Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2024年 03月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 1件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 79 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

三国志大戦3~猛き鳳凰の天翔~オフィシャルカードバインダー(2009年8月27日)


  • 2009年7月24日(金) 20:02 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    4,336
物品 ※関連記事 三国志大戦3~猛き鳳凰の天翔~(2009年7月23日稼働)

 上記記事にあるように2009年7月23日に『三国志大戦3~猛き鳳凰の天翔~』(アーケードゲーム)へとバージョンアップしたことをお伝えしたわけだけど、下記公式サイトにはそれ以外にも更新情報が載せられていた。

・三国志大戦3公式ウェブサイト
http://www.sangokushi-taisen.com/

 それによると2009年8月27日に

 ・三国志大戦3 猛き鳳凰の天翔 オフィシャルカードバインダー追加リフィルセット 通常版 6090円
 ・三国志大戦3 猛き鳳凰の天翔 オフィシャルカードバインダー追加リフィルセット DX版 8190円
 ・三国志大戦3 猛き鳳凰の天翔 トップローダー6枚セット 1260円

の三点がそれぞれ発売されるという。

三国志大戦3~猛き鳳凰の天翔~(2009年7月23日稼働)


  • 2009年7月24日(金) 19:58 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,962
ゲーム ・三国志大戦3公式ウェブサイト
http://www.sangokushi-taisen.com/

 上記公式サイトによるとアーケードゲームの『三国志大戦』は2009年7月23日にVer3.12からVer3.5になり、『三国志大戦3~猛き鳳凰の天翔~』になったとのこと。

※関連記事
 三国志英傑絵巻(2009年8月4日)
 『三国志大戦3 ~蒼天の龍脈~』Ver3.12(2009年2月17日)
 三国志大戦3~猛き鳳凰の天翔~オフィシャルカードバインダー(2009年8月27日)

※追記 三国志大戦3エクストラフィギュアVol.3「甄皇后」登場(2009年7月下旬)

※追記 コスプレイヤーズアーカイブ(SNS)

※追記 三国志大戦3公式全国大会「覇業への道」開催決定

※追記 三国志大戦3~猛き鳳凰の天翔~ Ver.3.51B(2009年12月24日)

※追記 三国志大戦3公式ウェブサイトのエイプリルフール・ネタ?2010


 上記関連記事(三国志英傑絵巻の方)にもあるように、バージョンアップ後のサブタイトルはすでに知っていて、いつバージョンアップされるか待っていた状態だった。
 冒頭の公式サイトより新バージョンの煽り文句(?)を下記へ引用。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本日より「三国志大戦3~猛き鳳凰の天翔~」が稼働いたします!!

新たな奥義、新たな計略!
新たな武将の参戦に、戦場は大きな変革を迎える!!

三国志大戦シリーズ最新バージョン
「三国志大戦3~猛き鳳凰の天翔~」
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

激突! 三国志武将かるた(2009年7月)


  • 2009年7月24日(金) 12:54 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    4,931
物品 ・月光楽園
http://mlp.cside.to/

 上記サイトの「つれづれ日記」で知ったこと。

 2009年07月にポプラ社から加来耕三/文『激突! 三国志武将かるた』が発売したという。ISBN978-4-591-11044-7、1050円。
 表題にある「かるた」以外にもカードバトルも楽しめるそうな。

・こども 絵本 | ポプラ社
http://www.poplar.co.jp/

・激突! 三国志武将かるた :加来 耕三 | ポプラ社
http://www.poplar.co.jp/shop/shosai.php?shosekicode=86300100

Amazonアソシエイトに加入したことについては承認された後に改めて記事で説明しますね。うちのサイトのアクセス数から判断して、収入はほぼないと思いますが、その収入についてサーバーレンタル費等のサイト運営以外に使わない予定です。

 上記のポプラ社のサイト内のページによるとグレード(対象年齢?)は「小学校中学年~」とのこと。イラストを見る限り伝統的な絵(=歴史に忠実ではない絵)だな。文を担当されている方は『諸葛孔明は二人いた 隠されていた三国志の真実』の著者だね。

※関連記事 諸葛孔明は二人いた 隠されていた三国志の真実(2009年4月20日)

※追記 三国志:燕虎物語(2010年11月)

※追記 あらすじとイラストでわかる三国志(2010年10月)

※追記 図解 三国志(2011年6月22日)

※追記 三国志激戦録(2011年7月19日)

※追記 横山光輝「三国志」武将かるた(2011年11月1日)

※追記 教えてあげる諸葛孔明(2011年11月25日)

※追記 コミック版三国志 1 桃園の誓い(2013年1月8日)

<8月27日追記>

 アクセスログを見ていると、8月25日9:40以降に「三国志 かるた」とかそういった類の検索語句が突如多くなり、ここの記事が検索されやすくなる。
 原因がわからないまでも、まぁ、テレビ番組かなんかで紹介されたのかな、と見当はついていたんだけど、うちのサイトではよくあることだし、歴代の中ではそれほど多くないアクセス数だったので(下記記事参照)、あまり追求せずにいた。

※参照記事 メモ3:「アクセス集計に見られる現代日本における三国志由来事項の変容と浸透」

 ところが冒頭でリンクしたサイトへアクセスが流れたようで、そこのブログを見ると、サイト管理人様を不用意に驚かせてしまったらしい。

 申し訳ないな、と思いつつ、謝りに行くにしても、その原因がわからないと示しが付かない気がするし、と迷っていたら、今日、ふとしたことでそれが判明する。

 それは知り合いによる旅の土産話の中にあった。

 某学会大会の朝食時に、たまたまその場にフジテレビ系列の朝の情報番組『とくダネ!』が流れていたそうで、その番組に「SAMURAI魂」というコーナーがあって(番組公式サイトの「番組に寄せられたメッセージ」で確認)、そこで「直江兼続」が取り上げられていたそうな。そのときに解説者として出演されていたのが加来耕三さんで、コーナーの最後に著作の紹介としてこの記事にある『激突! 三国志武将かるた』が紹介されていたという。コーナーの本題とは無関係ながらこれだけアクセス数が出るとはさすが全国ネット。

・とくダネ! - フジテレビ
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/tokudane/

 それで余談なんだけど、その土産話によると、その『激突! 三国志武将かるた』を見て、中国の歴史ものでちゃんと考証された絵がなかなかない、って話の流れで、(肯定的な意味で)『龍陽君始末記』が話題に上がっていて、例のあとがきの弁髪の話も話題に上がっていたそうな(笑)。というか、あとがきでは弁髪が描かれているなんて、しらなんだ。
 というか「知り合い」の「知り合い」の「知り合い」で繋がった(←内輪ネタ)

※参照記事 『ミステリーボニータ』に司馬懿くん

<追記終了>

メモ:日有食之


  • 2009年7月22日(水) 12:40 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    3,152
歴史  うちの地域では11:05に最大日食になるんだけど、あいにくの曇り空だった。だけど、その数分前に雲の切れ目から、辛うじて三日月状の太陽(変な表現だが)を拝むことができた。

 そういや、後漢末から三国時代あたりで日食といえば、三公クラスの人が免官になるイメージが私にはあるんだけど、何に基づいたイメージかあいまいだったので、この際だから検索かけてみる。
 『後漢書』本紀で「日有食之」と検索してみて、ちゃんと引用元を書かず、以下、列挙してみる。


秋七月甲戌朔 、日有食之 。壬午、太尉朱寵・司徒朱倀罷 。 庚子、太常劉光為太尉、録尚書事;光祿勳許敬為司徒。

戊戌晦、日有食之。十一月、太尉劉寵免、太僕郭禧為太尉。

三月丙寅晦、日有食之。夏四月、太尉郭禧罷、太中大夫聞人襲為太尉。

三月辛酉朔、日有食之。太尉聞人襲免、太僕李咸為太尉。

冬十月癸丑朔、日有食之。太尉劉寬免。

丙子晦、日有食之。十一月、太尉陳球免。

九月庚寅朔、日有食之。太尉劉寬免、衛尉許戫為太尉。

夏四月丙午朔、日有食之。太尉馬日磾免、幽州牧劉虞為太尉。


 これらを見た第一印象では、そういえば月と太陽の位置関係上、旧暦の晦(月末)や朔(月初)に日食が起こるのは道理だ、と妙に感心していた。
 それで本題についてだけど、私のイメージの元は、昔、劉寬について検索しては読んでいたことがあったんだと思い出す。これらの記述を見ると、日食があれば主に「太尉」が免官になっているね。

 それでここが「三国志ニュース」ということで、『三国志』ではどうかというと、『三国志』魏書文帝紀の黄初二年六月(紀元221年6月29日、新暦で8月5日)の条に以下の記述がある。

戊辰晦、日有食之、有司奏免太尉、詔曰:「災異之作、以譴元首、而歸過股肱、豈禹・湯罪己之義乎?其令百官各虔厥職、後有天地之眚、勿復劾三公。」

 面倒だから(今のところ)訳さないが、太尉を免じるよう上奏があったものの、曹丕が詔で、以後、天地の過ちがあっても、三公を弾劾することを禁じているね。

 ここらへんつついてみると、ちゃんと説明した論文はありそうだ。


※参照記事 皆既日食観測ツアーin赤壁(2009年7月20日発4日間)


※リンク追記
・Twitter / @f_nisihara: 日食のせいでクビになった人 in 『後漢書』 - メ ...
http://twitter.com/f_nisihara/status/204187038130507778

「三国志ニュース」デザイン大幅変更(2009年7月20日)


  • 2009年7月21日(火) 12:32 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,730
ネット  「三国志ニュース」のサイト自体についてのお知らせ。
 すでにお気付きの方は多いと思うんだけど、非常にありがたいことに、ぐっこさんが「三国志ニュース」のデザインを大幅バージョンアップしてくださる。
(※具体的には「ProfessionalCSS」をベースとしたオリジナル新テーマ「sanCSS2」の作成」)

・ぐっこ どっと ねっと-~三国迷ぐっこのHP~
http://gukko.net/

※参照記事 「ぐっこ どっと ねっと」オフ会(カラオケ)

 デザインがカッコ良くなった以外に、新しくなった部分はフロントページ上部に画像を入れられるスペースが新設されたこと。そこに関してまだ具体的な運営方法は決めていないんだけど、意見を集めつつ追々、試行錯誤しつつ定めていきたいところ。

※追記。というわけで掲示板に話題を振ってみました