Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 11月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

ダ・ヴィンチ 2013年11月号 こんげつのブックマーク5 EX 達人伝(2013年10月5日)


雑誌
※前の記事 王欣太談鄭問(2018年7月4日)

 2019年6月8日土曜日。マンガ喫茶で5時には目が覚める。雨。5時40分出発。コンビニで400円超の買い物、朝飯として。ひたすら東に列車を乗り継ぐ。9時半には国会図書館到着。

・東京本館|国立国会図書館―National Diet Library
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/

※関連記事 王欣太談鄭問(2018年7月4日)

 ひたすら日本マンガ学会大会に向けた文献調査のつもりで、図書館指定のビニル袋にノートPCを入れたが破けてノートPCが地面にたたきつけられ、モニタのフック二つとおニューのバッテリーのフックひとつが大破。あとモニタの角に穴があいた。『週刊少年ジャンプ』1983年12月12・19日号第52号 鳥山明「トンプー大冒険」主人公は○○(一応伏せ字)ってオチだけど孫悟空とブルマとのやりとりがすでにつまっている。それで先週、スキをみつけて、大宅壮一文庫雑誌記事索引Web版(Web OYA-bunko)で「王欣太」と検索をかけたんだけど、2つの雑誌記事がひっかかって検索結果をメモっていた。

・公益財団法人大宅壮一文庫
http://www.oya-bunko.or.jp/

※関連記事 小学修身用書 第四(成美堂1887年10月)

 それを国会図書館新館で閲覧確認した、ってのが今回の記事の本題。まず『週刊文春』2018年9月6日(8月30日発売)。p.124「Close Up」にギャラリー・クオーレの話。サラリーマン時代の同期が何かよこせっていったのがきっかけと。 お茶会の話にも言及

※関連記事
 GONTA MECCA(GALLERY CUORE 2017年7月14日-)
 Afternoon Tea Party(GONTA MECCA 2018年7月15日)

 お次は『ダ・ヴィンチ』2013年11月号pp.66-67の見開きページで「こんげつのブックマーク⑤EX 仙石の覇者・秦に挑む者の勇姿を老荘思想をベースに熱く描き出す 『達人伝 ~9万里を風に乗り~』1~2巻」という記事で「取材・文=中野晴行 写真=迫田真実」となっている。今、記事を見てタイピングしている際に気づいたけど、文責は『マンガ産業論』(筑摩書房2004年7月)の中野晴行先生だったんだ。

※関連記事 まんがのソムリエ(2014年5月31日発行)

・今月のダ・ヴィンチ | ダ・ヴィンチニュース
http://ddnavi.com/davinci/

※関連記事 いまこそ読みたい!横山光輝『三国志』の世界(ダ・ヴィンチ2017年1月号 2016年12月6日)

 それでタイトル通り「達人伝」のことが中心なんだけど、「蒼天航路」の話もp.66に見え、そのときに老荘思想に強く惹かれたと。引用するに「僕は『蒼天航路』の曹操を描く中で、老荘思想に強く惹かれていました。」という文から作者自らによる説明が続く。

飯田市川本喜八郎人形美術館 即位礼正殿の儀に伴った無料観覧(2019年10月22日)


展覧会 RSSフィードにて下記のサイトの10月20日の下記ブログ記事で知ったこと。

・飯田市川本喜八郎人形美術館
http://www.city.iida.lg.jp/kawamoto/

※新規関連記事 三国志キャラみくじ(飯田市川本喜八郎人形美術館2019年1月2日-7日)

・10月22日 即位礼正殿の儀に伴った無料観覧のお知らせ  (※上記サイトのお知らせページ)
http://kawamoto-info.jugem.jp/?eid=671

※関連記事 飯田市川本喜八郎人形美術館 天皇陛下御在位三十年記念式典当日の無料公開(2019年2月24日)

長野県の飯田市川本喜八郎人形美術館は令和元年(2019年)10月22日火曜日に開催される即位礼正殿の儀にともない、その日の当美術館の入館を無料にするとのこと。

三国志講談「祝融の女心」(KOBE鉄人三国志ギャラリー2019年10月20日)


ショー 下記のTwitter Accountの下記の10月17日のStatusで知ったこと。

・三国志英傑群像岡本 (eiketu) on Twitter
http://twitter.com/eiketu

※関連記事 三国志読書会(KOBE鉄人三国志ギャラリー2019年6月30日)

・Twitter / eiketu: 急きょですが、今週末10/20(日曜) 「横山光輝三国志の研究会」(17時半~)の前に 天神堂梅崙さんによる『三国志講談』を実施します! 17時~17時20分、観覧無料 三国志祭前のオリジナル作品の最終調整プレ講演 として実施! テーマ「祝融の女心」 ...
https://twitter.com/eiketu/status/1184480250131931136

全部上記のstatusに書いてあるのだけど、兵庫県神戸市長田区二葉町(大正筋商店街)のKOBE鉄人三国志ギャラリーにて2019年10月20日日曜日17時から、三国志祭プレイベントとして天神堂梅崙さんによりそれぞれ三国志講談「祝融の女心」の上演が行われるという。無料とのこと。

・KOBE鉄人PROJECT(神戸鉄人プロジェクト)鉄人28号&横山光輝三国志
http://www.kobe-tetsujin.com/

※関連記事 SHADOW影武者を斬る|特別展『三国志』回顧(KOBE鉄人三国志ギャラリー2019年9月21日)

・KOBE鉄人三国志ギャラリー紹介
http://www.kobe-tetsujin.com/gallery/

※関連記事 三国志講談「苦肉の計」「連環の計」(KOBE鉄人三国志ギャラリー2018年10月21日10月28日)

三国志の女たち(愛知県名古屋市2019年10月13日、11月10日、12月8日)


教育機関 下記関連記事と同じく同時期の講座情報の続き。

※関連記事 『三国志』の世界と人物(愛媛県松山市2019年10月8日-2020年3月10日)

下記サイトの下記ページにによると、愛知県名古屋市中区栄3丁目4番5号 スカイル10階 朝日カルチャーセンター名古屋教室にて2019年10月13日、11月10日、12月8日の第二日曜日全6回各10時30分から12時まででの愛知学院大学教授の松下憲一先生による講座「三国志の世界」が開かれるという。受講料は会員前提で8250円(税込)。設備費495円(税込)

・名古屋教室 | 朝日カルチャーセンター
https://www.asahiculture.jp/nagoya/

※関連記事 三国志の世界(朝日カルチャーセンター名古屋教室2019年4月28日-6月23日)

・三国志の女たち| 名古屋教室 | 朝日カルチャーセンター
https://www.asahiculture.jp/course/nagoya/c0e17c9b-eeb8-3eff-a6e5-5d205a5f6c75

※関連記事 三国志の世界(愛知県名古屋市2019年7月28日、8月25日、9月22日)

中国古典名作選~三国志(チャンネル銀河2019年10月16日17日)


テレビ スカパー!の会報誌『ヨムミル!』で知ったこと。

・加入者向け会報誌スカパー!Magazine ヨムミル!|衛星放送のスカパー!
http://www.skyperfectv.co.jp/service/magazine/

※関連記事 三国志 Secret of Three Kingdoms(衛星劇場2018年10月17日-)

下記のCSのチャンネル銀河の放送局サイトの、下記番組ページを見ると、チャンネル銀河にて2019年10月16日水曜日、17日木曜日各13時から14時15分までの枠にドラマ『中国古典名作選~三国志』(2017年)全2話が放送されるという。画面を見て違和感を抱いたのだけど、それもそのはずで下記ページから引用するに「中国四千年の歴史に燦々と輝く名作古典を天才子役たちが演じ、中国全土が絶賛したドラマシリーズ。」とのことでつまり子役だけのドラマだそうで。出演者を引用するに「タオ・イーシー、ゴー・イードー、リー・ジュンハオ、チャオ・チェンシャン、チー・ションユエン、タオ・ビンラン ほか」とのこと。各話のタイトルは「貂蝉、復讐を誓い 曹操、刀を献上す」「貂蝉、呂母を助け 呂布、暴凶を除く」とのことで、三国鼎立には程遠い。16日分無料放送。

・チャンネル銀河
http://www.ch-ginga.jp/

※関連記事 三国志 Three Kingdoms(チャンネル銀河月-金2018年4月5日-)

・中国古典名作選
https://www.ch-ginga.jp/feature/kotenmeisaku/