Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 07月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 2件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

時空をかける三国志(2012年10月18日-11月20日)


  • 2012年9月19日(水) 00:00 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,474
展覧会 誰からかは念のため名は伏せるけど、情報が公開されればメールでお知らせして下さるとのことで、有り難いことに約束通りお知らせして下さる。

・関西館|国立国会図書館―National Diet Library
http://www.ndl.go.jp/jp/service/kansai/

・関西館小展示「時空をかける三国志」|国立国会図書館―National Diet Library
http://www.ndl.go.jp/jp/event/exhibitions/1195909_1376.html
 ※9月19日現在「資料リスト (後日掲載予定)」とのこと。

何かというと上記の「国立国会図書館 関西館」のサイトの上記ページにあるように、2012年10月18日木曜日から11月20日火曜日まで(11月18日以外の日曜・祝日は休館)、第12回関西館小展示「時空をかける三国志―日本・中国における三国志演義の展開」が京都府相楽郡精華町(つまり京都府の南端)の国立国会図書館 関西館 地下1階 総合閲覧室(※追記。後述の講演会と違って登録利用者カードが必要。下記のリンク追記先参照。※さらに追記。「当日利用カードを発行して入館」できるとのこと)で開催されるという。開館時間は10時から18時まで。入場無料。

・講演会「東アジアの三国志演義」|国立国会図書館―National Diet Library
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/1195910_1368.html

※リンク追記
・登録利用者制度のご案内|国立国会図書館―National Diet Library
http://www.ndl.go.jp/jp/information/guide.html

※リンク追記
・国立国会図書館関西館図書館協力課 (crd_tweet) on Twitter
http://twitter.com/crd_tweet

※リンク追記
・国立国会図書館関西館見学デー|国立国会図書館―National Diet Library
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/1195898_1368.html
※地元の図書館にあったチラシで気付いたが、11月18日の「国立国会図書館関西館見学デー」の企画で「三国志の切り絵体験コーナー(随時)」というのがある。

<追記>
前述の小展示ページから下記に見どころ解説開催予定を引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
見どころ解説開催予定:

職員が小展示の見どころを約20分で解説します。
参加は無料です。定刻に入退館ゲート前にお越し下さい。
11月5日(月)14:00~
11月9日(金)12:40~
11月12日(月)14:00~
11月17日(土)14:00~,16:00~
11月18日(日)10:30~,11:30~,12:30~,13:30~,14:30~,15:30~

11月19日(月)14:00~
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<追記終了>

またその関連イベントとして上記ページにあるように、2012年10月27日土曜日14時から16時まで、京都大学人文科学研究所の金文京教授による講演会「東アジアの三国志演義」が同所の1階 第一研修室で開催されるという。参加費無料だが、必要事項を明記の上、メールかFAXにて応募する必要があり、先着順の70名だという。 金文京先生の一般向けの講演といえば、最近では下記関連記事の2011年11月19日開催の第2回講演会「『三国志』から見る東アジア共同体の可能性」が思い当たる。

※関連記事 『三国志』から見る東アジア共同体の可能性(2011年11月19日)

※リンク追記
・三国志学会
http://www.daito.ac.jp/sangoku/
 ※「『三国志』から見る東アジア共同体の可能性」同様、三国志学会のサイトで今回の小展示と講演会が紹介されている。

話を小展示の方へ戻し、図書館あるいは公文書館での展示といえば、過去、「三国志ニュース」では下記関連記事のようなのを紹介した。

※関連記事
 平成19年度夏の企画展「三国志」(国立公文書館)
 三国志を読み解く―山田図書館企画展示―(2009年8月25日-9月17日)
 中国三大奇書の成立と受容(2006年10月2日-27日)

三国関連で、図書館でなく美術館や博物館であれば大規模な「大三国志展」を初め結構、過去にあった。以下、ピックアップ。

※関連記事
 2005年9月13日~10月20日 「三国志展」 徳島城博物館
 徳島城博物館の特別展「美術の中の三国志」
 春期特別展 三国志をいろどる馬たち
 特別企画 『三国志』の印章(依水園 寧楽美術館)
 「安野光雅 繪本 三国志」展(全国巡回)
 大三国志展(物語でたどる三国志)
 収蔵品にみる三国志(2009年6月20日-7月20日)
 繪本 三國志(安野光雅美術館2010年3月12日-9月8日)
 「『三国志』の原点を見る――吉川英治が写した中国」展(2011年4月29日-7月3日)
 三国志の時代―2・3世紀の東アジア―(2012年4月21日-6月17日)
 人形劇「三国志」中心展示(飯田市川本喜八郎人形美術館2012年6月2日-)
 三国志展(鳥取県燕趙園2012年9月7日-27日)

※追記 三国演義連環画(1956-1964年)

※追記 週末の三国志情報(2012年11月17日18日)

※追記 少年ワールド、コミックトム

※追記 メモ:第6章 武侠漫画の映画的手法表現の成立をめぐって

※追記 京都で哲舟さんを囲む会(2013年2月5日)

※追記 横山光輝マガジン オックス 1・2・3合併復刻号(2004年2月25日)

※追記 横山光輝『三国志』に見られる連環画の再構築 問題意識と目的 初稿

※追記 「時空をかける三国志」展in新長田(2013年8月22日-10月15日)

※追記 ノート:三国志学会 第八回大会(2013年9月14日)

※追記 一、二、「三国志」展示(2011年4月12日-27日)

※追記 メモ3:三国志フェス2013(2013年9月28日)

※追記 関プチ5 全国ツアー:国会図書館関西館博士論文閲覧(2014年5月17日)

※追記 東アジアの『三国志演義』(2012年12月)

※追記 三国志ニュースアンケート変更。レポート系記事について(2015年2月26日-)

※追記 三國志研究第十号(2015年9月5日)

※新規関連記事 マンガを楽しもう! ウェブサイト「マンガのひみつ大冒険!」公開記念(2017年4月1日-6月28日)

※新規関連記事 図書館から始まる三国志の旅(東京都江戸川区2018年10月28日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/2524
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。