Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2022年 09月
«
»
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 72 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

三国志大戦 公式大会「統覇への道」決勝大会(2022年2月12日)


ゲーム  下記サイトの下記ニュースページによると2022年2月12日土曜日12時30分から「三国志大戦 公式大会「統覇への道」決勝大会」が開催されるという。「ゲスト出演者:花田 勝 氏、江越 彬紀(声優)」「MC:クロイワザリガニ」とのこと。その様子が下記3番目のURLのYouTubeページで生配信されるとのことだ。

・三国志大戦公式サイト | 対戦型カードアクションゲーム
https://www.sangokushi-taisen.com/

※関連記事 りゅうおうのおしごと!コラボ大戦スタンプキャンペーン(三国志大戦 2021年8月4日-9月15日)

※新規関連記事 三国志大戦 英傑録 第五集 ~星霜を越え、再び覇道へ~(2022年4月1日)

・三国志大戦 公式大会「統覇への道」決勝大会 生放送配信決定!
https://www.sangokushi-taisen.com/news/#/id/5e6d28c3bbe345cb

・三国志大戦 公式大会「統覇への道」決勝大会 【メインチャンネル】 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=rlkkH02OSkI

Ludo-Musica II(2022年1月29日-2月28日)


展覧会 ※前の記事 黒鉄のヴァルハリアン 2(2022年1月19日)

 2022年1月31日月曜日に下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。

・【哲舟】 (Tetsu_uenag) on Twitter
http://twitter.com/Tetsu_uenag

※関連記事 リンク:諸葛亮(孔明)は「天才軍師」ではなく愚直な軍師だった?(歴史人 2021年11月22日)

※新規関連記事 川本喜八郎作 曹操(人間国宝美術館2019年11月1日-)

・Twitter / Tetsu_uenag: 文化庁による、オンラインでのゲーム音楽の展示イベント「Ludo-Musica II 〜ゲームのための音楽/音楽のためのゲーム」の1コーナーが「三国志」特集! 昨今はYouTubeで大半は視聴できちゃうけど、クリエイターの推薦付きだし、こういう企画は有難みがありますな。 https://ludomusica.net ...
https://twitter.com/Tetsu_uenag/status/1487936413718892544

 下記サイトにて、その展示概要のページによると、2022年1月29日土曜日14時から2月28日(月)17時まで、文化庁主催で、文化庁令和3年度メディア芸術連携基盤等整備推進事業オンライン展「Ludo-Musica II ~ ゲームのための音楽/音楽のためのゲーム」が開催される。そこでの「「Stage 3」は「世界を構成する音楽」と題し、日本でも高い人気を誇る三国志(演義)を題材としたゲームの世界を彩る音楽を展示します。」とのこと。

・Ludo-Musica Ⅱ —ゲームのための音楽⋅音楽のためのゲーム
https://ludomusica.net/

※関連記事 「近代デジタルライブラリー」で三国

※新規関連記事 三国志 水魚之交 リアル展示(神戸ファッション美術館2022年1月29日-2月5日)

※新規関連記事 三国志 水魚之交 ウェブ展示(2022年2月14日-3月31日)

英雄・怨霊・神―三国志の関羽の場合(オンライン 2022年2月12日)


研究 下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。というかそこに全部書いているのだけどね。

・ねこ松(二松學舍公式キャラクター)(nekomatsu_nisho) on Twitter
http://twitter.com/nekomatsu_nisho

・Twitter / nekomatsu_nisho: 文学部シンポジウム「幽霊の歴史文化学-それはどこに宿るか」が2月12日(土)13:00からオンラインで開催ニャ! 参加費無料。 参加希望の方は、2月11日(金)21時までに申し込んでニャ! 詳しくは https://www.nishogakusha-u.ac.jp/news/?contents_id=2069 #二松学舎大学 #ねこ松 #シンポジウム #幽霊の歴史文化学 ...
https://twitter.com/nekomatsu_nisho/status/1490883849932668932

下記サイトの下記ページによるとオンラインにて2022年2月11日土曜日13時から17時30分まで二松学舎大学 文学部シンポジウム「幽霊の歴史文化学-それはどこに宿るか」が開催されるという。「※要事前申込・参加費無料です。」とのこと。その第二セッション「アジアの中の英雄・英霊・神」にて、伊藤晋太郎(二松学舎大学文学部教授)「英雄・怨霊・神―三国志の関羽の場合」があるという。

・二松学舎大学
https://www.nishogakusha-u.ac.jp/

※関連記事
 いま「三国志」を読む/見る(千葉県柏市2019年10月26日)
 【中止】三国志ワールドの展開 (二松学舎大学2020年3月7日)

・二松学舎大学 文学部シンポジウム「幽霊の歴史文化学-それはどこに宿るか」開催のご案内
https://www.nishogakusha-u.ac.jp/news/?contents_id=2069

※関連記事 三国志の英雄 人気の秘密(2009年?-)

※関連記事 黒鉄のヴァルハリアン 2(2022年1月19日)

※新規関連記事 新・三国志 関羽篇(東京 歌舞伎座2020年3月3日-28日)

※新規関連記事 リンク:英雄・怨霊・神―三国志の関羽の場合(YouTube2022年3月9日)

黒鉄のヴァルハリアン 2(2022年1月19日)


マンガ ※前の記事 好萌啊~这是什么“神仙”年画?(央视新闻2022年1月26日)

 2022年1月29日土曜日、店頭で見かけたので記事に。

下記サイトの下記ページによると2022年1月19日に集英社より松原利光『黒鉄のヴァルハリアン』2(ヤングジャンプコミックス、24日発行、ISBN978-4-08-892190-7)が12000円(税別)が発売したという。表紙を見てピンときたけど、関羽の絵。『週刊ヤングジャンプ』連載、2021年38号-47号掲載分。第1巻は2021年10月19日発売。

・集英社 ― SHUEISHA ―
http://www.shueisha.co.jp/

※関連記事 三国志の英雄と隋・唐のかがやき(集英社版・学習漫画 世界の歴史4 2002年11月1日発売)

※新規関連記事 リンク:三国志と再会できる令和のコンテンツ5選(2022年6月26日)

・黒鉄のヴァルハリアン 2/松原 利光
https://books.shueisha.co.jp/items/contents.html?isbn=978-4-08-892190-7

※関連記事
 関羽チケット(飯田市川本喜八郎人形美術館2021年12月2日-2022年3月31日)
 吸血鬼すぐ死ぬ 第275死 すぐ死ぬクソバカ三国志(週刊少年チャンピオン No.6 2022年1月6日)
 好萌啊~这是什么“神仙”年画?(央视新闻2022年1月26日)

※新規関連記事 英雄・怨霊・神―三国志の関羽の場合(オンライン 2022年2月12日)

※新規関連記事 新・三国志 関羽篇(東京 歌舞伎座2020年3月3日-28日)

黒鉄のヴァルハリアン 2|集英社 ― SHUEISHA ―

神々の最終戦争に向けた戦士の修練場だったヴァルハラは、上級ワルキューレ・カーラとその手下であるローマ死戦士団により支配、私物化されていた。強大なローマ死戦士団を倒すために必要な仲間。その候補となる英雄は、鉄二朗の不倶戴天の敵で…?

東アジア古代の車社会史(2021年7月)


研究  東方書店のメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2021年第8号(総357号)(2021年8月28日発行)で知ったこと。下記関連記事と同じくメモ書きからのピックアップ。

・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~
http://www.toho-shoten.co.jp/

・メルマガ登録
http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/

※関連記事 中国時代劇歴史大全 2022年度版(2021年7月29日)

※新規関連記事 ゼロからわかる英雄伝説 古代中国編(2021年8月11日)

・国内書 東アジア古代の車社会史
https://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4653045137&bookType=jp

下記サイトの下記ページによると2021年7月に臨川書店より岡村秀典『東アジア古代の車社会史』(ISBN978-4-653-04513-7)が12000円(税別)で刊行された。下記ページを見ると、「第3章 秦漢時代における車社会の成立」「第4章 魏晋南北朝時代における車社会の残照」あたりが三国関連か。

・株式会社 臨川書店 RINSEN BOOK CO. | 創業1932年 京都の学術古書・出版
http://www.rinsen.com/

※関連記事 ある地方官吏の生涯(2021年7月)

・中国古代車馬研究
http://www.rinsen.com/linkbooks/ISBN978-4-653-04367-6.htm

※関連記事
 林 巳奈夫 先生、死去
 鏡が語る古代史(2017年5月19日)
 中国古代車馬研究(2018年10月19日)