Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 10月
«
»
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

リンク:横浜中華街 三国演義を運営するハッピーケア事実上倒産記事(読売新聞2020年10月20日)


新聞
下記のTwitter Accountの下記のStatusで知る。

・MSN Japan (MSNJapan) on Twitter
https://twitter.com/MSNJapan

・Twitter / MSNJapan: 横浜中華街で初のコロナ関連倒産…「三國演義」など運営の企業 ...
https://twitter.com/MSNJapan/status/1318441877545181184

 下記の読売新聞社のサイトの下記新聞記事ページにあるように、「横浜中華街 三国演義」(該当記事においては看板にあわせてか「三國演義」表記)という飲食店を運営するハッピーケアが自己破産申請の準備に入ったという記事が「2020/10/20 14:31」に更新されているため下記にその記事へリンクしておく。「横浜中華街 三国演義」が新型コロナ感染拡大の影響で4月から閉店し事実上の倒産状態だったと。また「横浜中華街 三国演義」の説明では「フカヒレやアワビなど高級食材を使ったコースを安価で提供していた」としていて、ここらへん実感として適合するように思える。右に2020年8月に撮影した当店の外観写真を示しておこう。

・読売新聞オンライン : ニュース&お得サイト
https://www.yomiuri.co.jp/

※関連記事 九州大学の入試国語で歴史書関連2020(2月25日)

・横浜中華街で初のコロナ関連倒産…「三國演義」など運営の企業 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン
https://www.yomiuri.co.jp/national/20201020-OYT1T50083/

・リンク条件
https://www.yomiuri.co.jp/policy/yol#linkpolicy

※関連記事 渡邉義浩先生の新聞記事(読売新聞2016年1月6日 朝日新聞1月8日)

三国志ニュース16周年(2020年10月22日)


ネット ※関連記事 三国志ニュース、オープン

 上記の関連記事の日付を見て貰えばわかるように、当サイト「三国志ニュース」は2004年10月22日に始めたため、2020年10月22日に16周年を迎える。そういえば近年、この手の記事を書いてないなと、サイト内検索をかけると、下記のように6周年で止まって、一度10周年で再会させている。

※1周年記事(2005年) 三国志ニュース1周年(+1ヶ月)
※2周年記事(2006年) 2006年10月22日 三国志ニュース2周年
※3周年記事(2007年) 三国志ニュース3周年(10月22日)
※4周年記事(2008年) 三国志関連で自分史作りのスゝメ2008年追加分
※5周年記事(2009年) サイト「真・無双検索」の開設日っていつ?
※6周年記事(2010年) 三国志ニュース6周年(10月22日)
※10周年記事(2014年) 三国志ニュース10周年(2014年10月22日)

 長くなってくると毎年それ用の記事を書くのも不釣り合いのような気がしたんで、やめていたんだろうけど、それと入れ替わるように下記のように記念の記事番号にあわせた記事を書いていた。レポート系が多め。ここでは試しに500間隔でピックアップしているが100間隔で大体意識している。

※No.3000記事(2014年) 兀突骨(福岡県北九州市)
※No.3500記事(2015年) メモ:三国志―赤壁大戦(2015年5月16日)
※No.4000記事(2016年) メモ:六間道三国志祭(2016年10月2日)
※No.4500記事(2018年) 京浜線の思い出巡り(2018年2月10日)
※No.5000記事(2019年) メモ:「三国志演義」翻案マンガにおける「明光甲」考(2019年6月22日)

 そんな傾向の中、思い出したように、しかも16周年という中途半端な時に再再開させた。それだったら15周年のときだろ、と思いつつ。その記念記事にふさわしいのは何かな、と目に止まったのが、6周年記事。ちょうど10年前の記事でしかもネット環境について書いてあるので、今と比較しやすくてちょうどよい。そこで書かれているのが、SNSのストリーム型(Facebook)とボックス型(mixi)に言及されているのだけど、前者にはタイムラインのあるTwitterが含まれるものだからすっかりストリーム型の方がメジャーになってしまった。RSSを自動的にそのストリームに取り込む機能もあるのだけど、あまり見かけないし、どちらかというと情報を発信したい人がフォロワー(あるいは友だち)に向けてウェブページや動画ページなどの外部へのリンクをひっぱてきている(他人のストリームに放り込んでいる)イメージだろうか。「三国志ニュース」がそういうふうに使われるのが理想だけど、現実は清岡が便利に使っているだけで(下記のようにツイッター内でURLを検索すれば明らかで)、まぁ記事を書くモチベーションというのがその後、自分にとって便利に使えるようにするってものだった。

・Twitter / 検索 - cte.main.jp
https://twitter.com/search?q=cte.main.jp&f=live

※関連記事 日本マンガにおける秦始皇帝兵馬俑鎧甲デザインの伝播(京都2018年6月23日)

里から里・丘へ(東洋史研究会大会2020年11月1日)


研究 ・東洋史研究会
http://www.toyoshi-kenkyu.jp/

※関連記事 赤壁地名考―孫呉政権と江南の在地勢力(2011年11月3日)

・東洋史研究会大会
http://www.toyoshi-kenkyu.jp/taikai/index.html

 毎年、この時期になると11月頭にある東洋史研究会大会の発表題目が上記の東洋史研究会公式サイトで公開されないだろうか、思い出してはチェックしていたんだけど、今年は2020年11月1日日曜日10時-17時に「2020年度 東洋史研究会大会」がZoom、つまりオンラインにて開催される。
 さらに三国関連の発表がないか見ると、上記のページから下記に引用するように、午前の部の二番目の発表に三国呉関連の発表題目を見掛ける。立命館大学非常勤講師の鷲尾祐子先生による研究報告。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鷲尾 祐子 「里から里・丘へ――秦漢から三国呉にかけての居民管理制度の変遷」
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※関連記事 リンク:長沙走馬楼呉簡にみえる「限佃」名籍について(2010年12月)

魏都・洛陽から倭国・邪馬台国へ(2019年10月25日)


書籍
※前の記事 リンク:三国志大喜利バトル(第三回三国志祭内2009年8月23日)

※次の次の記事 大集結 邪馬台国時代のクニグニ(2015年4月14日)

 2020年5月6日水曜日5時半起床。残したメモより東方書店のメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2019年第11号-2(総338号)(2019年12月10日発行)で知ったこと。

※関連記事 リンク:哆啦A夢化身四大名著!(哆啦A夢中文網2015年5月1日)

・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~
http://www.toho-shoten.co.jp/

・メルマガ登録
http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/

※関連記事 今こそ知りたい三国志(2019年6月24日)

・国内書 魏都・洛陽から倭国・邪馬台国へ 『親魏倭王』印の旅
https://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4639026891&bookType=jp

下記出版社サイトの下記書籍ページによると雄山閣から2019年10月25日に石野博信/編『魏都・洛陽から倭都・邪馬台国へ ―『親魏倭王』印の旅―』(ISBN 9784639026691)が2860円で出版されたという。「多くのファンを集めた「ふたかみ邪馬台国シンポジウム」その最終回となった第17回の公演記録をもとに再編集。 「邪馬台国」ファン必読の1冊!」とのこと。「邪馬台国」は『三国志』巻三十魏書東夷伝初出ね。

・「雄山閣」学術専門書籍出版社
http://www.yuzankaku.co.jp/

※関連記事 中国古代史論集―政治・民族・術数―(2016年9月5日)

・魏都・洛陽から倭都・邪馬台国へ ―『親魏倭王』印の旅―
https://www.yuzankaku.co.jp/products/detail.php?product_id=8614

※関連記事 まんが日本史#2「幻の邪馬台国~女王卑弥呼~」(2020年5月3日、14日)

※関連記事
 研究最前線 邪馬台国(2011年6月10日)
 対論 邪馬台国時代のクニグニ(2016年2月28日より全6回)
 ザ・プレミアム 英雄たちの選択新春SP(NHK BSプレミアム2018年1月3日再放送)

・ふたかみ史遊会:24年の活動に幕 最終シンポに250人 香芝 /奈良 - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170326/ddl/k29/040/410000c
※「会員限定有料記事 毎日新聞2017年3月26日 地方版」2017年3月25日に開催されたと

※関連記事 精巧大型人形劇「三国志」総集編(奈良県香芝市2010年6月18日)

ザ・プロファイラー「劉備 三国志の英雄」(NHKBSプレミアム2020年10月22日)


テレビ 番組表を見て知ったこと。

・ザ・プロファイラー ~夢と野望の人生~ - NHK
http://www4.nhk.or.jp/profiler/

・三国志の英雄 劉備
https://www.nhk.jp/p/profiler/ts/WX9M3XW537/episode/te/2GX237R37L/

上記番組サイトの上記ページによると、NHK BSプレミアム「ザ・プロファイラー ~夢と野望の人生~」の2020年10月22日木曜日21時-22時放送分は「劉備 三国志の英雄」だという。これは下記関連記事にあるように、同番組では7年近く前の2013年12月18日に「誰かのために生き抜けるか~諸葛孔明・天才軍師伝説の真実」、6年近く前の2014年12月3日に「曹操 三国志・超人伝説の真実」を放送しており、三回目の『三国志』に載る人物の取材した回となる。再放送は2020年10月27日火曜日23時45分より。

※関連記事
 ザ・プロファイラー「誰かのために生き抜けるか~諸葛孔明・天才軍師伝説の真実」 (2013年12月18日)
 ザ・プロファイラー「曹操 三国志・超人伝説の真実」 (2014年12月3日)

同サイト番組表より出演者は「【司会】岡田准一,【ゲスト】陣内孝則,原晋,岡田紗佳」とのことで。