Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 10月
«
»
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

サイトカレンダ - ピックアップ

記事 (28)

リンク:本田圭佑の教育論(GOETHE2019年3月3日)


ネット 下記Twitter Accountの下記Statusで知ったこと。いやちょっと前にメモを残していたのだけどね。

・伏竜舎@乱世の切り絵歴士 (fukuryusha3594) on Twitter
http://twitter.com/fukuryusha3594

※関連記事 扉(2019年4月10日)

※新規関連記事 最新学説で「三国志」に迫るツアー 呉(2019年8月22日-25日)

・Twitter / fukuryusha3594: 「僕にとっての一番の英雄は、『三國志』の曹操孟徳でした」本田圭佑 GOETHE WEB https://goetheweb.jp/person/slug-na3aafe30ae40 ...
https://twitter.com/fukuryusha3594/status/1134334517068599296

下記サイトの下記ページに2019年3月3日に「本田圭佑の教育論「人生のプログラムを自分で見つけるための道づくりこそ教育だ」【本田思考②】」という本田圭佑選手のインタビュー記事が公開された。上記のツイート通り、その中には本田選手の発言で「僕にとっての一番の英雄は、『三國志』の曹操孟徳でした」と三国関連が含むのだけどもちろんそれがメインというわけではない。というか曹操が人気だということはあまり知られてない傍証というか。

・GOETHE[ゲーテ] |男性月刊誌『GOETHE』発のWebメディア
https://goetheweb.jp/

・本田圭佑の教育論「人生のプログラムを自分で見つけるための道づくりこそ教育だ」【本田思考②】
https://goetheweb.jp/person/slug-na3aafe30ae40

※関連記事
 山手線西の思い出巡り(2017年1月21日)
 SOSOの服を着てSOSO好きにSOSOのハンコを渡す(2018年8月11日)

横山光輝 三国志 全25巻改訂版(希望コミックス カジュアルワイド2019年6月25日-2021年6月25日)


マンガ ・横山光輝オフィシャルサイト
http://www.yokoyama-mitsuteru.com/

※関連記事 LINE6周年ありがとうスタンプ(2017年6月22日-8月10日)

・三国志(コンビニ版)改訂版発売(2019/6/19)
https://yokoyama-mitsuteru.com/database/user/Search.php?main_table_no=5&template_name=info_show.html&m_prk=221&search_type_m_prk=3

 上記の公式サイトの上記ページによると2019年6月25日より潮出版社刊の横山光輝『三国志』1巻(改訂版 希望コミックスカジュアルワイド)が各620円(税別)で発売されるという。下記のTwitter Accountの下記のStatusによると毎月25日発売の全25巻であり、単純計算で、2021年6月25日まで刊行される。また今回の巻末企画も新しくなっており、渡邉義浩先生による『横山光輝で読む三国志』とのこと。

・潮出版社コミック編集部 (ushiocomic) on Twitter
https://twitter.com/ushiocomic

※関連記事 STOP劉備くん!! リターンズ! 3巻(2018年6月20日)

・Twitter / ushiocomic: 【#カジュアルワイド『三国志 』アンコール発売】#横山光輝 先生が描く『#三国志』全25巻が約8年ぶりに復活(毎月25日発売)!第1巻〈桃園の誓い〉は6月25日より全国のコンビニで発売!お近くの書店でも注文いただけます。巻末には早大教授 #渡邉義浩 先生による新連載『横山光輝で読む三国志』も掲載 ...
https://twitter.com/ushiocomic/status/1143051490405208064

・潮出版社 USIO
http://www.usio.co.jp/

・WEBコミックトム
http://www.usio.co.jp/html/comic_tom/

※関連記事 三国志メシ 1巻(2019年6月20日)

・渡邉義浩ホームページ
http://ywata.gakkaisv.org/

※関連記事
 三国志展の見どころ(千葉県千葉市2019年5月11日)
 特別展 三国志 記念講演会(東京国立博物館2019年7月13日27日)

資治通鑑(2019年7月9日)


書籍  下記Accountの下記statusより知ったこと。

・東方書店 東京店(神田神保町) (toho_jimbocho) on Twitter
https://twitter.com/toho_jimbocho

※関連記事 本邦における三国志演義受容の諸相(2019年3月)

※新規関連記事 特別展「三国志」の見どころ(神奈川県横浜市2019年7月31日)

・Twitter / toho_jimbocho: 【入荷情報】2/7発売★ 『資治通鑑 /ちくま学芸文庫』 司馬 光 著/田中 謙二 編訳/筑摩書房/2019年2月刊行/税込1,728円 http://www.chikumashobo.co.jp/comingbook/ ...
https://twitter.com/toho_jimbocho/status/1093060181791977473

下記サイトの下記ページにあるように、 2019年7月9日に筑摩書房より司馬光/撰・田中謙二/編訳『資治通鑑』(ちくま学芸文庫 ISBN:978-4-480-09905-1)が1600円(税別)で刊行したという。中国の通史なんで当然三国時代もあると思いきや実は抄訳で三国時代に近いのは後漢の党錮の禁のところだ。あと下記ページの著者紹介のところに司馬光が載っていて文がついているのがおもしろいね。

・筑摩書房
http://www.chikumashobo.co.jp/

※関連記事 十八史略(2014年7月9日)

・筑摩書房 資治通鑑 / 司馬 光 著, 田中 謙二 著
https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480099051/

特別展「三国志」記念特別講演会(九州国立博物館2019年12月14日)


教育機関 下記関連記事と同じく同時期の講座情報の続き、といいたいところだけど、むしろ講演といった方がいいだろう。特別展「三国志」関連。

※関連記事 『三国志』講座 英雄群像の研究(愛知大学オープンカレッジ車道校舎2019年11月28日-2019年1月30日)

・特別展 三国志
https://sangokushi2019.exhibit.jp/

・特別展 三国志 イベント
https://sangokushi2019.exhibit.jp/event/

※関連記事
 特別展 三国志(東京2019年7月9日-9月16日、福岡2019年10月1日-2020年1月5日)
 ここまで分かった“リアル三国志”(九州国立博物館2019年10月20日)

・九州国立博物館:トップページ
https://www.kyuhaku.jp/

※新規関連記事 夜な夜な三国志(九州国立博物館2019年11月23日)

上記サイトの上記ページによると、福岡県太宰府市石坂4-7-2 九州国立博物館1階 ミュージアムホールにて河南省文物考古研究院第一研究室副主任の潘偉斌氏による講演「曹操高陵の考古学的発見と研究」が2019年12月14日土曜日13時30分から15時5分まで上演され、続けて九州大学大学院人文科学研究院准教授の辻田淳一郎氏による講演「三国志の時代と卑弥呼の鏡」が15時15分から16時15分まで上演という。聴講料は当日受付で無料「*ただし、本展の観覧券もしくは半券の提示が必要。」とのことだ。定員=280名ってこと。

※関連記事 三国志学会 第十二回大会(2017年9月9日土曜日)

『三国志』講座 英雄群像の研究(愛知大学オープンカレッジ車道校舎2019年11月28日-2019年1月30日)


教育機関 ※関連記事 吉川英治『三国志』を読む - 図南の巻 -(京都府京都市2019年11月5日-12月17日)

上記関連記事の同期間の開設講座のチェック。下記サイトの下記ページによると、愛知県名古屋市東区筒井2丁目10-31 愛知大学オープンカレッジ 車道校舎にて2019年11月28日、12月5日、12月12日、12月19日、2020年1月9日、1月16日、1月23日、1月30日までの木曜日14時45分から16時15分まで定員40名で愛知大学オープンカレッジ講師 竹澤英輝先生による講座「『三国志』講座 英雄群像の研究」(【2019秋季】教養・文化・芸術)が全8回で開催されるという。受講料14500円。

・生涯学習なら愛知大学オープンカレッジ
http://extension.aichi-u.ac.jp/exten/

・【2019秋季】教養・文化・芸術 『三国志』講座 英雄群像の研究
http://extension.aichi-u.ac.jp/exten/sys/courseDetail.aspx?s=7683

※関連記事 『三国志』講座 英雄群像の研究(愛知大学オープンカレッジ豊橋校舎2019年4月11日-6月6日)

三国志メシ 1巻(2019年6月20日)


マンガ
・潮出版社 USIO
http://www.usio.co.jp/

・WEBコミックトム
http://www.usio.co.jp/html/comic_tom/

※新規関連記事 横山光輝 三国志 全25巻改訂版(希望コミックス カジュアルワイド2019年6月25日-2021年6月25日)

・三国志メシ
https://www.usio.co.jp/html/sangokushimeshi/index.html

・三国志メシ 1巻
http://www.usio.co.jp/comic/comics/19298

※関連記事
 三国志メシ(2017年3月20日-)
 メモ:第9回 Cha-ngokushiで『三国志メシ』を作ろう(2019年3月24日)

2017年3月20日より毎月20日のペースで潮出版社によるウェブサイト「WEBコミックトム」にて連載されている本庄敬「三国志メシ」が2年あまりの時を経ていよいよ、その単行本1巻(ISBN978-4-267-90671-8)が6月20日に1000円(税別)で発売されたという。

メモ:「三国志演義」翻案マンガにおける「明光甲」考(2019年6月22日)


研究
 昨年の下記の関連記事と同様に、日本マンガ学会大会での清岡が数日前から研究報告するまでのレポートというか奮闘記。下記は昨年6月京都での第18回大会で、今回は今年2019年6月熊本での第19回大会だ。記事番号は記念の5000。

・日本マンガ学会
http://www.jsscc.net/

※関連記事 メモ:日本マンガにおける秦始皇帝兵馬俑鎧甲デザインの伝播(2018年6月23日)

・日本マンガ学会第19回大会 プログラム - 日本マンガ学会
http://www.jsscc.net/convention/19

※前の記事 映画 三国志 パンフレット(1990年7月28日発行)

 2019年6月17日月曜日。知人からの『コミック三国志マガジン』がとどいた。だけど結局、そこまで新しい年代まで議論が及びそうにないので、来年回しかな、と。その旨先方に伝えているが。

※関連記事 『コミック三国志マガジン』今回発行されず(2007年7月28日分)

 6月18日火曜日3時30分目覚まし時計4時起床。今日も朝からスキャン作業。「原稿で文でみせようとするか情報でみせようとするかの意識」というメモ。6月19日水曜日5時前に目が覚める。下記ブログ記事を読む。最後にブログ主が「三国志の劉備とかもこのテンプレを備えたキャラですよ。曹操に英雄がどうこうと言われたときに、雷に驚いて箸を落としたフリをするのなんかはまさにこれです」と三国ネタを放り込んでいる。次にあげるのも最後に三国ネタ

・「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む
http://blog.livedoor.jp/kashikou/

※関連記事 リンク:「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む(2005年11月9日-)

・中国国産アニメの主人公はなぜブタに扮するのか
http://blog.livedoor.jp/kashikou/archives/cat_50017926.html
※2016年07月23日19:05

※関連記事 らじおちゃ100回記念!(2019年6月4日)

・中国オタク「東離劍遊紀の日本での反応について」
http://blog.livedoor.jp/kashikou/archives/52054893.html

曹操と楊修(東京、名古屋、大阪2019年11月2日-8日)


映画 下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。 ・加藤徹(KATO Toru) (katotoru1963) on Twitter
http://twitter.com/katotoru1963

※関連記事 ビジネスパーソンの教養 名場面でたどる『三国志』(NHK文化センター青山教室2019年7月11日-9月26日)

・Twitter / katotoru1963:今日の舞台挨拶の記事です。【人間国宝の野村萬も尊敬する、中国トップ京劇俳優主演作が3D映画となって1週間限定上映!】 https://movie.walkerplus.com/news/article/211074/ ...
https://twitter.com/katotoru1963/status/1190625311777378304

上記ツイートのリンク先や下記サイトによると、2019年11月2日土曜日から8日金曜日まで、の間、TOHOシネマズ日本橋(東京都中央区日本橋室町2-3-1コレド室町2 3F)、TOHOシネマズ名古屋ベイシティ(愛知県名古屋市港区品川町2-1-6イオンモール名古屋みなと)、TOHOシネマズなんば(大阪府大阪市中央区難波3-8-9東宝南街ビル)にて京劇3D 『曹操と楊修』が公開されるという。クレジットを見ると下記関連記事と同じ滕俊傑監督『曹操と楊修』(中国2018年)。11月2日にTOHOシネマズ日本橋で「ぴあ舞台挨拶イベント」あり(3000円)。12時40分舞台挨拶(尚長栄(ショウ チョウエイ)/滕俊傑(トウ シュンケツ)監督 MC キクチウソツカナイ。、山田菜々)、13時10分より『貞観盛事』上映、15時30分より『曹操と楊修』上映という流れ。11月3日には同タイムスケジュールでTOHOシネマズなんばで同イベント開催。

・映画『京劇3D 「曹操と楊修」「貞観盛事」』
https://kyogeki3d.official-movie.com/

※関連記事 曹操と楊修(京都国際映画祭2018 2018年10月13日)

・TOHOシネマズ 日本橋:上映スケジュール || TOHOシネマズ
https://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/073/TNPI2000J01.do

・TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ:上映スケジュール || TOHOシネマズ
https://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/002/TNPI2000J01.do

・TOHOシネマズ なんば:上映スケジュール || TOHOシネマズ
https://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/032/TNPI2000J01.do

三国志祭(2019年11月3日)


ショー
・ラジオCha-ngokushi ちゃんごくし 第111回 2019.10.28配信
https://youtu.be/TQphGmzd5Is

※関連記事 六間道三国志祭(2019年11月3日)

 上記配信で六間道三国祭だけでなく第13回 三国志祭の紹介もあってそれは下記サイトにあるように2019年11月3日日曜日に兵庫県神戸市長田区の新長田地区にて開催されるという。

・三国志祭
http://www.kobe-tetsujin.com/3594maturi/

※前回記事 第12回三国志祭(2018年11月3日)

『真・三國無双』プレミアムパーティー feat.魏 次代を拓く叡知の宴(2019年11月2日)


ショー  下記Accountの下記Statusで知ったこと。

・真・三國無双 公式 (s_sangokumusou) on Twitter
https://twitter.com/s_sangokumusou

※関連記事 無双フェスティバル2019(千葉 市川2019年3月3日)

・Twitter / s_sangokumusou: 【#無双魏パーティー】11/2(土)「『真・三國無双』プレミアムパーティー feat.魏 次代を拓く叡知の宴」開催決定‼ 来年20周年を記念した、初の勢力オンリーパーティーイベント ぜひ遊びに来てください #真・三國無双8 ▼GAMECITY先行販売は明日9/12(木)11:00より開始! …
https://twitter.com/s_sangokumusou/status/1171621555429765120

下記のサイトによると、東京都港区海岸1-11-2 アジュール竹芝13階 飛鳥にて「2019年11月2日(土) 昼夜2公演/昼公演 12:30開場 13:00食事開始 14:00開宴/夜公演 18:00開場 18:30食事開始 19:30開宴」で「「真・三國無双」プレミアムパーティー feat.魏 次代を拓く叡知の宴」があるという。料金は「昼の部:35,940円/お食事、お土産付き/夜の部:35,940円/お食事、お土産付き/※チケット価格は税込です。」とのこと。

・コーエーテクモゲームス|GAMECITY
http://www.gamecity.ne.jp/

※関連記事
 真・三國無双8(PlayStation4 2018年2月8日)
 真・三國無双8 無料共闘&体験版(2018年11月1日)

・2019.11.2|「真・三國無双」プレミアムパーティー feat.魏 次代を拓く叡知の宴
https://www.gamecity.ne.jp/event/2019/party_gi/>

※関連記事 真・三國無双8カフェ(2019年6月25日-8月18日)

・【公式】ベイサイドホテル アジュール竹芝
http://www.hotel-azur.com/

六間道三国志祭(2019年11月3日)


  • 2019年10月21日(月) 07:14 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    338
ショー 2019年11月3日日曜日に兵庫県神戸市長田区の六間道五丁目商店街にて今年も「六間道三国志」あるいは「三国志祭六間道会場」が開催されるという。

・六間道五丁目商店街 (rokkenmichi5) on Twitter
https://twitter.com/rokkenmichi5

※前回記事 六間道三国志祭(2018年11月3日)

 それで上記アカウントのツイートを軸に下記にまとめてみる。まずブースから

・北伐 手ぬぐい等販売

・北伐:力漲る三国志手ぬぐい・Tシャツ
http://shop.hokubatsu.com/

※関連記事 メモ:Cha-ngokushi(2017年2月4日訪店)

・伏竜舎 切り絵のポストカード等販売など

・切り絵アーティスト 伏竜舎
http://fukuryusha.com/

※関連記事 メモ:六間道三国志祭(2016年10月2日)

・京都一夢庵 羊羹販売

・京都 一夢庵大ふへん堂
http://1muan.com/

※関連記事 馬超画(Cha-ngokushi2017年11月-)

・らしゃ華 フェルト小物販売

・らしゃ華
http://ameblo.jp/lasyaka/

※関連記事 メモ1:三国志フェス2015 水魚の交わり(2015年1月30日)

・ASIAMOKU アクセサリー販売

・ASIAMOKU | アジアモク
https://asiamoku.thebase.in/

※関連記事 甘寧画(Cha-ngokushi2017年6月11日-)

・楊柳房 オリジナル三国志本販売

・山桜舞 (maiyamazakura) on Twitter
https://twitter.com/maiyamazakura

※関連記事 深く美しき香港漫画の世界(大香港研究会2014年5月3日発行)

・三国志アイロンビーズキャラづくり アイロンビーズ製作体験

・ミキ (TD94bK34Mlav4DD) on Twitter
http://twitter.com/TD94bK34Mlav4DD

※関連記事 マンガ図解三国志「武将」大百科(2016年8月3日)

・袞雪谿水 中国茶サロン

・煌鴻館 旅行記・写真集販売

・三国志浪漫紀行
http://kokokan.wixsite.com/kokokan

※関連記事 メモ:コミックマーケット94 2日目(2018年8月11日)

・雲才(Hidepp)三国志ライブドローイング 三年前甘寧、一昨年馬超、昨年夏侯惇&夏侯淵

・Hidepp (JohnnyHidepp) on Twitter
http://twitter.com/JohnnyHidepp

※関連記事 馬超画(Cha-ngokushi2017年11月-)

・中国料理新北京 中華点心

・姫路の老舗中華料理店で宴会なら【新北京】
http://www.shinpekin.com/

※関連記事 メモ:六間道三国志祭(2016年10月2日)

・三国志旅游局 三国志遺跡写真展示

・三国志旅游局
http://travel.china-world.info/

※関連記事 三国志旅游局 春節前忘年会 横浜オフ会(2018年2月3日)

・無料ゲームコーナー
 三国志スマートボール 三国志輪投げ 赤兎馬でGO!(射的ゲーム)

・六間道三国志ゆるきゃらスタンプラリー

次はステージの方。以下にまとめてみる。

11:00 アニマル三国志&諸葛屋ケーちゃん・諸葛屋小梅オープニングショー
11:30 太極拳演舞(李イン太極拳クラブ)
12:30 おやこ三国志
13:30 ベリーダンス(Juriオリエンタルダンススクール)
12:00 無料そばめしふるまい 200食限定
14:00 三国志?なショー(懐中レーシング)
14:30 「三国志メシ」本庄敬トークショー
15:00 アニマル三国志&諸葛屋ケーちゃんと鉄板コテ之介による楽しいショー
15:30 三国志ライブ(三国志アンダ義)

人形劇三国志 鑑賞オフ友の会 神戸出張版(Cha-ngokushi2019年11月4日)


テレビ ※関連記事 人形劇三国志 鑑賞オフ友の会(2017年6月25日)

 上記関連記事で触れているように主に横浜にて開催されている「人形劇三国志 鑑賞オフ友の会」について、開催情報は上記関連記事にまとめていたんだけど、次のは場所を大きく変える「神戸出張版」ってことで記事を改める。

 下記のTwiPlaページによると、2018年11月4日月曜祝日の14時30分から17時までに兵庫県神戸市長田区二葉町五丁目1-1-104の六間道なごみサロン内のブックカフェCha-ngokushi(ちゃんごくし)にて「人形劇三国志 鑑賞オフ友の会 神戸出張版」が開催されるという。上記関連記事にあるように神戸開催は一昨年、昨年に続いて3回目であり、昨年と同じく三国志祭にあわせての開催だけど、今回の会場は昨年と同様、ブックカフェCha-ngokushiであるため、「ワンドリンク+お茶菓子付き」とのことだ。参加費1500円で募集人数は「10名(総員15名[スタッフ込み])」で、視聴回は第6回「怪物 都を制す」とのことで、今回も「ゲスト解説」に「船塚洋子さん(人形操演者)」を招くとのこと。

・[TwiPla] 11/4(月・祝)14:30〜17:00 【第15回】人形劇三国志 鑑賞オフ友の会 [神戸出張版]
https://twipla.jp/events/407840

※関連記事 人形劇三国志 鑑賞オフ友の会 神戸出張版(Cha-ngokushi2018年11月4日)

・Cha-ngokushi (Changokushi) on Twitter
https://twitter.com/Changokushi

※関連記事 らじおちゃ100回記念!(2019年6月4日)

吉川英治『三国志』を読む - 図南の巻 -(京都府京都市2019年11月5日-12月17日)


教育機関 下記関連記事と同じく同時期の講座情報の続き。

※関連記事 三国志演義を読む(大阪府守口市2019年10月31日-3月5日)

・龍谷大学の公開講座「RECコミュニティカレッジ」
http://rec.ryukoku.ac.jp/

・吉川英治『三国志』を読む - 図南の巻 -
https://rec.ryukoku.ac.jp//search/start/details/8419

※前回記事 吉川英治『三国志』を読む - 望蜀の巻 -(京都2019年5月14日-6月25日)

上記サイトの上記ページによると、龍谷エクステンションセンター(REC)主催で、龍谷大学教授の竹内真彦先生による講座「吉川英治『三国志』を読む - 図南の巻 -」が京都府京都市伏見区深草の龍谷大学深草学舎 紫光館にて2019年11月5日、11月12日、12月3日、12月17日火曜日の13時15分-14時45分に全4回あるという。受講料が「会員:5,040円/一般:7,560円/REC会員になるには別途/年会費3,140円が必要です」とのことだ。定員40名。

三国志演義を読む(大阪府守口市2019年10月31日-3月5日)


教育機関 下記関連記事の続きで講座を紹介。

※関連記事 中国からみた魏志倭人伝(千葉県千葉市2019年10月31日)

大阪府守口市河原町8番3号 京阪百貨店守口店8階のNHK文化センター守口教室にて2019年10月31日、11月7日、12月26日、2020年2月6日、2月27日、3月5日の木曜日各13時-14時30分に龍谷大学教授 竹内真彦/講師「三国志演義を読む」の全6回の講座があるという。受講料は会員前提で、15,840円、テキストに「講師作成のプリント(コピー代1枚×10円) 」とのこと、あと「★一回体験できます(2,400円+税)日程など詳細はお問い合わせ下さい。」とのこと。

・NHK文化センター守口教室 | 好奇心の、その先へ NHKカルチャー
https://www.nhk-cul.co.jp/school/moriguchi

・三国志演義を読む
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_734261.html

※前回記事 三国志演義を読む(NHKカルチャーセンター守口教室2019年4月4日-9月5日)

中国からみた魏志倭人伝(千葉県千葉市2019年10月31日)


教育機関 下記関連記事の続きで講座を紹介。

※関連記事 入門考古学 大和王権揺籃期の倭国外交と邪馬台国女王・卑弥呼(愛知県名古屋市2019年10月26日-2020年3月28日)

下記サイトの下記ページによると、千葉県千葉市中央区中央1-11-1 三井ガーデンホテル千葉5階 朝日カルチャーセンター千葉教室にて2019年10月31日土曜日15時30分から17時まで明治大学教授 加藤徹先生による講座「中国からみた魏志倭人伝」があるという。「会員 3,080円 一般 3,520円」「設備費(税込)110円」とのこと。

・朝日カルチャーセンター | 千葉教室
https://www.asahiculture.jp/chiba/

・中国からみた魏志倭人伝
https://www.asahiculture.jp/course/chiba/a82e8015-5298-20cd-9c75-5d2c5019d74d

・加藤徹 KATO,Toru (Japan)
http://www.isc.meiji.ac.jp/~katotoru/

※関連記事 初心者にもわかる三国志 関羽の謎(千葉県千葉市2019年6月8日)

入門考古学 大和王権揺籃期の倭国外交と邪馬台国女王・卑弥呼(愛知県名古屋市2019年10月26日-2020年3月28日)


教育機関 下記関連記事と同じく同時期の講座情報の続き。

※関連記事 ここまで分かった“リアル三国志”(九州国立博物館2019年10月20日)

愛知県名古屋市東区東桜1-13-3 NHK放送センタービル7階のNHK文化センター名古屋教室にて2019年10月21日、11月18日、12月16日、2020年1月20日、2月17日、3月16日月曜日10時30分-12時に元名古屋女子大学教授 丸山竜平/講師「入門考古学 大和王権揺籃期の倭国外交と邪馬台国女王・卑弥呼」の講座があるという。受講料は会員15,840円

・NHK文化センター京都教室:トップページ | 好奇心の、その先へ NHKカルチャー
https://www.nhk-cul.co.jp/school/kyoto/

・入門考古学 大和王権揺籃期の倭国外交と邪馬台国女王・卑弥呼
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_440414.html

※関連記事 女王・卑弥呼の人物像に迫る(京都府京都市2019年10月21日-3月16日)

ここまで分かった“リアル三国志”(九州国立博物館2019年10月20日)


教育機関 下記関連記事と同じく同時期の講座情報の続き、といいたいところだけど、むしろ講演といった方がいいだろう。特別展「三国志」関連。

※関連記事 通史で学ぶ 中国の歴史(千葉県柏市2019年10月23日-12月25日)

・特別展 三国志
https://sangokushi2019.exhibit.jp/

・特別展 三国志 イベント
https://sangokushi2019.exhibit.jp/event/

※関連記事
 特別展 三国志(東京2019年7月9日-9月16日、福岡2019年10月1日-2020年1月5日)
 特別展 三国志 記念講演会(東京国立博物館2019年7月13日27日)

・九州国立博物館:トップページ
https://www.kyuhaku.jp/

※関連記事
 中国 美の十字路展
 誕生!中国文明 特別展(2010年7月6日-)
 中国王朝の至宝(2012年10月10日-12月24日)

上記サイトの上記ページによると、福岡県太宰府市石坂4-7-2 九州国立博物館1階 ミュージアムホールにて九州国立博物館主任研究の川村佳男氏による講演「ここまで分かった“リアル三国志” - 新発見の考古資料から読み解く - 」が2019年7月13日土曜日13時30分から15時まで上演されるという。聴講料は「当日受付・無料」「*ただし、本展の観覧券もしくは半券の提示が必要。」とのことだ。定員=280名ってこと。

通史で学ぶ 中国の歴史(千葉県柏市2019年10月23日-12月25日)


教育機関 下記関連記事と同じく同時期の講座情報の続き。

※関連記事 女王・卑弥呼の人物像に迫る(京都府京都市2019年10月21日-3月16日)

千葉県柏市末広町4-16 小田山ビル4階のNHK文化センター柏教室にて2019年10月23日、11月13日、11月27日、12月11日、12月25日まで水曜日各13時-14時30分に大東文化大学名誉教授 岡田宏二/講師「通史で学ぶ 中国の歴史~後漢の初期から「三国志」の世界へ~」の全5回の講座があるという。受講料は会員前提で、16,060円(税込)とのことでそれとは別に教材費121円(税込)がかかる。

・NHK文化センター柏教室:トップページ | 好奇心の、その先へ NHKカルチャー
https://www.nhk-cul.co.jp/school/kashiwa/

・通史で学ぶ 中国の歴史~後漢の初期から「三国志」の世界へ~
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1145445.html

※関連記事 通史で学ぶ 中国の歴史(NHK文化センターさいたまアリーナ教室2018年10月17日-2019年3月6日)

女王・卑弥呼の人物像に迫る(京都府京都市2019年10月21日-3月16日)


教育機関 下記関連記事と同じく同時期の講座情報の続き。

※関連記事 東アジアから見た倭国成立期(岐阜県岐阜市2019年10月15日-2020年3月31日)

京都市下京区四条通柳馬場西入ル立売中之町99四条SETビル3FのNHK文化センター京都教室にて2019年10月21日、11月18日、12月16日、2020年1月20日、2月17日、3月16日月曜日10時30分-12時に元名古屋女子大学教授 丸山竜平/講師「女王・卑弥呼の人物像に迫る ~遺跡から読み解く邪馬台国~」の講座があるという。受講料は会員19,932円

・NHK文化センター京都教室:トップページ | 好奇心の、その先へ NHKカルチャー
https://www.nhk-cul.co.jp/school/kyoto/

※関連記事 もう一度学びたい世界史 ―中国史(京都府京都市2019年10月14日-2020年3月9日)

・女王・卑弥呼の人物像に迫る ~遺跡から読み解く邪馬台国~
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_934141.html

※前回記事 女王・卑弥呼の人物像に迫る(京都府京都市2019年4月15日-9月16日)

※関連記事 東アジアから見た倭国成立期(岐阜県岐阜市2019年10月15日-2020年3月31日)

※新規関連記事 入門考古学 大和王権揺籃期の倭国外交と邪馬台国女王・卑弥呼(愛知県名古屋市2019年10月26日-2020年3月28日)

東アジアから見た倭国成立期(岐阜県岐阜市2019年10月15日-2020年3月31日)


教育機関 下記関連記事と同じく同時期の講座情報の続き。

※関連記事 もう一度学びたい世界史 ―中国史(京都府京都市2019年10月14日-2020年3月9日)

岐阜県岐阜市橋本町1-10-1 アクティブG 3階のNHK文化センター岐阜教室にて2019年10月15日、11月19日、12月17日、2020年1月21日、2月18日、3月31日火曜日10時30分-12時に元名古屋女子大学教授 丸山竜平/講師「東アジアから見た倭国成立期―外交文書のなかの女王卑弥呼―」の講座があるという。受講料は会員13,728円

・NHK文化センター岐阜教室:トップページ | 好奇心の、その先へ NHKカルチャー
https://www.nhk-cul.co.jp/school/gifu/

・女王・卑弥呼の人物像に迫る ~遺跡から読み解く邪馬台国~
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_934141.html

※関連記事 女王・卑弥呼の人物像に迫る(京都府京都市2019年4月15日-9月16日)

もう一度学びたい世界史 ―中国史(京都府京都市2019年10月14日-2020年3月9日)


教育機関 下記関連記事と同じく同時期の講座情報の続き。

※関連記事 いま「三国志」を読む/見る(千葉県柏市2019年10月26日)

京都市下京区四条通柳馬場西入ル立売中之町99四条SETビル3FのNHK文化センター京都教室にて2019年10月14日、11月11日、12月9日、2020年1月13日、2月10日、3月9日月曜日13時-14時30分に歴史研究家、元同志社大学非常勤講師 鈴木敏昭/講師「もう一度学びたい世界史 ―中国史(三国志~元帝国と四汗国)―」の講座があるという。一応、三国もやるようなのでご紹介。受講料は会員19,932円

・NHK文化センター京都教室:トップページ | 好奇心の、その先へ NHKカルチャー
https://www.nhk-cul.co.jp/school/kyoto/

※関連記事 女王・卑弥呼の人物像に迫る(京都府京都市2019年4月15日-9月16日)

※新規関連記事 女王・卑弥呼の人物像に迫る(京都府京都市2019年10月21日-3月16日)

・もう一度学びたい世界史 ―中国史(三国志~元帝国と四汗国)―
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1148846.html

いま「三国志」を読む/見る(千葉県柏市2019年10月26日)


教育機関 ※関連記事 三国志学会 第十四回大会(東京2019年9月14日土曜日)

上記関連記事で触れた三国志学会大会で配られていたチラシで知ったこと。下記関連記事と同じく同時期の講座情報の続き。

※関連記事 三国志の女たち(愛知県名古屋市2019年10月13日、11月10日、12月8日)

チラシによると、千葉県柏市大井2590 二松学舎大学柏一号館205号室にて2019年10月26日土曜日13時10分から14時40分まででの二松学舎大学文学部教授の伊藤晋太郎先生による講演「いま「三国志」を読む/見る」が開かれるという。柏市立図書館・市内四大学図書館合同企画講演会とのこと。定員100名、入場無料。申込みは二松学舎大学柏図書館へ電話するか図書館カウンターへ。、

・二松学舎大学
http://www.nishogakusha-u.ac.jp/

※新規関連記事 創縁祭での中文同学会(2018年11月3日4日)

・二松学舎大学付属図書館
https://opac.nishogakusha-u.ac.jp/drupal/

・柏キャンパス紹介 | 二松学舎大学 大学案内
https://www.nishogakusha-u.ac.jp/about/campus/kashiwa.html

※関連記事
 黒正塾 第13回秋季学術講演会(2015年11月21日28日)
 「関帝文献」の研究(2018年9月15日)

映画 三国志 パンフレット(1990年7月28日発行)


  • 2019年10月 9日(水) 17:48 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    104
映画
※前の記事 ダ・ヴィンチ 2013年11月号 こんげつのブックマーク5 EX 達人伝(2013年10月5日)

 2019年6月15日日曜日。6時30分タイマーで5時過ぎに目が覚める。6時と見間違えてそのままおきてしまった。とりあえずワンツーモーニング。からのアイス(これは6時すぎぐらいになった)。らじおちゃシャッフル再生続き。ラジオCha-ngokushi(ちゃんごくし)第28回 2016.8.15を聞く。東々さん優勝回。そういやステージでの表現をもっと大きくってアドバイスされたけど、普段どおりのボックスをつらぬいた、って話が今回印象に残った。

・ラジオCha-ngokushi(ちゃんごくし)第28回 2016.8.15
https://www.youtube.com/watch?v=VIEtXZhWUPE

※関連記事
 メモ3:六間道三国志祭(2016年10月2日)
 王欣太談鄭問(2018年7月4日)

※新規関連記事 メモ:「三国志演義」翻案マンガにおける「明光甲」考(2019年6月22日)

 三国志ニュースの記事「銀座ねこ集会展III(2019年6月9日-15日)」を書いてアップ。列車を乗り継いで西に向かう。8時44分、米原駅。乗換え先の列車と同時入線ぐらいだったが、すでに行列ができてたけど、かろうじて窓側に座れる。近くのヤンマー中央研究所によると気温19℃。9時20分、草津駅ぐらいまでねむってた。そしてまじめにレジュメ作り。作図優先で。10時49分、新長田駅到着。神戸市長田のブックカフェCha-ngoushi(ちゃんごくし)に到着。

・Cha-ngokushi (Changokushi) on Twitter
https://twitter.com/Changokushi

※関連記事 曹MENはじめました(Cha-ngokushi2019年6月1日?)

 昨日は二食ともコンビニパンだったので、龐統のほうとうで昼食。そして安渓鉄観音。おいしく食いつくし、諸葛亮が食べつくしたようにしといた。


 13時13分、ふじやんさんが見せる用にお店に一時的においていった映画のパンフレットを物色。下記関連記事にある楊吉友/監督『三国志 関公』だ。日本でのタイトルは『三国志』。パンフレットは東宝出版事業室より1990年7月27日印刷、1990年7月28日発行、定価400円(税込)。日本公開はギリギリ80年代のイメージたっだけど、90年台だった。そしてp.6によると「88年8月8日午前8時から」クランクインという中国人らしさ。

※関連記事 メモ:三国志 関公(1989年)

ダ・ヴィンチ 2013年11月号 こんげつのブックマーク5 EX 達人伝(2013年10月5日)


雑誌
※前の記事 王欣太談鄭問(2018年7月4日)

 2019年6月8日土曜日。マンガ喫茶で5時には目が覚める。雨。5時40分出発。コンビニで400円超の買い物、朝飯として。ひたすら東に列車を乗り継ぐ。9時半には国会図書館到着。

・東京本館|国立国会図書館―National Diet Library
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/

※関連記事 王欣太談鄭問(2018年7月4日)

 ひたすら日本マンガ学会大会に向けた文献調査のつもりで、図書館指定のビニル袋にノートPCを入れたが破けてノートPCが地面にたたきつけられ、モニタのフック二つとおニューのバッテリーのフックひとつが大破。あとモニタの角に穴があいた。『週刊少年ジャンプ』1983年12月12・19日号第52号 鳥山明「トンプー大冒険」主人公は○○(一応伏せ字)ってオチだけど孫悟空とブルマとのやりとりがすでにつまっている。それで先週、スキをみつけて、大宅壮一文庫雑誌記事索引Web版(Web OYA-bunko)で「王欣太」と検索をかけたんだけど、2つの雑誌記事がひっかかって検索結果をメモっていた。

・公益財団法人大宅壮一文庫
http://www.oya-bunko.or.jp/

※関連記事 小学修身用書 第四(成美堂1887年10月)

 それを国会図書館新館で閲覧確認した、ってのが今回の記事の本題。まず『週刊文春』2018年9月6日(8月30日発売)。p.124「Close Up」にギャラリー・クオーレの話。サラリーマン時代の同期が何かよこせっていったのがきっかけと。 お茶会の話にも言及

※関連記事
 GONTA MECCA(GALLERY CUORE 2017年7月14日-)
 Afternoon Tea Party(GONTA MECCA 2018年7月15日)

 お次は『ダ・ヴィンチ』2013年11月号pp.66-67の見開きページで「こんげつのブックマーク⑤EX 仙石の覇者・秦に挑む者の勇姿を老荘思想をベースに熱く描き出す 『達人伝 ~9万里を風に乗り~』1~2巻」という記事で「取材・文=中野晴行 写真=迫田真実」となっている。今、記事を見てタイピングしている際に気づいたけど、文責は『マンガ産業論』(筑摩書房2004年7月)の中野晴行先生だったんだ。

※関連記事 まんがのソムリエ(2014年5月31日発行)

・今月のダ・ヴィンチ | ダ・ヴィンチニュース
http://ddnavi.com/davinci/

※関連記事 いまこそ読みたい!横山光輝『三国志』の世界(ダ・ヴィンチ2017年1月号 2016年12月6日)

 それでタイトル通り「達人伝」のことが中心なんだけど、「蒼天航路」の話もp.66に見え、そのときに老荘思想に強く惹かれたと。引用するに「僕は『蒼天航路』の曹操を描く中で、老荘思想に強く惹かれていました。」という文から作者自らによる説明が続く。

飯田市川本喜八郎人形美術館 即位礼正殿の儀に伴った無料観覧(2019年10月22日)


  • 2019年10月 7日(月) 07:41 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    102
展覧会 RSSフィードにて下記のサイトの10月20日の下記ブログ記事で知ったこと。

・飯田市川本喜八郎人形美術館
http://www.city.iida.lg.jp/kawamoto/

※新規関連記事 三国志キャラみくじ(飯田市川本喜八郎人形美術館2019年1月2日-7日)

・10月22日 即位礼正殿の儀に伴った無料観覧のお知らせ  (※上記サイトのお知らせページ)
http://kawamoto-info.jugem.jp/?eid=671

※関連記事 飯田市川本喜八郎人形美術館 天皇陛下御在位三十年記念式典当日の無料公開(2019年2月24日)

長野県の飯田市川本喜八郎人形美術館は令和元年(2019年)10月22日火曜日に開催される即位礼正殿の儀にともない、その日の当美術館の入館を無料にするとのこと。

三国志講談「祝融の女心」(KOBE鉄人三国志ギャラリー2019年10月20日)


ショー 下記のTwitter Accountの下記の10月17日のStatusで知ったこと。

・三国志英傑群像岡本 (eiketu) on Twitter
http://twitter.com/eiketu

※関連記事 三国志読書会(KOBE鉄人三国志ギャラリー2019年6月30日)

・Twitter / eiketu: 急きょですが、今週末10/20(日曜) 「横山光輝三国志の研究会」(17時半~)の前に 天神堂梅崙さんによる『三国志講談』を実施します! 17時~17時20分、観覧無料 三国志祭前のオリジナル作品の最終調整プレ講演 として実施! テーマ「祝融の女心」 ...
https://twitter.com/eiketu/status/1184480250131931136

全部上記のstatusに書いてあるのだけど、兵庫県神戸市長田区二葉町(大正筋商店街)のKOBE鉄人三国志ギャラリーにて2019年10月20日日曜日17時から、三国志祭プレイベントとして天神堂梅崙さんによりそれぞれ三国志講談「祝融の女心」の上演が行われるという。無料とのこと。

・KOBE鉄人PROJECT(神戸鉄人プロジェクト)鉄人28号&横山光輝三国志
http://www.kobe-tetsujin.com/

※関連記事 SHADOW影武者を斬る|特別展『三国志』回顧(KOBE鉄人三国志ギャラリー2019年9月21日)

・KOBE鉄人三国志ギャラリー紹介
http://www.kobe-tetsujin.com/gallery/

※関連記事 三国志講談「苦肉の計」「連環の計」(KOBE鉄人三国志ギャラリー2018年10月21日10月28日)

三国志の女たち(愛知県名古屋市2019年10月13日、11月10日、12月8日)


教育機関 下記関連記事と同じく同時期の講座情報の続き。

※関連記事 『三国志』の世界と人物(愛媛県松山市2019年10月8日-2020年3月10日)

下記サイトの下記ページにによると、愛知県名古屋市中区栄3丁目4番5号 スカイル10階 朝日カルチャーセンター名古屋教室にて2019年10月13日、11月10日、12月8日の第二日曜日全6回各10時30分から12時まででの愛知学院大学教授の松下憲一先生による講座「三国志の世界」が開かれるという。受講料は会員前提で8250円(税込)。設備費495円(税込)

・名古屋教室 | 朝日カルチャーセンター
https://www.asahiculture.jp/nagoya/

※関連記事 三国志の世界(朝日カルチャーセンター名古屋教室2019年4月28日-6月23日)

・三国志の女たち| 名古屋教室 | 朝日カルチャーセンター
https://www.asahiculture.jp/course/nagoya/c0e17c9b-eeb8-3eff-a6e5-5d205a5f6c75

※関連記事 三国志の世界(愛知県名古屋市2019年7月28日、8月25日、9月22日)

中国古典名作選~三国志(チャンネル銀河2019年10月16日17日)


テレビ スカパー!の会報誌『ヨムミル!』で知ったこと。

・加入者向け会報誌スカパー!Magazine ヨムミル!|衛星放送のスカパー!
http://www.skyperfectv.co.jp/service/magazine/

※関連記事 三国志 Secret of Three Kingdoms(衛星劇場2018年10月17日-)

下記のCSのチャンネル銀河の放送局サイトの、下記番組ページを見ると、チャンネル銀河にて2019年10月16日水曜日、17日木曜日各13時から14時15分までの枠にドラマ『中国古典名作選~三国志』(2017年)全2話が放送されるという。画面を見て違和感を抱いたのだけど、それもそのはずで下記ページから引用するに「中国四千年の歴史に燦々と輝く名作古典を天才子役たちが演じ、中国全土が絶賛したドラマシリーズ。」とのことでつまり子役だけのドラマだそうで。出演者を引用するに「タオ・イーシー、ゴー・イードー、リー・ジュンハオ、チャオ・チェンシャン、チー・ションユエン、タオ・ビンラン ほか」とのこと。各話のタイトルは「貂蝉、復讐を誓い 曹操、刀を献上す」「貂蝉、呂母を助け 呂布、暴凶を除く」とのことで、三国鼎立には程遠い。16日分無料放送。

・チャンネル銀河
http://www.ch-ginga.jp/

※関連記事 三国志 Three Kingdoms(チャンネル銀河月-金2018年4月5日-)

・中国古典名作選
https://www.ch-ginga.jp/feature/kotenmeisaku/

メディアギャラリ (24)

  • 記事用 (24)
    • [2019-10-06]
    • [2019-10-08]
    • [2019-10-08]
    • [2019-10-08]
    • [2019-10-08]
    • [2019-10-08]
    • [2019-10-08]
    • [2019-10-08]
    • [2019-10-08]
    • [2019-10-08]
    • [2019-10-08]
    • [2019-10-08]
    • [2019-10-08]
    • [2019-10-14]
    • [2019-10-14]
    • [2019-10-14]
    • [2019-10-21]
    • [2019-10-21]
    • [2019-10-21]
    • [2019-10-21]
    • [2019-10-21]
    • [2019-10-21]
    • [2019-10-21]
    • [2019-10-21]


カレンダjp (36)