Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2022年 05月
«
»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 71 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

「三国志」の英雄--関羽(2009年12月11日)


  • 2009年12月31日(木) 00:51 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,825
書籍 ※関連記事 人を動かす劉備 合理主義の曹操(2009年11月28日)

上記関連記事で下記ダイヤモンド社のサイトにアクセスし知ったこと。

・ダイヤモンド社
http://www.diamond.co.jp/

・ビジネス・リーダー必読!「歴史×ビジネス」マガジン 歴学
http://drc.diamond.co.jp/rekigaku/

上記、ダイヤモンド社のサイトのページによると、ダイヤモンド社から、週刊ダイヤモンド 別冊 2010年1月11日号として『歴学 幕末と維新』が780円で2009年12月11日に発売したという。目次を見ると、それらの中に、渡邉義浩/著「「三国志」の英雄--関羽」というのが見える。

人を動かす劉備 合理主義の曹操(2009年11月28日)


  • 2009年12月30日(水) 20:07 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,687
書籍 ※関連記事 書羅盤より2009年2月発売の書籍

上記関連記事で紹介したメールマガジン『書羅盤・チャイナブックナビゲーター』の2009年第21号(総204号)(2009年12月29日発行)で知ったこと。2009年12月第三弾。

・ダイヤモンド社
http://www.diamond.co.jp/

・人を動かす劉備 合理主義の曹操  (※上記サイトのページ)
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?isbn=4-478-00313-8

上記、ダイヤモンド社のサイトのページによると、ダイヤモンド社から、成君憶/著・深川千夏子/訳『人を動かす劉備 合理主義の曹操 三国志に学ぶ水煮経営論』(ISBN 978-4478003138)が1680円で2009年11月に発売したという。下記関連記事の1番目から見ると、横山光輝/著『三国志』(漫画)の絵を表紙に取り込んだダイヤモンド社のビジネス関連書第三弾といったところだろうか。表紙の題名の文字に合わせ右に若い劉備、左に若い曹操の絵がある。
『水煮三国志』が好きな方はどうぞ、といったところなんだろうか。

※関連記事
 三国志で学ぶランチェスターの法則(2009年7月30日)
 2005年7月 水煮三国志

※追記 「三国志」の英雄--関羽(2009年12月11日)

『三国志』正史に学ぶ生き残り術(2009年12月20日)


  • 2009年12月29日(火) 23:19 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,934
書籍 ※関連記事 書羅盤より2009年2月発売の書籍

上記関連記事で紹介したメールマガジン『書羅盤・チャイナブックナビゲーター』の2009年第21号(総204号)(2009年12月29日発行)で知ったこと。2009年12月第二弾。

・明治書院ホームページ
http://www.meijishoin.co.jp/

・HOME|おとなの学びやは大人の教科書「学びやぶっく」シリーズの専用サイトです
http://www.manabiya-book.jp/

上記、「学びやぶっく」シリーズのサイトによると、明治書院から、守屋洋/著『『三国志』正史に学ぶ生き残り術』(ISBN 978-4-625-68435-7)が1260円で2009年12月20日に発売したという。「学びやぶっく」シリーズというのがあって、そのNO.25だそうな。

上記サイトから目次などを下記へ引用する。
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【目次】

序章   三国志の時代

…三つ巴で展開された非情の

サバイバル競争

第一章 「魏」の曹操

…治世の能臣、乱世の姦雄

第二章 「蜀」の劉備

…「徳」によって人心を得る

第三章 「呉」の孫権

…形勢観望のリアリスト

第四章 軍師としての諸葛孔明

…「負けない戦い」に徹した名采配

第五章 政治家としての諸葛孔明

…小国の蜀を支えた最小の苦心


◎歴史は豊富なケーススタディの参考書である。事の善悪を脚色しない「正史」から先人の知恵を学ぶ。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新人物往来社サイトリニューアル(2009年12月24日)


  • 2009年12月25日(金) 20:31 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,119
書籍 たびたび「三国志」の特集が組まれたり、「三国志」の別冊が出たりする雑誌に月刊『歴史読本』というのがある。その雑誌を出す出版社は新人物往来社であり、そのウェブサイトの説明文によると「月刊歴史読本の刊行をはじめ歴史愛好家のための歴史総合出版社。」と言うことで歴史に特化したところだ。
その出版社のサイトが2009年12月24日にリニューアルされたという。

・新人物往来社
http://jinbutsu.chukei.co.jp/
※ちなみに以前のURLは「http://www.jinbutsu.co.jp/」

リニューアル前のサイトには「中経出版 新人物往来社は、 平成20年11月26日から中経出版のグループ会社となりました」という文が掲げられていて、情報が滞っていたがようやく雑誌、書籍、文庫についての新鮮な情報が出るようになっている。

以前から記事にしようとしていたんだけど、ネットで情報源がないもんだから、リニューアルした今になってようやく記事にする。何かというと月刊『歴史読本』2009年10月号「中国4000年 皇帝 覇業への道」(1090円)に、上記サイトから下記へ目次を引用するように『三国志』関連の記事がある。「皇帝」なのに「紀」じゃなくて「伝」ってあたりと、「皇帝をめざした男」に袁術はともかく曹操も含まれているのがツッコミどころかな。でも、それを言ったら「献帝」が含まれているし。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【人物クローズアップ】
三国志 皇帝伝――三国志を彩る皇帝をめざした男たちの実像
曹操・劉備・孫権・袁術・献帝
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

知ったかぶり三国志(2009年12月1日)


  • 2009年12月21日(月) 01:25 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,483
書籍 毎日コミュニケーションズからこんなのが出ていた。

ビジュアル雑学委員会/著『知ったかぶり三国志 ~ビジュアル雑学ブック~』(ISBN978-4-8399-3343-2)が2009年12月1日に1344円で発売したとのこと。どうやら「知ったかぶり」シリーズみたいなのが同社であるようだね。表紙を見ると、何一つ出土史料から参照されていない絵なので、タイトル通り「知ったかぶり」感が前面に出ていて判りやすく良い感じ。

・MYCOM BOOKS - HOME
http://book.mycom.co.jp/

※関連記事 ニンテンドーDS用ゲーム二種

・MYCOM BOOKS - 知ったかぶり三国志 ~ビジュアル雑学ブック~
http://book.mycom.co.jp/book/978-4-8399-3343-2/978-4-8399-3343-2.shtml

漢魏六朝の詩 上下(2009年11月10日)


  • 2009年12月14日(月) 22:04 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,905
書籍 ※関連記事 書羅盤より2009年2月発売の書籍

上記関連記事で紹介したメールマガジン『書羅盤・チャイナブックナビゲーター』の2009年第20号(総203号)(2009年12月14日発行)で知ったこと。

・明治書院ホームページ
http://www.meijishoin.co.jp/

上記の出版社サイトによると、2009年11月10日に石川忠久/編著『漢魏六朝の詩』が上下各2625円、それぞれISBN978-4-625-66415-1、ISBN978-4-625-66417-5で発売されたという。上巻の内容紹介を見ると、曹操、曹植、建安の七子の詩がでるそうな。

※関連記事
 三国志と乱世の詩人(2009年9月29日)
 三国志漢詩紀行(集英社新書)

三国志演義のウソとタブー(2009年12月5日)


  • 2009年12月 3日(木) 23:15 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,721
書籍 ※関連記事 三国志演義のウソとタブー(2009年4月9日)

上記記事で紹介した書籍が早くも文庫化するようだ。消費のサイクルが早くなっている傍証だね。
下記の公式サイトにあるように別冊宝島編集部/編『三国志演義のウソとタブー』(宝島SUGOI文庫、ISBN978-4-7966-7543-7)が2009年12月5日に480円で発売。

・宝島チャンネル
http://tkj.jp/

・宝島チャンネル - 三国志演義のウソとタブー 文庫版
http://tkj.jp/book/?cd=70754301

やはり「『三国演義』は小説なので、それに対しウソもホントも無いだろう」と脊髄反射的にツッコミを入れてしまうんだけど、「趙雲 実在」というような検索語句を見て、世の中には歴史と小説を混同している層が根強くあると知り、絶望的な気分になる。

『中国古代の生活史』復刊(2009年12月15日)


  • 2009年12月 2日(水) 01:17 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,959
書籍 最近、「中国古代の生活史」という検索語句をよく見かけ、有名掲示板に紹介されたとか、卑弥呼関係だとかあれこれその理由を想像したけど、どれも違った。

サイト「三国志ファンのためのサポート掲示板」で「中国古代の生活史」と検索

上記のリンク先の検索結果にあるように、意外と結構な頻度で三国志ファンの間で話題に上っている林 巳奈夫/著『中国古代の生活史』(吉川弘文館刊、1992年3月10日発行、ISBN978-4642073110)。タイトルから連想されるように畫像石・畫像磚・明器・陶俑等を元に中国古代の生活について書かれている。つまり三国時代も含まれうる生活史というわけだ(そしてなぜかタイトルを「古代中国の生活史」と間違われやすい・笑)。
三国創作をする人など、当時の生活を知りたい人には重宝されており、定価も資料系にしては安いんで、個人的には勧めていた。ところが上記リンク先に見える2003年6月30日の時点で『中国古代の生活史』が絶版していることに気付く。そのためプレミアついているようで、今、右の商品リンクで価格を見ると、11585円と高騰している。

それが下記、サイト「復刊ドットコム」の該当投票ページによると復刊が決定し、2009年12月下旬発送2940円で復刊するそうな。

・復刊ドットコム
http://www.fukkan.com/

・中国古代の生活史 林巳奈夫 復刊リクエスト投票
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=35749

それで復刊情報を見ると復刊前と出版社が同じなので、下記のページへ見に行く。2009年12月15日出版、ISBN9784642063579になっているね。あと「歴史文化セレクション」というシリーズの一つになっている。

・株式会社 吉川弘文館 安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
http://www.yoshikawa-k.co.jp/

・中国古代の生活史
http://www.yoshikawa-k.co.jp/book/b50772.html

中国人の機智 『世説新語』の世界(2009年12月10日)


  • 2009年11月28日(土) 14:23 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,850
書籍 ・講談社BOOK倶楽部
http://shop.kodansha.jp/bc/

上記サイト「講談社BOOK倶楽部」の「書籍」の「発売予定」によると2009年12月10日に井波律子/著『中国人の機智 『世説新語』の世界』(講談社学術文庫)が924円で発売するという。

文庫の表題にある『世説新語』とは南朝宋(劉宋)の劉義慶の撰であり、後漢から東晋の人物について書かれてあるため、『三国志』に載る人物が結構、出てくる。

※参照リンク
・教えてください・曹操と袁紹の花嫁泥棒   (※「三国志ファンのためのサポート掲示板」内ツリー)
http://cte.main.jp/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=2833

そのためこの文庫でも同様の期待が出来るかも。
また、同著者の類似書名『中国人の機智 『世説新語』を中心として』の新書が中央公論新社から中公新書693(ISBN978-4-12-100693)として1983年5月23日より660円(税別)で発売されており、今回のはその文庫化という位置づけだろうか?

・中央公論新社
http://www.chuko.co.jp/

・中国人の機智|新書|中央公論新社
http://www.chuko.co.jp/shinsho/1983/05/100693.html

※関連記事 井波律子/著『中国の五大小説(上)三国志演義・西遊記』(2008年4月22日)

メモ:Three Kingdoms


  • 2009年11月25日(水) 22:32 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,409
書籍  以下、思い付きネタ。

 以前、下記のように「三国志ファンのためのサポート掲示板」で「三国志」の英訳についての質問が出ていた。

・「三国志」を英訳すると…?   (※「三国志ファンのためのサポート掲示板」内ツリー)
http://cte.main.jp/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=2509

 結局、質問者にとっては「The Three Kingdoms」で落ち着くことになった。

※追記 『三国志のロマンス』(「越境する カワイイ!可愛い!Kawaii!」内)

・Wolfram|Alpha
http://www.wolframalpha.com/

 それとは関係なく、数学ソフト「Mathematica」でお馴染みのWolframによる計算知識エンジン「Wolfram|Alpha」(上記)で「three kingdoms」と検索すると、「Input interpretation」(つまり入力解釈)が「Three Kingdoms Period」、つまり「三国時代」とされ、「Basic information」の「dates」と「current countries」がそれぞれ「220 AD to 280 AD」と「China」となっており、まさに中国の三国時代となる検索結果となった。
 英語圏で「three kingdoms」が中国の三国であると、認識されていることを知り、気をよくして、今度は「Amazon.co.jp」(下記)の「洋書」で「three kingdoms」と検索し、どんな本が出てくるか見てみる。

・Amazon.co.jp: 通販 - ファッション、家電から食品まで -
http://www.amazon.co.jp/