Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2024年 06月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 2件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 79 投票 | 0 コメント

メモ:数寄語り 劇場アニメ パリピ孔明(岐阜県大垣市 時re風2024年3月8日)


アニメ ※前の記事 ちゃんごくし! 結魂しよう(iOS/Android 2024年3月26日-)

 2024年3月6日水曜日。今回は2日後に清岡がプレゼンする「数寄語り 劇場アニメ パリピ孔明 歴史ファンが見るべき5つのポイント(仮)」についてのメモ。三国に関係ないけど、臨場感を出すため、プレゼン前から記述していく。本筋に特に必要はないので、飛ばしていただくと幸い。ちなみにこの日の7時54分に数寄語りのスライドを仕上げる。
 「スター・トレック;ディスカバリー」のシーズン5(ファイナル)が4月4日からWOWOWオンデマンド内のParamaount+にてスタートで、他のシーズンも配信予定だそうで、前のシーズンも復習したいけど、時間ないわー。特にシーズン2のパイクのくだりをもう一回見ねば。3月7日も木曜日6時15分、上記の前の記事の、確かに情報がリリースされてからすっかりブックカフェの方の検索結果が流れてしまっているね、 ちゃんごくし。三国志ニュースの記事「邪馬台国の謎2023① 邪馬台国と大和(オンライン2023年12月4日-2024年3月31日)」を書く、7時50分アップ。3月8日金曜日、「スター・トレック:ストレンジ・ニュー・ワールド」2-8を見る。DS9のような重い展開で、このまま行くのだろうな、と思ったら、まぁその通り何だけど、意外性きた。ミラン×スラヴィア・プラハを見る。相手が10人になって先制したのにすぐに追いつかれ、でも3-1になってこりゃ楽に見れると思ったら後半3-2にされ、最後4-2、次があるんで楽しめなかった。夕方出発。飲み物を切らしていたので、駅でホットゆずレモン購入。18時52分米原駅到着。その近くのヤンマー中央研究所の電光掲示板によると気温4℃、雪が降っている割には。19時5分米原駅発、東海道本線(東海)新快速(豊橋行)。19時36分大垣駅到着。そこから南に歩いて歴史が語れるバー「時re風」に到着。

・岐阜県大垣市で歴史が語れるバー
http://zirewho.com/

※三国分前回メモ記事 メモ:数寄語り パリピ劉備(岐阜県大垣市 時re風2024年1月5日)

※告知記事 数寄語り 劇場アニメ パリピ孔明 歴史ファンが見るべき5つのポイント(仮)(岐阜県大垣市 時re風2024年3月8日)

 お店に入ったら店主さんが別の講座をやっていた終盤だった。後で伺うに、どうやら地域の無料講座とのことで、テーマはプレゼン、数寄語りを題材とした講座だった。初めっから聞きたい感じの役に立ちそうな内容だった。それが終わって、この後も無料ではなが講座的なこと(つまり清岡のプレゼン)があるって案内があって、それでお店の常連さん以外で一人、年配の方が残られた。まさかそれが伏線になるとは。

 今回も営業妨害にならない程度の内容紹介なんだけど、まずタイトルについて。上記告知記事で書いたように、「数寄語り 劇場アニメ パリピ孔明 歴史ファンが見るべき5つのポイント(仮)」という仮題で、映画を見てから「5つのポイント」を変えるって話。映画を見る前から決まっていたものの(なにせTVアニメの総集編だから)、確認のために下記関連記事で触れたように、実際、見てみると、特に変更なく、「数寄語り 劇場アニメ パリピ孔明 歴史ファンが見るべき7つのポイント」になる。

・映画『パリピ孔明 Road to Summer Sonia』公式サイト 2024.3.1公開!
https://paripikoumei-anime.com/

※関連記事 メモ:パリピ孔明 Road to Summer Sonia(2024年3月2日鑑賞)

 「数寄語り 劇場アニメ パリピ孔明 歴史ファンが見るべき7つのポイント」とあるように、まず「パリピ孔明」という作品の簡単な説明と、今回メインの劇場アニメ含めたメディア展開の簡単な説明から入って、「7つのポイント」を一つ一つ発表しては解説していくって流れだ。この「7つのポイント」は最後にまとめてきに見せるので、「三国志ニュース」では伏せといた方が良いかな、とも思ったが、後日、お店の方から(清岡の許諾をとってくださってから)「7つのポイント」の画像ポストが公開されたんで、ここでも遠慮なしにまずそこから見せていこう。



以下にもまとめると

1.孔明の回想
2.孔明の人生やり直し
3.登場人物の「三国志」知識差
4.孔明と音楽
5.孔明と現代技術
6.計略は歴史由来?物語由来?
7.孔明は歴史転生か物語転生か

となった。
 ざっとあらまし説明すると「1.孔明の回想」で転生してきたのは孔明だけだけど(今後の展開でどうなるか知らないけど現時点では)、回想シーンや言及、はたまた寝言まで、他の三国の人物が出てくる点に注目。
 「2.孔明の人生やり直し」は後漢-三国時代での孔明の経験がどう活かされるか、はたまたその時代との違いに注目。
 「3.登場人物の「三国志」知識差」。扱った登場人物は小林オーナー、KABE太人、月見英子、赤兎馬カンフー。転生者の孔明以外の、「三国志」知識の作中トップは小林オーナー、だけど、それは歴史と文学がごっちゃの構成で、それは作劇上わざとなのか、それとも大きな伏線なのかは不明。KABE太人は対孔明ラップバトルで知識量爆上がりで、英子は知識0の一般層の役割を担っている。解説役として赤兎馬カンフーも知識はあるが、余談として、それよりモデルとなった実在の呂布カルマさんについて語っていた。つまりラップの歴史も語れる余地がこの作品にはあると。

※関連記事
 流派-R since 2001(テレビ東京2018年5月19日)
 アメトーーク! ラップ大好き芸人(テレビ朝日2019年10月17日)

 「4.孔明と音楽」は孔明の立場になって聴いてみよう、歴史につながるから、とシンプルな話。あと前述のKABEのラップでの孔明ディス。
 「5.孔明と現代技術」。どう孔明が現代技術を活かすか、ネタバレになるんで大幅割愛。かわりにサマーソニアの元ネタ「サマーソニック」の一般公募部門「出れんの!? サマソニ!?」の話を出していた。

※関連記事 「邪馬台国=畿内説」「箸墓=卑弥呼の墓説」の虚妄を衝く!(2009年09月10日)

 「6.計略は歴史由来?物語由来?」では作中での孔明による計略は前述の小林オーナーによってほとんど解説されているため、歴史由来より文学由来(つまり創作)であることが多い。だからこそ解釈の余地があるのだけど、それは下記関連記事でうまく説明できてなかったこと。原作では現状、孔明自らそういった創作由来の計略も積極的に使うようになったが、孔明は転生直後にWikipedia的なもので彼自身の伝説や創作部分も読み込んでいるので、自分の虚像を利用して「わざと」そういう計略も使っているようにも解釈できるって話。

※関連記事 第5回マンガおすすめ会(京都 漫画BAR 2023年4月22日)

 それをうけた「7.孔明は歴史転生か物語転生か」では、そうなると逆に実際の歴史から孔明は転生してきてない?とも解釈できるって話。昨今の作品は、特に下記関連記事(いや日記を含ませた前置きが長すぎるのだけど)にあるいわゆる「なろう系」では異世界転移/転生が主流で、さらに細分化されてゲーム世界への異世界転移/転生も相当な数にのぼるだろうね(清岡はアニメ化されたものでしか確認してないのでこういう表現)。

※関連記事 サイト「小説家になろう」で三国

 以上がおおまかな発表内容なのだけど、プレゼンというからには受け手もいらっしゃって、それらとの相互作用が醍醐味となっており、ここで前述の伏線回収的説明で。
 おそらくプレゼン講座をメインにいらっしゃって、ついでに清岡のプレゼンも聴いてくださった方もいらっしゃったので、ある程度、出てくる言葉の意味を清岡から確認する機会を設けた。いやそれは想定内で、スライドにも「パリピ」など、言葉の意味の説明も用意していた。だけど、「7.孔明は歴史転生か物語転生か」に来ると、喩えに、知らないと長々とした説明の要する「悪役令嬢もの」での「乙女ゲーム」世界への転生を持ってきていた。もちろん年配の方にとっては初耳の言葉ばかりだっただろうから意味が伝わらなかったことだろう。

※関連記事 三国恋戦記~オトメの兵法!~(2010年3月19日)

 いやその説明に前述の「なろう系」を出しても通じないのはわかっているものの、説明するスタイルだけしか伝わらないだろうとわかりつつも順を追って説明してた。だけど、そういう状況が客観的に見て、可笑しく思えてきて、テンション上がってきていて、だからこそ、解らないと言われる結果が見えつつも解らないことを伝えようと解らないものをどんどん繰り出していくのじゃ、無茶苦茶面白く感じてた。わかっている人の「俺TUEEEE」とおっしゃり援護射撃もありがたいというか内心ウケたし、マスターの理解してもらおうと出した喩えも。それより清岡のプレゼンの直前が、わかりやすく伝えるプレゼンの講座ってのが対比になってより楽しい状況だった。いやそもそもこの文を書いていても読んでいる人にはさっぱり清岡が感じる楽しさが伝わらないだろうし共感もして下さらない状況も楽しい。
 プレゼンが終わって、そういった内心楽しいな、と思っていたことを表情に出さず、件の方に「お時間とらせました」と申し上げると、清岡の肩をポンポンと叩いてお店を去っていかれた、かっこいい!
 まぁ、ともかく少なくとも参加者の一人が原作を見てドラマを見てアニメは見てなかったってことだったんで、アニメが原作のどの位置かってのをガイドできて良かった。そうそう京都編より前ね。

※関連記事 パリピ孔明 6巻(2021年7月14日)

 関係ないけど、マスターが「進撃の巨人」の作中の歴史はドイツの1700年以降を辿っているとおっしゃっていて、日本ぽいのが出てきたのはWWIIだということでなるほどな、って思った。


 日常の記述に戻って21時34分大垣駅発の東海道本線(東海)(米原行)に乗り、帰宅。

※次の記事 同志社大学の日本史世界史入試で邪馬台国と関羽関連2024(2月5日6日9日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/6761
  • メモ:数寄語り 劇場アニメ パリピ孔明(岐阜県大垣市 時re風2024年3月8日)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。