Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2021年 10月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 64 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

中国時代劇がさらに楽しくなる!(2021年9月7日)


書籍 ※前の記事 リンク:纒向考古学通信 Vol.13(2019年7月1日)

 2021年9月22日水曜日、下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。

・丹地陽子 (yokotanji) on Twitter
https://twitter.com/yokotanji

・Twitter / yokotanji: ‏『中国時代劇がさらに楽しくなる! 皇帝と皇后から見る中国の歴史』 著者:菊池昌彦 監修:関 眞興 辰巳出版 見本ありがとうございます。カバーイラストとカット数点を担当しました。発売中。 プレスリリース: https://value-press.com/pressrelease/279732 ...
https://twitter.com/yokotanji/status/1435398218167185408

 下記出版社サイトから書籍ページを探したが検索サイトのキャッシュにしか残ってなかったので、上記プレスリリースによると辰巳出版から2021年9月7日に関眞興/監修、菊池昌彦『中国時代劇がさらに楽しくなる! 皇帝と皇后から見る中国の歴史』(ISBN978-4-7778-2811-1)が1200円(税別)で発売したという。同じく上記之プレスリリースの目次によると、「第1章 これは必見! 中国時代劇10選」に「三国志 ―Secret of Three Kingdoms ―」があがっており、「第2章 サクッとわかる中国4000年の王朝史」に三国時代がある。

・TG-NET 辰巳出版グループホームページ
http://www.tg-net.co.jp/

※関連記事
 中国ドラマメモリアルBOOK(2020年11月7日発売)
 三国志 Secret of Three Kingdoms(チャンネル銀河2020年3月10日-)

リンク:纒向考古学通信 Vol.13(2019年7月1日)


  • 2021年10月10日(日) 05:04 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    153
教育機関 ※前の記事 URL:伊都国「王墓」ガラス玉、「草原の道」から 中央アジア出土品と一致(朝日新聞デジタル 2021年9月18日)

 2021年9月20日月曜日祝日、下記関連記事にて渡邉義浩先生が「・纒向遺跡の研究所で論文依頼があって、執筆されたそうな。」と書いたのだけど、実際何の雑誌での論文か検索していたら、下記サイトの下記機関紙に行き当たる。

※関連記事 メモ:三国志学会 第十六回大会 報告(2021年9月5日)

・桜井市纒向学研究センター
https://www.city.sakurai.lg.jp/sosiki/kyouikuiinkaijimukyoku/makimuku/index.html

・纒向考古学通信 Vol.13(※PDFファイル)
https://www.city.sakurai.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/48/tushin-13.pdf

 それは桜井市纒向学研究センターより2019年7月1日に桜井市纒向学研究センターより発行された『纒向考古学通信』Vol.13だ。下記関連記事にあるように、桜井市の纒向遺跡は『三国志』巻三十魏書東夷伝に載る邪馬台国と同時代の遺跡と推定され、その遺跡関連の考古学なので「三国志」に関わってくる。

※関連記事 卑弥呼の宮殿?奈良で3世紀の大型建物跡出土(読売新聞2009年11月10日付)

 『纒向考古学通信』Vol.13はその時点から後で開催される桜井市纒向学研究センター東京フォーラムVIII「「卑弥呼」発見!」に向けた文にはじまり、遺跡の発掘調査の概要にいき、伊都国関連の含んだセミナー報告などがあり、それらの中に、本題の、2018年10月14日開催の桜井市纒向学研究センター東京フォーラムVII「「卑弥呼」発見!」の報告が含まれる。その東京フォーラムVIIの報告に、渡邉義浩先生が講演「中国学からみた卑弥呼の墓制」で登壇された旨が書かれる。冒頭で掲げた論文について今回、確認できなかったんだけど、この東京フォーラム開催後に、毎回、冊子にまとめられるので、それかと推定はするのだけどね。

・渡邉義浩ホームページ
http://ywata.gakkaisv.org/

※関連記事
 メモ:三国志学会 第十六回大会 報告(2021年9月5日)
 三国志を読み解く(オンライン&北海道札幌市2021年11月6日、13日、20日)
 邪馬台国-『三国志』の中の魏志倭人伝(埼玉県本庄市2021年10月9日)

※新規関連記事 SUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTI PODCAST vol.162(2009年5月2日)

雲蒸竜変の盟 7(東京2021年10月10日)


  • 2021年10月 9日(土) 00:10 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    172
二次創作 ・雲蒸竜変の盟 7|event_info
https://www.akaboo.jp/event/item/20191871.html

※前回開催記事 雲蒸竜変の盟 6(東京2021年3月14日)

※関連記事 流星の誓い4(オンライン同人イベント2022年3月5日)

上記同人イベントサイトにあるように、2021年10月10日日曜日10時30分から15時まで東京都港区の東京ビッグサイト(東京国際展示場)青海ABにて赤ブーブー通信社主催で三国志全般 オンリー同人誌即売会「雲蒸竜変の盟 7」が開催されるという。

・東京ビッグサイト(東京国際展示場)
http://www.bigsight.jp/

邪馬台国-『三国志』の中の魏志倭人伝(埼玉県本庄市2021年10月9日)


  • 2021年10月 8日(金) 07:43 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    162
教育機関 下記Accountの下記Statusで知ったこと。

・三国志学会 公式 (3594gakkai) on Twitter
http://twitter.com/3594gakkai

※関連記事 リンク:競演!『三国志』の風雲児たち ギャラリートーク(YouTube2020年11月27日)

・Twitter / 3594gakkai: 本庄早稲田の杜ミュージアム開館1周年記念講演会 【邪馬台国-『三国志』の中の魏志倭人伝】 開催日:10月9日(土) 講師:渡邉義浩(本庄早稲田の杜ミュージアム名誉館長) 開場:13時 講演時間:14時~15時45分 会場:本庄市民文化会館 対象:どなたでも 定員:500名(先着順) 費用:無料 https://hwmm.jp/events/memorial_lecture/ ...
https://twitter.com/3594gakkai/status/1444744919747219460

下記のサイトの下記ページにあるように、2021年10月9日土曜日14時から15時45分まで、埼玉県本庄市北堀1422-3 本庄市民文化会館にて、本庄早稲田の杜ミュージアム名誉館長、早稲田大学理事・文学学術院教授の渡邉義浩先生による本庄早稲田の杜ミュージアム開館1周年記念講演会「邪馬台国-『三国志』の中の魏志倭人伝」が開講されるという。無料500名{先着順)。先月の三国志学会大会でのご講演と似たテーマ。

・本庄早稲田の杜ミュージアム
https://www.hwmm.jp/

・【予告】本庄早稲田の杜ミュージアム開館1周年記念講演会|イベント|
https://www.hwmm.jp/events/memorial_lecture/

・渡邉義浩ホームページ
http://ywata.gakkaisv.org/

※関連記事
 メモ:三国志学会 第十六回大会 報告(2021年9月5日)
 三国志を読み解く(オンライン&北海道札幌市2021年11月6日、13日、20日)

※新規関連記事 リンク:纒向考古学通信 Vol.13(2019年7月1日)

※新規関連記事 SUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTI PODCAST vol.162(2009年5月2日)

URL:伊都国「王墓」ガラス玉、「草原の道」から 中央アジア出土品と一致(朝日新聞デジタル 2021年9月18日)


  • 2021年10月 7日(木) 05:46 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    197
新聞 ※前の記事 リンク:神戸 新長田1番街 → 大正筋 → 六間道 歩き撮り 2019.03.21(YouTube)

 2021年9月20日月曜日祝日、下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。

・今井邦彦 Kunihiko Imai (imaikuni) on Twitter
https://twitter.com/imaikuni

・Twitter / imaikuni: ‏邪馬台国時代の国の一つ、伊都国の王墓とされる平原遺跡。そこで出土した青いガラス玉が、地中海沿岸からユーラシア内陸の「草原の道」を運ばれて来たらしいことが判明し、文化財科学会で報告されました。:伊都国「王墓」ガラス玉、「草原の道」から 中央アジア出土品と一致 https://www.asahi.com/articles/ASP9L5GS0P9LTIPE006.html ...
https://twitter.com/imaikuni/status/1439136466618097664

 下記の「朝日新聞デジタル」のサイトにて「2021年9月18日 16時47分」に下記記事「伊都国「王墓」ガラス玉、「草原の道」から 中央アジア出土品と一致」が公表された。記者は上記のツイート主。記事内容はその18日にオンライン開催の日本文化財科学会大会での、奈良文化財研究所(奈文研)の田村朋美主任研究員らの分析についての研究報告を紹介しており、それは『三国志』巻三十魏書東夷伝(いや記事中には例の「魏志倭人伝」表記)に載る伊都国の王墓と想定される福岡県糸島市の墳丘墓である平原遺跡(「ひらばる」と読むと)についてだ。その遺跡とモンゴルでの匈奴の墓、カザフスタンの遺跡からぞれぞれ出土した「重層ガラス連珠」を三国(いや日本、モンゴル、カザフスタンのね)の協力の下、蛍光X線分析にかけ、これにナトロンという共通成分を見出し、同じところで作られた可能性が高いと。下記の大会のページで確認すると「材質・技法」のセクションで11時3分から21分までの時間枠で「福岡県平原1号墓出土の紺色重層ガラス連珠の再検討」というのがあるね。

・朝日新聞デジタル:朝日新聞のニュースサイト
https://asahi.com/

※関連記事 リンク:五輪と二階氏と三国志(朝日新聞デジタル 2021年5月18日)

・伊都国「王墓」ガラス玉、「草原の道」から 中央アジア出土品と一致
https://www.asahi.com/articles/ASP9L5GS0P9LTIPE006.html

※関連記事 同志社大学の日本史世界史入試で三国志関連2021(2月5日-9日)

※新規関連記事 リンク:纒向考古学通信 Vol.13(2019年7月1日)

・日本文化財科学会第38回大会
http://www.jssscp.org/2021conf/