Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2024年 03月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 2件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 79 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

『三国志大戦3 必勝戦術講義』(2008年1月18日)


  • 2008年1月21日(月) 18:02 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,474
攻略本 2008年1月18日に、『三国志大戦3』の攻略本である講談社の『三国志大戦3 必勝戦術講義』が発売されたとのこと。
三国志ニュースへの検索ワードとしては多かったんだけど、それに対応する講談社のサイトの更新が見あたらなかったので今ごろの記事。

題名 講談社ゲ-ムBOOKS 三国志大戦3 必勝戦術講義
ISBN 978-4-06-367242-8
発売 2008年1月18日
定価 1300円

・講談社BOOK倶楽部
http://shop.kodansha.jp

※「三国志大戦」で検索すれば詳細がでてくる。

※関連リンク
 『三国志大戦3』稼働開始(2007年12月13日)
 『三国志大戦2 若き獅子の鼓動 群雄伝 最終攻略講義』(2007年10月31日)
 2005年10月27日攻略本「三国志大戦 乱世の群狼 最強戦術講義」
 攻略本「三国志大戦 必勝戦術講義」

『Mobile真・三國無双』 (iモード)2008年1月21日配信開始


  • 2008年1月21日(月) 12:31 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,550
ゲーム 下記、コーエー総合ポータルサイトの「GAMECITY」によると、2008年1月21日に『Mobile真・三國無双』(iモード)の配信が開始されたとのこと。月額525円

・GAMECITY  (コーエー総合ポータルサイト)
http://www.gamecity.ne.jp/

・Mobile真・三國無双
http://www.gamecity.ne.jp/products/products/ee/keitai/musou/msanmusou.htm


上記サイトにあるゲーム画面を見ると『真・三國無双』シリーズ(『真・三國無双2』?)そのものだけど、携帯電話で操作するところが想像できないなぁ。
<2009年2月6日追記> 一年越しぐらいでiモードに加え、2009年2月6日にYahoo!ケータイ(対応機種:932SH)で配信開始。

天下布武 春の陣(2008年3月23日名古屋)


  • 2008年1月20日(日) 23:29 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,629
二次創作 サイト「真・無双検索」関連で知ったこと。
2008年3月23日日曜日に愛知県のサンライフ名古屋で、戦国無双・三國無双・戦国BASARA中心歴史ゲームオンリー同人誌即売会「天下布武 春の陣」が行われるとのこと。11時から15時まで。
「春の陣」となっているのは以前、「夏の陣」が2007年6月24日日曜日に行われたから。九ヶ月ぶりの開催ね。


○天下布武 春の陣
内容:戦国無双・三國無双・戦国BASARA中心歴史ゲームオンリー同人誌即売会
日付:2008年3月23日(日)
会場:サンライフ名古屋
SP数:直接参加60SP 委託参加20SP
備考:コスプレ可能(登録制)
URL:http://ahs-news.net/tenka/
バナー:
「天下布武 春の陣」戦国無双・三國無双・戦国BASARA中心歴史ゲームオンリー同人誌即売会
(直リンク推奨)

<関連記事>
2008.02.10.「天下茶房『陣』」
2008.02.10.「鋼鉄之宴」
2008.02.24.「華宵之夢」
2008.04.06.「異國統一」
2008.05.25.「交地ニハ絶ツコトナカレ 九」
2008.07.13.「義」
2008.09.21.「魏勇伝・弐」
2008.10.05.「群雄列伝!」

※追記 天下布武 冬の陣(2010年2月7日)

センター試験での三国志関連


  • 2008年1月19日(土) 20:36 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,238
教育機関 ・黄巾inセンター試験
http://cte.main.jp/newsch/article.php/486

昨年、上記のような記事を書いたんだけど、今年も読売新聞の大学入試速報で何か三国志関連の問題がないか見てみる。

・大学入試速報(読売新聞
http://nyushi.yomiuri.co.jp/nyushi/


今年は世界史Aの第1問、問4の選択肢に

 卑弥呼の使者を迎えた。

とあるのと世界史Bの第4問、問9の選択肢に

 前漢で,黄巾の乱が起こった。

とあったことかな。後者は正しいものを選ぶ問題での選択肢なので、もちろん文自体が間違いね。

<関連>立命館大学の入試で三国志関連
http://cte.main.jp/newsch/article.php/824

※追記 センター試験での三国志関連2009

『レッドクリフ』公式サイトMETAタグ


  • 2008年1月19日(土) 11:43 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    3,419
映画

2008年秋公開予定の中国映画『レッドクリフ』には日本語公式サイトもできたんだけど、以下、そのプチネタ。

・RED CLIFF 映画『レッドクリフ』公式サイト
http://redcliff.jp/

<関連記事>呉宇森(ジョン・ウー)監督『レッドクリフ(RED CLIFF)』報道まとめ
http://cte.main.jp/newsch/article.php/596

WWWでのページはHTML(HyperText Markup Language)で表示されることが多いんだけど、MSIEやFirefoxなどのブラウザで普段、見えている部分以外にも、その元となる、文字通り「ソース」の記述がある。

今(2008年1月19日現在)、気付いたんだけど、公式サイトのソースを見たらMETAタグ(主に検索サイト向けの記述)のdescriptionのところは

--引用開始---------------------------------------------------------
構想18年、製作費100億円。『M:I-2』のジョン・ウーが描く、迫力のアクション・アドベンチャー超大作。1800年の時を超えて、愛と勇気の伝説が、今、よみがえる。2008年秋 日劇1他全国ロードショー。
--引用終了---------------------------------------------------------

となっていて、それは良いとしてMETAタグのkeywordsでは

--引用開始---------------------------------------------------------
レッドクリフ,赤壁,ジョン・ウー,トニー・レオン,金城武,三国志,孔明,周瑜,人形三国志,横山三国志,三国志大戦,戦国無双,蒼天航路,エイベックス,AVEX,アジア映画,中国映画,北京オリンピック,台湾モデル,2008年公開
--引用終了---------------------------------------------------------

とあからさまに無関係と思われるキーワード「人形三国志,横山三国志,三国志大戦,戦国無双,蒼天航路」が並んでいる。

もしかして、『レッドクリフ』日本語公式サイトは光プロダクションSEGAコーエー講談社と何かしらの提携を結んでいるの!?

と色めきたつわけもなく、METAタグで目に付かないからといって紛らわしいキーワードを入れてクレームがつかないのか、と第三者ながら気に掛かるところ。
そのうちスポンサーについたと発表されれば面白いんだけど。

ちなみにキーワード中の「エイベックス,AVEX」はエイベックス・グループ・ホールディングスの子会社エイベックス・エンタテインメントが日本での独占配給権を獲得していることに関連しているんだろうね。


※追記 EX周瑜(『レッドクリフ Part I コレクターズエディション』)