Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2018年 10月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 46 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

参加企画「三国志との出会い」


  • 2004年10月29日(金) 19:50 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    915
ネット http://www.asahi-net.or.jp/~np5k-mkn/sangokushi/main.html
↑総合サイト「三国志ホームページ」の「私と三国志」
※2001年12月31日で休止

http://kakutei.cside.com/
↑サイト「各駅亭舎」の(三国志の庵)「三国志との出会い」

私は結構、あるジャンルにどういったきっかけで、のめり込んでいったとかはまっていったとかを聴いたり読んだりするのが好きで、それがいろんなメディアにおよんでいる「三国志」ジャンルだったら人それぞれなので、なおさら好きになってしまう。
上に示したサイトにはそういった「三国志ジャンルとの出会い」を投稿する参加型のコンテンツがあるのだ。
なので、それらのサイトのコンテンツを初めてみたときはずっと読んでいたし、更新もまめにチェックしていた。

まぁ、多くの三国志関連の個人サイトには自己紹介がてらそういった「三国志ジャンルとの出会い」みたいなコンテンツがあり、それも探し出しては読みのが日課になっている。

http://cte.main.jp/sunshi/w/w040425.html
↑ちなみに私のサイトにもそういったコンテンツがある……やっぱり自分が読んでて楽しいコンテンツは書きたくなるのだ。

「三國メッセ2004」雑感


  • 2004年10月28日(木) 22:01 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,360
二次創作  同人誌展示即売会のことをイベントと呼ばれていて、一つのジャンルだけのをオンリーイベントと呼ばれていて、すべてのジャンルがOKなのをオールジャンルイベントと呼ばれる。

 10月24日に大阪で行われた「三國メッセ2004」はその名の通り、三国志関連オンリーイベント。
 で、結論からいうと…

 三国無双シリーズを扱っていない三国志サークルは三国志のオンリーイベントよりオールジャンルイベントの方がよく見かける。

ってことかな。それにオールジャンルイベントでは三国無双シリーズを中心に扱っているサークルはゲーム関連のスペースにいって、三国無双シリーズを扱っていない三国志サークルは歴史・古典のスペースにいくから、余計にそうおもうのかも。

 最近の三国志のオンリーイベントがよく行われるのはやはりコーエーの三国無双シリーズの人気が高じたものなんだなぁ、と実感。

 あと、今回、同人誌を売るスペース以外にもコスプレを見せるスペースが
あって、後から他人の日記を見て気付いたんだけど、二つのスペースにはかなりの温度差があった。
 なんていうか一時期、コスプレのスペースに人が群がり盛り上がっていて、同人誌を売るスペースは単なる通り道になってたぐらいで。

 それと、今回のオンリーイベントは、勢力ごとで同人誌を売るスペースを分けていたんだけど、できれば他のオンリーイベントのようにジャンルごとにしてほしかったかな。
 歴史系の三国志サークルを固めると、こっちとしては居心地が良いもので。

2004年10月24日~11月7日「東漢祭」in サイト「逍遙大陸」


  • 2004年10月27日(水) 17:19 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,230
ネット http://fw-rise.sub.jp/donghan/index.html
↑サイトの企画「東漢祭」

http://fw-rise.sub.jp/
↑主催サイト「逍遙大陸」

東漢とはいわゆる後漢のこと。

陰暦の10月28日(台湾中央研究院の中央研究院兩千年中西暦轉換によると庚午)は後漢紀(孝獻皇帝紀卷第三十)によると、

(西暦220年、冬十月)庚午、魏王即皇帝位、改年曰黄初。

ということで、魏王が皇帝に即位した日らしく、逆に言えば、その前の後漢が滅んだ日らしい。
その日を記念して……というよりきっかけにして、サイト「逍遙大陸」で「東漢祭」という企画が行われている。

サイトで行われる「祭」とはよくわからないのだけど、(1)期間限定で、(2)ある決められたテーマの元で、(3)絵を描くなり文を書くなりすることらしい(うーん、何か私の認識にズレがありそうな…)

それで「東漢祭」は東漢をテーマにした祭で、今のところ、イラスト中心。
まぁ、見に行けば、どんなものかすぐわかると思う。

三国志の基本史料


  • 2004年10月27日(水) 01:54 JST
  • 投稿者:
    KJ
  • 閲覧数
    1,368
歴史 三国時代のことが書かれている文献と言えば、歴史書としての正史「三國志」があるが、これに次ぐ史料として「長沙呉簡」と呼ばれる木簡がある。

「長沙呉簡」は、1996年に湖南省長沙市の古井戸から出土したもので、呉の嘉禾年間(232~237)の記録が木簡、木版、竹簡に記録されている。その数はおよそ10万点。

今後の整理により、身分制、地方行政、戸籍、賦税、物流などが明らかになるという。

サイト「枕流亭」の「中国史的唯漫論」


  • 2004年10月26日(火) 19:34 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,027
ネット http://ww1.enjoy.ne.jp/~nagaichi/
↑サイト「枕流亭」

三国志漫画で思い出したんだけど、サイト「枕流亭」に参加型企画「中国史的唯漫論」ってのがある。
みなで「中国の歴史や古典文学や時代物などから題材を取った『マンガ』」を紹介していこう、という企画で、もちろん三国志のものも含まれている。

紹介文を読むのも楽しいんですが、もう並んだ三国志漫画のタイトルをみるだけでもその多さに驚いてしまう。

予定表(今後二ヶ月)

10月22日(月)
10月23日(火)
10月24日(水) - 10月28日(日)
10月24日(水)
10月27日(土)
10月29日(月)
10月30日(火)
10月31日(水)
11月 2日(金)
11月 3日(土)
11月 6日(火)
11月10日(土)
11月11日(日)
11月12日(月)
11月13日(火)
11月17日(土)
11月19日(月)
11月20日(火)
11月24日(土)
11月26日(月)
12月 1日(土)
12月 5日(水)
12月 7日(金)
12月 8日(土)
12月 9日(日)
12月10日(月)
12月11日(火)
12月17日(月)
12月19日(水)