Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2018年 11月
«
»
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 46 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

コミック三国志(週刊ビジュアル三国志2004年3月25日-2005年3月17日)


マンガ ※前の記事 女子的生活(1)(NHK総合2018年1月5日)

 青春18きっぷの旅。2018年1月7日日曜日昼、神戸市長田のブックカフェCha-ngokushi(ちゃんごくし)でくつろいでいた。

・Cha-ngokushi (Changokushi) on Twitter
https://twitter.com/Changokushi

※関連記事 馬超画(Cha-ngokushi2017年11月-)

 上記関連記事で触れたように、お店の書棚に部分的においてある2004年3月25日から2005年3月17日まで刊行された分冊百科「週刊ビジュアル三国志」(世界文化社、全50巻)のシュガー佐藤「コミック三国志」を確認する。いや前提として下記関連記事で触れたように、先行する石森プロ(シュガー佐藤)『諸葛孔明 不世出の名軍師』(マンガ中国大人物伝 1 世界文化社1996年12月15日発行)がヴィジュアル面で『三国演義連環画』(上海人民美術出版社1957-1961年)を多く参照にしているってのがあるんだけどね。

※関連記事 メモ:第20回三顧会 前夜祭(2014年5月3日)

 前回、見たのが、『週刊ビジュアル三国志』21号 9月2日号(三顧の礼(二))(2015年8月19日木曜日発売560円)で、pp.12-31が「コミック三国志」号数と同じで第21話「三顧の礼(二)」とのこと。クレジットは「原作 吉川英治 シナリオ 竹川弘太郎 画 石森章太郎プロ 作画 シュガー佐藤」とのことだ。
 p.19k1に『三国演義連環画』と同じデザインの寝台(諸葛亮のベッドの柵に特徴が現れる)が出てくる。ここらへんは『諸葛孔明 不世出の名軍師』と同じで、そちらは下記関連記事で触れた研究報告に使った。

※関連記事
 メモ:日本の「三国志演義」翻案作品における作画資料としての「三国演義連環画」(2017年6月24日)
 人形劇 三国志 三顧礼での諸葛亮の寝台デザイン(1983年3月19日)

 ちなみにこの作品は単行本化されており、さらにコンビニ向けのも出ている。

※関連記事
 2005年11月「ROMAN COMICS 三国志 1 桃園の誓い」発売
 決定版 三国志 上下巻(2013年1月18日)

 それできっちりは比較してないものの、やはり「コミック三国志」の方が余裕を持って作っているようで、諸葛亮の弟のオリジナルの動きが加わっていたりと。下記関連記事で「連載上の佐藤『三国志』の各回の連続性が乏しいこと(絵と文で補足されてある)で研究としての意欲が減退していた」と書いたがそうでもなかった。

※関連記事 「三国志演義」を翻案した少年マンガの1980年代までの変遷(2014年6月28日)

 そこで当初思っていたこのマンガの特殊性を思い出す。それは吉川英治「三国志」を原作において「三国演義連環画」を参考にしているということ。ある場面が違うようにかかれていたらどちらを元にどれぐらい描かれているのか、ってのがチェックポイントになりうる。すぐ思い出せるのは関羽が手術をしたのは左右の腕どちらかということ。前者は右で後者を含めた『三国志演義』の諸本は左。あと前者の吉川英治「三国志」が参照する元をおおまかにたどると枝分かれした後の部分である『三国志演義』李卓吾本までいけて、後者はそれより後発の『三国志演義』毛宗崗本までいける。この両者の版本での違いですぐに思いつくのは後者には諸葛亮が司馬懿もろとも魏延を焼き殺そうとした場面が削除されている。ちなみにストーリー面で吉川英治「三国志」、ヴィジュアル面で「三国演義連環画」を参照する横山光輝「三国志」はその焼き殺そうとした場面がちゃんと描かれているものの、関羽の手術では左腕の治療の絵の参考にしているものの、実際には右腕の治療をしており不自然な描写に見える。そういうことは下記関連記事で触れた『三国志研究』第10号所収「横山光輝はなぜ官渡の戦いを描かなかったのか」で書いた。

※関連記事 中国・アジア研究論文データベース(2016年1月25日公開)

 それで実際、「コミック三国志」ではどうなっているか確認したかったのだけど、そのへんの『コミック三国志マガジン』がお店に置いてなかった。元々、嶋崎さんの所有物らしく、どうやら、置いてない分は、ふじやんさん&あきよんさんのおうちにあるそうで。

※関連記事 嶋崎 祐三 氏 死去(2017年6月14日?)

 お店にいらっしゃった、ふじやんさんにそういう話をいていたんだけど、一旦、おうちに帰るそうで、確認してくれるとのことだった。
 それでお店に帰ってきた、ふじやんさんにお話を伺うに「コミック三国志」には肝心の関羽の手術、魏延爆殺未遂が省略されていたそうで。トピックとしては呂蒙の死はかなり独特だそうな。
 夕食に甘寧一番海苔ホットサンドをいただく。おいしい!でも最近、劉備の耳付蜀パン四川風ホットサンド派に移り気味(笑)

※次の記事 デジタル時代の中国学リファレンス(1)(漢字文献情報処理研究17号2018年1月25日発行)

※新規関連記事 まぼろしの女王 卑弥呼(小学六年生4月号1986年3月5日)

※新規関連記事 三国志 その終わりと始まり(2018年1月4日)

※新規関連記事 三国志演義大事典(1996年7月30日発行)

※新規関連記事 春の古書大即売会2018(京都古書研究会2018年5月1日-5日)

※新規関連記事 三国志を行く 三国鼎立編(2006年6月15日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4473
  • コミック三国志(週刊ビジュアル三国志2004年3月25日-2005年3月17日)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。