Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 11月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

女王・卑弥呼の人物像に迫る(京都府京都市2019年10月21日-3月16日)


教育機関 下記関連記事と同じく同時期の講座情報の続き。

※関連記事 東アジアから見た倭国成立期(岐阜県岐阜市2019年10月15日-2020年3月31日)

京都市下京区四条通柳馬場西入ル立売中之町99四条SETビル3FのNHK文化センター京都教室にて2019年10月21日、11月18日、12月16日、2020年1月20日、2月17日、3月16日月曜日10時30分-12時に元名古屋女子大学教授 丸山竜平/講師「女王・卑弥呼の人物像に迫る ~遺跡から読み解く邪馬台国~」の講座があるという。受講料は会員19,932円

・NHK文化センター京都教室:トップページ | 好奇心の、その先へ NHKカルチャー
https://www.nhk-cul.co.jp/school/kyoto/

※関連記事 もう一度学びたい世界史 ―中国史(京都府京都市2019年10月14日-2020年3月9日)

・女王・卑弥呼の人物像に迫る ~遺跡から読み解く邪馬台国~
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_934141.html

※前回記事 女王・卑弥呼の人物像に迫る(京都府京都市2019年4月15日-9月16日)

※関連記事 東アジアから見た倭国成立期(岐阜県岐阜市2019年10月15日-2020年3月31日)

※新規関連記事 入門考古学 大和王権揺籃期の倭国外交と邪馬台国女王・卑弥呼(愛知県名古屋市2019年10月26日-2020年3月28日)

東アジアから見た倭国成立期(岐阜県岐阜市2019年10月15日-2020年3月31日)


教育機関 下記関連記事と同じく同時期の講座情報の続き。

※関連記事 もう一度学びたい世界史 ―中国史(京都府京都市2019年10月14日-2020年3月9日)

岐阜県岐阜市橋本町1-10-1 アクティブG 3階のNHK文化センター岐阜教室にて2019年10月15日、11月19日、12月17日、2020年1月21日、2月18日、3月31日火曜日10時30分-12時に元名古屋女子大学教授 丸山竜平/講師「東アジアから見た倭国成立期―外交文書のなかの女王卑弥呼―」の講座があるという。受講料は会員13,728円

・NHK文化センター岐阜教室:トップページ | 好奇心の、その先へ NHKカルチャー
https://www.nhk-cul.co.jp/school/gifu/

・女王・卑弥呼の人物像に迫る ~遺跡から読み解く邪馬台国~
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_934141.html

※関連記事 女王・卑弥呼の人物像に迫る(京都府京都市2019年4月15日-9月16日)

もう一度学びたい世界史 ―中国史(京都府京都市2019年10月14日-2020年3月9日)


教育機関 下記関連記事と同じく同時期の講座情報の続き。

※関連記事 いま「三国志」を読む/見る(千葉県柏市2019年10月26日)

京都市下京区四条通柳馬場西入ル立売中之町99四条SETビル3FのNHK文化センター京都教室にて2019年10月14日、11月11日、12月9日、2020年1月13日、2月10日、3月9日月曜日13時-14時30分に歴史研究家、元同志社大学非常勤講師 鈴木敏昭/講師「もう一度学びたい世界史 ―中国史(三国志~元帝国と四汗国)―」の講座があるという。一応、三国もやるようなのでご紹介。受講料は会員19,932円

・NHK文化センター京都教室:トップページ | 好奇心の、その先へ NHKカルチャー
https://www.nhk-cul.co.jp/school/kyoto/

※関連記事 女王・卑弥呼の人物像に迫る(京都府京都市2019年4月15日-9月16日)

※新規関連記事 女王・卑弥呼の人物像に迫る(京都府京都市2019年10月21日-3月16日)

・もう一度学びたい世界史 ―中国史(三国志~元帝国と四汗国)―
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1148846.html

いま「三国志」を読む/見る(千葉県柏市2019年10月26日)


教育機関 ※関連記事 三国志学会 第十四回大会(東京2019年9月14日土曜日)

上記関連記事で触れた三国志学会大会で配られていたチラシで知ったこと。下記関連記事と同じく同時期の講座情報の続き。

※関連記事 三国志の女たち(愛知県名古屋市2019年10月13日、11月10日、12月8日)

チラシによると、千葉県柏市大井2590 二松学舎大学柏一号館205号室にて2019年10月26日土曜日13時10分から14時40分まででの二松学舎大学文学部教授の伊藤晋太郎先生による講演「いま「三国志」を読む/見る」が開かれるという。柏市立図書館・市内四大学図書館合同企画講演会とのこと。定員100名、入場無料。申込みは二松学舎大学柏図書館へ電話するか図書館カウンターへ。、

・二松学舎大学
http://www.nishogakusha-u.ac.jp/

※新規関連記事 創縁祭での中文同学会(2018年11月3日4日)

・二松学舎大学付属図書館
https://opac.nishogakusha-u.ac.jp/drupal/

・柏キャンパス紹介 | 二松学舎大学 大学案内
https://www.nishogakusha-u.ac.jp/about/campus/kashiwa.html

※関連記事
 黒正塾 第13回秋季学術講演会(2015年11月21日28日)
 「関帝文献」の研究(2018年9月15日)

映画 三国志 パンフレット(1990年7月28日発行)


映画
※前の記事 ダ・ヴィンチ 2013年11月号 こんげつのブックマーク5 EX 達人伝(2013年10月5日)

 2019年6月15日日曜日。6時30分タイマーで5時過ぎに目が覚める。6時と見間違えてそのままおきてしまった。とりあえずワンツーモーニング。からのアイス(これは6時すぎぐらいになった)。らじおちゃシャッフル再生続き。ラジオCha-ngokushi(ちゃんごくし)第28回 2016.8.15を聞く。東々さん優勝回。そういやステージでの表現をもっと大きくってアドバイスされたけど、普段どおりのボックスをつらぬいた、って話が今回印象に残った。

・ラジオCha-ngokushi(ちゃんごくし)第28回 2016.8.15
https://www.youtube.com/watch?v=VIEtXZhWUPE

※関連記事
 メモ3:六間道三国志祭(2016年10月2日)
 王欣太談鄭問(2018年7月4日)

※新規関連記事 メモ:「三国志演義」翻案マンガにおける「明光甲」考(2019年6月22日)

 三国志ニュースの記事「銀座ねこ集会展III(2019年6月9日-15日)」を書いてアップ。列車を乗り継いで西に向かう。8時44分、米原駅。乗換え先の列車と同時入線ぐらいだったが、すでに行列ができてたけど、かろうじて窓側に座れる。近くのヤンマー中央研究所によると気温19℃。9時20分、草津駅ぐらいまでねむってた。そしてまじめにレジュメ作り。作図優先で。10時49分、新長田駅到着。神戸市長田のブックカフェCha-ngoushi(ちゃんごくし)に到着。

・Cha-ngokushi (Changokushi) on Twitter
https://twitter.com/Changokushi

※関連記事 曹MENはじめました(Cha-ngokushi2019年6月1日?)

 昨日は二食ともコンビニパンだったので、龐統のほうとうで昼食。そして安渓鉄観音。おいしく食いつくし、諸葛亮が食べつくしたようにしといた。


 13時13分、ふじやんさんが見せる用にお店に一時的においていった映画のパンフレットを物色。下記関連記事にある楊吉友/監督『三国志 関公』だ。日本でのタイトルは『三国志』。パンフレットは東宝出版事業室より1990年7月27日印刷、1990年7月28日発行、定価400円(税込)。日本公開はギリギリ80年代のイメージたっだけど、90年台だった。そしてp.6によると「88年8月8日午前8時から」クランクインという中国人らしさ。

※関連記事 メモ:三国志 関公(1989年)