Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2021年 04月
«
»
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 64 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

神保町ブックフリマ(2020年10月30日11月1日)


書籍
※前の記事 三國政権の構造と「名士」 増補版(2020年12月21日)

 2020年11月1日日曜日10時前ぐらい、東京メトロに乗っていた。神保町ブックフェスティバル、京都の秋の古本まつりとハシゴしようとおもっていたけど、やはり中止か。でもこれチェックで、神保町ブックフリマ、2020年10月30日と11月1日開催とのこと。ということでその会場に向かっていた。

・ブックフェスティバルのない秋は寂しいと神保町の出版社が自発的にはじめた本のイベント“神保町ブックフリマ”参加社・店リスト(ver8,2020.10.30更新)|本の雑誌社
https://note.com/honnozasshi/n/n8e6993846084

※関連記事 第44回 秋の古本まつり(京都2020年10月31日-11月3日)

 それで10時半ぐらいに神保町に到着。ブックフリマは突発的要素が強いので、どこが参加しているか見えにくいけど、上記のページのように逐次まとめてくださっているので、ありがたい。それで「三国志ニュース」の目指す店は内山書店だ。中華書籍専門店。ワゴンセールのコーナーがあるそうで。

・内山書店
http://www.uchiyama-shoten.co.jp/

※関連記事 孫呉政権と国史『呉書』の編纂(2014年3月)

 神保町駅を出て、すずらん通りを東に進むと、南側に見えるのが内山書店。確かに店頭にワゴンセールのコーナーがあった!

   

 それで早速物色していくのだけど、上の写真のような小さなコーナーながら結構、人が集まってきて、立ち位置を確保しつつ、本に手を伸ばしていた。まず目についたのが三浦次郎『孟獲と孔明』(文芸社2013年5月)。出版社からいって多分、自費出版だろうね。あとは童門冬二『三国志 赤壁の戦い』(PHP研究所2008年11月)、唐際根/総監修、河南省文物考古研究所/編著、渡邉義浩/監訳・解説、谷口建速/訳『曹操墓の真相』(ISBN978-4-336-05417-3、国書刊行会2011年9月)、酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部』(文芸春秋2007年2月)があった。この規模から三冊も三国ものがあるだなんて割合としては大きい。



※関連記事
 三国志・赤壁の戦い 天下分け目の群雄大決戦(2008年11月21日)
 曹操墓の真相(2011年9月)
 泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部(2011年2月10日文春文庫)

 次の目的地が徒歩圏内で、11時開催のところ、それを過ぎていたので、早速、歩を進める。

※次の記事 後漢末刺史表(2020年11月1日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/5527
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。