Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 11月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

宮城谷昌光/著『三国志』文庫第十巻(2014年4月10日)


  • 2014年4月26日(土) 02:51 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,003
小説 ・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~
http://www.toho-shoten.co.jp/

・メルマガ登録
http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/

上記の書店サイトの上記ページにあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2014年第6号(総273号)(2014年4月24日発行)により知ったこと。下記関連記事にあるように8巻に続いて9巻も2013年10月に発売されたので、どうせ今年の10月に文庫が発売されると思っていたら、やはり連載が終了したので、早まったようだ。何かというと、宮城谷昌光/著『三国志』(※不遜にも歴史書と同名だがあくまでも自作の小説のこと)の文庫の方だ。

※前巻記事 宮城谷昌光/著『三国志』文庫第九巻(2013年10月10日)

・文藝春秋ホームページ
http://www.bunshun.co.jp/

そうすると上記サイト内にある下記ページに行き着く。それによると、2014年4月10日に宮城谷昌光/著『三国志』第十巻(小説、文春文庫、ISBN978-4-16-790068-7)が630円(税別)で発売したという。

・『三国志 第十巻』(宮城谷 昌光・著) | 文春文庫 | 書籍情報 | 文藝春秋
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167900687

戯史三國志(講談社文庫2013年7月12日9月13日11月15日)


小説 ・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~
http://www.toho-shoten.co.jp/

・メルマガ登録
http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/

上記の書店サイトの上記ページにあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2013年第9号(総265号)(2013年10月10日発行)により知ったことで、紹介する時期を逸して今頃になってしまう。何かというと、下記の出版社サイトの書籍ページによると、講談社より2013年7月12日に吉川永青/著『戯史三國志 我が糸は誰を操る』(講談社文庫、ISBN978-4-06-277596-0)が838円(税別)で、2013年9月13日に吉川永青/著『戯史三國志 我が槍は覇道の翼』(講談社文庫、ISBN978-4-06-277630-1)、2013年11月15日に吉川永青/著『戯史三國志 我が土は何を育む』(講談社文庫、ISBN978-4-06-277709-4)が900円(税別)で発売されたという。

・講談社BOOK倶楽部
http://bookclub.kodansha.co.jp/

・戯史三國志 我が糸は誰を操る 吉川永青 講談社
http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2775964

・戯史三國志 我が槍は覇道の翼 吉川永青 講談社
http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2776308

・戯史三國志 我が土は何を育む 吉川永青 講談社
http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2777096



つまり下記関連記事で紹介した単行本の文庫化だ。前述の出版社による単行本のページを読むと、それぞれ呂布陣営の陳宮、孫堅(→孫権)陣営の程普、劉備陣営の廖淳が主役らしい。

※関連記事
 戯史三國志 我が糸は誰を操る(2011年5月10日)
 戯史三國志 我が槍は覇道の翼(2011年9月6日)
 戯史三國志 我が土は何を育む(2012年3月19日)

サテライト三国志(2014年1月27日)


小説 ※関連記事 サテライト「三国志」群像(2012年8月20日-)

上記関連記事にあるようにウェブ・サイト「日経ビジネスオンライン」に2012年8月20日から2013年8月9日まで平日毎日連載していた、塚本靑史/著『サテライト「三国志」群像』という小説がそろそろ単行本になってそうだと下記出版社のサイトにアクセスすると、されていた。

・日経BP書店|トップ
http://ec.nikkeibp.co.jp/

・日経BP書店|商品詳細 - サテライト三国志 上
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/P49960.html

・日経BP書店|商品詳細 - サテライト三国志 下
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/P49970.html

上記サイトの上記書籍ページにあるように、日経BP社より2014年1月27日に塚本靑史/著『サテライト三国志』の上巻(ISBN978-4-8222-4996-0)と下巻(ISBN978-4-8222-4997-7)が各1890円で発売したという。

十三支演義~偃月三国伝~ 上下巻(2013年11月15日、2014年2月15日)


小説 ※関連記事十三支演義 ~偃月三国伝~ 4巻<完> (2014年2月7日)

上記記事を書く際に下記ブログ記事で知ったこと。

・イチ履歴
http://blog.livedoor.jp/s41peony/

・十三支演義~偃月三国伝~4巻本日発売 (※上記ブログ記事)
http://blog.livedoor.jp/s41peony/

下記サイトの下記ページのように、小説の佐々木禎子/著、アイディアファクトリー/RED/原作・監修、紗与イチ/イラスト『十三支演義~偃月三国伝~』上巻が2014年11月15日に、下巻が2013年2月15日に各660円(税抜)で発売したという。

・絶対オトメ宣言! ビーズログ文庫
http://www.bslogbunko.com/

・絶対オトメ宣言! ビーズログ文庫 (※十三支演義~偃月三国伝~)
http://www.bslogbunko.com/si_jyuuza/

・新刊情報 - 絶対オトメ宣言! ビーズログ文庫
http://www.bslogbunko.com/newbook/index.html#newbook07
 ※新刊情報なので時間が経てば内容が変わる。

邪馬台―蓮丈那智フィールドファイルIV―(2014年1月14日)


  • 2014年1月31日(金) 00:27 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,959
小説 ※関連記事 三国志ナビ(2014年2月1日)

上記関連記事を書く際に知ったこと。

下記出版社サイトの(現在、近刊情報から辿れる)各該当ページにあるように、2014年2月1日(Amazon.co.jpでは「2014/1/29」とする)に新潮社よりミステリー小説の北森鴻・浅野里沙子/著『邪馬台―蓮丈那智フィールドファイルIV―』(新潮文庫、ISBN 978-4-10-120724-7)が882円で発売するという。「邪馬台国」は『三国志』巻三十魏書東夷伝に記載のあることだし、それが小説のストーリーに深く関わってくるとのことなので、記事にしてみた。

・新潮社
http://www.shinchosha.co.jp/

・北森鴻『邪馬台―蓮丈那智フィールドファイルIV―』|新潮社
http://www.shinchosha.co.jp/book/120724/

リインカーネーション(2013年9月)


  • 2013年11月14日(木) 00:06 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,058
小説 ※関連記事 RE-INCARNATION RE-BIRTH(2013年9月12日-16日)

上記関連記事の続きだけど。同じく下記ブログで知ったこと。

・WALK ON
http://kougasui.blog15.fc2.com/

・リンカネ戯曲本発売決定!!  (※上記ブログ記事)
http://kougasui.blog15.fc2.com/blog-entry-723.html

・戯曲本『RE-INCARNATION』  (※上記ブログ記事)
http://kougasui.blog15.fc2.com/blog-entry-730.html

下記出版社サイトや下記演劇サイトの下記書籍ページにあるように、論創社より西田大輔/著『リインカーネーション』(ISBN978-4-8460-1268-7)が1890円で発売したという。Amazon.co.jpによると2013年9月の発売とのことだ。これは下記関連記事にあるように、タイトル通り、2012年2月10日から19日まで、あるいは2013年8月15日から22日まで上演された演劇『RE-INCARNATION』の戯曲本とのことであり、『三国志演義』長坂あたりを題材としているそうだ。

・論創社
http://www.ronso.co.jp/

・RE-INCARNATION
http://officeendless.com/sp/rein/

・RE-INCARNATION (※書籍ページ)
http://officeendless.com/sp/rein/book.html

※関連記事 RE-INCARNATION(2013年8月15日-22日)

三国志 (一)(2013年9月10日)


  • 2013年10月23日(水) 00:17 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    457
小説 ・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~
http://www.toho-shoten.co.jp/

・メルマガ登録
http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/

上記の書店サイトの上記ページにあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2013年第9号(総265号)(2013年10月10日発行)により知ったことで、下記の出版社サイトの書籍ページによると、星海社より2013年9月10日に吉川英治/著、土林誠/画『三国志 (一)』(星海社文庫、ISBN978-4-06-138953-3)が1050円で発売されたという。

・星海社 | Seikaisha
http://www.seikaisha.co.jp/

・[新刊案内] 2013.08.26 | 三国志 (一) | 星海社
http://www.seikaisha.co.jp/information/2013/08/26-post-174.html

タイトルと著者名からわかるように、吉川英治『三国志』なんだけど、下記関連記事でも触れたように、すでに年頭に著作権が切れていて、それが前提で、この文庫の発売の五日前に青空文庫で無料公開されている。

※関連記事 吉川英治『三国志』(青空文庫2013年9月5日-)

吉川英治『三国志』(青空文庫2013年9月5日-)


  • 2013年10月21日(月) 00:50 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    850
小説 ※関連記事 決定版 三国志 上下巻(2013年1月18日)

上記関連記事で、「これも吉川英治先生没後50周年(没年月日1962年9月7日)の著作権が切れた関係なんだろうかね…素人考えの邪推かもしれないが」と書いて、下記のように関連リンクを挙げた。

※関連リンク
・青空文庫 Aozora Bunko
http://www.aozora.gr.jp/

・著作権保護期間の延長を行わないよう求める請願署名
http://www.aozora.gr.jp/shomei/

・新規公開作品
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/whatsnew1.html

冒頭にリンクした関連記事を書いた時期に続々と吉川英治作品がデータ化されており、そのため吉川英治『三国志』についてもいつかデータ化されるだろうな、とある程度、上記の「新規公開作品」のページをチェックしていたつもりでいた。
でも気付けば、講談社の吉川英治歴史時代文庫を底本とし、2013年9月5日から公開が始まっていた。

宮城谷昌光/著『三国志』文庫第九巻(2013年10月10日)


  • 2013年10月12日(土) 00:30 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    573
小説 ※関連記事
 宮城谷昌光/著『三国志』第十一巻(2012年9月15日)
 宮城谷昌光/著『三国志』文庫第八巻(2012年10月10日)

上記関連記事にあるように、そういえば昨年2012年9月に宮城谷昌光/著『三国志』(※不遜にも歴史書と同名だがあくまでも自作の小説のこと)の単行本、中身はそれより遡るが10月にその文庫が発売されたのを思い出していた。下記関連記事にあるように今年2013年も9月に単行本が発売されたので、文庫の方も発売されるのではないかと、下記の出版社サイトにアクセスする。

※関連記事 宮城谷昌光/著『三国志』第十二巻(2013年9月14日)

・文藝春秋ホームページ
http://www.bunshun.co.jp/

そうすると上記サイト内にある下記ページに行き着く。それによると、2013年10月10日に宮城谷昌光/著『三国志』第九巻(小説、文春文庫、ISBN9784167259303)が630円で発売したという。

・『三国志 第九巻』(宮城谷 昌光・著) | 文春文庫 | 書籍情報 | 文藝春秋
http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784167259303

天翔る旋風(2013年9月30日)


小説 ・web KADOKAWA - 株式会社KADOKAWA|角川グループ・角川書店
http://www.kadokawa.co.jp/

・天翔る旋風: 書籍: 朝香祥 | KADOKAWA-角川書店・角川グループ
http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=201103000945

上記出版社サイトの上記書籍ページによると、小説で2013年9月30日に角川書店より朝香祥/著『天翔る旋風 三国志断章』(ISBN 978-4-04-874233-7-C0093)が1785円で発売するという。表紙によると「天翔る旋風」とかいて「あまかけるかぜ」と読むらしい。