Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2024年 06月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 79 投票 | 0 コメント

大津祭 宵宮 本祭(2023年10月7日8日)


場所 ※前の記事 P真・一騎当千~桃園の誓い~(2023年8月7日全国導入)

 2023年8月15日火曜日、台風接近により、下記関連記事に追記したのだけど、すでに大垣でのイベント中止の報せがでていた。

※関連記事 【中止】歴史好きの集い(岐阜県大垣市 時re風2023年8月15日)

 関西ではJR在来線のほとんどが計画運休となって、清岡といえば、そのため強制休日となった…といいつつ休日まで平日残り3日間しかないのは気分的にかなり楽、だけどしわ寄せはあり。そういえば8月の台風といえば、まず昨年中止になった、コミックシェルター公式同人誌即売会を思い出すし、開催されたものの帰りの列車の豊橋以西のダイヤが乱れ翌日2時過ぎに清岡が京都駅に到着した、講演「諸葛亮孔明の実像と三国志3大合戦の真実」を思い出す。

※関連記事
 推し本三国志(1) 夏侯惇 夏侯淵 夏侯覇 夏侯姫(2022年8月13日)
 十大三国志ニュース2014

 あと上記2番目の関連記事にもあるけど、台風といえば三国志祭が延期になったり中止になったりを思い出させ、それを思い出した直後、台風の多い10月から11月開催に変わったことを思い出す。そのため10月の開催、かつ過去に台風によって中止した催事で思い出すのが、今回の本題。

※台風で本宮中止記事 【12日分中止】大津祭 宵宮 本祭(2019年10月12日13日) 
※昨年開催記事 大津祭 宵宮 本祭(2022年10月8日9日)

 上記の昨年開催記事で触れたように毎年、滋賀県大津市で大津祭があって記事にしていたのだけど、昨今の情勢で中止になっており、2022年、宵宮が四年ぶり、本祭が三年ぶりに復活した。2023年10月7日土曜日夕刻-21時、本祭10月8日日曜日9時-17時30分に開催される「大津祭」の曳山(ひきやま)に、孔明祈水山 (こうめいきすいざん)と龍門滝山 (りゅうもんたきやま)があるという。

・大津祭曳山連盟
http://www.otsu-matsuri.jp/festival/
※「リンクポリシー」を見るとリンクする前に連絡する義務があるとのことで、URLだけ示しておく。以下、同じ。まだこういったダメアーキテクチャって撲滅しないね。というよりFACEBOOKのリンクするボタンがあるのにそれを押す前に事前に連絡をしろってことだろうか…いや「トップページ以外へのリンクは原則として」断っているから無用な機能の筈なんだけど。

・13基の曳山: 大津祭
http://www.otsu-matsuri.jp/festival/about-hikiyama.php
※このページから引用するに「蜀の諸葛孔明が、魏の曽操と戦ったとき」とあり、「曽操」って誰だろう?とそんな「そそう」に今年もツッコミを入れてしまう。訂正されないね、というよりいろんなページに2019年とか2020年とか過去の年数が残っている。

※関連記事 大津曳山祭総合調査報告書(2015年6月12日)

 もちろん孔明祈水山は蜀漢の諸葛亮由来で、龍門滝山は後漢の李膺由来だ。 …と以上、四年前の記事のほぼコピペで、ちょうど「秋の乗り放題パス」の期間中なんで祭に行きやすいかと。これは昨年分のコピペだけど、利用期間は「2023年10月7日~2023年10月22日」とのこと。

・秋の乗り放題パス│トクトクきっぷ:JRおでかけネット
https://tickets.jr-odekake.net/shohindb/view/consumer/tokutoku/detail.html?shnId=123000373


 日常の記述に戻って、7時半ぐらいに起床 洗濯する。9時51分、三国志ニュースの記事「リンク:私は三国志を人生にこのように活かした(note佐藤ひろお|三国志研究中2023年7月22日)」アップ。11時59分、三国志ニュースの記事「曹操注解 孫子の兵法(2004年8月5日)」アップ。13時35分、今さら、アニメ「推しの子」オープニングの「アイドル」の、YOASOBIが2020年にCDリリース無しで人気になったってことを2021年1月9日放送の番組でしる。三国志ニュースの記事「三国志義兄弟の宴 会場移転(2023年8月27日)」を書く、15時30分アップ。18時51分、三国志ニュースの記事「三國志12 パワーアップキット×漢晋春秋司馬仲達伝三国志しばちゅうさん(イブニング2013年3月26日号)」アップ。8月16日水曜日、ビデオにとっていたドラマ「おもひでぽろぽろ」を見る。1987年のマンガ作品でそれは1966年の小学5年生女子主役、そのアニメ映画は1991年で、その主役が27歳になって回顧する形。そしてそのNHKドラマは2021年1月9日放送で2020年が舞台、主役は64歳になり、やはり回顧する形でその内容は過去2作とほぼ同じだけど、現代パートではシェイクスピアの舞台に立つことになり、孫の小学生女子はクラスの学芸会に向けて練習するってプロット。入れ子構造がおもろいな。8月11日放送、アニメ「百姓貴族」#6 「小◯館と新書館との等価交換」(笑) 荒川弘先生の代表作「鋼の錬金術師」の有名フレーズを絡めたネタ。8月18日金曜日夕方、マンガカフェyomigaeruに新刊を言い出しにいったら、言い出す前にダサれたよ、『神クズ☆アイドル』7巻(2023年8月5日発行、7月23発売)。マイナス展開だけど、意外なキャラが!?それって片方の夢が叶うからありえないのでは?と思ったけどうまい回避方法だ、結末は次巻にお預け!2巻で1組の流れだったらそうなるか。

※次の記事 碧眼紫髯の杏仁プリン(神戸Cha-ngokushi2023年8月14日-)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/6549
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。