Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2022年 01月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 70 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

マンガ この一冊で中国の歴史がわかる!(2000年4月10日発行)


  • 2019年7月16日(火) 06:28 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,056
書籍
※前の記事 餃子専門舗 三國志(大阪府交野市、東大阪市)

 2019年6月29日土曜日16時すぎ。横浜中華街にいて、神奈川県横浜市中区山下町166(横浜中華街内) 横濱バザール 3階のブックカフェ関帝堂書店に向かう。鉄観音を注文。『孔明のヨメ。』3巻だった、三国志フェス2013レポと三国志祭レポ

・横濱バザール
http://yokohamabazaar.com/

・たぶん横浜中華街唯一のブックカフェ*BOOKS&CAFE関帝堂書店
http://kanteido.com/

※関連記事 王欣太談鄭問(2018年7月4日)

※新規関連記事 人形劇三国志 君主と軍事・謀臣たち(川本喜八郎人形ギャラリー2019年7月7日-)

   

※関連記事
 孔明のヨメ。 3巻(2014年2月6日)
 ヨメウラ三国志(2013年12月2日)
 メモ1:三国志フェス2013(2013年9月28日)
 第七回三国志祭(2013年10月13日14日)
 特別展『三国志』事前取材レポート(2019年6月1日)

 そこで宮崎正勝/監修・たかもちげん/画『マンガ この一冊で中国の歴史がわかる!』(三笠書房2000年4月10日発行)を見かける。パラパラと見ると、pp.93-128が「第三章 分裂の世紀 ――三国志と南北朝」で、その三国部分は赤壁がメインだった。

※関連記事 図説 地図とあらすじでわかる! 倭国伝(2011年5月15日)

・三笠書房
https://www.mikasashobo.co.jp/c/

資治通鑑(2019年7月9日)


  • 2019年7月 6日(土) 06:47 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    4,021
書籍  下記Accountの下記statusより知ったこと。

・東方書店 東京店(神田神保町) (toho_jimbocho) on Twitter
https://twitter.com/toho_jimbocho

※関連記事 本邦における三国志演義受容の諸相(2019年3月)

※新規関連記事 特別展「三国志」の見どころ(神奈川県横浜市2019年7月31日)

※新規関連記事 メモ:貂蝉と拳で愛を語り合う、そんな三国志ランチ会@横浜中華街(2019年7月27日)

・Twitter / toho_jimbocho: 【入荷情報】2/7発売★ 『資治通鑑 /ちくま学芸文庫』 司馬 光 著/田中 謙二 編訳/筑摩書房/2019年2月刊行/税込1,728円 http://www.chikumashobo.co.jp/comingbook/ ...
https://twitter.com/toho_jimbocho/status/1093060181791977473

下記サイトの下記ページにあるように、 2019年7月9日に筑摩書房より司馬光/撰・田中謙二/編訳『資治通鑑』(ちくま学芸文庫 ISBN:978-4-480-09905-1)が1600円(税別)で刊行したという。中国の通史なんで当然三国時代もあると思いきや実は抄訳で三国時代に近いのは後漢の党錮の禁のところだ。あと下記ページの著者紹介のところに司馬光が載っていて文がついているのがおもしろいね。

・筑摩書房
http://www.chikumashobo.co.jp/

※関連記事 十八史略(2014年7月9日)

※新規関連記事 日本人と遠近法(1998年8月20日)

・筑摩書房 資治通鑑 / 司馬 光 著, 田中 謙二 著
https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480099051/

劉備 三国志 随一の徳望をもつ男(1990年11月30日発行)


書籍
※前の記事 メモ:横浜中華街 三国演義 孫権コース(2019年5月26日)

 5月26日日曜日14時頃。横浜中華街にいて、神奈川県横浜市中区山下町166(横浜中華街内) 横濱バザール 3階のブックカフェ関帝堂書店に向かう。

・横濱バザール
http://yokohamabazaar.com/

・たぶん横浜中華街唯一のブックカフェ*BOOKS&CAFE関帝堂書店
http://kanteido.com/

※関連記事 マンガ三国志(1998年6月20日発行)

※新規関連記事 王欣太談鄭問(2018年7月4日)

※新規関連記事 BOOKS&CAFE関帝堂書店臨時休業(2020年4月10日-5月31日)

 鉄観音を注文。某所で話題になっていた、マンガ『三国志外伝』1巻のテーマは孔明だった。

※関連記事 三国志外伝(2011年10月20日)

  

 それと守屋洋『三国志 随一の徳望をもつ男』(プレジデント社1990年11月30日発行)。雑誌『プレジデント』以外では書き下しが大半。それにしても「人形劇三国志」の張飛ばりなヒゲが印象的。

※関連記事
 〈図説〉三国志おもしろ事典(1998年6月20日発行)
 北方謙三「三国志の戦略学」(『PRESIDENT』2009年6.15号)

三国志読書会(KOBE鉄人三国志ギャラリー2019年6月30日)


書籍 下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。

・三国志英傑群像岡本 (eiketu) on Twitter
http://twitter.com/eiketu

※関連記事 官渡戦役 ボードゲーム会(KOBE鉄人三国志ギャラリー2019年6月29日)

※新規関連記事 三国志講談「祝融の女心」(KOBE鉄人三国志ギャラリー2019年10月20日)

・Twitter / eiketu: 急きょ、三国志ギャラリーで今月末2つ追加で #三国志イベント 実施します! ①6/29 官渡戦役ボードゲーム会(2セット有。英傑が関わったもの) ②6/30 三国志読書会 渡邉義浩『漢帝国ー400年間の興亡』を読む (三国前夜を学ぶ) 共に13時~最大夕方、各500円 ...
https://twitter.com/eiketu/status/1139047732645990401

下記サイトの下記ページによると、兵庫県神戸市長田区二葉町(大正筋商店街)のKOBE鉄人三国志ギャラリーにて2019年6月30日日曜日13時より「三国志読書会」が開催されるという。参加費500円とのことで、何を読むかは渡邉義浩『漢帝国―400年の興亡』(中央公論新社2019年5月22日、中公新書2542、ISBN978-4-12-102542-5)

・KOBE鉄人PROJECT(神戸鉄人プロジェクト)鉄人28号&横山光輝三国志
http://www.kobe-tetsujin.com/

・KOBE鉄人三国志ギャラリー 鉄人28号と三國志の展示館&グッズショップ
http://www.kobe-tetsujin.com/gallery/

・中央公論新社
http://www.chuko.co.jp/

・漢帝国―400年の興亡
http://www.chuko.co.jp/shinsho/2019/05/102542.html

※関連記事
 官渡戦役 ボードゲーム会(KOBE鉄人三国志ギャラリー2019年6月29日)
 三国志 演義から正史、そして史実へ(2011年3月25日)

※新規関連記事 戦乱中国の英雄たち(2021年5月10日)

’15 日本の人形劇(2016年3月31日)


  • 2019年6月 6日(木) 17:48 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    5,717
書籍 ※前の記事 曹操集(1959年)

 2019年5月5日日曜日、5時20分に目覚める。目覚ましアプリの音量0やん。朝からradiko.jpで上坂すみれの♡をつければかわいかろう2019年5月5日放送分を聴く

・radiko.jp
http://radiko.jp/

・上坂すみれの♡をつければかわいかろう | 文化放送 | 2019/05/04/土 24:00-24:30
http://radiko.jp/share/?sid=QRR&t=20190505000000

※関連記事 扉(2019年4月10日)

※新規関連記事 人事の三国志(2019年6月10日)

 入ったパン屋は店員さんがいるのに、機械がお金のやりとりをさせほぼ店員と非接触のへんな店だった。オニオンハムチーズ 190円 とろり半熟卵のカレーパン 220円 ハッシュブラウンポテト 110円 561円。列車で東京方面へ移動。代々木八幡駅あたりで人身事故。しばしとじこめられ9時20代々木上原駅。10時過ぎに上野の国際子ども図書館に到着。日本マンガ学会第19回大会の研究報告に向けての資料集め。普段祝日は閉館だけど、さすがは国際子ども図書館。5月5日のこどもの日は開館される!

・国際子ども図書館
http://www.kodomo.go.jp/

※関連記事 中国の民話《薬草編》下巻(1987年12月)

・日本マンガ学会第19回大会(熊本大学) | 日本マンガ学会
https://www.jsscc.net/convention/19

※関連記事 漢史一斑(文部省1876年)

 それで次の記事で理由を書くのだけど、児童研究資料室にて開架を見ていたら、『'15 日本の人形劇 日本人形劇年鑑2015年版』(晩成書房2016年3月31日)という書籍をみつけもしやと思ってパラパラめくると、劇団影法師のが半ページ写真付で紹介。そう下記関連記事でふれた「精巧大型人形劇「三国志」-総集編-」が紹介されていた。

・晩成書房
http://www.bansei.co.jp/

・日本の人形劇
http://www.bansei.co.jp/index/mokuroku/m07/%93%FA%96%7B%82%CC%90l%8C%60%8C%80.html

※関連記事
 精巧大型人形劇「三国志」総集編(2015年11月21日)
 人形劇三国志 大百科(1993年4月1日)
 メモ:精巧大型人形劇「三国志」-総集編-(2016年10月30日)

曹操集(1959年)


  • 2019年6月 4日(火) 17:44 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    5,711
書籍
※前の記事 漢史一斑(文部省1876年)

 2019年5月4日土曜日22時ぐらい。あれこれ手元の資料を見せていてそれらの中に『曹操集』(中華書局1959年)もあった。

※関連記事
 諸葛亮集(中華書局1960年8月)
 漢史一斑(文部省1876年)

 『曹操集』は上記関連記事同様、もともと古書市でお土産に買った書籍の一冊で『諸葛亮集』同様、曹操に関係する文をいろんな文献から引っ張ってくる内容だ。「董卓歌詞」という小見出しもみえた。

諸葛亮集(中華書局1960年8月)


  • 2019年5月27日(月) 22:35 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    6,379
書籍
※前の記事 春の古書大即売会2019(京都古書研究会2019年5月1日-5日)

 2018年5月3日金曜日。4時30分に目覚まし。風呂に入って、長崎風皿うどん袋麺を食う。

・カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW
http://www.ytv.co.jp/kenmin_show/

※関連記事 三国志演義大事典(1996年7月30日発行)

※新規関連記事 らじおちゃ100回記念!(2019年6月4日)

 日本テレビ系列の番組『秘密のケンミンSHOW』の5月2日放送分。京都特集だけどあからさまに単なる編集版。笑い声など効果音のお手本みたくなっていた。最後に司会のお二人のコメントがはいるものの、それもそれ用にとったものかどうか。8時11分出発。途中でお土産を忘れて引き返す。8時30分ぐらいの地下鉄。御池で降りてあるくもキンコーズが大型連休中は10時開店だって。そのまま四条にいく。9時22分発がすわれそうだったのでそれにのる。10時1分十三駅発。10時31分三ノ宮駅発。そして神戸市長田のブックカフェCha-ngoushi(ちゃんごくし)に到着。

・Cha-ngokushi (Changokushi) on Twitter
https://twitter.com/Changokushi

※関連記事 戯画三国志(2019年2月27日-8月26日)

 いやそのうち記事にするだろうけど、原稿書き。一休みして劉備の耳付蜀パン四川風ホットサンド+文山包種茶。いやここはサンドウィッチの起源どおり物書きしながらか?それは行儀悪いか。
 それで本題だけど、前の記事で伏線をはったように、「春の古書大即売会2019」で買ってきたお土産について。Cha-ngoushiさんに差し上げるお土産は『諸葛亮集』(中華書局1960年8月、漢籍)だ。『曹操集』も同様なのだけど、いろんな文献から引っ張ってくる内容で、故事巻四 制作篇とかぱらぱら見ると「事物紀原」からの饅頭のエピソードの文があったり(※これに関しては物言いがあってそのうち記事にして紹介)。やはり誰か人に差し上げるのが正解。ちなみにこの後にツイッター上のやりとりで気づいたけど、下記の記事で書いたように守屋洋『続中国古典の人間学』(プレジデント社1985年)で『諸葛亮集』が引かれてた。

※関連記事 春の古書大即売会2018(京都古書研究会2018年5月1日-5日)

春の古書大即売会2019(京都古書研究会2019年5月1日-5日)


書籍
※前の記事 戯画三国志(2019年2月27日-8月26日)

 2018年5月2日木曜日。3時半に目覚まし時計をかけたのにおきたのは5時半。三国志ニュースの記事「横浜中華街で令和最初の三国志会(2019年5月4日)」を書いていた。
 開始時刻の10時ぐらいに到着するように自宅を出発する。

※関連記事 第42回 秋の古本まつり(京都古書研究会2018年10月31日-11月4日)

 なにかというと上記関連記事や下記サイトにあるように京都古書研究会主催で毎年5月初頭、8月中旬、10月末11月初頭に、多くの古書店が参加する古書の即売会が開催され、今年の春は2019年5月1日水曜日から5日日曜日まで、みやこめっせ・京都市勧業館1階第二展示場(左京区岡崎)にて京都古書研究会の「春の古書大即売会2019」が開催された。

・京都古書研究会
http://www1.kcn.ne.jp/~kosho/koshoken/

※前回記事 春の古書大即売会2018(京都古書研究会2018年5月1日-5日)

※新規関連記事 第32回下鴨納涼古本まつり(京都古書研究会2019年8月11日-16日)

・京都最大級の総合イベント・展示会場 みやこめっせ 京都市勧業館
http://www.miyakomesse.jp/

読書会(ビブリオバトル)(宮崎県延岡市2019年5月25日)


  • 2019年5月22日(水) 06:40 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,659
書籍 下記Twitter Accountの下記statusで知ったこと。開催日が迫っているんでとりいそぎ。

・ビブリオバトル延岡 (bibnobeoka) on Twitter
http://twitter.com/bibnobeoka

・Twitter / bibnobeoka: 5/25(土)読書会(ビブリオバトル)です。テーマは「三国志」 三国志好きの方の熱いトークを期待しています。興味あるけどあまり詳しくない、という方も遠慮なく参加、見学いただきたいです ...
https://twitter.com/bibnobeoka/status/1130491128485040128

 下記サイトの下記ページにあるように、2019年5月25日土曜日17時から19時まで宮崎県延岡市幸町3丁目4266番地5 エンクロス 2階中央大ラウンジにて延岡ビブリオバトル主催の「読書会(ビブリオバトル)」がテーマ「三国志」で開催されるという。参加費無料、定員5名とのこと。

・延岡市駅前複合施設 エンクロス
http://encross-nobeoka.jp/

・イベント
https://encross-nobeoka.jp/ja/event_page/24228

※関連記事 三国志ファンミーティング(2015年11月22日)

〈図説〉三国志おもしろ事典(1998年6月20日発行)


書籍 ※前の記事 マンガ三国志(1998年6月20日発行)

 2019年4月30日火曜日、静岡県内の某マンガ喫茶にいて3時21分に目覚めたのだけど、前日(前の記事)に見かけた、守屋洋/責任監修、とみ新蔵/作・画『マンガ三国志』上(三笠書房1998年6月20日発行)関連で、「好評を博した『〈図説〉三国志おもしろ事典』のマンガ化。」とあったのが気になって検索してみると、以下のようなのが出てくる。あと左のアマゾンのページも。

・三笠書房
http://www.mikasashobo.co.jp/

・図説三国志おもしろ事典 (三笠書房): 1993|書誌詳細|国立国会図書館サーチ
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002239327-00

 それによると1993年3月(発行4月)に三笠書房より守屋洋/監修『〈図説〉三国志おもしろ事典』が1100円 (税込)で発売されたという。表紙の絵がおもいっきり「人形劇三国志」に影響を受けた感じのもので、多分、前から劉備、曹操、孫権。ともかく年代的には「好評を博した『〈図説〉三国志おもしろ事典』のマンガ化。」はあっているね。

※関連記事 メモ:「明光甲」考(美術史研究 38 2000年12月)