Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 08月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

三國無双関連公式サイトリンク集


  • 2007年2月15日(木) 21:31 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,071
ゲーム 成り行きでコーエーの三國無双シリーズ関連の公式サイトへのリンクをまとめてみる。
<2007年7月20日 真・三國無双5追記>
<2007年9月16日 Mobile真・三國無双追記>


 │ ▼PlayStation 3/Xbox 360
 ├ 真・三國無双5
 │ ▼Online
 ├ 真・三國無双BB
 │ ▼Windows/Xbox
 ├ 真・三國無双4 Special
 │ ▼PlayStation 2
 ├ 無双OROCHI
 ├ 雀・三國無双
 ├ 真・三國無双4 Empires
 ├ 真・三國無双4猛将伝
 ├ 真・三國無双4
 ├ 真・三國無双3 Empires
 ├ 真・三國無双3猛将伝
 ├ 真・三國無双3
 ├ 真・三國無双2猛将伝
 ├ 真・三國無双2
 ├ 真・三國無双
 │ ▼Windows
 ├ 真・三國無双3 ハイパー
 │ ▼NINTENDO DS
 ├ 真・三國無双DS
 │ ▼PlayStation Portable
 ├ 真・三國無双 2nd Evolution
 ├ 真・三國無双[PSP]
 │ ▼GAMEBOY ADVANCE
 ├ 真・三國無双アドバンス
 │ ▼Pachinko
 ├ CR真・三國無双
 │ ▼Mobile
 ├ Mobile真・三國無双
 ├ 真・三國無双
 │ ▼Trading Card Game
 ├ 真・三國無双4TCG
 │ ▼PlayStation
 └ 三國無双


しかし、こう並べてみると壮観だね。一つコーエーの製品じゃないやつも含まれて居るんで、真・三國無双3 ハイパーの上あたりに恋姫†無双を紛れ込ませると騙されるかもしれないね(すぐばれるか・笑)
コーエーのポータルサイト「GAME CITY」の製品一覧をみるとリンクはないもののすでに「真・三國無双DS」(つまりニンテンドーDS用の真・三國無双だね)がリストアップされていたので、公式サイトが出来次第これに加えたい。
<2月16日追記>
といっている矢先に公式サイトができるんだから、油断できんわな。
2007年3月29日発売予定とのこと。
<2月28日追記>
発売日が2007年3月29日から4月5日に変更

・真・三國無双DS ファイターズバトル
http://www.gamecity.ne.jp/ds/smusou/

※関連記事
・2007年4月5日 真・三國無双DS ファイターズバトル
http://cte.main.jp/newsch/article.php/509

※追記 TOKYO NEWS MOOK『レッドクリフ』関連(2008年10月2009年3月)

中国 気球 発明


  • 2007年2月14日(水) 18:13 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,565
映画  某映画で気球が出てきた記念の誘導記事。誘導であって記事を書くに当たり何一つ調べていない。
 一応、この記事中ではその某映画が何であるか等の某映画のネタバレは書かないけど、コメントやトラックバックはネタバレありの方向なのでお気をつけ下さいませ(某映画を見た人なら何の映画かわかる)

 2007年1月5日に日本テレビ系列の番組「超大型歴史アカデミー 100人の偉人 天才編 ~ニッポン人が好きな100人の天才~」が放送されて、その番組の中のランキングで諸葛亮(字、孔明)が4位に選ばれ、その偉業を説明するVTRで諸葛亮が気球を発明したと紹介されていた。詳細は以下のリンク先の記事。

・2007年1月5日 100人の偉人 天才編(日本テレビ系列の番組)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/477

 上記の記事を書いた途端、諸葛亮が発明した(と番組中されていた)物や事柄に関する検索ワードが続いていた。さすがに一ヶ月も経てば、そういった検索も少なくなると思いきや、何やら「中国 気球 発明」という検索は息を吹き返し、近頃、頻繁に検索され手元のサイトにアクセスされるようになった。
 どうしてかな、と思ったら、どうやら某映画で気球が登場したためのようだ。気球が映画に出てくるのを目の当たりにしたとき、シリアスなシーンなのに映画館で声を出して大笑いしそうになり、必死で笑いを堪えていた。もうあの振りといい、話の流れと合わないインパクトのある登場の仕方といい、そういった予備知識がなくとも爆笑していただろう。

 冒頭で紹介した番組のおかげで、映画公開に先立ち、そういった気球の信憑性について、「三国志ファンのためのサポート掲示板」というサイトにて皆で知識を出し合っていた。

・三国志ファンのためのサポート掲示板
http://cte.main.jp
・「諸葛亮と気球」(掲示坂内ツリー)
http://cte.main.jp/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=2664

 諸葛亮が発明されたという気球の記録は一番古い記録でも明代までしかさかのぼれないようだ。
http://cte.main.jp/c-board.cgi?cmd=one;no=2684
 そこでは「諸葛燈」と呼ばれている。しかし、これが気球であると断言できるような描写は特にない。
 現代、「諸葛燈」(別名、孔明燈、天燈)と呼ばれるものは確かに熱気球の原理と同じで、行事(「平溪天燈節」)に使われるほど。
http://cte.main.jp/c-board.cgi?cmd=one;no=2718

 また『図説 中国の科学と文明』によると諸葛亮が生きた時代をさかのぼるBC2世紀に「卵の殻」を使った熱気球のおもちゃがあったとのこと。
http://cte.main.jp/c-board.cgi?cmd=one;no=2685


 いずれにしても以上の例は人が乗れるほどのものではないことを一応、記しておこう。
(といいつつその手の気球がいつ頃、出てきたか、とかはまったくもって調べていないし、調べようとも思わないが)


 ちなみに鐙(あぶみ)の発明についていは以前、書いた。以下のリンク先記事(コメントも含め参考に)。映画では危ないんで、安全のため時代考証無視で鐙はつけてほしいところ。

・前漢に鐙はあった?!
http://cte.main.jp/newsch/article.php/64

※追記 三国志ジョーカー 第1巻(2010年12月16日)

2007年3月2日「天破 三国志 2」(歴史群像新書)


  • 2007年2月14日(水) 12:11 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,265
小説 1巻のときは発売数ヶ月後に気付いたんだけど、今回は発売前に気付いた。

・2006年7月25日「天破 三国志 1」(歴史群像新書)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/435

もし孫策が亡くなっていなかったら、のif小説。いわゆる架空戦記。新書の2巻

・ショップ学研
http://shop.gakken.co.jp/
※ここの「文庫・新書・文芸書」→「歴史群像新書」と辿ってください。但し発売前だと「近日発売予定」&「文庫・新書・文芸書」のところ。


吉本健二/著「天破 三国志 2」(歴史群像新書 学習研究社)
定価 945円
ISBN:4054032907

私は1巻を読んでいないんだけど、以下に引用する紹介文を見ると、架空戦記のワクワク感があって良いね。
というわけで、紹介文を「ショップ学研」から引用。

---------------------<引用開始>---------------------
劉備は臥龍・孔明を得て襄陽の奪取を目論む。一方、袁紹の麾下に甘んじる曹操の野望は衰えず、袁紹が孫呉領への南下を始めたのを機に形勢逆転への策に打って出た。自ら「呉王」を宣言した孫策、荊州の劉備、そして奸雄・曹操の天下を賭けた大激闘!
---------------------<引用終了>---------------------

「袁紹の麾下に甘んじる曹操」というのも見てみたい気もする。

2007年2月10日 どきどきキャンプのネタで。in「エンタの神様」


テレビ 2007年2月10日午後10時から日本テレビ系列で放送された番組「エンタの神様」で、どきどきキャンプというコンビの受験生ネタの中で三国志ネタが出ていたので紹介。
どきどきキャンプとは今回、「エンタの神様」初登場の岸 学さんと佐藤満春さんのコンビとのこと。

・エンタの神様
http://www.ntv.co.jp/enta/
・どきどきキャンプ ~OFFCIAL WEB SITE~
http://www.dokidokicamp.net/

岸 「あ、佐藤くんさぁ」
佐藤「あ?」
岸 「ちょっとひとつ教えて欲しいんだけ」
佐藤「あー、何?」
岸 「この『三国志』ってあんじゃん?」
佐藤「あぁあん」
岸 「『三国志』の三国って何だっけ?」
佐藤「そりゃおまえ、魏・呉・蜀(ぎ・ご・しょく)だわ」
岸 「そうだそうだ、おれ、衣・食・住(い・しょく・じゅう)って書いてた」
  (会場、笑)
佐藤「どんな覚え方してんだおまえ どれが統一してもバランスおかしい国になっちゃうよ、これ!」
岸 「そうそう、あぁこれじゃ採点は三角かな?」
佐藤「バツだよ! どこが惜しいんだよ、これ!」
  (会場、笑)


参照関連リンク
・2004年9月14日 友近さんのネタで。in「エンタの神様」
http://cte.main.jp/newsch/article.php/26
・2007年1月5日 100人の偉人 天才編(日本テレビ系列の番組)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/477

「JR発足20周年・青春18きっぷ」特別価格8千円(2007.3.1-4.10)


  • 2007年2月 9日(金) 19:07 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,447
場所  タイトルからして三国志と関係ないだろ、とツッコミが入りそうだけど、実は関連していくんだな、これが。いきなり答えを書いちゃうけど、この春の期間(2007年3月1日-4月10日)、交通費を安く、日本各地の三国志関連の場所やイベントへ行ってしまおうというのがこの記事の主旨。

 まずタイトルにもある「青春18きっぷ」の説明。
 「青春18きっぷ」とはJRグループの企画切符で、JRの普通列車であれば一日乗り放題となる切符だ。ここでいうJRの普通列車とは特別快速や新快速など快速アクティー、シティライナーなどの快速を含み(乗れる)、新幹線、特急、急行を含まない(乗れない)。そして馴染みのない人に見落としがちなのがもちろん各都市の地下鉄や小田急、阪急などのJR以外の私鉄全部に乗れないってこと。
 「青春18きっぷ」一枚につき判子を押すところが5カ所あって、つまり5回分つかえるということ。1回とは一人1日、JRの普通列車に乗り放題となる。具体的には、期間内のある日、改札で日付入りの判子を押して貰えば、その日一日、どの駅でも改札で駅員にきっぷを見せることで無料で出入り自由となる(但し、自動改札は通らない)。
 また「青春18きっぷ」一枚を同一区間であれば複数人で使うこともでき、例えば、二人できっぷ一枚を持って改札に行くと、2カ所に日付入りの判子をそれぞれ1回、計2個押してもらえて、改札を出入りするときは一人のときと同じように、どの駅でも改札で駅員にきっぷを見せればOK。応用としては、まず一人で改札から駅へ入って、別の駅の外で友人と会い、その駅でもう一つ判子を押してもらい、同じ普通列車に乗ってどこかに行くとか(つまり途中で合流する方法)、逆に二人で同じ列車に乗っていたのを、一緒にどこかの駅の外へ出て、一人はそのまま外へ、もう一人は再び駅の中へ入ってどこかへ行くってこともできる(つまり途中で分かれる方法)。
 「青春18きっぷ」の関連期間だけど、
春季用
 発売期間 2月20日-3月31日
 設定期間 3月1日-4月10日
夏季用
 発売期間 7月1日-8月31日
 設定期間 7月20日-9月10日
冬季用
 発売期間 12月1日-1月10日
 設定期間 12月10日-1月20日
というようになる。設定期間内であれば、連日使おうが、飛び石で使おうが良いが、設定期間外では使えないし、春季用で1回分余って次の設定期間に持ち越すなんてことはできないし、1回分使って払い戻すってこともできない。

 「青春18きっぷ」一枚(5回分)の気になるお値段だけど、1枚11500円。1回分につき2300円となる。
 実は今回の春季(3月1日-4月10日)はJR発足20周年ということでさらにやすくなって1枚8000円。1回分につき1600円となる。詳しくは下記のJRグループ各社のプレスリリース(2007年2月8日分)を参考に。

・JR北海道
http://www.jrhokkaido.co.jp/
・JR東日本
http://www.jreast.co.jp/
・JR東海
http://jr-central.co.jp/
・JR西日本
http://www.westjr.co.jp/
・JR四国
http://www.jr-shikoku.co.jp/
・JR九州
http://www.jrkyushu.co.jp/

 それから「青春18きっぷ」のことをさらに詳しく知りたい人用にとある個人サイトを紹介しておく。(このサイト、特に掲示板は一つのジャンルのファンのあり方みたいなのが参考になっていろんな意味で面白い)

・青春18きっぷさかなのページ
http://www2s.biglobe.ne.jp/~sakana/

 ようやくここからが本題。
 せっかく格安で普通列車にのって日本全国に行けるんだから、何か国内で三国志関連の旅行を2007年の3月1日から4月10日までの期間にしよう、ってことで、いくつか三国志関連の名所やその期間中に行われるイベントを以下にピックアップしてみる。

○三国志関連の名所

 まずタイムリーなものから。以前も「青春18きっぷ」絡みで少し記事にしたけど、2007年3月25日にオープンする飯田市川本喜八郎人形美術館(仮称)。NHK「人形劇三国志」の人形が展示される予定。それと日本の三国志関連名所といえば、まず思いつくのが「石城の里 三国志城」。この期間のイベントは3月10日土曜日の「三国志おしゃべり会」かな。「燕趙園」は三国志に直接、関係ないが、中華庭園で雰囲気が味わえ、また三国演義をモチーフとした彩画が(探せば)見つかる。

・飯田市川本喜八郎人形美術館(仮称)
期間:2007年3月25日以降
最寄り駅:飯田駅(長野県、太平洋側)
公式サイト:http://www.city.iida.nagano.jp/puppet/kawamoto/
参考リンク:http://cte.main.jp/newsch/article.php/498

・石城の里 三国志城
期間:(毎週木曜休館)
最寄り駅:岩田駅(山口県、瀬戸内海側)
公式サイト:http://www3.ocn.ne.jp/~sangoku/
参考リンク:http://cte.main.jp/newsch/article.php/482

・燕趙園
期間:(2007年3月27日火曜日休園)
最寄り駅:松崎駅(鳥取県、日本海側)
公式サイト:http://www.encho-en.com/
参考リンク:http://cte.main.jp/newsch/article.php/104

○三国志関連のイベント

 お次は三国志関連イベント。現在、私が把握している分。同人関連やゲーム大会関連は別に項目を設けている。初めはアーケードゲームの三国志大戦の稼働二周年を記念したイベント「三国志大戦2」特別イベント(仮)。2007年3月25日日曜日開催。名前の通り三国志に関連するゲームで、現在、そのイベントに出場するプレイヤーの人気投票が行われている。もうひとつは「鋼鉄三国志前夜祭」。2007年4月1日日曜日開催。三国志をモチーフとした中華ファンタジーの「鋼鉄三国志」というアニメが放送されるそうなんだけど、名前の通り、それを記念した声優関連のイベントがあるそうだ。これは2月28日までメールで応募してそれに受からないと参加できなんだけどね。ゲーム大会で今、把握しているのが「「三国志大戦2 若き獅子の鼓動」東京大会~関東最強儀決定戦~」。店舗予選もあるけどここでは決勝大会のみ紹介(店舗予選は公式サイト参照)

・「三国志大戦2」ファンイベント ~ありあけの宴~
期間:2007年3月25日日曜日
最寄り駅:JRでは特になし(東京都) 新交通ゆりかもめ:有明テニスの森駅
公式サイト:http://www.sangokushi-taisen.com/
参考リンク:http://cte.main.jp/newsch/article.php/483

・放送直前!鋼鉄三国志前夜祭~集え六駿 駿逸なる風のもとへ~
期間:2007年4月1日日曜日
最寄り駅:JRでは特になし(東京都) 東京メトロ東西線:竹橋駅
公式サイト:http://www.koutetsu-sangokushi.jp/
参考リンク:http://cte.main.jp/newsch/article.php/494
※会場:科学技術館 サイエンスホール

・「三国志大戦2 若き獅子の鼓動」東京大会~関東最強儀決定戦~
期間:2007年3月17日土曜日
最寄り駅:渋谷駅(東京都)
公式サイト:http://www.sangokushi-taisen.com/taikai_kantoh.html
会場リンク:http://www.shibuya-gigo.jp/glink/


○中華街

 こちらもタイムリーなものから。「長崎新地中華街」。こちらでは3月4日日曜日まで「2007長崎ランタンフェスティバル」(春節祭)が行われている。この行事では劉備・関羽・張飛のランタンが展示されているとのこと(公式サイトでは少なくとも去年から未だに「漢羽」から訂正されていない・汗)。

・2007長崎ランタンフェスティバル
期間:2007年3月4日日曜日まで
最寄り駅:長崎駅(長崎県) 市電:築町駅
公式サイト:http://www.nagasaki-lantern.com/
参考リンク:http://cte.main.jp/newsch/article.php/269

・長崎新地中華街
最寄り駅:長崎駅(長崎県) 市電:築町駅
公式サイト:http://www.nagasaki-chinatown.com/
参考リンク:http://cte.main.jp/newsch/article.php/269

 次は「横浜中華街」。こちらは春節(2月18日)の行事で期間内にかかるものがある。三国志に関係するかどうかわからないが、3月18日まで「春節燈花」、3月4日まで「春節娯楽表演」。あと「横浜中華街」内に「横浜大世界」というチャイナテーマパークがある。ここで今、3月4日までの「大世界劇場」の上演スケジュールが公開されているが、三国志関連では3月1日木曜日と3月3日土曜日のそれぞれ15時と16時に「三国志」(通常から二胡演者抜き)が上演される。

・横浜中華街
最寄り駅:石川町駅(神奈川県)
公式サイト:http://www.chinatown.or.jp/
参考リンク:http://cte.main.jp/newsch/article.php/487

・横浜大世界
最寄り駅:石川町駅(神奈川県)
公式サイト:http://www.daska.jp/
参考リンク:http://cte.main.jp/newsch/article.php/487

 また構内で関帝が祀られているところに「立川中華街」と「大阪・上海新天地」がある。

・立川中華街
最寄り駅:立川駅(東京都)
公式サイト:http://www.granduo.jp/chai/index.html

・上海新天地
最寄り駅:JR難波駅(大阪府) 地下鉄:日本橋
公式サイト:http://www.shanghai-xtd.jp/
参考リンク:http://cte.main.jp/newsch/article.php/469

 あと中華街といえば「神戸南京町」。

・神戸南京町
最寄り駅:元町駅(兵庫県、瀬戸内海側)
公式サイト:http://www.nankinmachi.or.jp/
参考リンク:http://cte.main.jp/newsch/article.php/450


○関帝廟

 お次が関帝廟(関帝とはつまり関羽のこと)や関羽像のあるところ(先にあげたところは除外)。大抵はサイドに関平像や周倉像がついている。特にタイムリーなのはなさそうなので、以下、知っている範囲で一気に列挙。

・横浜中華街の関帝廟
最寄り駅:石川町駅(神奈川県)
公式サイト:http://www.yokohama-kanteibyo.com/
参考リンク:http://cte.main.jp/newsch/article.php/456

・慈眼山長楽寺
最寄り駅:元町駅(兵庫県、瀬戸内海側、駅より山の手)
参考リンク:http://cte.main.jp/newsch/article.php/87

・大阪関帝廟
最寄り駅:天王寺駅(大阪府)
公式サイト:http://www.kanteibyo.org/
※2013年7月24日追記。Googleで「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります」とでるので、リンクを外しておきます。

※追記 メモ:曹豹さんを囲む会(仮)(2013年5月4日)

・黄檗山萬福寺
最寄り駅:黄檗駅(京都府)
公式サイト:http://www.obakusan.or.jp/
参考リンク:http://cte.main.jp/newsch/article.php/3
※以前、みたときは奥まったところにあったため、現在、関羽像を拝観できるかどうか不明

 ちなみに函館中華会館内にある関帝廟は下記にしめす昨年の情報だと公開中止になっているし、公開していたころは夏の公開となっているので、どちらにしても春季にはかかってこない。

・函館 中華会館(「宣和堂電網頁」内記事)
http://sengna.hustle.ne.jp/sb/log/eid486.html

※追記 函館中華会館 関帝廟一般公開(2010年7月8日-8月23日)

 その他の関羽像については下記個人サイトの「施設」のコーナー参照。長崎にはいっぱいあるんだね。あと福岡にもあるとは驚き

・甘味処さんごくすぃ
http://homepage2.nifty.com/namazu_chan/index.html


○同人誌展示即売会

 かなり趣向を変えて最後は三国志関連の同人誌展示即売会。以下にあげるのはすべて個人主催。三国志関連といってもそのほとんどが三国志→何かの作品→その二次創作同人誌(fanzine)って流れ。お好きな方はどうぞ。この三例だけ見ると、三國無双もの三国志大戦ものと一週間開けて同じ会場で連続で行われるだなんて、名古屋は活発だなぁ、と思ってしまう。

・終~血たぎり祭り4~桃園卒業式
期間:2007年3月4日日曜日11:00-15:00
形態:真三國無双シリーズオンリーイベント
会場:札幌市民会館1号・2号会議室
最寄り駅:札幌駅(北海道) 地下鉄:大通駅
公式サイト:http://ms103.fc2web.com/yamadaaa/
参考リンク:http://cte.main.jp/newsch/article.php/461
※但し本州から青春18きっぷで札幌に行くには乗り継ぎの観点からあまりおすすめできない。

・桜華剣乱 参
期間:2007年3月25日日曜日11:00-15:30
形態:三国・戦国無双中心onlyイベント
会場:サンライフ名古屋
最寄り駅:名古屋駅(愛知県) 名鉄バス:天神山
公式サイト:http://www.oukakenran.com/
参考リンク:http://cte.main.jp/newsch/article.php/461

・万華繚乱
期間:2007年4月1日日曜日11:00-15:30
形態:三国志大戦オンリーイベント
会場:サンライフ名古屋
最寄り駅:名古屋駅(愛知県) 名鉄バス:天神山
公式サイト:http://banka.ojaru.jp/
参考リンク:http://cte.main.jp/newsch/article.php/461


 以上、この期間(2007年3月1日-4月10日)、青春18きっぷでお出かけできる三国志関連の場所をピックアップしてみた。交通費を安くしていろんなところへ行けるとか美味しいことばかり書いたけど、実際に青春18きっぷで旅行してみると、地方での列車の本数の少なさに悩まされたり、乗り継ぎがうまく行かず駅で数時間足止めくらったり、混雑する電車にぶちあたってしまい人酔いしたり、交通費は安いけど宿泊費が高くついたり様々な困難が待ち受けている。事前に調べたり用意できることは全部したのちに綿密な計画を立てて旅行に臨むことをおすすめする。そうしないと、手柄に目がくらんだ一兵卒が関羽の前へ躍り出て一撃の元に討ち果ててしまうが如く手痛い目にあってしまうぞ。

 それにしてもこの記事の日本史版を作ったら、すごい分量になるんだろうな。お城だけでも膨大だ。