Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2023年 11月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 3件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 79 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

アニメ『三国演義』2009年10月NHKで放送


  • 2009年7月28日(火) 18:39 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    7,615
アニメ ※追記。アクセスログを見ると、06/13 (水) 09:54:52以降、「NHK 三国志 アニメ」という検索語句で何度かアクセスがあったんだけど、きっとアニメ『キングダム』をそう勘違いしているんだろうな(以前は三国時代と無関係な、NHKのアニメ『十二国記』やアニメ『彩雲国物語』に対して誤解アクセスがあったので)。『キングダム』の時代は三国時代やその周辺の時代ではなく先秦。こう指摘しておかないと(学習を伴わず)何度も同じ検索語句で検索されるので、誘導の意味も込め記しておく。

 サイト「江河水」の日記を見ていたら、中日合作アニメーション『三国演義』の情報があった。

・江河水
http://kougasui.fc2web.com/
・どれが本物?  (※上記ブログ記事)
http://kougasui.blog15.fc2.com/blog-entry-477.html

 ソースは下記の中国情報局(サーチナ)のサイト。その2009年7月23日の記事によると、日本では『三国演義』は2009年10月にNHKで放送されるという。

・アジアへの扉、サーチナ。
http://searchina.ne.jp/
※ここで「三国演義」というキーワードで検索して探して下さい。

 また、同サイト2009年7月28日の記事によると中国ではCCTV(中国中央電視台)で2009年8月1日から毎日夕方放送されるという。それは1話約50分間、全26話に編集されたものだそうな。
 大三国志展で予告映像は見たけど、ようやっと本編が見られるんだね。
 それにしてもアニメの『横山光輝 三国志』で約30分、全47話で赤壁の戦いまでだったんで、それを思うと、原典の『三国演義』を全部やるとなると、かなりの駆け足になるのかな、と想像している。

<追記>
下記のように放送局のサイトでポッドキャストとして視聴できるようだね…もちろん中国語だけど。

・中国中央电视台 CCTV.com
http://www.cctv.com/

三国演义 CCTV.com
http://space.tv.cctv.com/podcast/sanguoyy

<追記終了>

お嬢様がいっぱい―恋する学園三国志!?(2008年3月)


  • 2009年7月28日(火) 12:46 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,718
小説 別件でたまたま見かけたので、メモ代わりに記事にしてみる。

まったくもって知らなかったんだけど、右の商品リンク先にあるように、2008年3月にフランス書院から河里一伸/著、しなの ゆら/絵『お嬢様がいっぱい―恋する学園三国志!?』(ISBN978-4829658406)という文庫が680円で発売しているという。

右の商品リンク先の内容紹介を読むと、登場人物の名前が「劉崎翔子」、「曹馬沙織」、「吾孫子絵美香」とかなっているんだけど、どうやらその手のジャンルもののバイアスがかかってそうなので、三国由来事項は薄そうだ。そういう創作の一形態を見る意味で、そこのレビューは興味深いんだけど(笑)

大型人形劇三国志総集編(2009年10月9日新十津川町)


  • 2009年7月28日(火) 12:15 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,939
ショー ※関連記事 人形劇三国志関連公演まとめ2009

上記公演に一件追加。

例によって、アクセスログに見られる検索ワードとドメインから再検索して知る。

2009年10月9日金曜日に北海道樺戸郡新十津川町ゆめりあホールにて大型人形劇『三国志』総集編の公演があるという。時間等、詳細情報未定っぽい。

・新十津川町ホームページ
http://www.town.shintotsukawa.lg.jp/

上記サイトの「公演」→「コンサート情報2009」と辿ったページから下記へ内容を引用。


━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日中合作大型人形劇「三国志」
   ~ 「総集編」 ~
  
   10月9日(金) 時間未定

 壮大な歴史絵巻が、遂に総集編として集大成。
 あの「レッドクリフ2」でおなじみの三顧の礼から赤壁の戦いまで、三国志史上最高の“天才軍師”諸葛亮孔明の活躍を綴る歴史スペシャル
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「英傑群像」グッズショップ開設予定(2009年12月6日)


  • 2009年7月28日(火) 12:11 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    3,084
場所 ・英傑群像(三国志エンターテイメント 情報&グッズ)
http://www.chugen.net/

・新長田インフォメーションギャラリー11月  (※上記ブログ記事)
http://sangokushi.chugen.net/1225

 「三国志」を題材としたグッズを専門に取り扱っているネットショップとして有名な「英傑群像」。
 上記ブログ記事によると、11月に神戸市長田区のアスタくにづか6番館1階に「新長田インフォメーションギャラリー」が開設予定とのこと。そこに「英傑群像」の販売ブースもオープン予定だという。

 ネットショップなだけに、ネットを通じて日本全国どこからでも画面越しにグッズを見て購入できる。逆に言えば、何か催しで出店がなければ、グッズを手にとって見ることはできなかった。だけど、11月以降、神戸市の長田に行けばグッズを間近で見れるようになるとは、利用者にとって大きなメリットだね。

※関連記事
 横山光輝三国志トランプ(2009年8月25日)
 人形劇「三国志」川本喜八郎氏特別公演(2009年8月23日)

<11月1日追記>
今日発行のメールマガジン『【月刊】三国志英傑群像通信 第89回』によると、「英傑群像 グッズショップ」が2009年12月6日に神戸新長田 「鉄人三国志ギャラリー」内にてオープン予定とのこと。詳細は来月のメールマガジンに載るそうな。

というわけで、この記事のタイトルを「「英傑群像」販売ブース開設予定(2009年11月)」から「「英傑群像」グッズショップ開設予定(2009年12月6日)」に変更

<11月26日追記>

・KOBE鉄人三国志ギャラリー内容発表  (※上記ブログ記事)
http://sangokushi.chugen.net/1334

どちらかというと、ギャラリーの一部にショップがある感じなのかな。

※追記 「赤壁の戦い」Tシャツ&「長坂の戦い」Tシャツ(2009年12月6日)

<12月5日追記>

・劉備石像完成!名づけて「昭烈帝廟」  (※上記ブログ記事)
http://sangokushi.chugen.net/1366

上記ブログ記事にあるように2009年12月6日に丸五市場で劉備石像が披露され「昭烈帝廟」とされるそうな。諸葛亮石像は近くにあるという。

<2月1日追記>

・趙雲銅像2m初公開!2月11日設置予定  (※上記ブログ記事)
http://sangokushi.chugen.net/1389

上記ブログ記事にあるように2010年2月11日に神戸市新長田「KOBE鉄人三国志ギャラリー」にて高さ約2mの趙雲騎乗像(ブロンズ像、銅像)が公開されるそうな。


※追記 三国志や鉄人28号、神戸に横山光輝さん資料館(読売新聞2009年12月6日付)

※追記 ゼロ年代を振り返って十大ニュース

<2月17日追記>
下記ブログ記事のように2月11日に行った方の記事を見かけたのでリンク張っておく。

・三国志漂流
http://3594h.blog95.fc2.com/
・三国志に出会える街、新長田-前編-  (※上記ブログ記事)
http://3594h.blog95.fc2.com/blog-entry-275.html
・三国志に出会える街、新長田-中編-  (※上記ブログ記事)
http://3594h.blog95.fc2.com/blog-entry-276.html
・三国志に出会える街、新長田-後編-  (※上記ブログ記事)
http://3594h.blog95.fc2.com/blog-entry-277.html
・三国志に出会える街、新長田-エピローグ-  (※上記ブログ記事)
http://3594h.blog95.fc2.com/blog-entry-278.html

※追記 三国志なりきり祭(2010年3月28日神戸六間道商店街)

※追記 三国志武将饅頭(2010年4月下旬)

※追記 英傑群像 B級品市(2010年7月31日8月1日)

※追記 十大三国志ニュース2011 前編

※追記 アイディア:古物商としての三国志ショップ

リンク:中国盲人数字図書館 電子図書


  • 2009年7月27日(月) 00:45 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,602
ネット 以前、知人に「『後漢書』などの電子文献を探すときは、その本文で検索すると見つかりやすい。例えば「傅南容」で検索するとか」なんてノウハウを伝授していたら、昨日、その知人から興味深いサイトを教えて貰った。
それが下記のサイト「中国盲人数字図書館」の「電子図書」。

・中国盲人数字図書館
http://www.cdlvi.cn/index/node_149889.htm

ざっと見ると、簡体字とはいえ、史部には正史類は元より『通典』『四庫全書總目』『水經注疏』『山海經』はあるし、何より「子部」に『初學記』『冊府元龜』『太平御覽』があるし『集部』には『太平廣記』『樂府詩集』がある。

一旦、手を付けると時間が取られそうなので(ページ数が多いし)、リンクを張っておくだけにしておこう。

※関連記事 太平御覽の部の一覧

※追記 メモ:『後漢書』傅燮伝

※追記 リンク:国学導航 四部索引

※追記 横山光輝三国志おもしろゼミナール(1984年7月)