Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2021年 10月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 64 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

出土簡牘の「風水宝池」:湖南省出土の漢・三国呉簡(学習院大学東洋文化研究所2021年10月27日)


教育機関 下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。

・東方書店 東京店(神田神保町) (toho_jimbocho) on Twitter
https://twitter.com/toho_jimbocho

※関連記事 空旅中国 英雄が駆けた道 孔明 天下への道(NHK 総合2021年9月13日)

・Twitter /toho_jimbocho:‏【催事情報】オンライン 講座「古代中国研究の最前線:考古発見と歴史研究」(2021年度 学習院大学東洋文化研究所 東洋文化講座)全3回が「ZOOM」で開催!参加無料。 参加申込は、開催日前日の17時までに下記フォームでお申込みください☞ https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf8Hvg0WU5LcBtOroPyTMxGzj44DZrmIbJhbtzk_Elt6GcRhQ/viewform 詳細☞ https://u-presscenter.jp/article/post-46720.html ...
https://twitter.com/toho_jimbocho/status/1444940921477361665

下記サイトのイベント情報によると、学習院大学東洋文化研究所主催で、東洋文化講座シリーズ「古代中国研究の最前線―考古発見と歴史研究―」を開催しており、2021年10月27日18時から20時までの枠にその第105回があり、中山大学歴史学系(珠海)副教授の野口優先生による講座「出土簡牘の「風水宝池」:湖南省出土の漢・三国呉簡」が開講されるという。「参加自由・聴講無料・事前申込要」とのこと。この期間、第104回から第106回まで開講されるが、ポスターを見る限り三国に関係するのはこの第105回だけかな。

・学習院大学 東洋文化研究所
https://www.gakushuin.ac.jp/univ/rioc/index.html

※関連記事 学習院大学東アジア学バーチャルミュージアム(2011年-2012年)

・古代中国研究の最前線―考古発見と歴史研究― (※PDFファイル)
https://www.u-presscenter.jp/item/20210930univgakushuin_toubunkenkoza-poster.pdf

※関連記事
 多民族社会の軍事統治(2018年4月)
 『独断』訳注商榷三則(2020年12月)

リンク:纒向考古学通信 Vol.13(2019年7月1日)


  • 2021年10月10日(日) 05:04 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    154
教育機関 ※前の記事 URL:伊都国「王墓」ガラス玉、「草原の道」から 中央アジア出土品と一致(朝日新聞デジタル 2021年9月18日)

 2021年9月20日月曜日祝日、下記関連記事にて渡邉義浩先生が「・纒向遺跡の研究所で論文依頼があって、執筆されたそうな。」と書いたのだけど、実際何の雑誌での論文か検索していたら、下記サイトの下記機関紙に行き当たる。

※関連記事 メモ:三国志学会 第十六回大会 報告(2021年9月5日)

・桜井市纒向学研究センター
https://www.city.sakurai.lg.jp/sosiki/kyouikuiinkaijimukyoku/makimuku/index.html

・纒向考古学通信 Vol.13(※PDFファイル)
https://www.city.sakurai.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/48/tushin-13.pdf

 それは桜井市纒向学研究センターより2019年7月1日に桜井市纒向学研究センターより発行された『纒向考古学通信』Vol.13だ。下記関連記事にあるように、桜井市の纒向遺跡は『三国志』巻三十魏書東夷伝に載る邪馬台国と同時代の遺跡と推定され、その遺跡関連の考古学なので「三国志」に関わってくる。

※関連記事 卑弥呼の宮殿?奈良で3世紀の大型建物跡出土(読売新聞2009年11月10日付)

 『纒向考古学通信』Vol.13はその時点から後で開催される桜井市纒向学研究センター東京フォーラムVIII「「卑弥呼」発見!」に向けた文にはじまり、遺跡の発掘調査の概要にいき、伊都国関連の含んだセミナー報告などがあり、それらの中に、本題の、2018年10月14日開催の桜井市纒向学研究センター東京フォーラムVII「「卑弥呼」発見!」の報告が含まれる。その東京フォーラムVIIの報告に、渡邉義浩先生が講演「中国学からみた卑弥呼の墓制」で登壇された旨が書かれる。冒頭で掲げた論文について今回、確認できなかったんだけど、この東京フォーラム開催後に、毎回、冊子にまとめられるので、それかと推定はするのだけどね。

・渡邉義浩ホームページ
http://ywata.gakkaisv.org/

※関連記事
 メモ:三国志学会 第十六回大会 報告(2021年9月5日)
 三国志を読み解く(オンライン&北海道札幌市2021年11月6日、13日、20日)
 邪馬台国-『三国志』の中の魏志倭人伝(埼玉県本庄市2021年10月9日)

※新規関連記事 SUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTI PODCAST vol.162(2009年5月2日)

邪馬台国-『三国志』の中の魏志倭人伝(埼玉県本庄市2021年10月9日)


  • 2021年10月 8日(金) 07:43 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    164
教育機関 下記Accountの下記Statusで知ったこと。

・三国志学会 公式 (3594gakkai) on Twitter
http://twitter.com/3594gakkai

※関連記事 リンク:競演!『三国志』の風雲児たち ギャラリートーク(YouTube2020年11月27日)

・Twitter / 3594gakkai: 本庄早稲田の杜ミュージアム開館1周年記念講演会 【邪馬台国-『三国志』の中の魏志倭人伝】 開催日:10月9日(土) 講師:渡邉義浩(本庄早稲田の杜ミュージアム名誉館長) 開場:13時 講演時間:14時~15時45分 会場:本庄市民文化会館 対象:どなたでも 定員:500名(先着順) 費用:無料 https://hwmm.jp/events/memorial_lecture/ ...
https://twitter.com/3594gakkai/status/1444744919747219460

下記のサイトの下記ページにあるように、2021年10月9日土曜日14時から15時45分まで、埼玉県本庄市北堀1422-3 本庄市民文化会館にて、本庄早稲田の杜ミュージアム名誉館長、早稲田大学理事・文学学術院教授の渡邉義浩先生による本庄早稲田の杜ミュージアム開館1周年記念講演会「邪馬台国-『三国志』の中の魏志倭人伝」が開講されるという。無料500名{先着順)。先月の三国志学会大会でのご講演と似たテーマ。

・本庄早稲田の杜ミュージアム
https://www.hwmm.jp/

・【予告】本庄早稲田の杜ミュージアム開館1周年記念講演会|イベント|
https://www.hwmm.jp/events/memorial_lecture/

・渡邉義浩ホームページ
http://ywata.gakkaisv.org/

※関連記事
 メモ:三国志学会 第十六回大会 報告(2021年9月5日)
 三国志を読み解く(オンライン&北海道札幌市2021年11月6日、13日、20日)

※新規関連記事 リンク:纒向考古学通信 Vol.13(2019年7月1日)

※新規関連記事 SUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTI PODCAST vol.162(2009年5月2日)

三国志を読み解く(オンライン&北海道札幌市2021年11月6日、13日、20日)


教育機関 下記Accountの下記Statusで知ったこと。

・札幌道新文化センター (dcc_sapporo) on Twitter
http://twitter.com/dcc_sapporo

・Twitter / dcc_sapporo: 【すすすめオンライン講座】「三国志を読み解く」 映画「レッドクリフ」の日本語版監修者でもある、三国志研究の第一人者、渡辺義浩先生による三国志講座が道新文化センターで初開講!講師からのメッセージです。 https://youtube.com/watch?v=0ft1RMJka9U #三国志 #道新 #魏 #呉 #蜀 #渡邉義浩教授 #オンライン講座 ...
https://twitter.com/dcc_sapporo/status/1437269173873168390

下記のサイトの下記ページにあるように、オンライン受講(6600円)と、札幌市中央区大通西3丁目6 道新ビル大通館7階 第5教室での教室内受講(7260円+資料代)とでの双方にて、2021年11月6日土曜日、13日土曜日、20日土曜日のそれぞれ13時30分から14時30分までの時間の計3回で、早稲田大学文学学術院教授の渡邉義浩先生による講座「三国志を読み解く」が開講されるという。「国の形を変える「魏」」「新天地を切り開く「呉」」「伝統を守りつづける「蜀」」の3回。

・道新文化センター
https://doshin-cc.com/

・【オンライン受講】三国志を読み解く
https://doshin-cc.com/lect/detail/28812

・【教室内受講】三国志を読み解く
https://doshin-cc.com/lect/detail/28813

・渡邉義浩ホームページ
http://ywata.gakkaisv.org/

※関連記事
 図説 一冊で学び直せる三国志の本(2020年12月17日発売)
 三国志 曹操 乱世の奸雄(2021年7月1日-9月7日)

※新規関連記事 邪馬台国-『三国志』の中の魏志倭人伝(埼玉県本庄市2021年10月9日)

※新規関連記事 リンク:纒向考古学通信 Vol.13(2019年7月1日)

三国志 曹操 乱世の奸雄(2021年7月1日-9月7日)


教育機関 ※関連記事 メモ:第7回“三国志”の作り方講座(東京都新宿区戸山2021年7月10日)

 上記関連記事で触れた第7回“三国志”の作り方講座で頂いたフライヤで知ったこと。

・史跡湯島聖堂|公益財団法人斯文会
http://www.seido.or.jp/

※新規関連記事 三国志を読む(2014年9月20日から毎月第三土曜日全5回)

上記のサイトでは情報はないが(2021年7月20日現在)、フライヤによると下記のYouTubeの一部無料公開にしており、そこからリンクされている下記ページによると、東京都文京区の湯島聖堂斯文会主催で早稲田大学理事・文学学術院教授の渡邉義浩先生による湯島聖堂オンライン講座「三国志 曹操 乱世の奸雄」が2021年7月1日10時より3話セット販売価格 2500円(税込)で配信された。「曹操の革新性」「二つの大戦」「志を詠う」の3話。販売期間は8月31日23時59分まで。アーカイブ配信は9月7日23時59分まで。

・湯島聖堂オンライン講座:三国志「曹操 乱世の奸雄」 - YouTube
https://youtu.be/wJc-0bmGjXs

・湯島聖堂オンライン講座:三国志「曹操 乱世の奸雄」【湯島聖堂】 | 電子チケット販売サービスteket(テケト) 音楽コンサート、ライブ配信などのイベント運営をサポート
https://teket.jp/1327/4994

※新規関連記事 リンク:凸版印刷、斯文会と『湯島聖堂文化講座』のオンライン配信を開始(2021年8月6日)

・渡邉義浩ホームページ
http://ywata.gakkaisv.org/

※新規関連記事 三國志研究第十六号(2021年9月5日発行)

※新規関連記事 三国志を読み解く(オンライン&北海道札幌市2021年11月6日、13日、20日)

メモ:第7回“三国志”の作り方講座(東京都新宿区戸山2021年7月10日)


教育機関 ※前の記事 三国志~司馬懿 軍師連盟~(Amazon Prime Video2021年7月1日-)

 2021年7月9日金曜日夕方出発。流行り病前の定番、静岡県の某マンガ喫茶へ移動。7月10日土曜日、7時前に目が覚める。ようやっとアマプラでドラマ「女子高生の無駄づかい」#2を視聴。マンガ喫茶ナイトパックを目一杯使った、久々に!ゆっくりした。8時40分、三国志ニュースの記事「メモ:mini三国志フェス2021(2021年6月20日)」アップ。列車を東に乗り継ぐ。そんなに変わんないけど一応、新幹線を使った。目的地は「第7回“三国志”の作り方講座」の早稲田大学戸山キャンパス 33号館3階 第一会議室で、多分11時40分ぐらいに到着。いや下記の講座ページにあるように13時30分からなんだけど、今回は1スタッフとして来たので。すでにお二人が映像機器のセッティングをされていた。

・三国志学会
http://sangokushi.gakkaisv.org/

・“三国志”の作り方講座
http://sangokushi.gakkaisv.org/tsukurikata.html

※関連記事
 メモ:第4回“三国志”の作り方講座(東京都新宿区戸山2020年2月23日)
 第7回“三国志”の作り方講座(東京都新宿区戸山2021年7月10日)

※新規関連記事 リンク:【感想】三国志の作り方講座(YouTube 2021年7月12日)

・三国志学会 公式 (3594gakkai) on Twitter
http://twitter.com/3594gakkai

・渡邉義浩ホームページ
http://ywata.gakkaisv.org/

※関連記事
 人事の三国志(2019年6月10日)
 図説 一冊で学び直せる三国志の本(2020年12月17日発売)

 ともかく割り当てられたお仕事、利用できる席を示す紙を配置するのと、外に案内を張り出していくのと、受付のやり方のレクチャーを受けるのと。そのうち下記の写真のように13時開場の旨が会場前のホワイトボードに書かれる。その後、出演者の方々が入ってくる。

  

 資料としてA3用紙5枚、つまりA4用紙10ページ横書きのものが入り口近くに置かれる。それと講座のチラシなんだけど、それについては記事を改めよう。

※新規関連記事 三国志 曹操 乱世の奸雄(2021年7月1日-9月7日)

 開場後、受付けとして最後にその資料の場所を伝える流れ。開場してお客さんが順次はいっていって、受付けをされてって、着席されてって、いよいよ始まるってことなんだけど、機器トラブルでしばし押したものの、無事開演。

第7回“三国志”の作り方講座(東京都新宿区戸山2021年7月10日)


  • 2021年5月30日(日) 14:30 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,699
教育機関 ・三国志学会
http://sangokushi.gakkaisv.org/

※関連記事 三國志研究第十五号(2020年9月13日発行)

※新規関連記事 三国志学会 第十六回大会 三国志大文化祭2021(東京2021年9月5日日曜日)

・“三国志”の作り方講座
http://sangokushi.gakkaisv.org/tsukurikata.html

※前回記事 第6回“三国志”の作り方講座(東京都新宿区戸山2021年4月24日)

※新規関連記事 メモ:第7回“三国志”の作り方講座(東京都新宿区戸山2021年7月10日)

※新規関連記事 リンク:【感想】三国志の作り方講座(YouTube 2021年7月12日)

・三国志学会 公式 (3594gakkai) on Twitter
http://twitter.com/3594gakkai

上記サイトの上記ページによると、東京都新宿区戸山1-24-1 早稲田大学戸山キャンパス 33号館 第1会議室にて早稲田大学教授の渡邉義浩先生による講演「後漢・三国時代の教育(仮)」を含む「第7回“三国志”の作り方講座」が2021年7月10日土曜日13時30分から16時まで開催するという。「参加費:2,000円(税込)」。対談では前回に続いてUSHISUKEさん、青木朋さんが出演とのこと。前回に続いて今回も新型コロナウィルス感染拡大防止のため、会場は30名程度におさえて、同額有料のオンライン配信を予定しているとのこと。

・渡邉義浩ホームページ
http://ywata.gakkaisv.org/

※関連記事
 メモ:超三国志 徹底解明!英雄たちの真実(NHK BSプレミアム2019年8月3日)
 リンク:「曹操は無双しません」ゲームから三国志に興味をもった人が勘違いしがちなこと(PRESIDENT2021年5月3日)

※新規関連記事 図説 一冊で学び直せる三国志の本(2020年12月17日発売)

・青木朋HP++青青
http://aoki.moo.jp/


※関連記事 コミックに広がる中国的世界(2019年3月16日)

・三国志漂流
http://3594h.blog95.fc2.com/

※関連記事 mini三国志フェス2021 in やついフェス2021(2021年6月20日)

※新規関連記事 メモ:mini三国志フェス2021(2021年6月20日)

大阪大学の入試国語で蔡邕関連2021(2月25日)


教育機関 ※前の記事 上坂すみれのおまえがねるまで(YouTube 2021年4月10日-)

 2021年5月3日月曜日祝日5時36分起床、気づけば5月に入ってたのだけど、下記関連記事の大学入試シリーズを終わらせてないんで、三国関連がないか、下記サイトをチェックしたメモを掘り起こす。

※関連記事 北海道大学の入試国語で三国関連2021(2月25日)

・大学入試 : 読売新聞オンライン
https://www.yomiuri.co.jp/nyushi/

 そうすると今年は久々に大阪大学の入試にも、2月25日の国公立2次前期試験に三国関連がある。

・トップページ — 大阪大学
http://www.osaka-u.ac.jp/

※関連記事 大阪大学入試で劉表

 それは国語(文学部)。三国、というか後漢末の人物、蔡邕。

第6回“三国志”の作り方講座(東京都新宿区戸山2021年4月24日)


教育機関 ・三国志学会
http://sangokushi.gakkaisv.org/

※関連記事 メモ:三国志学会 第十五回大会 報告(2020年9月13日)

・“三国志”の作り方講座
http://sangokushi.gakkaisv.org/tsukurikata.html

※前回記事 第5回“三国志”の作り方講座(東京都新宿区戸山2020年12月19日)

※次回記事 第7回“三国志”の作り方講座(東京都新宿区戸山2021年7月10日)

・三国志学会 公式 (3594gakkai) on Twitter
http://twitter.com/3594gakkai

上記サイトの上記ページによると、東京都新宿区戸山1-24-1 早稲田大学戸山キャンパス 33号館 第1会議室にて(公財)東洋哲学研究所委嘱研究員の満田剛先生による講演「『周辺』から見た三国志(仮)」を含む「第6回“三国志”の作り方講座」が2021年4月24日土曜日14時から16時30分まで開催するという。「参加費:2,000円(税込)」。対談では前回に続いてUSHISUKEさん、さらに青木朋さんが出演とのこと。前回に続いて今回も新型コロナウィルス感染拡大防止のため、会場は40名程度におさえて(※追記。4/14に30名に変更)、同額有料のオンライン配信を予定しているとのこと。

・満田剛のブログ
http://tmitsuda.blog112.fc2.com/

※関連記事
 歴史としての『三国志』―災害・宗教・民族走廊(2017年3月11日)
 東京富士美術館『大三国志展』の思い出(中国史史料研究会会報第3号2019年11月1日)
 『三國志』撰述における西方非漢族関係の記載に関する一考察(東洋学術研究2019年11月発行)

※新規関連記事 三国志祭(神戸市新長田2021年11月7日)

・青木朋HP++青青
http://aoki.moo.jp/


※関連記事 【延期】第5回“三国志”の作り方講座(東京都新宿区戸山2020年5月17日)

・三国志漂流
http://3594h.blog95.fc2.com/

※関連記事 第64回三国志義兄弟の宴 リニューアル開催(2021年3月28日)

北海道大学の入試国語で三国関連2021(2月25日)


教育機関 ※前の記事 三国志入門(文春新書2021年3月20日)

 2021年3月31日水曜日、四時半に目覚し時計。下記関連記事に引き続き、大学入試に三国関連がないか、下記サイトをチェックする。

※関連記事 九州大学の入試国語で三国関連2021(2月25日)

※新規関連記事 大阪大学の入試国語で蔡邕関連2021(2月25日)

・大学入試 : 読売新聞オンライン
https://www.yomiuri.co.jp/nyushi/

 そうすると今年はこの北海道大学の入試にも、2月25日の国公立2次前期試験に三国関連がある。「三国志ニュース」では初めてかな。

・北海道大学
https://www.hokudai.ac.jp/

 それは世界史。今回は解答をかかず引用のみの趣向で。