Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 07月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 2件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

『SDガンダム三国伝 風雲豪傑編』1巻(2007年11月16日)


  • 2007年9月29日(土) 15:54 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,648
マンガ 以前、師走さんから漫画雑誌の『コミックボンボン』が今年いっぱいで休刊するという話を聞いて、後日、『コミックボンボン』で『ゴキちゃん』を連載していた須賀原洋行先生のブログを見ていると、たまたまその事実を確認できてしまう(下記リンク先)。

・マンガ家Sのブログ
http://uaa-nikki.cocolog-nifty.com/
『ゴキちゃん』のこと
http://uaa-nikki.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_8e1a.html

それで「三国志ニュース」なんで三国志関連の話に戻すと、玩具の『BB戦士三国伝 ~風雲豪傑編~』を漫画化した『SDガンダム三国伝 風雲豪傑編』が『コミックボンボン』で連載されているんでそれがどうなるのか気になっていた。

※関連サイト
・BB戦士三国伝 ~風雲豪傑編~
http://sangokuden.net
・バンダイホビーサイト
http://bandai-hobby.net/

・ボンボン公式WEBサイト「ボンボンアイランド」
http://bombom.kodansha.co.jp/

※関連記事
・「BB戦士三国伝」の公式サイト
http://cte.main.jp/newsch/article.php/591
・『SDガンダム三国伝 風雲豪傑編』(コミックボンボン)連載開始(2007年6月15日)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/628
・『BB戦士三国伝~英雄激突編~』(漫画)連載開始
http://cte.main.jp/newsch/article.php/728

<次巻>
 『SDガンダム三国伝 風雲豪傑編』2巻(2008年5月16日)

※追記 『BB戦士三国伝~英雄激突編~』1巻(2008年9月26日)

最近「BB戦士三国伝」関連のワードで検索されることが多いんで、逆にそのワードで検索してみると下記のサイトとブログ記事が引っかかる

・ときた洸一総合カタログ
http://www2.hi-nobori.net/tokita/
・みっちり作業中☆
http://blog.so-net.ne.jp/tokita/2007-09-22

どうやら『SDガンダム三国伝 風雲豪傑編』の作者である、ときた洸一先生のサイトとブログのようだ。そのブログ記事によると、あと2回で終わる、つまり、『コミックボンボン』12月号(2007年11月15日発売分)で終わるとのこと。
しかし、悪いニュースばかりでなく、『SDガンダム三国伝 風雲豪傑編』の単行本の発売が決定したとのこと。さらに全2巻を予定しており、2巻目は「大幅な描き下ろしをする予定」とのこと。今、下記の講談社BOOK倶楽部でコミックスの発売予定を見ると、バッチリ1巻の情報が載っていた。
<11月15日追記>
「ボンボンアイランド」によると「描き下ろしに加え、コミックス2巻を、2008年春にテレビマガジン編集部より刊行予定。」とのこと。
<追記終了>


・講談社BOOK倶楽部
http://shop.kodansha.jp/

その情報を引用。
--引用開始---------------------------------------------------------
作品名 巻数 著者名 定価(税込) 発売日
SDガンダム三国伝 風雲豪傑編 1 ときた洸一/矢立肇/富野由悠季 560 11/16
--引用終了---------------------------------------------------------

つまり、著者は「ときた洸一/矢立肇/富野由悠季」で、2007年11月16日に『SDガンダム三国伝 風雲豪傑編』1巻が560円で発売するとのこと。

2時間でわかる「三国志」と古代中国(2007年10月17日)


  • 2007年9月28日(金) 18:31 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,038
書籍 2007年10月17日に『2時間でわかる「三国志」と古代中国』(KAWADE夢文庫、「常識として知っておきたい、中国激動の時代の歴史と英雄たち」という副題がある)という書籍が河出書房新社から540円で出版されるとのこと。詳しくは下記の河出書房新社のサイトへ。

・河出書房新社
http://www.kawade.co.jp/

紹介文を上記サイトから引用。

--引用開始---------------------------------------------------------
始皇帝、項羽と劉邦、諸葛孔明…個性的な英雄が次々と現れた古代中国。『三国志』や『史記』に描かれた名場面やエピソード、そこから生まれたことわざ・慣用句など激動の時代の歴史ロマンを楽しむ入門書!
--引用終了---------------------------------------------------------

こういった時間制限のあるタイトルの三国志関連で、今までうまく書けているものを個人的に見たことないんだけど(詰め込みすぎか端折りすぎ)、これはどうだろね。
あと書籍は「三国志」に限った内容でないが、タイトルには他の史書を押しのけて「三国志」と入れているのは、タイトルに「三国志」と入れると売り上げがアップすると売り手に思われている傍証になりうるのかな。

※追記 いっきに読める三国志(2009年11月16日)

※追記 三国志の〈兵法〉のことがマンガで3時間でわかる本(2008年5月18日)

コミック三国志マガジン(2007年9月27日配信開始)


  • 2007年9月27日(木) 12:09 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,210
マンガ ・『コミック三国志マガジンWeb版』(2007年9月27日配信)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/673

上記の続き。下記に配信のURL一覧

・Yahoo!コミック
http://comics.yahoo.co.jp/
・Yahoo!コミック(無料マガジン)
http://comics.yahoo.co.jp/magazine/
・Yahoo!コミック(コミック三国志マガジン)
http://comics.yahoo.co.jp/magazine/sangokushi_0001.html

URLに「0001」となっているけど、他の雑誌をみるとみんな「0001」となっているんでまだ拡張性はなさそうだね(<9月30日追記>作品数が増えたら、リストが次のページ(0002)に及ぶってことのようだ)。あと下記公式サイトも9月27日に更新されている。

・コミックフラッパーオフィシャルサイト
http://www.comic-flapper.com/
・コミック三国志マガジン
http://www.comic-flapper.com/sangokushi.html

コミック三国志マガジンのページによると、ケータイコミック書店で携帯電話からも見れるようだね。

話戻して、まずはどういった形態か見る。実際の雑誌のように作品をまとめてパッケージするのではなく、作品ごとの更新のようだ。二ヶ月に一回『コミック三国志マガジン』を購読していた人は注意。気付いたらバックナンバーばかりになってしまうので。
あと他の雑誌と違って提供元がページに明記されていないのが、気になるんだけど(9月27日8:00現在→と思ったら、「提供元:デジタルカタパルト」と表記。各漫画のページを見ると「情報提供元:デジタルカタパルト 出版社:メディアファクトリー」となってるね。)

下記に作品ごとの次回更新をまとめてみる。『コミック三国志マガジン』として今のところ毎週木曜日配信が維持されているね。

次回10/18←・STOP! 劉備くん! (著者:白井恵理子) ※6ページ
次回10/11←・説三分 (著者:佐々木泉) ※11ページ
<10月17日追記>いつの間にか次回が10/25に変更されている

次回10/11←・三国志群雄伝 火鳳燎原 (著者:陳某) ※22ページ
次回10/4 ←・鋼鉄三国志 (作画:KYO 原作:鋼鉄三国志プロジェクト) ※32ページ
次回10/4 ←・アレ国志 (著者:末弘) ※6ページ

お知らせには「今後の新規連載にも、ご期待下さい。」とのこと。



それにしてもどれも連載を追いかけてなかった身としては、どれか公開済/未公開の掲載分かわからないなぁ。

<10月9日追記>
未だに「コミック三国志マガジン Vol.16」で検索する人が居るが、その人の中ではこういう展開が想像も付かず検索の手掛かりさえも掴めてないんだろうな(とりあえず公式サイト、行ったらいいのにと思うが)
あと「三国志コミックマガジン」は間違いね。でも確か、創刊する前はそういう表記だったような気がする。
…と手元の資料をみると一部そうだったみたいだね。以下、「SWEET三国志」の文庫本についていた広告の写し。そういや『史伝 三国志』はどうなった(笑)

<黒字白抜き>
世界初の三国志コミックマガジン

誕生

<黒字白抜き>
総ページ
400ページで贈る
1冊丸ごと
三国志コミック誌!

三国志にまつわる全ての物語を網羅。
乱世の勝者・曹操の人生を描く
『曹操正伝』100ページ一挙掲載
台湾No.1ヒット、司馬懿が活躍する
三国志ファンタジー「火鳳僚原」100ページ
難読書・三国志正史に基づく、
新しく最も正当な三国志物語『史伝 三国志』
あの大ヒット書籍「三国志新聞」の主筆がより深く広く
当時の姿を報道する決定版『三国志新聞』など
盛りだくさんの内容でお届けする、
三国志ファン必携の1冊

<黒字白抜き>
コミック

三国志マガジン(仮)

2005年1月下旬発売予定 予価580円(税込)


<2/15追記>
『劉備くん’08春 桃園畑でつかまえて』(メディアファクトリー、2008年2月23日)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/819
『三国志群雄伝 火鳳燎原』5巻(メディアファクトリー、2007年12月22日)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/754

※追記 『うまなみ三国志』掲載(2008年7月31日)

※追記 コミックヒストリア(2009年11月26日)

『鋼鉄三国志』関連商品2


  • 2007年9月26日(水) 12:38 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,007
アニメ ・『鋼鉄三国志』関連商品
http://cte.main.jp/newsch/article.php/613

 上記の続き。
 アニメの『鋼鉄三国志』はテレビ東京で2007年4月5日26時15分から第1話(30分番組)が放送したのを皮切りにテレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送と各地方のテレビ局で放送され、CS放送のアニメ専用チャンネルのAT-Xでも放送されている。
 それが全25話で、テレビ東京では2007年9月27日26時15分の話で最終回となり、他の地上波放送も来週、次々と最終回を迎える。

※関連リンク
・鋼鉄三国志
http://www.koutetsu-sangokushi.jp/
・あにてれ鋼鉄三国志(テレビ東京)
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/koutetsu-sangokushi/
http://www.tv-tokyo.co.jp/contents/koutetsu-sangokushi/index.html

・AT-X
http://www.at-x.com/

<関連記事>2007年1月10日「鋼鉄三国志」公式サイトオープン
http://cte.main.jp/newsch/article.php/481

 また漫画の方は2007年9月27日無料配信の『コミック三国志マガジン』で5話目を迎える。
<9月27日訂正>と思ったら1回目を公開しているようだね。

・『コミック三国志マガジンWeb版』(2007年9月27日配信)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/673

 あと公式のイベントも行われた。

・集え!呉下の駿馬たち~熱き風のもとへ~(2007年8月26日)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/643

 アニメが最終回を迎えてもDVDやCDなど、まだまだコナミデジタルエンタテインメントの商品展開は活発で、キャラクター一人のイラストを入れたCD-ROM(ボイスディスクコレクション)を525円という低価格でまるでコレクションアイテムのように売り出すあたりには感心することしきり。

・鋼鉄三国志(コナミデジタルエンタテインメント)
http://www.konami.jp/visual/koutetsu-sangokushi/

 というわけで下記に関連商品をまとめてみる。まぁ正確な情報は上記公式サイト(コナミデジタルエンタテインメント)にて。


●CD関連

発売:2007年7月11日
・鋼鉄三国志 オリジナルサウンドトラック
3059円

発売:2007年8月8日
・鋼鉄三国志 外史想歌 第一伝 ~思慕~
2940円
ドラマ&イメージソングアルバム
オリジナルドラマ 5編/ノスタルジア ~外史想歌テーマソング~ (camino)/陸遜伯言イメージソング 歌:宮野真守/凌統公績イメージソング 歌:斎賀みつき/甘寧興覇イメージソング 歌:諏訪部順一

発売:2007年9月5日
・鋼鉄三国志 外史想歌 第二伝 ~六駿~
2940円
ドラマ&イメージソングアルバム
オリジナルドラマ 4編/ノスタルジア ~外史想歌テーマソング~ (camino)/太史慈子義イメージソング「無限の大樹」 歌:伊藤健太郎/鋼鉄三国志イメージソング「風紋」 歌:宮野真守・斎賀みつき・伊藤健太郎・諏訪部順一・遊佐浩二/諸葛瑾子瑜イメージソング「水影」 歌:遊佐浩二

発売:2007年10月10日
・鋼鉄三国志 外史想歌 第三伝 ~友愛~
2940円
ドラマ&イメージソングアルバム
オリジナルドラマ 5編/ノスタルジア ~外史想歌テーマソング~ (camino)/孫権仲謀イメージソング「曳航の森」 歌:生天目仁美/諸葛亮孔明イメージソング「遥かなる河」 歌:子安武人/陸遜伯言イメージソング「光芒」 歌:宮野真守

<追記>
発売:2007年12月5日
・鋼鉄三国志ベストアルバム GO FORWARD
3990円
ベストアルバム(CD+DVDの2枚組)
(CD)オープニング、エンディングテーマのほか、すべてのキャラクターイメージソングを収録。(DVD)鋼鉄三国志・夏のイベント「集え!呉下の駿馬たち~熱き風のもとへ~」の模様を全コーナー収録
<追記終了>

●DVD関連

発売:2007年8月22日
鋼鉄三国志 Vol.2
6300円
第3話「若き志士ども、江東の大地に集結す」、第4話「隻眼の勇者、戦士の道を凌統に託す」、第5話「嘆きの凌統、仇敵を求めて咆哮す」

発売:2007年9月26日
鋼鉄三国志 Vol.3
6300円
第6話「鈴の甘寧、悲しき一矢を戦場に射る」、第7話「惑いし陸遜、師との再会に光を見る」、第8話「諸葛孔明、論を以て呉の孫権を動かす」

<10月10日追記>

発売:2007年10月24日
鋼鉄三国志 Vol.4
6300円
第9話「若武者集いて、江東の山河に己を磨く」、第10話「曹孟徳、赤き壁を駆りて孫呉へ迫る」、第11話「呉の六駿、夜明けの長江に紅く煌く」

発売:2007年11月21日
鋼鉄三国志 Vol.5
6300円
第12話「知略と鬼略、妖しき笛の音湖畔に木霊す」、第13話「美周郎、戦野に立ちて陸遜を導く」、第14話「孫呉の慟哭、六駿鎮魂に揺らめく」

<追記終了>

●CD-ROM関連

発売:2007年10月11日
鋼鉄三国志 ボイスディスクコレクション(BOX仕様、1ボックス10枚入り)
5250円
台詞集、壁紙集、スクリーンセーバー
※1枚525円のキャラクターごとのばら売りもあり


<9月29日追記>
●書籍

発売:2007年10月26日
鋼鉄三国志~六駿夜曲~(ノベルス)
980円
著者:大代タカラ、平舞喜歩、五十鈴あやか
監修:鋼鉄三国志プロジェクト
イラスト:ことき

発売:2007年10月26日
鋼鉄三国志設定集 ~六駿探究之書~
1500円
<追記終了>


☆【コナミネットDX】鋼鉄三国志特設コーナー
http://www.konami.jp/mobile/special/koutetsu-sangokushi/

●携帯ゲーム

配信:2007年9月3日
・鋼鉄三国志
iモード:月額315円、Yahoo!ケータイ:月額315円/1アプリ525円
アドベンチャーゲーム

●デジタルコミックス(携帯)

配信:2007年8月24日より毎週金曜日
・鋼鉄三国志
月額315円(iモード、EZweb、Yahoo!ケータイ)
アニメコミック


<次回>
・『鋼鉄三国志』第26話(2008年3月26日)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/771

張飛の仮装(関口知宏の中国鉄道大紀行)


  • 2007年9月24日(月) 15:59 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,713
テレビ ただのメモ書き。

・関口知宏の中国鉄道大紀行 ~最長片道ルート36,000kmをゆく~
http://www.nhk.or.jp/tabi/

「関口知宏の中国鉄道大紀行」は中継も日めくり版も両方みているつもりなんだけど、今日、BS2で「春の旅・決定版」を見て初めて、重慶駅で途中下車した折りに立ち寄った磁器口にある牛肉店前で張飛の仮装をした人が呼び込みしていることに気付いた。
ちゃんと蛇矛持っているし、店の看板には「品蜀中佳肴張飛牛肉色鮮味…」とか書かれているんだけど、張飛の恰好をしている人があまりにもスマートだったんで、見落としたんだろう。カメラはその張飛の人の足下から上へ映しているんだけど、関口さんは「すごい恰好してるね」と声をかけるしか絡みがなかったってのもあるんだけど。


※追記 三国志「張飛」にも不況直撃!? 重慶の街で串焼き売る(中国情報局)