、(前述のコピペだけど)PS5/PS4/Nintendo Switch/Xbox Series X/Steam版対応ゲームのようだね。上記の記事、というかタイトル通り「真・三國無双8」派生ゲーム。ちなみに下記関連記事にあるように同名の、過去にこの種の派生ゲームが出たときは、派生元のタイトルに同社得意のシミュレーションゲーム(国盗りゲーム)の要素を加えたものだった。「真・三國無双」シリーズ20周年記念作品。

※関連記事 真・三國無双7 Empires(2014年11月20日)

・PlayStation5 | Play Has No Limits | PlayStation
https://www.playstation.com/ja-jp/ps5/

・PS4
https://www.playstation.com/ja-jp/ps4/

・まったく新しい Xbox Series X | Xbox
https://www.xbox.com/ja-JP/consoles/xbox-series-x

・Steam へようこそ
https://store.steampowered.com/?l=japanese

三国志断簡 空明の哥(2004年7月28日発行)


マンガ ※前の記事 リンク:蜀漢政権の構造(史林1959年)

 2020年4月3日金曜日4時半に目覚まし。

てんとう虫 2020年4月号(2020年4月1日発行)


雑誌 ※前の記事 リンク:蜀漢政権の構造(史林1959年)

 2020年3月29日日曜日6時59分起床。東々・むらやのまだねばらんと 第71回 2020.3.23配信を聴く。ジャンプ話再び!「鬼滅の刃」など個別のマンガ作品について語っているのだけど、それを通じてジャンプヒーローとか『少年ジャンプ』の根幹に触れていくのもおもろいね。つか滝に打たれるって(笑

・東々・むらやのまだねばらんと 第71回 2020.3.23配信
https://www.youtube.com/watch?v=jiNcj9k1aVY

※関連記事 慶應義塾大学の日本史世界史入試で三国志関連2020(2月14日15日16日)

※新規関連記事 リンク:漢唐間の礼制と公的服飾制度に関する研究序説(埼玉大学紀要 教育学部2009年)

11時、神戸のブックカフェCha-ngokushi(ちゃんごくし)に到着。鈴の甘寧一番海苔ホットサンド+安渓鉄観音。ネットがつながらないので、いい機会だということで日本マンガ学会大会の要旨づくり。「日程や場所が変更になる可能性があります」とのことだけど、どうなることやら。

・Cha-ngokushi (Changokushi) on Twitter
https://twitter.com/Changokushi

※関連記事 抗菌党(2020年3月20日-)

・Twitter / Changokushi: ‏金文京先生、上永哲矢さん、箱崎みどりさんが記事を書かれた「特集 三国志なに思う」が載るUCカード会員マガジン『てんとう虫4月号』が届きました。おすすめ本ラックに入れておりますので、皆様お手に取りお読みくださいませ(*^^*)。 ...
https://twitter.com/Changokushi/status/1244100926136188930

 
 それで今回の本題は上記ツイートで触れたもの、上の写真に写っている。14時40分に気づいたけど、UC Card magazine『てんとう虫』2020年4月号はUCカード、セゾンカードのゴールド会員向けの雑誌だそうで2020年4月1日発行だそうな。「特集 三国志に思う」とのことで『express』も同様とのこと。

・UCカード会員誌 てんとう虫
https://www.saisoncard.co.jp/lineup/gold/express_tentou/?ref=uc

 具体的にはpp.8-33が「特集 三国志に思う」で具体的には下記の通り。

pp.10-11 三国志とは何か?正史&演義 金文京
pp.12-19 名場面で辿る『三国志演義』前編 上永哲矢
pp.20-21 曹操と建安文学 金文京
pp.22-29 名場面で辿る『三国志演義』後編 上永哲矢
pp.30-32 三国志の日本史 箱崎みどり
p.33 三国志 百花繚乱 (吉川三国志、北方三国志 秘本三国志 人形劇三国志 愛と欲望の三国志) 箱崎みどり

※関連記事
 時空旅人 2019年7月号(2019年5月25日発売)
 中国古典小説研究の未来(2018年5月)
 愛と欲望の三国志(講談社現代新書2019年8月21日)

リンク:蜀漢政権の構造(史林1959年)


研究 ※前の記事 リンク:三国呉の政治と制度(史林1955年)

 前の記事に続いて「三国志ニュース」内で「史林」と検索すると下記関連記事がひっかかり、その中で「史林」は二つあって、今回はもう一方が今回の記事の本題。

※関連記事 三国志学会第一回大会ノート6

 何かというと狩野直禎「蜀漢政権の構造」『史林』42巻4号 pp.551-568、史学研究会 (京都大学文学部内)1959年の論文がネット、つまり下記サイトの「京都大学学術情報リポジトリ (KURENAI) 」で見れるよ、という話。

・Kyoto University Research Information Repository
https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/

※関連記事 リンク:三国呉の政治と制度(史林1955年)

※新規関連記事 リンク:西晋の菅洛墓誌について(研究論叢2013年)

・<論説>蜀漢政権の構造
https://doi.org/10.14989/shirin_42_551

※関連記事
 狩野 直禎 先生、死去(2017年2月7日)
 狩野直禎先生記念 三国志学会賞(2018年9月15日)
 狩野直禎先生追悼 三国志論集(2019年9月14日)

※新規関連記事 魏晋学術考(1968年)