Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2022年 11月
«
»
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 74 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

テクモとコーエーが経営統合に向けて協議開始


  • 2008年9月 4日(木) 18:01 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,005
ゲーム SLG『三國志』シリーズや『真・三國無双』シリーズなど三国志を題材としたゲームを出している会社でお馴染みの株式会社コーエー。
以下、そのゲーム作品についての記事ではなくて、会社についての記事。

2008年8月29日に株式会社スクウェア・エニックスがテクモ株式会社に対し同社株式の友好的公開買付けの提案を行ったと報道があった。

・SQUARE ENIX
http://www.square-enix.com/jp/

9月4日に、その提案に対しテクモ株式会社は賛同せず、今度は株式会社コーエーとの経営統合にかかる協議を開始すると報道された。

・TECMO INTERNET STUDIO
http://www.tecmo.co.jp/

・KOEI Co., Ltd.
http://www.koei.co.jp/

詳細は上記のサイト「TECMO INTERNET STUDIO」の更新情報の「株式会社スクウェア・エニックスからの『テクモ株式会社に対する同社株式の友好的公開買付けの提案について』のご報告」と「経営統合にかかる協議開始のお知らせ」を参照のこと(16時の記者会見後にアップされたようだね)。後者は「KOEI Co., Ltd.」にもアップされている。


安直なメディアだったら「ゲームメーカー三国志」とか銘打ちそうだけど、経営統合により二社のブランド力や長所がうまく活かされると良いね。

…と依然、三社からのコメントや報道が出続けており、どういった着地点になるかまだ目が離せない。


※関連記事
 株式会社コーエーネットの完全子会社化
 メモ:三国志と株と商標と

※追記 コーエーテクモホールディングス株式会社(2009年4月1日予定)

メモ:三国志ジャンルと消費2


  • 2008年9月 2日(火) 21:00 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,650
研究  「三国志ニュース」を見て下さっている方にはほとんど関係ない内輪な話なんだけど、今回の記事で「三国志ニュース」における記事の通し番号が1000を迎えることになる。但し、欠番は結構あるので、記事が1000報あるというわけではない。
 それを記念して、三周年のときに書いたように、「三国志ニュース」の今までの記事を振り返るみたいな企画も考えたけど、特にピンと来るのが思い付かなかったので、極々、清岡の個人的なことを書いてお茶を濁してしまおう。個人的な話に留めないと角が立つってのもあるけど(笑)

・蒼天三国志blog
http://blog.livedoor.jp/arrow12ds/
・thinking 2008
http://blog.livedoor.jp/arrow12ds/archives/51452120.html

 上記ブログ記事に刺激を受けてあれこれ三国志ジャンルのことを考えていた。中でも「二次創作」というキーワードに反応してしまう。

 「二次創作」とは、ある創作物(作品)からキャラクターや設定などの要素を抜き出して来て、それらを自らの創作物において使用する創作のことを指す。時には複数の創作物から要素を抽出する場合もある。
 こう書くと中には何かまとまった作品を想像される方もおられるだろうが、多くの二次創作物は一次創作がある前提(受け手が一次創作を知っている前提)で成り立っており、そのため、すでに一次創作で出ているキャラクターの性格や設定などの要素を説明する必要はなく、結果的にそれ自体が独立していない断片的なものとなりやすい。
 以上はもちろん三国志ジャンルに限ったことではなく一般的な話である。余談だけど、「二次創作」は「創作」とあるもののファンにとっては消費の一形態のように清岡は最近、思うようになっている。

 上記ブログでは、三国志ファンの間で二次創作が盛り上がっている、と書かれているのかもしれないが、ここは敢えて、流通する最近の三国志関連創作において二次創作的なものが盛り上がっている、と受け止めていこう。

 とは言っても流通している作品において前述した二次創作にありがちな「それ自体が独立していない断片的なもの」はほとんどないように清岡は思える。それは単独で流通し消費される前提のものだから他の創作物に依存する訳がないという先入観が清岡にはあって、正しく認識できてない可能性がある。人によって捉え方は違うだろうし、現に仮装士 義さんの見方だと最近の作品は「三国志を知っている前提」のものが多いとのことだ。

 ここで話は前提条件に立ち戻る。「三国志関連創作(作品)」と言う以上、『三国志』なり『三国演義』なりをベースにするのだから、二次創作的(あるいは多次創作的)になるのは当たり前だ、と言われそうだけど、ここで清岡が着目しているのはそういうことじゃない。と言うのも、最近の三国志関連創作は『三国志』または『三国演義』以外のところからもキャラクターや設定などの要素を取り出していないか、ということであり、そういう意味で二次創作的な作品が盛り上がっているんじゃないか(流通し消費されているんじゃないか)、ということだ。
 『三国志』または『三国演義』以外のところ、というのは何も一つにまとまった特定の作品からとは限らない。それらは他作品に見られるようなナルシストなキャラクター性であったり、異質なデザインであったり、実在するタレントであったり、女性化だったり様々だ。もちろん例えば『BB戦士 三国伝』みたいに、あからさまにまとまった特定の作品(あるいはシリーズ)から抽出するケースもある。

 こういった二次創作的な作品が次々と出る最近の三国志ジャンルに清岡は違和感を覚えているんだけど、どうもそれをうまく言語化できずにいた。
 とりあえず無理からにでも言語化しようとし「データベース消費」という言葉を借用し、以前、ある記事を書いた。無理からに一気に書いたせいか、どうも書いていくうちに「データベース消費」という言葉の意味がズレてきていた。今、読み返すとそのズレっぷりを恥ずかしく感じ、記事を削除するか訂正するかすれば良いんだけど、前者は惜しく思え、後者は時間的余裕がないということで、そのまま放置しておこう。
 とは言え、そのまま三国志ニュース内で「データベース消費」を誤用したままにしておくのも閲覧者に申し訳ないので、下記に定義の書かれた部分を引用しておく。

東浩紀/著『文学環境論集 東浩紀コレクションL』(講談社)P.570より
--引用開始---------------------------------------------------------
「データベース消費」とは、個々の作品やデザインがさまざまな要素に分解されたうえで、作品という単位への顧慮なしに直接に消費され(たとえば原作は読まれないのにキャラクター商品だけは売れ)、ときに消費者の側で再構成されてしまうような消費様式を意味する。
--引用終了---------------------------------------------------------


 話を本筋に戻し、清岡の違和感を感じる根元の一つに、制作側はなぜ『三国志』または『三国演義』以外のところから抽出した要素を創作に使うのだろうか、というものがある。すぐに「それはその要素に商業的に成功した実績があるから」と答えが出るんだけど、どうも清岡は割り切れない。
 また、そういったところからいろんな要素を取り込むことによって、三国志ジャンルやそのファン層の裾野が広がるだろうが、果たして三国志ジャンルにとって他の影響はないんだろうか。こういったことを清岡自身は下記のように2002年あたりから気にかけいろんなところで話していた。

※関連記事
 2006年3月11日 プチオフ会 新宿編
 三国志ファン、コア層こわそう
 自戒! ブロマイド小説 (※個人サイト内ページ。2002年6月27日)

※追記 プレ:三国志ニュースの記事が出来るまで

 それらの記事を読み直し改めて思うのは、結局、『三国志』『三国演義』以外の要素と抱き合わせのように消費されると、ビギナーは『三国志』『三国演義』の表層だけに目が行き、深いところを知らずにいるままになるんじゃないかということ。いくら抱き合わせで盛り上がったとしても三国志ジャンルの表層で消費サイクルを早めるだけで、ビギナーは容易に三国志ジャンルから離れるのではないかという予想が付く。


※実名を出した手前、一応フォローとして参照まで下記に記事を挙げておく。

※参照記事 三国伝年表公開(2007年11月9日)


 そういった風潮において再び制作側に目を向けてみると、『三国志』『三国演義』を深く掘り起こそうとする動きよりは、むしろデータベース消費されやすいような製品を進んで出している動きが目立つ。もはやデータベース消費に抵抗できうるような作品性の高い(まとまりのある)ものは目立たなくなっている。ここらへんが1980年代や1990年代の三国志ブームと違い、「今のブームは「幹」になるような作品がない」とされている所以なのかもしれない。

※参照記事 「ビジネスにおけるキャラクター活用」にて

 清岡はこういった近況について、もはや良い悪いを論じるほど熱くなれずにいて、せいぜい消費サイクルの速さに振り回されないように、身の守りを固くし(というより財布の紐を固くし)醒めた目で静観しつつ、独自にやりたいことをやるぐらいだ。そもそも何かを消費するほど、三国志ジャンル内の製品には、清岡にとって魅力的なものはほとんどないんだけどね。

 三国志ジャンルがどう転ぼうとも、動物的に消費し続けるファン層以外にも、状況を把握しそれを論じるような、ジャンルを支えるファン層があれば安泰なんだけど、果たしてそんなファン層が支えられるほど居るのか、という疑問も湧く。

 ようやく冒頭で書いたように極々、個人的なことに話が戻ってきたんだけど、要はそういった二次創作的な三国志関連創作自体にどうも興味を持てなくなってきているぞ、ということだ。それらが社会や三国志ジャンルにどう影響を与えているかについては未だ興味はあるんだけどね。それは単に表明であって特に非難しているわけではない。

 そういった二次創作的なものを省いた場合でも三国志関連創作についても興味が持てなくなってきている。創作物に制作者の創作部分以外に『三国演義』等の後世の創作が混じるとそれを認めた時点で清岡は拒否反応を起こしてしまう。
 別に懐かしの「正史派」&「演義派」(SNSのコミュニティの噂を聞くとリバイバルしているのかな?)のどちらかを気取っているわけではなく、その創作が『三国志』ベースであろうとも『三国演義』ベースであろうとも作品の本質とは無関係であることは理屈で解っている。しかし、いざそういった『三国演義』等の後世の創作が混じったものを目の当たりにすると、強い違和感を抱き興醒めしてしまう。例えば、源平の時代に電話を出したり、フランス革命前に革命後の軍服を出したりと敢えてやっている分には気にならないが、「歴史」あるいは『三国志』を題材とした創作と銘打ちながら、何らかの考えに裏打ちされず『三国演義』等の後世の創作からも取材した創作物については違和感を抱く。どうも清岡には、制作側発信側が歴史から取材するより一つのまとまった物語である『三国演義』(挿絵も含め)から取材する方が簡単だと捉え、易きに流れているだけに思えてならない。
 『三国演義』は版を重ねるごとに数百年間、改良され続けており、制作側発信側にとって確固たるものかもしれないが、それだけを取材することで『三国志』を取材した創作とは言えない。また、監督が『三国演義』の映画化と言っているのに、配給会社の一つが「『三国志』の完全映画化」と喧伝しているケースもあり、注意する必要がある。その上、『三国志』や『三国演義』を題材にした創作物であるのに、そのまま「三国志」と名付ける、いわゆる自称「三国志」・他称「三国志」にも清岡は注意を向けている。すでにその弊害として、『三国志』が物語であると勘違いしている事例が散見されている。

 『三国演義』を含め後世の創作を交えず、三国創作を行おうとすれば、『三国志』やその注以外にも『後漢書』や『晋書』などの史書を当たることもあるだろうし、出土史料と経書類、小学類、制度史類を照らし合わせることもあるだろうし、工具書にも頼ることもあるだろうし、論文を読んで新たな観点を得ることもあるだろう。こういったように後世の創作を取り込まずとも『三国志』を含む歴史関連には、まだまだ消費財として開拓されていない箇所がたくさんあり、充分、魅力的なものも種々あるだろう。こういったことを差し置いて他の時代の方がはるかに魅力的だと三国志ファンを扇動することは自らの無知を表明しているように思える。


 随分、長々と書いたけど、そういった現状の三国志関連創作物を消費することよりも、史書の記述や既存の歴史研究を消費財に換えることに今、清岡の興味は向いているということを書きたかっただけだったりする。三国志ニュースでは後者より前者に関係する記事が多く、恐らくブログの性質上、前者の方が相性が良いためだろう。後者に関係する記事は最近では「メモ:東漢人多為舉主行喪制服」や「三国創作のための拝メモ」などあることはあるが少数派となる。
 これから先、清岡は後者への活動により多くの時間を割いていきたいため、おそらく三国志ニュースでの清岡による更新はペースダウンすることだろうね。

第9回三顧会(2008年8月16日午前)


  • 2008年9月 1日(月) 00:02 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    3,233
場所 ・石城の里 三国志城
http://www3.ocn.ne.jp/~sangoku/

※前記事 第9回三顧会前夜祭(2008年8月15日)

 2008年8月16日に山口県光市の「石城の里 三国志城」という博物館で「第9回三顧会」というイベントが行われた。
(※今までの三顧会については前記事参照のこと。)

 清岡は前日の夜からその施設に泊まっており、6時前には目が覚め、持ち込んだ缶コーヒーを飲みつつ、『漢代都市機構の研究』を読んでくつろいでいた。
 8時半からは泊まり組11名皆で朝食を頂く。相変わらず美味しくて種類が多くて良い感じ。
(そういや前夜祭だけ参加した二人がいらっしゃったけど、都合つかなかったんだろうね)
 伊比さんと共に第一展示場に展示されてある諸葛亮の系図を確認しに行く。前に話していた諸葛亮の娘は伊比さんの記憶通り確かにその系図では「諸葛果」だった。しかしながら、肝心の出典が見あたらなかった。

※リンク追記
・三国与太噺
http://d.hatena.ne.jp/AkaNisin/
・諸葛質?諸葛懐?  (※上記ブログ記事)
http://d.hatena.ne.jp/AkaNisin/20120126/1327571107

 9時、三国志城オープン、10時、三顧会開始なものだから徐々に人が集まってくる。
 天気は曇りがちで9時過ぎぐらいからぽつりぽつりと雨が降ってくる。
 今回もスタッフの方は赤いスタッフTシャツを着用している。


●9時~ 三国志城オープン
 ※会場に貼っていたタイムテーブルより。

 今回の三顧会は参加者へ事前に「三顧会開催に当たっての注意事項」と銘打たれたチラシと「三顧会アンケート」が配られていた。
 前者は「1.【三顧会の情報掲載に関して】」「2.【イベント参加に関して】」「3.【タイムテーブルについてとその他注意】」「4.【参加者様同士の交流について】」「5.【アンケート】」の項目に分かれている。
 多少、より閉鎖的なイメージを与えることに貢献してしまうかもしれないけど、普通に記事を書いていたら、思いっきり「1.【三顧会の情報掲載に関して】」の「個人の動き等がわかる詳細な情報掲載」に抵触してしまいそうなので、参加者個人に対しては今回は誰々に会ったぐらいしか書かない予定。他は団体名で書くとかだろうね。
 あと「3.【タイムテーブルについてとその他注意】」にも書いていたし、会場に貼ってあるタイムテーブルにも書いてあったんだけど、今回はどんどん予定を前倒ししていくとのこと。結果的には中だるみせず詰まっていてスムーズでかなり良かったと思う。同じ項目にはイベント中の読書は遠慮してくれるように書かれてあった。某氏は「これボクのことだ」と気に病んでいたんで、「いや結構、見かけたんで全体的にでしょう」とフォローを入れた上で「泊まりがけで参加すればゆっくり読めますよ(笑)」なんて言っていた。本棚にその旨が書かれた貼り紙もあって万全の体制。

 好例の挨拶→自己紹介がバルコニーで行われるということで、そこのイスに座って待っていると、若杉さんが来られ、旧交を温めていた。お互い変わらないのだろうけど、どうも話していると三顧会には二年ぶりらしい。道理で久しぶりな感じがしていた訳だ。


●10時~ 館長  開会の挨拶
 ※会場に貼っていたタイムテーブルより。

 まだ岩田駅から向かっている途中の参加者がいらっしゃるってことで10時20分ごろスタート。

 すでに地元ケーブルテレビのKビジョンの方一名がカメラをバルコニー奥でセッティングしている。

 スタッフの傅僉さんから谷館長にマイクを回され開会の挨拶。満場拍手。
 それから祝電が読み上げられる。

 好例の三顧会参加三日目の人に館長直筆の色紙が授与される。


●10時15分 三顧会あいさつと自己紹介
 ※会場に貼っていたタイムテーブルより。

 というわけで定番の自己紹介の時間。順番にマイクを回され「三国志のどの人物が好きか」「どこの県から来たか」を答えていく。
 三番目の清岡の番になるとスタッフの英傑群像岡本さんから「三顧会参加は何回目か」という質問が追加されたので、今までの三顧会全参加ということを自らばらす羽目に(笑)

 今回は、前回参加されていた潮出版の方飯田市川本喜八郎人形美術館のスタッフの方(公式サイトのInformationも担当とのこと)、NPO法人KOBE鉄人PROJECTの方二名、取材に来ていた「BS熱中夜話」の制作会社の方など、いろんな著名な団体の方が集まっていてビックリした。

 ちなみに今回のコスプレは、真・三國無双の諸葛亮、三国志大戦の曹操、蒼天航路の荀攸&荀[或〃]。

 10:50終了。移動時間兼休憩。


●11時~ 再現体験イベント『三国志竹簡づくり』
 ※会場に貼っていたタイムテーブルより。

特別企画展示場 会場は特別企画展示場(右の写真)。
 冒頭で傅僉さんから竹簡についての解説が入り、英傑群像岡本さんから竹簡の綴じ方についてレクチャーが入る。
 特別企画展示場には三国志ファン文庫があってそこにある本を参考にしてサインペンで書くって流れとのこと。

 前日は一人竹簡一枚を書いて皆で繋げるってアナウンスがあったんで、一枚分しか考えてなかったけど、どうも一人当たり四枚配られ、自分で繋げるってことらしい。
 次の日に館長から聞いたんだけど、日本の竹は中国の竹より幅が広いということだけど、返って文字や絵を大きくかけるんでこういったイベントにはちょうど良くなっている。

 清岡は一枚に書く文を考えており、二枚目以降思い付かなかったけど、とりあえず出典を明記することにした(笑)

 斬司徒天下乃安
  後漢書傅燮傳

竹簡作り あと清岡は「おまえ、そんな本使わないだろ!」というツッコミを期待して机の上に『木簡・竹簡の語る中国古代』を置いていた。というわけで以上の光景が右の写真。
 編綴のし方は最後までわからなかったんだけど、館長に綴じてもらった。

 他の人は出師表を書いたり、『三国演義』の桃園結義のを入れたり、黄巾賊の訛言を書いたり、複数の簡に渡って絵を描いたりしていた。中には土井晩翠(詩人)の長編詩「星落秋風五丈原」を書いていた方もいらっしゃってビックリした。
 みんな何かしらの創意工夫があって楽しんでいた。

 清岡はあんな単純な字でも何か参考にせずには書けないのでノートPCを見ながら書いていたら、三顧会参加者から司馬懿の詩を教えて欲しいと頼まれて、しばらく調べていたけど、ノーヒントだったので見つけきれず。結局、採用はされなかったけど、『通典』卷第五十二 禮十二 沿革十二 吉禮十一に載っている「晉宣王遺令」なんて見せていた。

 それで改めてこの記事を書いている今、司馬懿の詩を探して見るも見つからず。司馬懿と言えばサイト「ちうちうちう」なんだけど閉鎖されたんで、サイト「青青」にアクセスするとバッチリ載っている。出典はなんだろうと思い、詩の一節を検索してみると『晉書』宣帝紀にバッチリ載っているね(灯台元暗し的と言うか…)。今さらで遅いけど、以下に引用しておこう。「」内のところね。

帝歎息、悵然有感、為歌曰:「天地開闢、日月重光。遭遇際會、畢力遐方。將掃群穢、還過故郷。肅清萬里、總齊八荒。告成歸老、待罪舞陽。」

 とは言っても三国志城では電波状況から私のノートPCからネットに繋がらないんで結局は見つからなかったんだろうね。

 そういや「BS熱中夜話」の制作会社の方がちょこちょこ撮影されていて、近くにいらっしゃった時、隙を見つけてお仕事の邪魔にならないように清岡からお伺いをたててみる。結局、清岡が一方的に話し掛けたみたいな感じになってしまったような(滝汗)
 まだ番組の方針とか三回あるうちでどういったテーマにするかとか、きっちり決まってなくて手探り段階だそうな。三顧会への取材もストック的なニュアンスが強いんだろうなと個人的に清岡は思っていた。
 三顧会はいろんな三国志ファン層が集まり日本の三国志ファンの縮図になっているんじゃないか、という清岡の見解を示し、結構、番組の参考になるんじゃないか、と清岡が言っていた。また、そういった様々なファン層が集まる場合、最大公約数的な共通認識・共通言語として横山光輝/著『三国志』の内容が使われるという話題も清岡から出す。「孔明の罠」と言ったり、「君と予だ」と言ったり。例えば放送の少ない『人形劇三国志』よりは勉強的なニュアンスで学級文庫に置いてあるような横山光輝/著『三国志』の方がよく読まれているんじゃないかとも言っていた。
 同じ机に潮出版の方がいらっしゃったので、その話の流れで、1980年代の三国志ファンの話を伺う。三国志ファンの間で『人形劇三国志』再放送運動みたいなことが起こって中にはNHKへ電話したってこともあったそうな。なるほど~。
 今、下記の記事を見てみると、1984年3月24日までに放送があって、再放送は1985年4月1日からだね。

※参照 メモ:三国志とNHK


※追記 リンク:ファンクラブ

※追記 少年ワールド、コミックトム

 NHK-BS2で2008年6月10日『マンガノゲンバ』で『覇-LORD-』、2008年9月17日『BSマンガ夜話』で『蒼天航路』、2008年10月16日23日30日『BS熱中夜話』で三国志ナイトと立て続けに三国志ものが放送されるのはやはり2008年11月1日映画『レッドクリフ』の公開を見据えてのことかなって話していた。
(※実際、『BS熱中夜話』のスターウォーズナイトでは冒頭で『クローンウォーズ』の映像が流されていたしね)

 ほとんどの人が出来た中、英傑群像岡本さんの司会でどんなことを書いたかインタビューしていった。
 清岡にもインタビューが回ってきて、自作の解説に『後漢書』傅燮伝の一部を話していたんだけど、やはり知られていない人物ということと説明下手の相乗効果で、全くウケが悪かった(汗)

 というわけで12:08終了。


※次記事 第9回三顧会(2008年8月16日午後1)

プチオフ会(東京、2008年9月13日夜)


  • 2008年8月27日(水) 00:02 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,747
ネット  残り20日を切っていますが、こちらで情報中継しますね。
 2008年9月13日土曜日夜にプチオフ会を開きたいと思います。詳細情報についてや参加表明・質問等は下記のリンク先の「三国志ファンのためのサポート掲示板」内ツリーにてお願いします。
 今のところ東銀座の諸葛亭で四川風料理を食べるって線が濃厚です。

・2008年9月13日夜のプチオフ会
http://cte.main.jp/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=3178


※参考記事(前回の様子) 三サポ板五周年記念オフ会(2008年6月1日)

日中友好講談大会(2008年10月16日-18日)


  • 2008年8月26日(火) 19:00 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,619
ショー 有り難いことにまたまた情報募集のコメント覧で情報をいただく。

下記のリンク先によると2008年10月16日から18日までの三日間、三カ所で日中友好講談大会が行われるという。
それらの演目の中には三国志に関係するものがあって、王池良(ワン チリアン)さんにより講談「長坂橋の戦い」が上演される。

・日中講談交流仲間の会主催
http://www.ekago.com/08nicchu-kodanntaikai-top.htm

上記から日中友好講談大会の開催情報を以下にまとめる。

・2008年10月16日木曜日 17:30開場/18:00開演
 入場料:前売4500円/当日5000円
 東京・国立演芸場 http://www.ntj.jac.go.jp/engei/

・2008年10月17日金曜日 18:00開場/18:30開演
 入場料:前売3000円/当日2500円
 東京・女性と仕事の未来館 4階ホール http://www.miraikan.go.jp/

・2008年10月18日土曜日 18:00開場/18:30開演
 入場料:前売2500円/当日3000円
 ワッハ上方5F ワッハホール http://www.wahha.or.jp/


国立演芸場のチラシには講談の前に「三国志 こうだんのコウダン………………宝井琴星」という演目があるんだけど、他の会場ではやらないのかな。
あとサイトの「日中講談交流仲間の会主催」には「評話:「三国志演義」より抜き読み「長坂橋の戦い」」なるコンテンツもあって面白いね。

※追記 講談と評弾―伝統話芸の比較研究―(2010年3月30日)