Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2018年 05月
«
»
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 43 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

見て読む中国 京劇の世界(2006年6月20日)


書籍 ※前の記事 メモ:人形に生命を吹き込む(2018年3月17日)

 2018年3月末に『三国志研究』の投稿〆切があって郵送なので、3月30日内には速達で郵送する必要があって、さらに2018年4月1日に日本マンガ学会第18回大会の要旨の〆切があるんだけど、こちらはメールも受け付けるので当日日付中と、2つの〆切が控えていた。そのため3月下旬は当然、その2つを優先させていたので、記録がおざなりになっていて、レポート系の記事にするようなネタはないと思い込んでいたけど、前者の文献調査であった。
 それは表題のもので先に書くと、下記サイトの下記ページにあるように、2006年6月20日に東方書店より徐城北/著、陳栄祥・施殿文/訳『見て読む中国 京劇の世界』が発行されたという。2592円。

・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~
http://www.toho-shoten.co.jp/

・国内書 見て読む中国 京劇の世界
http://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=449720507X&bookType=jp

※関連記事
 三国志 鉄籠山(東京2018年5月20日)
 メモ:コミックマーケット93 3日目(2017年12月31日)
 汲古書院 訳あり特価本販売中(東方書店2017年12月)
 『三国志演義』の「幸福」(東方2017年1月)

※新規関連記事 中国を学ぶための入門書・ガイドブック(東方書店2018年4月)

 どこらへんが三国に関係するかというと、p.23に白黒写真が載せられてあって、そのキャプションが「北京の最初の写真館である泰豊写真館の任景豊社長は、日本で撮影技術を学んだ。1905年にフランス製の手回しの撮影機を購入し、琉璃厰にあった祠の境内で自然光を利用して友人の譚鑫培が主演した「定軍山」を撮影し、それが中国最初の映画となった。全3巻、白黒の無声映画である。写真は映画のワンシーン。(中国映画資料館提供)」とあり、実は中国最初の映画は三国ものの「定軍山」だったと。確認で自分のメモに対して「定軍山」と検索すると2015年6月24日にBSスカパーで放送されたドキュメンタリーシリーズ『京劇』(CCTV大富)についてのメモで中国人による最初の映画「定軍山」とある。ほかには「数百年続いた昆曲があきられていた」とか「1890年代、清朝が京劇に関わる」とか「譚派。京劇のスター制度」とかメモがあった。

※関連記事 メモ:三国志II 天翔ける英雄たち(日本テレビ、アニメ1986年8月22日)

 pp.22-23の見開きページ上部に「清末期の有名な画家・沈蓉圃が描いた「同光十三絶」と題した俳優たちの肖像画」とキャプションのついた絵があって、その俳優はそれぞれの役に扮しており、三国の人物もあって、「群英会」から魯粛、周瑜、「空城計」から諸葛亮が描かれる。
 あと論文的にはp.22の「一九一九年(大正八年)、梅蘭芳(一八九四~一九六一年)が自らの劇団を率いて京劇の日本公演を行い、これにより初めて海外に京劇が紹介された。」という文も重要。下記関連記事で触れた日本マンガ学会第17回大会の発表分の論文化で、そこの京劇の衣装の資料がウェブ上にあったチラシを用いているため、そのまま使うと肖像権を侵害しそうだったので、文献のものと差し替えたいって流れだ。試しにネットを介していつも利用する図書館で「京劇」と蔵書検索すると一番画像が豊富そうだったので。

関連記事 メモ:日本の「三国志演義」翻案作品における作画資料としての「三国演義連環画」(2017年6月24日)

超 真・三國無双(VR センス2017年12月21日)


ゲーム ・ラジオCha-ngokushi(ちゃんごくし)第52回 2017.7.24配信
https://youtu.be/M0IcFEe_jxw

 上記のネット配信ラジオ番組で知っていたんだけど、特にそれ以上、情報を手繰らずにいたら、同番組の下記の配信回で体験ルポみたくなっていたんで、良い機会なんで記事に

・ラジオCha-ngokushi(ちゃんごくし)第70回 2018.4.2配信
https://youtu.be/EHRR5-MNBCU

※関連記事 ラジオCha-ngokushi(ちゃんごくし)第1回(2015年7月20日)

 下記の公式サイトによると、コーエーテクモウェーブ製のアミューズメント機体であるVR センスが2017年12月21日木曜日に稼動し、その2種類のうち、「スパークリングシルバー」に搭載されたタイトルが『超 真・三國無双』だという。つまりは三国を題材としたアクションゲーム「真・三國無双」シリーズのタイトルってこと。

・VR SENSE
http://www.gamecity.ne.jp/vrsense/

※関連記事 真・三國無双8(PlayStation4 2018年2月8日)

機略・策略の三國志(2017年10月5日)


書籍 ・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~
http://www.toho-shoten.co.jp/

・メルマガ登録
http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/

※関連記事 送別の贈りもの : 魏晋南朝詩における送別の贈答(中國中世文學研究 第70号 2017年9月25日)

※新規関連記事 曹全碑(2017年9月30日)

上記の書店サイトの上記ページ(メルマガ登録)にあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2017年第9号(総314号)その2(2017年12月1日発行)により知ったこと。

・徳間書店
http://www.tokuma.jp/

・機略・策略の三國志
http://www.tokuma.jp/bookinfo/9784199070815

※関連記事
 逸話で綴る 三國志(2008年12月5日)
 女剣三国志 貂蝉(2009年4月3日)
 立間祥介訳 三国志演義(平凡社1962年、徳間書店1983年8月)

上記出版社サイトの上記書籍ページによると、2017年10月5日に徳間書店より坂口和澄『機略・策略の三國志』(ISBN978-4-19-907081-5、文庫判)が発売されたという。1200円(税別)。作者は三国関連の著作を数多く出されている方。

※関連記事
 図説 合戦地図で読む 三国志の全貌(青春出版社2008年11月10日)
 正史三国志 英雄奇談(2009年11月10日)
 三国志列伝(2011年7月)
 全貌三国志演義 英雄百年の興亡(2011年7月9日)
 真説 その後の三国志(2012年5月18日)
 三国志人物外伝(2006年5月)
 正史三國志 群雄銘銘傳 増補・改訂版(2012年12月25日)
 三国志 それからの系譜(2013年10月)
 もう一つの『三国志』(2014年5月)

破軍・三國志(2018年3月29日)


ゲーム 下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。

・fukuryusha3594 (fukuryusha3594) on Twitter
http://twitter.com/fukuryusha3594

・Twitter / fukuryusha3594: 眼鏡の孔明は「史上初」? 古田敦也氏起用、スクエニは大真面目...「三国志界に新しい風が吹く」 ...
https://twitter.com/fukuryusha3594/status/975932235642634240

※関連記事 週刊ジョージア 総力特集:今こそ三国志!(2016年5月9日-13日)

下記サイトにあるように、2018年3月29日にスクウェア・エニックスより対戦型タクティカルカードゲーム『破軍・三國志』の配信が開始されたとのこと。「アイテム課金型(基本プレイ無料)」で対応OSは「iOS : iOS9以上のiPhone端末(iPhone5S以降)及びiPad第4世代以降
Android : 4.4以上」とのことでいわゆるスマホゲーム。「配信開始記念キャンペーン」の一つとして(ゲーム内の)「3.特製カード「諸葛亮孔明(古田敦也Ver)」を全員にプレゼント!」とのことだ。ゲーム内容はMETA-TAGから引用すると「劉備、曹操、孫堅・・・三國志の英傑達による将棋のような戦略性を兼ね備えた、対戦型タクティカルカードゲーム『破軍・三國志』。力で押し切るか、陽動で誘い出すか、守りを固めて好機を待つか、戦術はプレイヤー次第!将兵の持つ特技や大将が放つ陣形を駆使し盤上を制覇せよ!」とのこと。今までの携帯電話やスマートフォンのゲームの文脈に外れることもなく、ゲーム内の人物カードで射幸心を煽るアレね。

・破軍・三國志 | SQUARE ENIX
http://www.jp.square-enix.com/hagunsangokushi/

・配信開始記念キャンペーン実施中!
http://cache.sqex-bridge.jp/api/information/detail/38910

卑弥呼没後の王権(2018年5月20日)


教育機関 下記関連記事と同じく同時期の講座情報の続き。

※関連記事 中国史への招待 三国志 群雄割拠編(栄中日文化センター2018年4月28日-9月22日)

・トンボの眼Web
http://www.tonbonome.net/

・トンボの眼Web - 古代王権の形成過程-謎の4世紀を考える-
http://www.tonbonome.net/index.php?page=event_ev1805200

※講師関連記事
 対論 邪馬台国時代のクニグニPartII(2016年12月11日より3回)
 『魏志』東夷伝の世界 後期(2016年9月24日より全6回)

上記サイトの上記ページにあるように、「トンボの眼」主催で、国立歴史民俗博物館教授 仁藤敦史/講師「古代王権の形成過程-謎の4世紀を考える-」の連続3回講座が2018年5月20日日曜日、6月17日日曜日、7月15日日曜日のそれぞれ9時45分開場で10時から12時までの時間枠で開講されるという。その5月20日講座分が第1回「卑弥呼没後の王権」だという。場所は「品川区立中小企業センター(品川区西品川1-28-3)」とのこと。参加費は「資料代」として「各回2,500円(事前払い) 当日払い2,800円(実施1週間以内申し込みは当日払い扱いとなります。事前予約要)」とのこと。

予定表(今後二ヶ月)

4月27日(金) - 6月 3日(日)
5月23日(水)
5月24日(木)
5月25日(金)
5月26日(土)
5月28日(月)
5月29日(火)
5月30日(水)
5月31日(木)
6月 1日(金)
6月 2日(土)
6月 3日(日)
6月 4日(月)
6月 5日(火)
6月 9日(土)
6月10日(日)
6月11日(月)
6月12日(火)
6月16日(土)
6月17日(日)
6月19日(火)
6月23日(土)
6月24日(日)
6月25日(月)
6月29日(金)
7月 6日(金)
7月 9日(月)
7月10日(火)