Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 08月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

2007年11月11日 交地ニハ絶ツコトナカレ 八


  • 2007年2月 5日(月) 12:32 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,327
二次創作 ・その他同人イベント一覧
http://cte.main.jp/newsch/article.php/461

 昨日、交地ニハ絶ツコトナカレ 七という真・三国無双中心三国志全般オンリーの同人誌展示即売会が開催され無事終了したんだけど、すぐに次の同人誌展示即売会の告知があった。

2007年11月11日 交地ニハ絶ツコトナカレ 八(詳しくは下記)

 こういった「オンリーイベント」と分類される同人誌展示即売会は個人主催が多いんだけど、このシリーズは企業主催で珍しい。こういった次に繋げる告知の仕方はさすが企業なんて思ってしまう。
 一回目は確か、真・三国無双オンリーだったけど、二回目から範囲を広げ三国志全般になった。
http://cte.main.jp/c-board.cgi?cmd=one&no=623
↑2004年に別の掲示板でこの同人イベントを紹介したんだけど、他のオンリーイベントと合同だったとはいえ、これだけ続くと感慨深いね。まぁそれだけ経済効果が大きいってことかな。ちなみに私は地理的要因で一度もサークル参加も一般参加もしてないけど。

 以下、「交地ニハ絶ツコトナカレ 八」について三国志スケジュール試用版からの流用。

期間・時間:2007年11月11日日曜日11:00-15:00
媒体:催事
ジャンル:同人イベント
表現形態:展示即売会
作者:
団体:スタジオYOU
都市:有明(東京都)
会場:東京ビッグサイト
一般参加費:
公式サイト:【交地ニハ絶ツコトナカレ八】情報サイト
公式サイトURL:http://www.youyou.co.jp/only/musou/
公式サイトバナー:真・三国無双中心三国志全般オンリー同人誌即売会【交地ニハ絶ツコトナカレ七八】情報サイト
関連団体:スタジオYOU
関連団体サイトURL:http://www.youyou.co.jp/
関連団体サイトバナー:【スタジオYOU】公式サイト
制限:
・三国志との関係(備考欄)
真・三国無双中心三国志全般オンリー同人誌即売会第8弾


<追記>魏勇伝・弐(2008年9月21日東京)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/712

<11月16日追記>
15日付けで公式サイトにレポートがアップされていた。
赤兎馬や時代屋が出店していたんだね。

・イベントレポート
http://www.youyou.co.jp/only/report/071111/


<追記>交地ニハ絶ツコトナカレ 九(2008年5月25日、蒲田)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/782

桃園の会ブログ


  • 2007年2月 2日(金) 22:49 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,642
場所  1982年10月2日から1984年3月24日までNHK制作の『人形劇三国志』が放送された。その人形は川本喜八郎先生の制作だった。その三国志の人形も含め川本喜八郎先生の人形が常設展示される美術館、飯田市川本喜八郎人形美術館(仮称)が2007年3月25日に長野県飯田市にオープンすることは以前、三国志ニュースに書いた。

・川本喜八郎Official Web Site
http://www.kihachiro.com/
・飯田市川本喜八郎人形美術館(仮称)
http://www.city.iida.nagano.jp/puppet/kawamoto/

・2007年3月25日 川本喜八郎人形美術館(仮称)オープン
http://cte.main.jp/newsch/article.php/455

 あと、『人形劇三国志』に関する話題としてはCS放送の時代劇専用チャンネルで2007年2月15日より毎週月曜日から金曜日の期間に放送されるということだろう。美術館にとってちょうどいいタイアップになったのかな。
 そういえば2007年3月25日に美術館がオープンするだ、と思いながら美術館公式サイト内を巡っていて、まだ仮称なんだな、とかそういうことを思いながら見ていた。
 そしたら、サイト内でブログへのリンクがあることに気付く。それが下記の「桃園の会ブログ」。

・桃園の会ブログ
http://ikpm.exblog.jp/

 このブログは更新ペースがゆったりしているけど、かなり豊富な写真を見ることができ、面白い。美術館の実体がつかめてくる。
 美術館は飯田市橋南第二地区市街地再開発事業によって開発され、地域経済活性プログラムに位置づけられている「まちなか観光推進事業」の拠点となる「トップヒルズ第二」と呼ばれる建物の二階三階にできるとのこと。住所は先に「トップヒルズ第二」に入っている飯田信用金庫本店(新本店)を参考にすると長野県飯田市本町1丁目にあるようだ。飯田駅から500m強の距離にある。

 あと余談だけど、3月25日日曜日にオープンするってことは、ちょうど青春18きっぷの期間内だね。
 試しに今の土曜日のダイヤで東京駅からの鈍行乗り継ぎを検索すると、
11:35東京─(中央線)→高尾─(中央本線)→甲府─(中央本線・篠ノ井線)→上諏訪─(飯田線)→飯田18:54
 となり大阪駅からだと
9:30大阪─(東海道新快速)→米原─(東海道本線)→大垣─(東海道本線快速)→豊橋─(飯田線)→飯田17:44
となる。飯田線の本数の極端な少なさがネックかな。何が言いたいかというと、3月24日土曜日往路、飯田で宿泊、25日日曜日オープンセレモニー(あれば)を見る、昼過ぎ早々に復路っていうオフ会企画を誰か主催しない?
 上記のような知識でよければ協力するからさ。
 ……と試しに復路をさらっと検索したら、大阪行きの終電が15時すぎ、東京行きが18時前だって(汗)

「呉書見聞」BBS復活


  • 2007年2月 1日(木) 23:59 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,337
ネット リアクションおそいですが、1月13日にサイト「呉書見聞」のBBSが復活したようです。どうやらスパム対策が順調のようです。
早速、活発な書き込みもあって内容も面白いですし、何より過去ログをまた見れるようになったのは良いですね。

・「呉書見聞」
http://f27.aaa.livedoor.jp/~sonpoko/

※追記 呉書見聞移転(2011年10月)

2007年2月1日「天地を喰らうRPG II 諸葛孔明伝」i-mode配信開始


  • 2007年2月 1日(木) 19:36 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    3,378
ゲーム 三国志を題材としたアプリ「天地を喰らうRPGII 諸葛孔明伝」が2007年2月1日よりi-modeで配信開始とのこと。月額315円。詳細は下記のページで。

・ケータイカプコン
http://www.capcom.co.jp/keitai/
・天地を喰らうRPGII 諸葛孔明伝
http://www.capcom.co.jp/keitai/imode/foma_tenchi_rpg2.html
 ※新規URL http://www.capcom.co.jp/keitai/rpg/rpg03.html

「天地を喰らう」とは週刊少年ジャンプで連載していた本宮ひろ志先生の漫画。カプコンのアーケードゲーム「天地を喰らう」と「天地を喰らうII・赤壁の戦い」ではアクションゲーム。それに対し当時の代表的な家庭用ゲームだったファミリーコンピューターの「天地を喰らう」と「天地を喰らうII 諸葛孔明伝」ではRPGだった。タイトルでもわかるように今回のi-mode用ゲームは後者のRPG。漫画自体は反董卓あたりで終わっていたと思うが、ゲームは独自のストーリーで構成されている。ゲーム画面を見るとかなり忠実に再現されているようだね。あのHP(ヒットポイント)が各武将の兵士の数、魔法が計略に対応するという奇妙な世界観が甦ってくる。以上のゲームについては下記サイト「各駅亭舎」の「ゲーム亭」というコーナーを参照ね。面白い。

・各駅亭舎
http://kakutei.cside.com/

余談だけど、ちなみによく検索されるんだけど「天地を喰らえ」ではなく正しくは「天地を喰らう」ね。

無双OROCHI(2007年3月21日)


  • 2007年2月 1日(木) 00:03 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,278
ゲーム <2月9日追記>
公式サイトによると2007年3月21日発売決定とのこと
<2月16日誘導>
・2007年3月29日 真・三國無双DS ファイターズバトル
http://cte.main.jp/newsch/article.php/509
<追記終了>

2月2日に「無双OROCHI」の公式サイトがオープンした。「無双OROCHI」とは魔王・遠呂智(O-RO-CHI )が降臨し時空をゆがめ三國志の世界と戦国の世を融合させたという設定で三國無双のキャラクターと戦国無双のキャラクターが出るゲームみたいだね。と詳しくは下記公式サイトへ。

・「無双OROCHI」公式サイト
http://www.gamecity.ne.jp/orochi/

プレイステーション2用ゲーム。6,800円。「無双OROCHI TREASURE BOX」の方の価格は未定。発売は2007年3月を予定しているとのこと。

……つか時空を歪める力があるんだったら、わざわざ肉弾戦で戦わなくても良いような気がするが。
それより公式サイトのフラッシュ、うちの環境だったら大きすぎて最大表示にしても端っこまで見れない(汗)
スクリーンショットおもしろい。わざと三國無双と戦国無双とを絡ませている画面を選んでいるとか。曹操と信長が絡むムービーがあるんだ。それから三人一組なんだ。ますます格闘ゲームを連想してしまう。

・その他、コーエーの動き
http://cte.main.jp/newsch/article.php/467

サイト「火間虫入道」さんの記事
・2007/02/04 (日)の記事
http://hima.que.ne.jp/logcp/log200702a.shtml#20070204


※以下、koeiの「無双OROCHI」公式サイトが発見されるまでの三国志ニュースの実録。
<2月1日>
衝撃が大きかったので、確認する前に編集前提でメモがてらとりあえずアップ
三國+戦国の無双が新作って(笑) そりゃコーエーの広告にあった「あなたの知らない無双」だわ。
なんかこういうノリって昔の格闘ゲームにあったよね。
ファミ通で確認しないと。

情報をつかみかねているんだけど、とりあえずお馴染みのサイト「火間虫入道」のところへ誘導。
・2007/02/01 (木)の記事
http://hima.que.ne.jp/index.shtml#20070201

<2月2日昼>
おいおい公式サイト、「無双OROCHI オリジナル・サウンドトラック」の情報が先かよ!(笑)

http://www.gamecity.ne.jp/media/cd/sw/musou/musou_orochi_ost.htm
「無双OROCHI オリジナル・サウンドトラック」
2007年3月28日 発売予定
KECH-1431/2
定価 2,800円(税込)
初回封入特典 『無双OROCHI』特製ジャケットサイズステッカー

やっぱりプレイステーション2用ゲームで「時空を超えた英傑達の競演」なのね


そういや昼間に、適当に公式サイトのURLを打ち込んでアクセスしてたんだけど、そのうち、上のwww.gamecity.ne.jp/orochi/も入れたけど、サイト自体表示されなかった。

あと小ネタ。無双BROOCHに何度も見間違えている(汗)

<2008年2月1日追加>
・『無双OROCHI 魔王再臨』(PS2版)4月3日発売
http://cte.main.jp/newsch/article.php/812