Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2022年 06月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 72 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

策らぜんざい(神戸Cha-ngokushi2022年4月)


物品 ※前の記事 パリピ孔明関連 インタビュー記事(2022年3月26日-4月3日)

 2022年4月2日土曜日、本題に入る前に日常記述を。その日は5時に目覚し時計をかけて7時15分起床。ありがちといえばありがち、あきらめて洗濯機まわして、コーヒーをいれて、前日買った200円未満の菓子パンを食べて、風呂に入って、洗濯物を干して9時15分出発。それで阪急の特急に乗り込む。車内で、下記の友仁さんの配信を見直す。「雑談コラボをやろう」というまでの流れをちゃんと見ないと。某さんがいらっしゃってAPEXの話になって→しゃべりメインだって話(ゲームサブ)で→得意なゲームの話になって→コメントで外部の大型コラボの話(Mさんから)になって→コラボ話になって、人と話している方がおもしろいって話→自分が未完成って気持ちで今までコラボを控えていたと。→(ホロのたとえ出されても)→トークコラボ

・【収益化計画】#03 星居友仁収益化計画 3月振り返り【Vtuber】
https://youtu.be/LZpafGIbjWQ

※関連記事 リンク:【0時LIVE】来た人描くぞ!お絵かき雑談!Drawing☆彡スペシャル回か(2022年3月20日)

※新規関連記事 入門 中国学の方法(2022年4月)

 そのときの気になる選手がいるチームを中心に見てたからな、カルロス・バッカのコロンビアとか、アンテ・レビッチのクロアチアとか。今回どこだろ。フランス確定か?テオの意外性に期待……いやイタリアがいないんで、撮り溜めて一年半後に見るスタイルだけど。11時30分、神戸のブックカフェCha-ngokushi(ちゃんごくし)に到着。

・Cha-ngokushi (Changokushi) on Twitter
https://twitter.com/Changokushi

※関連記事 Dragon’s Bite~龍王ノ宴~ Songs Collection Vol.1, 2(2021年7月28日、2022年3月2日)

※新規関連記事 パリピ孔明 9巻(2022年4月6日)

 事前にネットで見てた4月限定の新メニューを注文。その名は 策らぜんざい。孫策と桜をかけたメニュー。4つの白玉はそれぞれ孫策、周瑜、大橋、小橋を意味するそうで(いやそもそも白玉のような顔の周瑜からの発想)。凍頂烏龍茶がつく。ちょっと肌寒な日に、暖かくて桜餅で春らしい。美味。もともと孫策は無関係で、単に季節に合わせた限定メニューとしてサクラ善哉を用意していたけど、特に三国志との関係が思いつかないままでいたら、たまたま孫策好きの客がいらっしゃって、思いついたとのこと。あと孫策つながりで、孫策SAKUSAKU杏仁酥も注文。

※関連記事 ブックカフェCha-ngokushi( ちゃんごくし )にて勝手にDay 3 呉(神戸2020年6月1日)

 そして写真撮影。



※関連記事 リンク:【0時LIVE】来た人描くぞ!お絵かき雑談!Drawing☆彡スペシャル回か(2022年3月20日)

 いや上記関連記事のツイッターカード画像を撮りに来たので孫堅が表紙の横山光輝『三国志』7巻が上記写真にあるのだけど、よくよく考えたら、上記関連に対しても、策らぜんざいの記事に対しても中途半端で意味不明だったので、後日結局、撮り直していた。



 下記関連記事などにもあるように、年1ぐらいのペースで新メニューが開発されているので今後の展開も期待できる。

※関連記事 三国志バナー(神戸市長田区2009年3月-)

※次の記事 リンク:「あああ才能がほしい」と叫んだ話(note佐藤ひろお|三国志研究中2022年4月2日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/6039
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。