Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 08月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

鳥取・燕趙園(中華庭園)


  • 2005年4月25日(月) 21:41 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,659
場所

http://www.encho-en.com/
↑燕趙園

大型連休も近いごとだし、三国志ファンにお勧めの観光地をお一つ、ご紹介。
関帝廟やら三国志城みたいにそのものズバリ、三国志ものってわけじゃないけど、変に中華に走ろうとしているところ(そんなところ知らないですが・汗)よりは全然、良いところ。
鳥取県にある(詳しいアクセスは上のサイトを参照)

「中華」を満喫できるのだ。
庭園とあって「自然」も味わい深い。

燕趙園それまで潮風で痛んでいた華夏堂の修繕も終わり、2005年1月にリニューアルオープンされたとのこと。
それにともなってかサイトの方も見やすく美しく更新されているので、それだけでも要チェック。

ちなみに建物には2000以上の彩画が描かれていて、いろんなモチーフなんだけど、中には三国志演義があるので、行ったおりには探してみると良い。

http://cte.main.jp/sunshi/w/w040816.html
↑参照。。。といっても私の日記だけど(笑)

※追記 メモ:曹豹さんを囲む会(仮)(2013年5月4日)

※追記 燕趙園 彩画(三国志演義 関連)

※追記 第18回中華コスプレ大会(2015年5月9日10日)
 

2005年夏、オリジナル三国志蜀オンリーアンソロジー


  • 2005年4月23日(土) 22:22 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,766
二次創作 http://www1.kcn.ne.jp/~ma-me/top1.html
↑サイト「蜀案(蜀愛総合案内所)」

数名の作者があるテーマにのっとってそれぞれ作品をつくり、それらが一冊におさめられた本がアンソロジー。
そしてその同人誌が2005年の夏に発行されるって話。

近頃の同人界の三国志ジャンルといえば、某タクティカルアクションのゲームの二次創作ばかりになりつつあるんだけど、このアンソロジーはオリジナルを売りにしている。
しかもいろんなメディアで魏や呉の人気が上がってきすぎて、人気がおちてきたような錯覚を覚えてしまう(失礼!)、蜀をテーマにしている。
(ちなみに「健全」(非ボーイズラブ)なので、そういう方面が苦手な人も安心)

つまり、だから、「オリジナル三国志蜀オンリーアンソロジー」ってこと!

アンソロジーの「アン」をとって「蜀アン」。
さらに職安とかけているのかサイト名は「蜀案(蜀愛総合案内所)」というところが面白い。

このアンソロジーは夏のコミックマーケットあわせで制作していくとのこと。
その制作の様子はサイト内のコンテンツ「蜀案制作日記」で随時、報告されるとのこと。要チェック。

2005年4月20日「覇王の剣」連載終了


  • 2005年4月22日(金) 18:02 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,763
マンガ http://www.shonenmagazine.com/
↑「覇王の剣」が連載されていた週刊少年マガジンのサイト

http://www.ponytail.co.jp/
↑作者の塀内夏子先生のサイト。「最近のなつこ」2005年4月13日付け参照。
 読者の反響は「みんなの掲示板」参照。

2004年9月1日発売の週刊少年マガジン第40号から連載していた塀内夏子/著「覇王の剣」が2005年4月20日発売の週刊少年マガジン第21号で連載が終了した。
このマンガをはじめ、去年の秋から様々な雑誌で三国志漫画が連載していたが、その中でも一番のメジャー誌だといえる。
そんな三国志漫画の連載が終了したとなると、そろそろブームにかげりが見え始めたのかな。

ともかく、半年という短いようで長い間、塀内夏子先生、お疲れさまでした。


ちなみに「覇王の剣」単行本3巻は2005年4月17日に発売した。

cgiベータ版


ネット http://webfrog.pupu.jp/
↑トラックバック機能など実装されたWebFrog Blog 2.0b(ベータ版)が配布されたので、早速、導入してみました。
トラックバックを受け取る方は問題なさそうなんですけど、送る方は少し勝手が違う感じがします。
正式版まで待つことにしますね。
(また、メンバー登録機能もしばし中止です)

2005年5月4日・8月14日 三国志城イベント「三顧会」追加情報


  • 2005年4月10日(日) 20:07 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,396
場所 righthttp://cte.main.jp/newsch/article.php/96
↑ここの続き。

http://www3.ocn.ne.jp/~sangoku/
↑三国志城の公式サイト。

4月7日に発表があったんですが、2005年5月4日以外にも2005年8月14日に山口県の三国志城(展示館)でイベント「三顧会」(三国志ファンの集い)があるとのこと。
5月4日に関しては上記サイトの掲示板にタイムテーブルが出ていて、そちらを参考。
8月14日の方は「風水を語るを予定中」とのこと。

http://www.chugen.net/
↑「英傑群像」
三国志城までの行き方およびそのほかの観光はこちらのサイトを参照。

5月4日のタイムテーブルは三国志城の公式サイトか英傑群像のブログ(2005年4月12日付け)参照です。