Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2021年 12月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 64 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

いつか聞きたい三国志(YouTube 2021年9月22日-)


ネット ※前の記事 中国時代劇がさらに楽しくなる!(2021年9月7日)

 2021年9月23日木曜日、下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。

・佐藤ひろお@『晋書』完訳プロジェクト (Hiro_Satoh) on Twitter
https://twitter.com/Hiro_Satoh

・Twitter / Hiro_Satoh: 護倭中郎将(ごわ) @darql さんと、三国志の音声番組を始めました。三国志が好きすぎて大学院に出席した経験もあるふたりが、趣味として三国志を語ります。ひとりじゃ無理でした。ふたりだから聞きやすいラジオになっていると思います。初回は「四国志序論(仮)」週1更新が目標 https://www.youtube.com/watch?v=oV85u6kJ2EI ...
https://twitter.com/Hiro_Satoh/status/1440609441930309641

 下記の佐藤ひろおさんのYouTubeのチャンネル自体の紹介記事作成の時期を逸しているのだけ、そのチャンネル内で2021年9月22日より番組「いつか聞きたい三国志」を始められたとのことで、これを書いている時点では3動画あり、「護倭中郎将さんとのラジオ|いつか聞きたい三国志」と題されプレイリストもある。

・いつか書きたい三国志 - YouTube
https://www.youtube.com/channel/UC9e9QplPWm1QvMDqCVY8-rg

※関連記事 リンク:新長田|三国志八宝茶 Cha-ngokushi に行ってきました(YouTube 2021年8月15日)

※新規関連記事 三国志独学入門(YouTube 2021年9月24日-)

・護倭中郎将さんとのラジオ|いつか聞きたい三国志
https://www.youtube.com/playlist?list=PLeN-ycLHEj6IisXHq_gkNMFG-Gd7q-p3A

※関連記事
 漢文訓読会(2010年10月8日より毎週金曜21時)
 第一回中国歴史発表会(Web2017年11月18日)

・護倭中郎将/ごわ/董卓/すぐる/Ryu (darql) on Twitter
http://twitter.com/darql

※関連記事 『華陽国志』の世界(東洋大学2017年9月30日)

・投資・研究開発としての動画投稿、日銭をねらう動画投稿
https://note.com/hirosatoh3594/n/nd31836a04af5
※この番組について記述される。

・新番組紹介・四国志序論(仮)|いつか聞きたい三国志 巻一
https://www.youtube.com/watch?v=oV85u6kJ2EI
※2021年9月22日

・大学/大学院で三国志を学ぶ方法|高校生/大学生/社会人の皆さまへ|いつか聞きたい三国志 巻二
https://www.youtube.com/watch?v=vd4EutRZpdc
※2021年9月29日

・デビュー論文|袁術の皇帝即位の過程とその正統性|ファンと学術界のあいだ|いつか聞きたい三国志 巻三
https://www.youtube.com/watch?v=hshE3PDxTnU
※2021年10月1日

・【護倭】三国志を楽しむための本の世界(上)|いつか聞きたい三国志 巻四 - YouTube
https://youtu.be/sOdHX8tl3GA

・【護倭】三国に散った「元袁術の人脈」|いつか聞きたい三国志 巻六 - YouTube
https://youtu.be/Saq7nfJQ33g

・【護倭】袁術が支配した4つの州?|問題設定と論証の方法|いつか聞きたい三国志 巻七 - YouTube
https://youtu.be/K6IoSo0QZ38

※新規関連記事 リンク:孫策・周瑜の「断金」の交わりの歴史的背景(東洋哲学研究所紀要第28号 2012年12月)

 巻一にて。三国志ファンの受容史的にも興味深いなぁ、本との関わりとか。『三国志集解』から陳宮の出身地を見つけたという1997年の投稿(下記記事参照)みたくこれも歴史化するんだろうな。Webで流れていく(消えてしまう)情報を拾っていく雑談。需要ありそう!論文を読むガイドも需要ありそう!そうそうWikipediaって感覚は視聴者目線(視座)では大事!

※関連記事 月刊 DaGama 1997年5月号

 巻ニにて。確かに企画をかぶってるね、初期論文を見返す(※「竹内真彦の三国志ラビリンス」とね)。そういう被りは面白いかも。ひろおさんの「三国志演義」の説明は腑に落ちる。進学に悩む三国志好きには良いガイドになるかと。字幕を活用するようになられた。

※関連記事 竹内真彦の三国志ラビリンス(シラス2021年8月12日-)

 巻三にて、ニヨニヨしながら聴ける(笑)六号以前だと論考以外に訳注や雑纂があるのが結構目を引くかな。「諸葛亮の下で働くの、むちゃくちゃしんどいな」(笑)いや意識の違い興味深い。中国・アジア研究論文データベースでそのデビュー論文を検索したけど出てこない。雑纂も出てこないんでここらへん番組でおっしゃっていた「研究ノート」だから?ちなみに第九号の論文「漢魏革命の固有性」はデータベースで読める。

※関連記事
 三國志研究第六号(2011年8月27日)
 中国・アジア研究論文データベース(2016年1月25日公開)

※新規関連記事 リンク:[書評]関羽と霊異伝説(中国研究月報2020年9月号)


 1時40分、日常の記述に戻って、下記のブログ「「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む」のk時を読む。「戦闘不能」とか元来の中国語だと通じないのか、そういえば。

・中国オタク「二次元特有の中国語的に意味不明な日本語由来の漢字単語やズレた使い方の言葉について語ろう」
http://blog.livedoor.jp/kashikou/archives/52137394.html
※2021年09月22日19:07

※関連記事 リンク:中国版FGOで大部分の中華系サーヴァントの名前やイラストなどに修正が入り大混乱中(「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む2021年09月16日)

 2時2分、2020年6月3日テレビ大阪でのセレクション放送「もう一度見たい!ローカル路線バス乗り継ぎの旅 特別編」を見る。山口県から高知県の室戸岬まであれだけ苦労して、もしや、と思ったら、良い意味で裏切られた。知らない土地が多かったけどおもろいなー。2時15分、アニメ「転スラ」2-23を見る。前回までのシリアス路線はなんだったんだ、っていう感じの抜け具合が良いね!波動拳もかめはめ波もでた!月が導く1-12 かっこいい!三国志ニュースの記事「空旅中国 英雄が駆けた道 蜀の道(NHK BSプレミアム2021年9月26日)」を書く、3時36分アップ。ミラン×ヴェネツィア!2-0でクリーンシートで手堅く勝利!というかよくあの引くプロビンチャを攻略できた。下記の9月21日の記事を読む。パートナーからOKでた理由が個人が特定されないVtuberとか、一瞬で人前に出られるVtuberとか、なるほど。

・「VTuberはもうひとりの自分」子育てママがハマる深い理由
https://chanto.jp.net/going-out/hobby/256965/

 9月24日金曜日、19時、かげきしょうじょ!#12からのスター・トレック:ローワー・デッキ#2-7。母親ものがTNGとマッド・コンピュータがTOS(というかドクター・フーっぽくもある・笑)と、スタトレのエッセンスがきっちりあるね、それぞれを安心感がある。

※次の記事 三国志独学入門(YouTube 2021年9月24日-)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/5837
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。