Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2022年 01月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 70 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

大西巷一/画『異端の軍師』(三國相承展)


  • 2007年12月 9日(日) 13:03 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,614
ネット すっかりチェックするのを忘れていたんだけど、2007年10月10日にネット上で三國相承展トリニティ「魏-wei-」が開催され、二次展示が11月11日から開始されたんだけど、後者の展示で大西巷一先生による『異端の軍師』と銘打たれた郭嘉の絵があった。
展覧会のアイコンに「常設展」とあるけど、今回はずっと公開しているのかな?

・三國相承展
http://359s.net/
・巷にひとり在り ※大西巷一先生のブログ
http://blog.livedoor.jp/koichi0024/

※関連記事
・三國相承展トリニティ「魏-wei-」今秋開催決定
http://cte.main.jp/newsch/article.php/667
・2006年11月16日『曹操孟徳正伝』特別編~瘴癘江
http://cte.main.jp/newsch/article.php/458

一つツッコミを入れるとしたら『異端の軍師』のコメントにある

誤:「姓同一性障害」 → 正:「性同一性障害」

かね。

三国志ニュース2007前


  • 2007年12月 9日(日) 00:04 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,678
ネット  三国志ニュース3周年記念企画として、今まで三国志ニュースで取りあげてきた出来事を時系列順で並べ直しピックアップしている。

・三国志ニュース3周年(10月22日)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/717
<目次>記事一覧
http://cte.main.jp/newsch/article.php/772
<前回>三国志ニュース2006後
http://cte.main.jp/newsch/article.php/748
<次回>三国志ニュース2007後
http://cte.main.jp/newsch/article.php/770

 前回に引き続きタイトル通り、2007年前期における三国志ジャンルの出来事の中から三国志ニュースで取りあげたものをリストアップしていく。次回は12月22日に「三国志ニュース2007後」の予定。

 この期間は、漫画では『三国志烈伝 破龍』と『諸葛孔明 時の地平線』の二つの少女漫画が連載終了なったり『コミック三国志マガジン』が休刊したと思ったら、『SDガンダム三国伝 風雲豪傑編』、『龍狼伝 中原繚乱編』、『まじかる無双天使 突き刺せ!! 呂布子ちゃん』などが連載が始まったり横山光輝『三国志』愛蔵版が出版されたり、テレビでは『一騎当千Dragon Destiny』、『鋼鉄三国志』、中国歴史ドラマ『三国志』が放送されたり、いろんなゲームやパチスロが発売・導入されたり、なにより三国演義をモチーフとしたガンダム、『BB戦士 三国伝 風雲豪傑編』が発売されたり、どこもかしこもかなり流動的な印象があるな。


2007.01.「三国志の世界:思想・歴史・文学」(『創文』)
2007.01.04.『100人の偉人 天才編』(日本テレビ系列の番組)
2007.01.06.『八卦の空』(ミステリーボニータ2月号)
2007.01.10.『鋼鉄三国志』公式サイトオープン
2007.01.13.「呉書見聞」BBS復活
2007.01.23.『劉備くん!リターンズ!』
2007.01.23.「三国志Online TBP」
2007.01.25.『三国志大戦DS』
2007.01.26.『恋姫†無双~ドキッ☆乙女だらけの三国志演義~』
2007.01.26.『ブレイド三国志〈特別編〉サイバーロリータ』(月刊ガンガンWING 3月号)
2007.01.31.『猫さんごくし にゃー』1巻
2007.02.01.『天地を喰らうRPG II 諸葛孔明伝』i-mode配信開始
2007.02.01.『スーパー歌舞伎 新・三国志』放送
2007.02.04.「交地ニハ絶ツコトナカレ 七」
2007.02.06.『八卦の空』(ミステリーボニータ3月号)
2007.02.07.『フィーバー覇-LORD-』公式サイトオープン
2007.02.08.『泣き虫弱虫諸葛孔明』第参部開始
2007.02.15.『濁流を清めるは清流なり』
2007.02.16.「六駿倶楽部」(鋼鉄三国志の公式サポーターズクラブ)
2007.02.16.『三国志烈伝 破龍』4巻
2007.02.17.三国志ファンのための新年会2007
2007.02.18.「戦さ人~もののふ~弐」
2007.02.18.「中国史人游行」(2007神戸南京町春節祭)
2007.02.24.『泣き虫弱虫諸葛孔明』第弐部
2007.02.26.『一騎当千Dragon Destiny』放送開始
2007.02.26.『GEOGRAPHIC 三国志 戦乱の時代をかけぬけた英雄たちの物語』
2007.02.28.『三國志タクティクス』
2007.03.01.『スーパー歌舞伎 新・三国志II~孔明篇』放送
2007.03.02.『天破 三国志 2』(歴史群像新書)
2007.03.04.「終~血たぎり祭り4~桃園卒業式」
2007.03.05.横山光輝『三国志』愛蔵版
2007.03.06.『龍狼伝 中原繚乱編』連載開始
2007.03.06.『八卦の空』(ミステリーボニータ4月号)
2007.03.16.『エレ片のコント太郎』(TBSラジオ)
2007.03.17.シンポジウムin「太秦戦国祭り」
2007.03.17.『まじかる無双天使 突き刺せ!! 呂布子ちゃん』連載開始
2007.03.19.「三国志」大好き(読売新聞)
2007.03.21.『無双OROCHI』
2007.03.23.『江南行』
2007.03.23.宝塚歌劇に関羽&張飛
2007.03.25.川本喜八郎人形美術館オープン
2007.03.25.「桜華剣乱 参」
2007.03.25.『三国志大戦2』ファンイベント ~ありあけの宴~
2007.03.25.「正子公也先生 サイン会」
2007.04.01.「万華繚乱」
2007.04.01.「放送直前!鋼鉄三国志前夜祭~集え六駿 駿逸なる風のもとへ~」
2007.04.03.中国歴史ドラマ『三国志』放送開始(KBS京都)
2007.04.05.『真・三國無双DS ファイターズバトル』
2007.04.05.特集『三国志』の醍醐味(月刊「潮」)
2007.04.05.『鋼鉄三国志』アニメ放送開始
2007.04.06.『スーパー歌舞伎 新・三国志III~完結篇』放送
2007.04.06.『八卦の空』(ミステリーボニータ5月号)
2007.04.07.中国歴史ドラマ『三国志』放送開始(チバテレビ)
2007.04.08.円山応挙筆「風雪三顧図襖絵」八面公開
2007.04.10.「ASIAN BREEZE[アジアの新風(かぜ)]」
2007.04.10.日本人大学生の「好きな中国人」(読売新聞)」
2007.04.14.「春期特別展 三国志をいろどる馬たち」
2007.04.22.『ブレイド三国志』3巻
2007.04.27.『新三国志 雷霆の如く』1巻
2007.04.30.ウェブリング・ジャパン サービス終了
2007.05.04.「第6回三顧会」
2007.05.05.「三国志のコスプレコンテスト」(中国新聞)
2007.05.06.「ぐっこ どっと ねっと-~三国迷ぐっこのHP~」仮公開
2007.05.06.「三国志連環」リニューアル
2007.05.07.『パチスロ三國志』
2007.05.07.『八卦の空』(ミステリーボニータ6月号)
2007.05.13.「第2回・中華コスプレ日本大会」
2007.05.13.「気分は三国志、西遊記 燕趙園で中華コスプレ」(日本海新聞)
2007.05.16.『三国志烈伝 破龍』連載終了
2007.05.17.三国志大戦2イベントDVD『ありあけの宴』発売
2007.05.20.「名場面と人物で見る三国志」(「中国情報局」のコラム)連載終了
2007.05.27.赤兎馬Presents「三国志の宴2」
2007.05.28.『諸葛孔明 時の地平線』連載終了
2007.05.28.『コミック三国志マガジン』休刊
2007.05.30.「三国志 英雄占い」
2007.05.31.『三国志大戦2』Ver.2.11にバージョンアップ
2007.05.31.『三國フィールドコンバット』配信開始
2007.06.04.『三国争覇伝』
2007.06.06.「新北京プロレス Japan Tour 2007」
2007.06.06.『八卦の空』(ミステリーボニータ7月号)
2007.06.15.『BB戦士 三国伝 風雲豪傑編』
2007.06.15.『三国志大戦』と『海皇紀』とのコラボレーション
2007.06.15.『ふしぎ道士伝 八卦の空』3巻
2007.06.15.『SDガンダム三国伝 風雲豪傑編』連載開始
2007.06.17.「甘凌ノンストップ」
2007.06.22.Windows用『三國志VIII パワーアップキット』
2007.06.24.「天下布武 夏の陣」
2007.06.25.『マジキュー4コマ 恋姫†無双 ~ドキッ★乙女だらけの三国志演義~(1)』
2007.06.29.『私説三国志 天の華・地の風』復刊
2007.06.30.『日立 世界ふしぎ発見!』

2008年2月7日(木)新北京プロレス Japan Tour 2008 新春興行


  • 2007年12月 8日(土) 07:47 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,976
ショー

  下記、DDTプロレスリングのサイトによると2008年2月07日木曜日(開場:19:00 開始:19:30)に「新北京プロレス Japan Tour 2008 新春興行」が東京・新木場1srRINGであるとのこと。

・DDT XXXch Official Web
http://www.ddtpro.com/

この「新北京プロレス Japan Tour」の2007は2007年6月6日に行われた。その際、多数の三国志由来のレスラーが参戦していた。今回はどうだろね。

<関連記事>2007年6月6日 新北京プロレス Japan Tour 2007
http://cte.main.jp/newsch/article.php/617

<関連記事>新北京プロレス新木場大会 全対戦カード発表
http://cte.main.jp/newsch/article.php/809

開催日の2008年2月7日ってあたりが洒落ている。そう来年の旧暦正月、つまり春節の日。こんなところまで中華なんて(笑)

<参照記事>中国史人游行(2008年2月7日木曜日)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/733

それで「新北京プロレス Japan Tour 2008 新春興行」なんだけど、スーパーシートが4000円、指定席が3,500円で、チケットは会場先行発売が2007年12月17日からでチケットぴあ発売が12月18日から。興味のある方はどうぞ。

 

『三国志群雄伝 火鳳燎原』5巻(メディアファクトリー、2007年12月22日)


  • 2007年12月 7日(金) 12:08 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,632
マンガ <1/10追記>
Yahoo!コミックによると、第6巻も2008年1月23日発売とのこと
<追記終了>

 2007年9月27日から毎週木曜日、何かしらの三国志関連漫画を「Yahoo!コミック(無料マガジン)」(つまりウェブ上)で配信している『コミック三国志マガジン』。

・Yahoo!コミック
http://comics.yahoo.co.jp/
・Yahoo!コミック(無料マガジン)
http://comics.yahoo.co.jp/magazine/
・Yahoo!コミック(コミック三国志マガジン)
http://comics.yahoo.co.jp/magazine/sangokushi_0001.html

<関連記事>コミック三国志マガジン(2007年9月27日配信開始)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/702

 当初は5タイトルあったが、11月22日で佐々木泉/著『説三分』が3回目にして連載終了した。

・MOOR ※佐々木泉先生のサイト
http://moor.nobody.jp/

 このまま作品数が少なくなってくるのかな、と思われたが、さにあらず。下記、『コミック三国志マガジン』の公式ブログによると、12月20日更新分で中島三千恒/著『蜀の甘寧』(前編)が配信されるとのこと。

・しまった! もう最新話更新か!?
http://www.comic-flapper.com/3mgz/blog/?p=53
・コミック三国志マガジン 編集部が出師の表
http://www.comic-flapper.com/3mgz/blog/
・コミック三国志マガジン
http://www.comic-flapper.com/sangokushi.html



※中島三千恒先生のサイト

 また『コミック三国志マガジン』Web版では香港・台湾で連載している「三國群英傳 火鳳燎原」の翻訳である陳某/著『三国志群雄伝 火鳳燎原』も配信されており、そこの詳細ページによると、
--引用開始---------------------------------------------------------
お知らせ
●コミックス最新第5巻、12/22(土)発売! 第6巻も2008年1月発売!
--引用終了---------------------------------------------------------
とのことで、陳某/著『三国志群雄伝 火鳳燎原』5巻は2007年12月22日、メディアファクトリーより刊行される。

・株式会社メディアファクトリー
http://www.mediafactory.co.jp/

※次巻 メディアファクトリーのコミックス情報(2008年8月23日)

※追記 ノート:日本における三国志マンガの翻案過程(2012年6月23日)

『八卦の空』(ミステリーボニータ1月号、2007年12月6日)


  • 2007年12月 6日(木) 18:19 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,944
マンガ 中国三国時代の魏を舞台とし、管公明と紀玄龍のコンビが神秘的な事件に挑む漫画、青木朋先生/著『八卦の空』。月刊『ミステリーボニータ』に連載中。今回は前述した二人の主要登場人物よりも美少年な陸采美が中心のお話。

※関連リンク
・秋田書店
http://www.akitashoten.co.jp/

・青木朋先生のサイト「青木朋HP++青青」
http://aoki.moo.jp/


・ミステリーボニータ1月号に「八卦の空」(ブログ『青青日記』)
http://blog.aoki.moo.jp/?eid=898937

・青木朋さん(私設)ファンクラブ
http://bluefan.exblog.jp/

<前回>『八卦の空』(ミステリーボニータ12月号、2007年11月6日)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/730
<次回>『八卦の空』(ミステリーボニータ2月号、2008年1月4日)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/784

 いきなり扉絵の中心に陸采美が描かれている。そこでも玄龍くんからツッコミが入っているように何やら間違っている。和物の着物を着ているとかサラシ巻いてないとか…と後者は良いのか(笑)

 陸采美は『ミステリーボニータ』2006年10月号掲載分で初登場し、『ミステリーボニータ』2007年3月号掲載分で再登場していて、今回で三回目の登場。前二回とも単行本三巻に収録されている。

※関連記事
・2006年9月6日「八卦の空」(ミステリーボニータ10月号)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/406
・2007年2月6日「八卦の空」(ミステリーボニータ3月号)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/501

・『ふしぎ道士伝 八卦の空』3巻発行(2007年6月15日)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/626

 玄龍くんと管ちゃんの元に、行方不明のある男性を捜している紫雲という女性が訪ねに来るところから物語が始まる。
 一方、陸采美は、「六博」という盤上ゲームの賭博場で借金した上にそこへ出入り禁止になったところで、川から出てきた許博昌という男性の幽霊に取り憑かれてしまう。ここらへんは陸采美が二回目に登場したおりに明らかになった憑依体質が前面に出た話で、陸采美には賭博に勝って借金返済する目的、許博昌には蔡穎という男に六博で勝負する目的がそれぞれあって二魂同体の奇妙な共同作戦を始める。紫雲、許博昌、蔡穎が絡んだ愛憎物語を背景とした賭博シーンか見物。
 それにしても冒頭の全財産なくした陸采美って今までにない情けないほど切迫した表情していて意外な一面を見せていたね(笑)

 ちなみに「六博」については冒頭から説明があるんだけど、渡部武/著『画像が語る中国の古代』(平凡社、その前にこれって絶版だっけ)の「第九章 盤上の小宇宙と六博ゲーム」参照だね。

 そういや前々号に続き今号の「ミステリーボニータ ホットライン」(つまり読者からのお便りコーナー)に「八卦の空」のイラストあり。東方朔のイラスト。やっぱりこのキャラ、人気高いのかね。

<12/8追記>
原稿部分のページ数を合計すると現在、発行している単行本は

1巻278ページ(8話)、2巻292ページ(10話)、3巻280ページ(9話)

となる。それでコミックス未収録話を合計すると、

計8話、計280ページ

となり、今回で単行本1巻分に相当するぐらい溜まっている。
このまま4巻になるか、あるいは次の回と合わせて取捨選択されるかかな。