Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2023年 06月
«
»
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 76 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

SDガンダム三国伝BraveCardBattle(2010年7月29日)


  • 2010年6月10日(木) 20:59 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,018
物品 ・SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors
http://www.sdgundam3gd.net/

※関連記事 SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors(2010年4月3日テレビ東京系)

上記公式サイトの2010年6月10日の更新によると、2010年7月29日に『SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors』をモチーフとしたトレーディングカード『SDガンダム三国伝BraveCardBattle』(第1弾)が発売するという。自販機版(カード4枚入)100円と店頭販売のパック版(カード6枚入)158円の二通りのチャネルがあるそうな。全48種(ノーマルカード30種、天下無双カード12種)で、やはりカードで(ブレイブな)バトルして遊べるそうだ。あと「そのうち12種は全面金箔押し仕様の「天下無双カード」だ!」(公式サイトより)とのこと。

<リンク追記>
・SDガンダム 三国伝 ブレイブカードバトル
http://www.carddas.com/sangokuden/
※2010年6月15日オープン。URLをみると、やはりカードダスって扱いなんだね。「遊び方」に「部隊兵ルール」と「天下無双ルール」が公開されている。カードリストも公開予定とのこと。

※追記。7月15日-18日開催の「東京おもちゃショー2010」でPRカード「龍装 劉備ガンダム」が貰えるとのこと。また6月26日発売の『ガンダムA』、『ケロケロA』でそれぞれPRカード「SD-P01 呂布トールギス」が別デザインで付いてくる。

※追記 三国伝ステージ(2010年7月17日18日東京おもちゃショー2010)

※追記。公式サイト7月6日更新で「カードリスト「プロモーション」を更新しました。」というのがあって、そのカードリストの二枚は前述の『ガンダムA』、『ケロケロA』の呂布トールギスで、残り一枚はプラモデル「真 龍装 劉備ガンダム」の初回生産分に着いてくる龍装 劉備ガンダムのカードだそうな。

※追記。公式サイト7月13日更新で「カードリスト「プロモーション」を更新しました。」とのことで、「東京おもちゃショー2010」を配布場所とした「龍装 劉備ガンダム」。何かプロモーションのカードって『三国志大戦』でいうところのEXカードだね。

※追記。公式サイト7月20日更新で「ニュース「ガンダムA9月号&ケロケロA9月号にPRカードがついてくる!」を更新しました。」とのことで、2010年7月26日発売の『ケロケロA』と『ガンダムA』にそれぞれデザイン違いの「龍装 劉備ガンダム」のPRカードが付いてくるという。

※追記。公式サイト8月4日更新は「ガンダムSUPER EXPO東京2010」関連。そこでカードリストが展示され、「SD-P03 龍装 劉備ガンダム」のPRカードが配布されるという。

プラモにガシャポンに車ものに今回のカード、『SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors』関連商品もかなり揃ってきた感があるなぁ(下記関連記事参照)

※関連記事
 三国伝に「真」シリーズ(2010年2月27日)
 ガシャポン三国伝01(2010年4月中旬)
 騎馬ブレイカー(2010年7月17日-)

※追記 ジャスティスファイトキャラバン(2010年7月17日-)

※追記 SDガンダム三国伝BraveBattleWarriors 角川つばさ文庫版(2010年11月15日)

※追記 十大三国志ニュース2010 前編

三国志大戦3 ~WAR BEGINS~オフィシャルカードバインダー(2010年8月26日)


  • 2010年5月29日(土) 15:10 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    6,719
物品 ・快盗天使ツインエンジェル 公式サイト
http://twin-angel.com/
快盗天使ツインエンジェル 公式サイト

・「ツインエンジェル」と「三国志大戦」のコラボレーションが実現! (※上記サイト内ページ)
http://twin-angel.com/news/g_063.html

上記サイトの「えんじぇる☆にゅーす」の2010年5月27日分で知る。

アーケードゲーム『三国志大戦』の2010年6月稼働開始予定新バージョン『三国志大戦~WAR BEGINS~』のオフィシャルカードバインダーがセガより2010年8月26日に発売するとのこと。DX版が7350円で通常版が5140円。
(というより、新バージョンの名称は『三国志大戦~WAR BEGINS~』なんだね)
上記ページにも書いてあるが、『三国志大戦~WAR BEGINS~オフィシャルカードバインダー』の同梱商品となるEX(エクストラ)カードは『快盗天使ツインエンジェル』コラボレーションカードとのこと(またデータベース消費を誘発しそうだ)。カードは「漢王朝の天使 曹三姉妹」(誰?)とのことで「Illustration:sammy/たむらかずひこ/古賀誠」とクレジットされている。『快盗天使ツインエンジェル』はサミー製のパチスロであり、あれこれメディアミックス的商品展開をしている模様。言われてみれば『三国志大戦』は講談社等、他社とコラボレーションすることが多かったが、同じセガサミーグループ内でのコラボは初めてじゃないのかな。

※5月30日追記。ありがたいことに、コメント覧で教えて貰ったんだけど、この「曹三姉妹」が曹操の女(むすめ)の憲・節・華の三人だという噂があるそうな。言われてみれば『後漢書』紀第十下獻穆曹皇后紀に「獻穆曹皇后諱節、魏公曹操之中女也。建安十八年、操進三女憲・節・華為夫人、聘以束帛玄纁五萬匹、小者待年於國。十九年、並拜為貴人。及伏皇后被弒、明年、立節為皇后。」とあり、史書上で三人セットになっており、献帝の夫人になり、続けて三人とも貴人となり、中の娘の節は皇后(つまり献帝の妻)になっており充分に有名だから、信憑性が高そうな噂だ。

※6/17追記。タイトルは『三国志大戦~WAR BEGINS~オフィシャルカードバインダー』ではなく『三国志大戦3 WAR BEGINS オフィシャルカードバインダー』とのことで、この記事のタイトルも変更。また「三国志大戦3公式ウェブサイト」より下記へ商品情報を引用。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本日稼働の『三国志大戦3 WAR BEGINS』の追加カードがすべて収納できるオフィシャルバインダーセットが早くも登場します。
オレンジの配色に龍がデザインされた、カードファイルに加え、今バージョンで追加された武将カードが全部収納できるリフィルとカードリスト、スペースを穴埋めするカードが付いてきます。
また、同梱のEXカードには、漢勢力の「曹三姉妹」。オリジナル計略の「天使の微笑」の効果も気になるところ。

更にDX版には、「ステップアップガイドシリーズ」でおなじみの、ゲームジャパン編集部による、「三国志大戦歴代カードリストブック」が同梱。歴代すべての武将カードに加え、三国志大戦史や有名君主たちの座談会も収録されており、まさに必見!!
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・三国志大戦3公式ウェブサイト
http://www.sangokushi-taisen.com/

※関連記事 三国志大戦3~猛き鳳凰の天翔~オフィシャルカードバインダー(2009年8月27日)

※追記 三国志大戦3 WAR BEGINS(2010年6月17日)

※追記 三国志ジョーカー(2010年7月6日)

三国志大戦3 オフィシャルカードバインダー追加リフィルセット(2008年10月23日)


  • 2010年3月10日(水) 23:56 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,777
物品 ※関連記事 三国志学会 第四回大会ノート1

 上記記事の続きで2008年、2009年分のアクセス集計している。前回が発表前の8月まで延々、表計算ソフトで手作業を行っていたが、少し改善され、専用のスクリプトを使っている。それだと、ある検索語句をまとめて分類でき、より効率的になっている。
 分類する際、判断因子は自分の記憶に拠るところが大きく、思い出せない時は過去、検索対象となっていた「三国志ニュース」内で検索し、確認を取る。
 そういった作業をしていると、「三国志ニュース」で記事にしていなかった事例に気付く。その一例が「EX劉禅」という検索語句。

・三国志大戦3公式ウェブサイト
http://www.sangokushi-taisen.com/

 上記公式サイトを見ていくと、どうやら、2008年10月23日に「三国志大戦3 オフィシャルカードバインダー追加リフィルセット」が発売されたようで、その通常版は4725円で「追加リフィル・インデックス・リフィル穴埋めカード・扉絵」、「カードデータリスト」、「三国志大戦3 オフィシャルラージデッキケース」、「エクストラカード」が同梱されており、8925円のDXパックになるとそれらに加え、「三国志大戦3 復活!象×3 Tシャツ」、「三国志大戦3 オリジナル名刺ケース」が同梱される。前述の「EX劉禅」はこの中での「エクストラカード」に対応する。つまりこのカードには少女漫画『パタリロ!』の作者である魔夜峰央氏により描かれた劉禅が描かれたカードだ。ナンバーはEX020。その見た目はデータベース消費よろしくそのまんま『パタリロ!』主役のパタリロで、そのオリジナル計略はパタリロを連想させるような「ドタバタ戦法」となっている。もちろんこのカードは『三国志大戦3』で使える。時期的には『三国志大戦3 ~蒼天の龍脈~』(Ver.3.10)のころかな。

※関連記事
 エクストラカード(野中英次/画)
 三国志大戦3~猛き鳳凰の天翔~オフィシャルカードバインダー(2009年8月27日)
 「三国志大戦3 ~蒼天の龍脈~」稼働開始(2008年9月18日)

※追記 上海 三国牌闘儀(2009年9月8日)

三国志セット(2010年2月14日-21日空龍)


  • 2010年2月12日(金) 00:49 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,323
物品  ありがたいことにタレコミ情報を頂いたので記事に。

※関連記事 2010年の春節祭

 上記関連記事や下記公式サイトにあるように今年も旧正月に合わせ、2010年神戸南京町春節祭が2010年2月14日日曜日から21日日曜日までの間、行われる(※登録商標上、神戸は「中華街」ではなく「南京町」なので注意が必要。登録商標第4020808号)。

・神戸南京町
http://www.nankinmachi.or.jp/

・2010 南京町春節祭
http://www.nankinmachi.or.jp/shunsetsu/spring2010/index.html

 上記「2010 南京町春節祭」のサイトの下の方にある「迎春餐&福袋」をクリックすると、PDFファイル(※データ量が多いので注意)が開く。
 そこには春節祭期間中の南京町内の各店のセットや福袋が紹介されている。2010年に合わせてか、どこも2010円均一とのこと。そこで目を引いたのが「空龍」というお店の「三国志セット」。こちらも2010円。内容は該当ページから下記に引用するようなもの。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
27 空龍
三国志セット(オリジナルTシャツ、孔明扇子、
トランプ、パズル)
営10時半~20時
 土10時半~21時・日10時半~20時半 休なし
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 そこには写真が添えられて居るんだけど、「パズル」はどう見ても華容道パズルだよな。まぁ、注意書きに「※フェアの商品は、掲載している写真と異なる場合がございます。」とあるんで、違うかもしれないけど。

※参照記事 第四回三顧会ダイジェスト4「三国志トランプ大会」

「赤壁の戦い」Tシャツ&「長坂の戦い」Tシャツ(2009年12月6日)


  • 2009年11月30日(月) 12:05 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,868
物品 ・英傑群像(三国志エンターテイメント 情報&グッズ)
http://www.chugen.net/

・なんでもコンテスト優勝Tシャツ商品化!  (※上記ブログ記事)
http://sangokushi.chugen.net/1339

上記ブログ記事から情報中継。

「第三回三国志祭」内の企画で行われた「三国志なんでもコンテスト」で優勝したTシャツ作品が商品化され、神戸市長田区のアスタくにづか6番館1階に2009年12月6日開設予定「KOBE鉄人三国志ギャラリー」内の英傑群像ショップで販売するという。優勝した「赤壁の戦い」Tシャツに加え、描き下ろしの「長坂の戦い」Tシャツが各2000円で販売されるという。また準備でき次第、ネットショップ「英傑群像」でも扱うそうな。
上記ブログ記事の写真を見る限り「Romance of Three Kingdoms」とか題字の入るアメコミの1ページを切り取ったようなポップで良い感じ。

※関連記事
 第三回三国志祭(2009年8月22日23日)
 「英傑群像」グッズショップ開設予定(2009年12月6日)
 メモ:Three Kingdoms

携帯電話のきせかえ及びアレンジ関連


  • 2009年10月12日(月) 00:34 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,539
物品 部外者で興味のない者にとっては判りづらく、その上、各社別々の商標を出しているものだから、それに輪を掛けてより判りづらくなっていて意味不明なものになっているんだけど、そう思うのはおそらく私だけだから以下、情報中継。まぁ、各社競争しているのだなぁというのは何となく判るんだけど。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※「iモード」「きせかえツール」は株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※「きせかえアレンジ」はソフトバンクモバイル株式会社の商標または登録商標です。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※「EZweb」および「EZケータイアレンジ」はKDDI株式会社の商標または登録商標です。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※上記三つの引用はこの記事の最後に掲載したURLが引用元。

一番目の会社と二番目の会社で共通する語句は「きせかえ」で二番目と三番目の会社で共通する語句は「アレンジ」。何の予備知識もない私にとっては二番目の会社が良いとこどりに見えてしまう。
つまりは呼び方は違っても、システムとしては、どうやら「ケータイ」の画面に映し出せる映像(待受画面、メニュー、電話着信、メール受信、電波ピクト、電池ピクト等)をあたかも「きせかえ」するかのように「アレンジ」するような「ツール」らしい。この認識であっているんだろうか。

リンク:GAMECITY [オンラインショッピング] 赤兎馬


  • 2009年10月 1日(木) 23:09 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,017
物品 タレコミ情報が入ったんだけど、コーエーのメルマガに、コーエー総合ポータルサイト「GAMECITY」で三国志ブランド「赤兎馬」の商品を扱うようになったという情報があったそうな。

・GAMECITY  (コーエー総合ポータルサイト)
http://www.gamecity.ne.jp/

・三国志Tシャツ赤兎馬
http://www.sekitoba.com/
三国志Tシャツ赤兎馬


そのメルマガに掲げられるURLを見ると、下記のようにすでに専用ページもできているようだ。

・GAMECITY [オンラインショッピング] 赤兎馬
http://www.gamecity.ne.jp/shop/hobby/sekitoba/


こういう可能性もあるんだな、とそれ自体、興味深いトピック。

※関連記事
 『真・三國無双 Online』PlayStation3版(2010年2月18日)
 三国志SHOP通信「赤兎馬」

※追記 「GAMECITY10周年謝恩・年末キャンペーン」で「赤兎馬」Tシャツ

ブロッコリーの『真・恋姫†無双』製品


  • 2009年9月28日(月) 00:19 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,535
物品 ※関連記事 ブースターパック「OS:真・恋姫†無双」(2009年7月11日)

上記記事で株式会社ブシロードから『真・恋姫†無双』のトレカ(トレーディングカード)が出ていることを伝えたわけだけど、他の会社からも出ているようだね。ここで説明するより公式サイトに行った方が判りやすいので下記へ続けてリンクを張る。前者が2008年9月26日発売で後者が2009年7月10日発売。

・ディープエンジェルカードコレクション「恋姫†無双 ~ドキッ★乙女だらけの三国志演義~」
http://www.broccoli.co.jp/traca/koihime/

・ディープエンジェルカードコレクション「真・恋姫†無双」2009年7月10日(金)発売!
http://www.broccoli.co.jp/traca/shinkoi/

これらのトレカをどこがだしているかというと、「ブロッコリー」という会社(※今、思い出したけど、その筋では有名な会社だね)。

・BROCCOLI Official Home Page
http://www.broccoli.co.jp/

※追記 『真・恋姫†無双』関連商品

※追記 三国志LOVERSドラマCD(2011年7月27日,8月24日,9月21日)

三国志大戦3~猛き鳳凰の天翔~オフィシャルカードバインダー(2009年8月27日)


  • 2009年7月24日(金) 20:02 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    4,185
物品 ※関連記事 三国志大戦3~猛き鳳凰の天翔~(2009年7月23日稼働)

 上記記事にあるように2009年7月23日に『三国志大戦3~猛き鳳凰の天翔~』(アーケードゲーム)へとバージョンアップしたことをお伝えしたわけだけど、下記公式サイトにはそれ以外にも更新情報が載せられていた。

・三国志大戦3公式ウェブサイト
http://www.sangokushi-taisen.com/

 それによると2009年8月27日に

 ・三国志大戦3 猛き鳳凰の天翔 オフィシャルカードバインダー追加リフィルセット 通常版 6090円
 ・三国志大戦3 猛き鳳凰の天翔 オフィシャルカードバインダー追加リフィルセット DX版 8190円
 ・三国志大戦3 猛き鳳凰の天翔 トップローダー6枚セット 1260円

の三点がそれぞれ発売されるという。

激突! 三国志武将かるた(2009年7月)


  • 2009年7月24日(金) 12:54 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    4,734
物品 ・月光楽園
http://mlp.cside.to/

 上記サイトの「つれづれ日記」で知ったこと。

 2009年07月にポプラ社から加来耕三/文『激突! 三国志武将かるた』が発売したという。ISBN978-4-591-11044-7、1050円。
 表題にある「かるた」以外にもカードバトルも楽しめるそうな。

・こども 絵本 | ポプラ社
http://www.poplar.co.jp/

・激突! 三国志武将かるた :加来 耕三 | ポプラ社
http://www.poplar.co.jp/shop/shosai.php?shosekicode=86300100

Amazonアソシエイトに加入したことについては承認された後に改めて記事で説明しますね。うちのサイトのアクセス数から判断して、収入はほぼないと思いますが、その収入についてサーバーレンタル費等のサイト運営以外に使わない予定です。

 上記のポプラ社のサイト内のページによるとグレード(対象年齢?)は「小学校中学年~」とのこと。イラストを見る限り伝統的な絵(=歴史に忠実ではない絵)だな。文を担当されている方は『諸葛孔明は二人いた 隠されていた三国志の真実』の著者だね。

※関連記事 諸葛孔明は二人いた 隠されていた三国志の真実(2009年4月20日)

※追記 三国志:燕虎物語(2010年11月)

※追記 あらすじとイラストでわかる三国志(2010年10月)

※追記 図解 三国志(2011年6月22日)

※追記 三国志激戦録(2011年7月19日)

※追記 横山光輝「三国志」武将かるた(2011年11月1日)

※追記 教えてあげる諸葛孔明(2011年11月25日)

※追記 コミック版三国志 1 桃園の誓い(2013年1月8日)

<8月27日追記>

 アクセスログを見ていると、8月25日9:40以降に「三国志 かるた」とかそういった類の検索語句が突如多くなり、ここの記事が検索されやすくなる。
 原因がわからないまでも、まぁ、テレビ番組かなんかで紹介されたのかな、と見当はついていたんだけど、うちのサイトではよくあることだし、歴代の中ではそれほど多くないアクセス数だったので(下記記事参照)、あまり追求せずにいた。

※参照記事 メモ3:「アクセス集計に見られる現代日本における三国志由来事項の変容と浸透」

 ところが冒頭でリンクしたサイトへアクセスが流れたようで、そこのブログを見ると、サイト管理人様を不用意に驚かせてしまったらしい。

 申し訳ないな、と思いつつ、謝りに行くにしても、その原因がわからないと示しが付かない気がするし、と迷っていたら、今日、ふとしたことでそれが判明する。

 それは知り合いによる旅の土産話の中にあった。

 某学会大会の朝食時に、たまたまその場にフジテレビ系列の朝の情報番組『とくダネ!』が流れていたそうで、その番組に「SAMURAI魂」というコーナーがあって(番組公式サイトの「番組に寄せられたメッセージ」で確認)、そこで「直江兼続」が取り上げられていたそうな。そのときに解説者として出演されていたのが加来耕三さんで、コーナーの最後に著作の紹介としてこの記事にある『激突! 三国志武将かるた』が紹介されていたという。コーナーの本題とは無関係ながらこれだけアクセス数が出るとはさすが全国ネット。

・とくダネ! - フジテレビ
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/tokudane/

 それで余談なんだけど、その土産話によると、その『激突! 三国志武将かるた』を見て、中国の歴史ものでちゃんと考証された絵がなかなかない、って話の流れで、(肯定的な意味で)『龍陽君始末記』が話題に上がっていて、例のあとがきの弁髪の話も話題に上がっていたそうな(笑)。というか、あとがきでは弁髪が描かれているなんて、しらなんだ。
 というか「知り合い」の「知り合い」の「知り合い」で繋がった(←内輪ネタ)

※参照記事 『ミステリーボニータ』に司馬懿くん

<追記終了>