Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2024年 06月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 79 投票 | 0 コメント

三国志武将列伝~蜀の章~(別冊少年チャンピオン2019年1月号 2018年12月12日)


  • 2022年12月 7日(水) 10:12 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    241
マンガ ※前の記事 蒼太の出張(漫画サンデー2009年9月19日・10月6日合併号 9月15日発売)

 2022年11月4日金曜日、前の記事に続いて国会図書館にいた。

・東京本館|国立国会図書館―National Diet Library
http://www.ndl.go.jp/jp/tokyo/

 いろんな雑誌を並行して閲覧申請していたけど、下記関連記事の単行本の雑誌連載を追うシリーズ。山口陽史「三国志武将列伝」の連載を追う。秋田書店の月刊『別冊少年チャンピオン』に連載していた。実際、見てみると、単発掲載に近い形でスタートしいて、2019年1月号から正式連載となった。

※関連記事
 呉ー孫策伯符という男ー(2017年5月12日)
 三国志武将列伝~呉の章~ 第1巻(2019年1月8日)
 三国志武将列伝~蜀の章~(2019年6月7日)

・秋田書店
https://www.akitashoten.co.jp/

※関連記事 吸血鬼すぐ死ぬ 第22巻(2022年9月8日)

・別冊少年チャンピオン
https://www.akitashoten.co.jp/b-champion

 実際の連載を追う方法は他の作品の他の雑誌を追うのと並行して行われる。以下、リスト。呉のシリーズと蜀のシリーズがあってそれぞれ前述の単行本2冊と対応している。

『別冊少年チャンピオン』
・2017年6月号(5月12日発売)「呉 ―孫策伯符という男―」
・2017年10月号「呉 ―甘寧興覇という男―」 孫堅の伝を軸に 子ども甘寧が付け狙う流れ
・2018年1月号「呉 ―周瑜公瑾という男―」
・2018年4月号「呉 ―太史慈子義という男―」前編
・2018年5月号「呉 ―太史慈子義という男―」後編
※ここまで劉備登場ならず。

『別冊少年チャンピオン』
・2019年1月号(2018年12月12日発売)「三国志武将列伝~蜀の章~」「関羽雲長という男 前編」
 ※pp.3-38 正式連載スタート
・2019年2月号(1月12日発売)「関羽雲長という男 後編」
・2019年3月号「趙雲子龍という男 前編」
 ※p.546にインタビュー記事「別CHANNEL No.014 三国志武将列伝~蜀の章~山口陽史先生」三国と全然関係ないけど。
・2019年4月号「趙雲子龍という男 後編」
・2019年5月号「諸葛亮孔明という男 前編」
・2019年6月号「諸葛亮孔明という男 後編」
 ※「完」だって、諸葛亮後編で。あの単行本中表紙の劉備の鎧姿どこ?描き下ろしだったの?


 「三国志武将列伝~蜀の章~」のあたりは次の日の11月5日土曜日に調べた分で、金曜日の段階では『マンガ水煮三国志』上下巻をチェックしていたりと。

※次の記事 静かなるドン 第77巻(2006年4月)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/6257
  • 三国志武将列伝~蜀の章~(別冊少年チャンピオン2019年1月号 2018年12月12日)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。