Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 02月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

2004年12月16日「<三国志烈伝>破龍」(プリンセスGOLD)


  • 2004年12月15日(水) 12:32 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,275
マンガ http://www.akitashoten.co.jp
↑秋田書店のサイトの「マガジンボックス」の欄から「プリンセスGOLD」のページへ

2004年12月16日発売の「月刊プリンセスGOLD」1月特大号で長池とも子/著「<三国志烈伝>破龍」というマンガが連載開始のようです。
上記のページを見ると、巻頭カラーで60ページ一挙公開のようです(その雑誌の表紙を飾ってます)

とりあえず曹操と丁夫人の話だそうですね。
少年マンガや青年マンガとは全然、違う三国志マンガなんだろうな、と読むのが楽しみです。

パチンコ「三国遊義」


  • 2004年12月10日(金) 11:14 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,730
パチンコパチスロ http://www.sam.hi-ho.ne.jp/~kero/
↑サイト「東呉華亭」の三国志掲示板の過去ログを見ていたら、面白い記事(記事番号[1407]、2003年7月26日)を思い出したので、ご紹介。

http://www.maruhon-kogyo.co.jp/item/150418sy/00symn.htm
↑パチンコ「三国遊義」のサイト。キャラクター紹介といい、三国志ファンとしてはネタどころが多い。
 三国志を知らなくても演出の良さで楽しめそう。

2005年2月27日「天に星、地に花、人には愛を。」(三国志系オンリー同人誌即売会)


  • 2004年12月 6日(月) 22:29 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,004
二次創作 http://cte.main.jp/c-board.cgi?cmd=one&no=1055
↑サポ板で紹介したけど、ここでもう一度。

イベント名:天に星、地に花、人には愛を。
内容:三国志系オンリー同人誌即売会
日付:2005年2月27日(日)
会場:大阪府 エビスAAホール本館3階
SP数:直参50SP 委託20SP
 サークル参加条件 同人誌一種以上&義務教育終了
備考:コスプレOK(完全事前登録制300円)
URL:
http://hige.dr.d-net.to/3594/top.html

 主催はその昔、歴史系オンリーイベントで有名だった「歴史に名を刻め」と同じ主催サークル。なので、何か他の三国志オンリーとひと味ちがうのかな、と思ったら案の定、そのとおり。
 「天に星、地に花、人には愛を。」と同名の三国志全般のアンソロジー同人誌を即売会当日に発行するようだ(詳しくは上記サイトで)。そのアンソロジーは特に通販したりする予定はないので、それだけでも個人的に足を運びたくなってくる。

ちなみに
http://cte.main.jp/c-board.cgi?cmd=ntr&tree=1351
↑この三国時代末期のアンソロジー同人誌とは別物のようだ。

三国志系のweblog


  • 2004年12月 5日(日) 10:28 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,581
ネット http://www2.nightmare.to/~gotu/cgi-bin/webblog/blog.cgi
↑サイト「英雄集結」がblog化したのを記念(?)して、現段階の三国志系weblog(あるいはweblogで三国志色の強いもの)をまとめてみる。

http://www2.nightmare.to/~gotu/cgi-bin/webblog/blog.cgi
↑サイト「英雄集結」
 元々あったサイトをblog化。着々と過去のコンテンツがアップされている(www.archive.orgで探す手間が省けた)。初めてみる人はそのアグレッシブな内容におどろくかもしれないけど、いろいろ三国志とメディアのあり方を考えさせられる(と尤もらしいことを書いてるけど、単に面白いんだけど)

http://www.doblog.com/weblog/myblog/3040
↑「三国志漂流」
 サイトのblog化やサイトの一コンテンツではなく、それ自身、独立している。歴史的な話もさらりと入っている。三国志人物を仏像に見立てる「仏像見立て三国志」などユニークはコーナーがある。

http://supplement.jugem.jp/
↑「三国志サプリメント」
 サイト「三国検索」内のblog。そのため「三国検索」の更新指針などもあって面白い。「三国志プチネタ」がニュース性が高くいつも重宝している。

http://www.h4.dion.ne.jp/~aruiwa/
↑サイト「蒼天三国志」→「あるいはシーラカンスのみる夢」
 前は三国志系に限らない時事ネタが多かったけど、三国志系フィギアの写真が載っている「気になる写真」など、三国志ネタもあるってことで。

http://www.nightmare.to/
↑サイト「M(o:)bius strip」の「Blog」
 三国志ポータルサイト内のblogとあって、粒ぞろいの三国志ネタ(ニュース)がそろっている。
 
http://yea.jp/kaorix/sangoku.html
↑サイト「sangokumania」→「三国志を語る」
 一コンテンツが単にblog形式をとっている。三国演義の人物について語られている。

 他には女性向サイト(この呼び方もどうかと思うが)で考察っぽいこともやっているblogをみつけたんだけど、リンク先にいやがられそうなので、紹介しない。

【2004年12月30日追記】
http://ryuzen.blogtribe.org/
↑「さんぞくみなごろし」
肝心なのを忘れてた。「永安日報」のblog版。今年初めの三国志状況がよくわかる。

三国志ニュースの記者募集


  • 2004年12月 4日(土) 18:12 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,475
ネット ここのサイト、三国志ニュースは仮名でお試し版とはいえ、常に記者を募集してます。

えーと、個人的にはこんな記事が見てみたいっての以下、箇条書き。
・小説でも漫画でもゲームでも既存の三国志ジャンル作品の感想やら評論。
・考古学的なニュースで三国時代に近いものをピックアップ
・三国志系のいろんな個人サイトの更新情報
・何か連載コーナー(あまり知られていない人物紹介とか)
・本場で三国志ものにふれる中国滞在記(…って前提条件でいきなりいなさそう)
・三国志系のネット巡りガイド、三国志系の同人ガイド

みなさんはどんな記事がみたいんでしょうかね。