Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 08月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

動くぞ!三国志スタンプ(2016年5月24日)


ネット ※関連記事 Emo-CLIP 横山光輝 三国志(2016年5月)

そういや光プロのサイトに久しくアクセスしてないな、と思いアクセスして知ったこと。。

・横山光輝オフィシャルサイト
http://www.yokoyama-mitsuteru.com/

・LINEにて「動く三国志スタンプ」配信開始!(2016/05/24)
http://www.yokoyama-mitsuteru.com/DB/usr/Search.php?main_table_no=7&template_name=update_details.html&m_prk=171&search_type_m_prk=3

上記ページで下記サイトの下記ページにリンクされており、さらにリンクを辿ったページを参照すると、2016年5月24日からSony Digital Entertainment Services Inc.よりLINEスタンプ『動くぞ!三国志スタンプ』が配信されたという。料金は240円。動作環境は「iOS、Android用LINE4.4.0、Windows Phone用LINE3.7以上で使用可能」。

・ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス
http://sonydes.jp/

・三国志、ついに動く。LINEにて「動くぞ!三国志スタンプ」配信開始! - ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス
http://sonydes.jp/newblog/archives/10646

・LINE STORE
http://store.line.me/

・動くぞ!三国志スタンプ - LINE クリエイターズスタンプ
http://store.line.me/stickershop/product/6491

※関連記事
 待てあわてるなこれは孔明の罠だ(2014年6月18日)
 ちょいウザ!三国志スタンプ(2015年9月18日)
 横山光輝三国志上海パズル(2014年4月)

リンク:アイシン・グルンの『三国志演義』(宣和堂遺事2016年5月22日)


ネット ※関連記事 三国志ガーデン最終日 特別講座デー(2016年5月14日)

ふと二階堂善弘先生のTV出演の記事(『トリビアの泉』だっけ?)が依然、残っていたっけ?と思って下記ブログにアクセスしたときに知ったこと。

・宣和堂遺事 – 宣和堂の節操のない日記
http://sengna.com/

※関連記事
 関羽 ─神になった「三国志」の英雄(2011年10月12日)
 古代中国の虚像と実像(2009年10月20日)

※新規関連記事 善書-華僑・華人の人生訓(2011年9月2日)

・庄声センセの『帝国を創った言語政策』
http://sengna.com/2016/05/16/jargan/

・アイシン・グルンの『三国志演義』
http://sengna.com/2016/05/22/ilan_gurun_i_bithe/

詳しくは上記ブログ記事を順に読んでいただければいいんだけど、つまりは庄声『帝国を創った言語政策』(プリミエ・コレクション 71、京都大学学術出版会2016年3月、ISBN9784814000180、5940円)がおもしろく読み進めていらっしゃって。

・京都大学学術出版会:ホーム
http://www.kyoto-up.or.jp/

・京都大学学術出版会:帝国を創った言語政策
http://www.kyoto-up.or.jp/book.php?id=2105
※個人的には「『通鑑』から絵本へ」が印象強く気になる。

※関連記事 魏晋南朝の遷官制度(2013年3月)

その本に満州語版『三国志演義』の記述があったというもの。もちろん金文京『三国志演義の世界』を引いてきている。

※関連記事
 第2回三国志学会大会ノート5
 三国志演義の世界 増補版(2010年5月下旬)
 玄徳(福岡県北九州市小倉片野)

戦略は歴史から学べ 第5回 諸葛孔明は弱小組織を変えるためにこう考えた(2016年4月1日)


ネット たまたま見かけたので記事に、のストック放出。

・ダイヤモンド社書籍オンライン トップページ|ダイヤモンド・オンライン(Diamond Online)|ダイヤモンド社の総合ビジネス情報サイト
http://diamond.jp/list/books

・戦略は歴史から学べ
http://diamond.jp/category/s-senryakuharekishi

・諸葛孔明は弱小組織を変えるためにこう考えた|戦略は歴史から学べ|ダイヤモンド・オンライン
http://diamond.jp/articles/-/88474

※関連記事
 三国志 最高のリーダーは誰か(2010年8月27日)
 偉人は食から作られる!(2014年12月19日-) 歴史ドラマ一騎語り!(2015年4月20日-)

上記サイト、ダイヤモンド社のサイト「ダイヤモンド・オンライン」にて、上記ページにあるように、一ヶ月あまり連載していた鈴木博毅『戦略は歴史から学べ』の2016年4月1日掲載分は第5回「諸葛孔明は弱小組織を変えるためにこう考えた」だった。

石兵八陣の会(2016年5月14日)


  • 2016年5月11日(水) 08:32 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,152
ネット 開催日が迫っているので、早い目に記事に。

・ラジオCha-ngokushi(ちゃんごくし)第21回 2016.5.9配信
https://www.youtube.com/watch?v=dpLwMwWuEhk

※関連記事
 ラジオCha-ngokushi(ちゃんごくし)第1回(2015年7月20日)
 三国志ミニ縁日(六間道五丁目商店街2016年5月14日)

上記のネットラジオで知ったのだけど、下記ツイッターアカウントの下記ステータスによると、2016年5月14日土曜日18時に兵庫県神戸市長田区のKOBE三国志ガーデン近くの孔明わん像前集合で「石兵八陣の会」が開催されるという。

・むらや←RN:ヨネダトモ (muraya23) on Twitter
http://twitter.com/muraya23

・Twitter / muraya23: ラジオちゃんごくし最新21回配信しました~!三国志ガーデンが閉館ということで思い出なんぞに花を咲かせていますよ。 ...
https://twitter.com/muraya23/status/730026508434071552

8/6北九州 兀突骨で酒池肉林?!(2016年8月6日)


  • 2016年4月18日(月) 21:51 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    141,488
ネット ※関連記事
 関プチ2015:8/1北九州 兀突骨で酒池肉林?!(2015年8月1日)
 レポ:兀突骨に行くまで(2015年8月1日)

※追記 レポ1:8/1北九州 兀突骨で酒池肉林?!(2015年8月1日)

 昨年の上記関連記事に続いて今年も企画。

・8/6北九州 兀突骨で酒池肉林?!(三国志プチオフ会)
http://cte.main.jp/kanpetit/

 上記リンク先でも書いたように、2016年8月6日土曜日の19時から福岡県北九州市八幡西区黒崎の創作居酒屋「兀突骨」にて予算4000円程度で、肉を喰らい酒を飲むプチオフ会を行うので参加者募集中。今回はイメージしやすいようにNPO三国志フォーラム 清岡美津夫主催というのをきっちり出していこうと思う。冒頭関連記事に触れた昨年に続いて今年の夏も行うぞ、ってことで。追ってFACEBOOKページやTwiPlaのページへリンクを張って行く。

・兀突骨
http://jsite-fukuoka.com/kitakyushu/gotsutotsukotsu/

※一昨年の記事 レポ:7/26北九州 兀突骨で酒池肉林?! ラウンド1(2014年7月26日)

 PRポイントは他にもあるのだけど、まずは記事にしてみた。追記予定。

※追記。「参加表明プロフィール  TwiPla  FACEBOOK

はじめての三国志のエイプリルフール・ネタ2016


ネット もう4月1日もあと1時間でおわるので速報的に記事に。

※関連記事 三国志大戦トレーディングカードゲーム公式ウェブサイトのエイプリルフール・ネタ2015

上記関連記事にあるように昨年は『三国志大戦トレーディングカードゲーム』の公式サイトと「徹夜城の多趣味の城」の「史劇的な物見櫓」→「ニュースな史点」にエイプリルフール・ネタを伝えたのだけど今年は下記のサイト「はじめての三国志」。

・三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志
http://hajimete-sangokushi.com/

※関連記事 朗読三国志(2015年9月4日-)

・【重要なお知らせ】ストライキ決行
http://hajimete-sangokushi.com/2016/04/01/post-11310/

※リンク追記
・はじめての三国志「ストライキ決行」の熱い舞台裏
http://hajimete-sangokushi.com/2016/04/02/post-11318/

三国志ニュースでは「エイプリルフール・ネタ」と言い切ってしまっているが、明日以降もそのままの可能性もあるとあらかじめ断っておこう。ともかく上記ページから引用するに「週休8日の要求」とネタとわかりやすいシグナルとともにはじめての三国志経営陣に対しストライキを決行し、ヘッダーも「はじめてのストライキ」のロゴになっており、桃園三兄弟が鉢巻をしてスト中のイラストがある。それで代わりとなるコンテンツが「はじめてのスキッパーキ」と「はじめての西遊記」とのことで実際、ページがいくつかできている

三国志旅游局 2月13日神戸三宮オフ会(2016年2月13日)


ネット 文脈が解らず紹介を控えていたのだけど、参加募集が締め切られたので、記録のために記事に。

・三国志旅游局
http://travel.china-world.info/

・2月13日神戸三宮オフ会
http://travel.china-world.info/info/20160117_01/

上記サイトの上記ページによると、2016年2月13日土曜日14時30分からの部と17時からの部で「2月13日神戸三宮オフ会」が兵庫県神戸市三宮・元町あたりで開催されるという。つまりサイト「三国志旅游局」のオフ会で会費は3500円だ。14時30分からのが「関帝廟や南京町を巡ります」とのことで、17時からのが「老友酒家(中国料理)」で飲食とのこと。2月5日の時点で参加者が25名もいらっしゃるという大所帯だ。

※関連記事 桃園の誓い(2013年9月29日)

東京便り―中国図書情報 第25回(2016年1月)


ネット ※関連記事 それからの三国志(2014年12月11日)

 上記関連記事で少し触れた、2016年1月24日日曜日の三国志ガーデン交流会「単刀赴会」に参加し、馬渕さんのプレゼンも終わっていい感じでフリートークになっていた。

※関連記事 単刀赴会(2015年6月28日より毎月)

 冒頭の関連記事で書いたように、一応、高速バスの中で作った資料(レジュメ)、学会大会での過去3回の研究報告でのスライド、それにマンガ作品資料を持ってきていたが、まぁ、話を振られなければおとなしく持って帰るかなと思いつつ、楽しんでいた。
 ところが話が横山光輝『三国志』と連環画の話になって、特に後者になっていた。そこで教団さんが馬渕さんの言葉を拾って、清岡に話を振る。連環画についてはそれほど詳しくないんだけど、下記関連記事で触れた論文を思い出しつつ、書攤の話をしていた。でも前提としておそらく馬渕さんは今のコレクターズ・アイテムとしての連環画の話をしていて、清岡は下記関連記事にあるような本来の受容層である子供が読んでいた時代の話をしていたんで、まずその前提確認からすればよかったかな、と。

※関連記事 ノート:「連環画」の転変(『月刊しにか』2000年10月)

 ともあれその教団さんのパスのおかげで、良いきっかけになって用意した資料を参加者や出演者に見せることができた。レジュメに1980年代の日本の三国受容を中心とした年表を書き、ここ2年の研究報告で用いたスライドを見せつつ、1980年代、どんな感じで三国が受容されて行ったかというあらまし。

 それで本題はその連環画について。下記サイトの東方書店が発行するメールマガジン『【中国・本の情報館】Webユーザーのみなさまへ』vol.124(2016年1月29日発行)により知ったこと。同出版社サイトに、小林さゆり「東京便り―中国図書情報」というコラムが連載されてあって2016年1月更新のその第25回は下記のように「中国漫画・アニメファン必見!『中国漫画史』ほか ――中国図書ニュース」だという。あとそのメールマガジンには東方書店で2016年2月5日発売予定の『人民中国』2016年2月号の特集が「新時代迎える中国漫画」ということでこれに三国のことが書かれていることを認められれば記事を改めて紹介したい。※追記。連環画は導入部分のみで(「西遊記」は対談で出てくるが三国はなし)、それより中国でのマンガにかかわるビジネス現代史のほうが面白かった。10人に1人のネットユーザーから2人に1人になって、ネットでのマンガの需要が高まったって話から、1万数千人のマンガ家が日々作品をリリースしていくポータルサイトの話。そして「10万の寒いギャグ」(だっけ?)ははじめ練習がてら書いたマンガがいつぞや一番人気になって、2014年末のアニメ映画で一気に利益を上げたっていうサクセスストーリー。

・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~
http://www.toho-shoten.co.jp/

・東京便り '16/01 第25回 中国漫画・アニメファン必見!『中国漫画史』ほか――中国図書ニュース
http://www.toho-shoten.co.jp/beijing/beijinnew.html

・北京メディアウオッチ@東京 〔ブログ〕
http://pekin-media.jugem.jp/
※コラム著者ブログ

 その今回のコラムは、前半部分、最近、刊行された陳維東/主編『中国漫画史』(現代出版社2015年11月刊)について(こちらは中文なんで三国志ニュースには記事にされないかな)。その書籍には当然、中国漫画史には欠かせない連環画のことが書かれてあるようで、コラムで要訳された箇所にはばっちり三国のことが書かれてあった。ちなみにこの主編、どこかで見覚えがあると思ったら、陳維東・梁小龍/著『三国演義』(マンガ)の著者だった。下記の議事録によると、「大陸では5000部発行。教育向け」とのことだった。

※関連記事
 中国名作新漫画「三国演義」全10巻(2010年2月8日)
 ノート:日本における三国志マンガの翻案過程(2012年6月23日)
 議事録:三国創作における視覚的研究材についての情報交換会(仮題)(2012年7月5日)
 メモ:日中における『三国志』の受容と再創造の概況

※新規関連記事 汲古書院 訳あり特価本販売中(東方書店2017年12月)

三サポ板ツリー別閲覧ランキング2015


ネット ・三国志ファンのためのサポート掲示板
http://cte.main.jp/

 上記サイトは私が管理するサイトの一つなんだけど、半年を区切りとしてフロントページにてツリー別閲覧ランキングを更新している。
 以上のような書き出しの記事を、下記記事にあるように1年前もそうだし何年も書いていて、今年も記事にしてみて、2015年上半期と下半期の二つを一辺に表示してみる。「三国志ニュース」の年始の定例のつもりだけど、その対象となる掲示板自体がそれほど活性なところではなくアーカイブとして使われているため、来年もそうなるとは限らない。

※関連記事
 三サポ板ツリー別閲覧ランキング2014
 三サポ板ツリー別閲覧ランキング2015上半期

※追記 三サポ板ツリー別閲覧ランキング2016上半期

 この「ツリー別閲覧ランキング」は下記の記事別の閲覧ランキングの閲覧数が多い記事を参考にして、ツリー別に組みなおしてできたものだ。その後の作業として、記事別の閲覧ランキングをリセットしている(つまりは記事別のヒット数全てを0にする)。

・閲覧ランキング
http://cte.main.jp/c-board.cgi?cmd=rnr


☆ツリー別閲覧ランキング(2015/1-2015/6)
 1. リンク破廉恥ネタかもしれませんが・・・
 2. リンク国の色
 3. リンク馬氏の五常
 4. リンク「[登β]哀王曹沖」の現代語訳
 5. リンク三国志の原文・書き下し文・日本語訳
 6. リンク曹張無言問答
 7. リンク三国志の時代の服装について
 8. リンク陸遜の正室って誰ですか?
 9. リンク呂布の妻について
 10.リンク三国時代の建物など
 11.リンク魏晋の役人(獄吏)について
 12.リンク凌統の官職名について
 13.リンクなぜ曹操は渡河を試みたのか(赤壁)
 14.リンク凌統の妻について。
 15.リンク五徳説-それぞれの王朝は何徳?
 16.リンク「中平」年号について
 17.リンク「黄天」?「黄夫」??
 18.リンク三国志を取り巻く現状を憂う(長いです)
 19.リンク曹操の幼名(吉利、阿瞞)について
 20.リンク呂布って一体何歳くらいだと思いますか

☆ツリー別閲覧ランキング(2015/7-2015/12)
 1. リンク破廉恥ネタかもしれませんが・・・
 2. リンク国の色
 3. リンク三国志の原文・書き下し文・日本語訳
 4. リンク三国志の時代の服装について
 5. リンク曹張無言問答
 6. リンク馬氏の五常
 7. リンク三国志を取り巻く現状を憂う(長いです)
 8. リンク呂布って一体何歳くらいだと思いますか
 9. リンク「[登β]哀王曹沖」の現代語訳
 10.リンク陸遜の正室って誰ですか?
 11.リンクなぜ曹操は渡河を試みたのか(赤壁)
 12.リンク呂布の妻について
 13.リンク「中平」年号について
 14.リンク五徳説-それぞれの王朝は何徳?
 15.リンク魏晋の役人(獄吏)について
 16.リンク三国時代の建物など
 17.リンク凌統の官職名について(承烈都尉)
 18.リンク分冊百科「週刊ビジュアル三国志」創刊
 19.リンク雑号将軍らの開府に及び幕僚等への俸給
 20.リンク曹操の幼名(吉利、阿瞞)について

十大三国志ニュース2015


  • 2015年12月31日(木) 19:05 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,026
ネット ※関連記事
 三国志 義兄弟の宴(東京都港区 2015年9月13日-)
 らじおちゃ忘年会with東々ミニライブ@新長田(2015年12月27日)

 上記関連記事にあるように勝手に自分的三大三国志忘年会と称し、2015年12月20日に東京で「三国志義兄弟の宴 忘年会」、2015年12月27日に神戸で「らじおちゃ忘年会with東々ミニライブ@新長田」と参加して、最後がすっかり毎年恒例になった2015年12月30日の九州三国志忘年会に参加する予定だった。
 前日の12月29日は定期券や2016年1月10日に「第8回 三国志義兄弟の宴」に参加するための夜行バスチケットを買いに行った以外は、丸一日ビデオ消化に費やしていて、しかも一週間前の風邪をこじらせていたんで、薬を飲んだら、そのまま20時には眠ってしまい、23時におきて、そこから風呂に入って、日付を跨ぎ、出発準備にとりかかっていた。ちなみに体温を測ると平熱だった。なので、風邪薬、のど飴二種、ティッシュ箱、点鼻薬、体温計を持っていくことにする。
 下記関連記事にあるように、今回も話のネタに、黒崎という地で十大三国志ニュース2015を決めてしまおうと思っていた。

※関連記事 十大三国志ニュース2014