Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 10月
«
»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 2件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 42 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

三国志読本(文春文庫2017年5月10日)


書籍 下記ブログ記事で知ったこと。

・尚書省 三國志部
http://d.hatena.ne.jp/kyoudan/

・[書籍]宮城谷昌光『三国志読本』発売(2017年5月10日)
http://d.hatena.ne.jp/kyoudan/20170507/1494117660

※関連記事 三國志(アフリカ座2017年7月5日-7月9日)

※新規関連記事 『三国志演義』を読むー史実はいかにして小説になったかー(兵庫大学エクステンション・カレッジ2017年6月1日-7月6日)

下記出版社サイト内にある下記ページによると、2017年5月10日に宮城谷昌光/著『三国志読本』(小説、文春文庫、ISBN978-4-16-790856-0)が710円(税別)で発売したという。もちろん文庫なので先に単行本がある。

・文藝春秋ホームページ
http://www.bunshun.co.jp/

・文春文庫『三国志読本』宮城谷昌光 | 文庫 - 文藝春秋BOOKS
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167908560

※関連記事
 三国志読本(2014年5月16日)
 宮城谷昌光/著『三国志外伝』文庫(2016年10月7日)
 三国志名臣列伝 後漢篇(オール讀物2015年12月22日-)

上記ページから内容紹介文と目次を下記に引用する。ツッコミは上記関連記事の単行本のときと同じでいいや。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2015年、文春文庫版全12巻が完結した宮城谷昌光さんの正史「三国志」。執筆中の12年間になされた「三国志」をめぐる様々な対話と多彩な論考に加え、デビュー以来の歴史をめぐり各分野の巨人たちとの対話を一挙に収録。宮城谷史観の全貌を明らかにする究極の一冊を文庫化! 宮城谷昌光の世界への最良の案内書。
激動の21世紀、「歴史とは、人間とは」を考える手がかりに。

━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Ⅰ 歴史小説の生まれる場所」
インタビュー「私の『歴史小説』」
Ⅱ 自作解説 「三国志の世界」
「三国志の沃野に挑む」
「曹操と劉備、三国志の世界」
「三国志の世界」
「『三国志』歴史に何を学ぶのか」
Ⅲ 対談 「歴史小説を語る」
水上勉「歴史と小説が出会うところ」
井上ひさし「歴史小説の沃野、時代小説の滋味」
宮部みゆき「『言葉』の生まれる場所」
吉川晃司「我々が中国史に辿り着くまで」
江夏豊「司馬遼太郎真剣勝負
五木寛之「乱世を生きるということ」
Ⅳ 講義&対談「中国古代史の魅力」
「中国古代史入門」
白川静「日本人が忘れたもうひとつの教養」
平岩外四「逆風の中の指導者論
藤原正彦「英語より『論語』を」
秋山駿「春秋時代から戦国時代へ」
マイケル・レドモンド「碁盤上に宇宙が見える」
「項羽と劉邦、激動の時代」
Ⅴ 付記
『三国志』をより深く楽しむための本
宮城谷昌光中国歴史作品の年代一覧
特別随想「ふりかえること」
宮城谷昌光出版年譜
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4224
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。