Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 10月
«
»
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 1件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 64 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

貸本関係資料集成 ―戦後大衆の読書装置(2012年7月-)


書籍 ※前の記事 人気書籍作家調査 機関誌部(街の図書館1956年2月号)

 2020年8月5日水曜日昼、前の記事に続いて国会図書館関西館にいた。

・関西館|国立国会図書館―National Diet Library
https://www.ndl.go.jp/jp/kansai/

※新規関連記事 マンガ/漫画/MANGA ―人文学の視点から―(2020年3月31日)

  

・金沢文圃閣ホームページ(出版、及び古書販売) - 金沢文圃閣・出版目録
https://kanazawa-bumpo-kaku.jimdo.com/

・* 文圃文献類従 28 *[編集復刻+新組版] 浅岡邦雄・大竹正春・梶井純・藤島隆―編・解題 - 金沢文圃閣・出版目録
https://kanazawa-bumpo-kaku.jimdo.com/刊行一覧/貸本関係資料集成/

 やはり前の記事に続いて、『貸本関係資料集成 ―戦後大衆の読書装置』に順に目を通していた。今回は『貸本関係資料集成 ―戦後大衆の読書装置』の三国志に関係するプチネタ。「第II期 5巻(貸本関係誌紙―全国・都内編②)」。『文化復興タイムス』第33号1955年10月15日、p.400(4)の「最近の刊行著一覧」に「漫画全集(太平洋文庫)/106少年三国志 一三○」とある。太平洋文庫の『少年三国志』については下記関連記事参照。やはり貸本だったと裏をとれる。

※関連記事 少年三国志(太平洋文庫1954年10月25日発行)

2021長崎ランタンフェスティバル 中止(2021年2月11日-)


場所 ※前回記事 2020長崎ランタンフェスティバル(2020年1月24日-2月9日)

上記関連記事に書いたように毎年、長崎新地中華街を中心とした長崎市内の地域(中央公園会場、唐人屋敷会場、興福寺、鍛冶市会場、浜んまち会場、孔子廟会場)では春節(つまり旧元旦)の時に長崎ランタンフェスティバル(長崎燈會)が行われる。
次の2021年長崎ランタンフェスティバルは次の春節である2021年2月12日金曜日だからその前日の2021年2月11日木曜日から始まるのだろうと、思い、下記サイトの下記ページににアクセスすると、やはりこのご時世、新型のやつの影響で、開催中止に決定されたことを知る。

・長崎市公式観光サイト「あっ!とながさき」
https://www.at-nagasaki.jp/

・長崎ランタンフェスティバル
https://www.at-nagasaki.jp/event/51795/

・世界の文化の華ひらく 四季の祭り「冬」
https://www.at-nagasaki.jp/festival/winter/top/

※新規関連記事 関帝さま(神戸南京町2021年2月12日)

人気書籍作家調査 機関誌部(街の図書館1956年2月号)


雑誌 ※前の記事 明治の貸本屋と利用者――いくつかの「伝記」「日記」から(貸本文化1978年9月10日発行)

 2020年8月5日水曜日11時43分、前の記事に続いて国会図書館関西館にいた。

・関西館|国立国会図書館―National Diet Library
https://www.ndl.go.jp/jp/kansai/

  

・金沢文圃閣ホームページ(出版、及び古書販売) - 金沢文圃閣・出版目録
https://kanazawa-bumpo-kaku.jimdo.com/

・* 文圃文献類従 28 *[編集復刻+新組版] 浅岡邦雄・大竹正春・梶井純・藤島隆―編・解題 - 金沢文圃閣・出版目録
https://kanazawa-bumpo-kaku.jimdo.com/刊行一覧/貸本関係資料集成/

 やはり前の記事に続いて、『貸本関係資料集成 ―戦後大衆の読書装置』に順に目を通していた。今回は『貸本関係資料集成 ―戦後大衆の読書装置』「第II期 第四巻」(金沢文圃閣2012年10月発行)収録の『街の図書館』。p.117の『街の図書館』1956年2月号(東京読書普及商業組合)の、p.126(8)に「人気書籍作家調査 機関誌部」というコーナーがあってそれは「この調査は各店舗で最も読まれている書籍三册と好まれる作家を三名づつ各部門毎に回答して戴いたのを集計したものである。」とのことで、「(回答時期昨年12月)」だという。いろんなジャンルに分かれていて、p.128(10)に「時代小説」が上がっていて、書籍と作家が投票結果が記載されていた。

第64回三国志義兄弟の宴 中止(2021年1月17日)


ショー  下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。

・おくまん (okuman1023) on Twitter
https://twitter.com/okuman1023

※関連記事 三国志 英傑完全ランキング(2020年11月19日)

・Twitter / okuman1023:【三国志義兄弟の宴についてのお知らせ】 ...
https://twitter.com/okuman1023/status/1346655671316484097

 下記関連記事イベント名が定まって開催された2015年9月13日よりほぼ毎月開催されていた「三国志 義兄弟の宴」は新型コロナウイルス感染拡大防止のため2020年4月26日分が延期になり同年7月5日に再開されたものの、上記の画像ツイートにあるように次の2021年1月17日分第64回は緊急事態宣言により中止になるという。

・三国志義兄弟の宴 公式サイト
http://3594bros.com/

※関連記事 三国志 義兄弟の宴(東京都港区 2015年9月13日-)

明治の貸本屋と利用者――いくつかの「伝記」「日記」から(貸本文化1978年9月10日発行)


雑誌 ※前の記事 ダンまち コラボ大戦スタンプキャンペーン(2020年8月5日-28日)

 2020年8月5日水曜日朝、近鉄駅で祝園駅を目指す。そこからは精華くるりんバス(コミュニティバス)で100円で移動。目の前のバス停には到達しないが多分200mぐらいまでは近づける。目的地は国立国会図書館関西館だ。というわけで中2日の国際子ども図書館→国会図書館関西館のDietハシゴ。

・関西館|国立国会図書館―National Diet Library
https://www.ndl.go.jp/jp/kansai/

※関連記事 メモ2:江戸文学における『三国志演義』の受容 (東京大学2010年10月28日)

※関連記事 ヘンテコリンな六朝通史『建康実録』の最古刊本(東方461号2019年7月)

  

 入館前に警備員の指示で検温。不特定多数の国際子ども図書館と違って連絡先記入はない。同じくすれ違わないように順路が決められている。