Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 06月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

三国伝用語辞典(SDガンダムを暖かく見守りつつ応援する会)


  • 2007年12月19日(水) 12:11 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,978
玩具  今日、『BB戦士 三国伝 桃園の誓いセット』(プラモデル)の出荷日(つまり実際の発売は後日)で、明後日、隔月刊『ケロケロA(エース)』で矢野健太郎/作『BB戦士三国伝~英雄激突編~』(漫画)の連載がスタートする。

※関連サイト
・BB戦士三国伝 ~風雲豪傑編~
http://sangokuden.net
・ケロケロエース
http://www.kadokawa.co.jp/mag/kerokero/

<参照>『BB戦士三国伝~英雄激突編~』(漫画)連載開始
http://cte.main.jp/newsch/article.php/728

 『三国伝』がどういった世界観かというと公式サイトにある年表が分かりやすい。

<参照>三国伝年表公開(2007年11月9日)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/742

 それで公式サイト以外で『三国伝』関連で情報が充実している個人サイトはどこかというと、以前、「SDガンダムを暖かく見守りつつ応援する会」というサイトを紹介した。

・SDガンダムを暖かく見守りつつ応援する会
http://shokew.net/sd/

<関連記事>SDガンダムを暖かく見守りつつ応援する会
http://cte.main.jp/newsch/article.php/651

 そのサイトを見に行くと、「三国伝用語辞典」というコンテンツがある。主に漫画のときた洸一/作『SDガンダム三国伝 風雲豪傑編』からの用語辞典で、どの回の「登場話」からの用語なのか項目立てがあるし、用語の分類として人名、地名、名言、肩書き、部隊名、名場面などがあってわかりやすい。
 また公式サイトでまだ書かれていないキャラクターで漫画に登場したのも「三国伝用語辞典」を見れば確認できる。下記。

袁紹バウ
甘寧ケンプファー
姜維ガンダム
周瑜ヒャクシキ
田豊ガルスJ
馬元義ザク
呂蒙ディジェ

 それにしても興味深いことに漫画では「佩玉」がアイテムとして出ているらしいね。文字通り「腰に佩(お)びた玉」ってことで(多分、実際とは違うだろうけど)。
(※余談だけど、とある三国志関連のお絵描きブログで、『ふしぎ道士伝 八卦の空』の単行本を買ったという記事以降のお絵描きで全身が描かれた人物にはほとんどバッチリ佩玉が描かれていたのには面白かった。影響を受けているんだ、と。)


 それと「SDガンダムを暖かく見守りつつ応援する会」で知ったんだけど、BANDAI Asia版の『BB戦士三国伝 ~風雲豪傑編~』の公式サイトがあるんだね。下記。

・BB戰士【三國傳】 - 風雲豪傑篇
http://www.bandai-asia.com/sangokuden/

 こちらの方は情報が少ないものの、デザイン的にはかっこいいね。コンテンツの「故事」のところですでに三国鼎立してたりはするものの(笑)

 それと『三国伝』関連で他にも個人サイトがないか、あるいは個人サイトを探せるサーチがないか探してみる。そうすると下記の「SDGundamSearch」が見つかる。文字通り個人サイトの検索サイトだけど、『三国伝』に限ったところではない。それでもカテゴリーに『三国伝』があるので当分はここで代用だね。

・SDGundamSearch
http://www5f.biglobe.ne.jp/~nt-1/cgi-bin/search/

『三国志大戦2 若き獅子の鼓動 群雄伝 最終攻略講義』(2007年10月31日)


  • 2007年12月17日(月) 21:45 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    860
攻略本 『三国志大戦3』が稼働した後で時期を逸しているが一応。

※関連記事 『三国志大戦3』稼働開始(2007年12月13日)

2007年10月31日に講談社の『三国志大戦2』の攻略本である『三国志大戦2 若き獅子の鼓動 群雄伝 最終攻略講義』が発売されたとのこと。

題名 講談社ゲ-ムBOOKS 三国志大戦2 若き獅子の鼓動 群雄伝 最終攻略講義
ISBN 978-4-06-367240-4
発売 2007年10月31日
定価 1500

・講談社BOOK倶楽部
http://shop.kodansha.jp
※「三国志大戦」で検索すれば詳細がでてくる。

目に付く特徴として群雄伝の「横山三国志伝」「南蛮伝」の攻略があることかな。

※関連リンク
 『三国志大戦3 必勝戦術講義』(2008年1月18日)
 横山三国志伝(2007年10月25日追加)
 2007年10月6日三国志大戦2追加シナリオ(南蛮伝)
 2005年10月27日攻略本「三国志大戦 乱世の群狼 最強戦術講義」
 攻略本「三国志大戦 必勝戦術講義」

恋姫†夢想(仮)(2008年春)


  • 2007年12月15日(土) 10:46 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,428
ゲーム

そういやちょっと前、他のブログで有り難いことに「三国志ニュース」の紹介があったんだけど、紹介文の一部に「貴重な文献から工□まで」(※←検索対策に二文字修正)と書かれていて、前者はともかく後者を思い出すのに少し時間を要したが、そういや私が下記のような記事を書いたんだった(汗)

・恋姫†無双(こいひめむそう)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/356

それで未だにこの関係の検索が続くんで、一年ぶりぐらいに「BaseSon」のページを見に行くと
--引用開始---------------------------------------------------------
恋姫†無双
コンシューマー化決定!!
--引用終了---------------------------------------------------------
という文字を見かける。

・イエティ
http://www.yetigame.jp/

何のことかと思ってリンクを辿ったら(上記の「イエティ」のサイト)、PCゲームである『恋姫†無双』がPlayStation(PS) 2に移植するとのこと。『恋姫†夢想(仮)』と仮名がついていた。「燃え萌え活劇ラブコメディ!」となっていることから路線を家庭用ゲーム機向けに修正するのかな?
素人ながらよく判らないけど「無双」から「夢想」に替えたのは商標の第4720118号に抵触する恐れがあったから?

それで上記の「イエティ」のサイトから9月29日に開設された『恋姫†夢想(仮)』のページを辿って引用すると現在、下記のような仕様になっていた。

--引用開始---------------------------------------------------------
タイトル     恋 姫 † 夢 想(仮)
ジャンル     純愛歴史アドベンチャー
プラットフォーム PlayStation 2
発売予定日    2008年春予定
予定価格(税込) 未定
ブランド名    Yeti (イエティ)
ボイス      フルボイス
CERO     審査予定
--引用終了---------------------------------------------------------

しかし人物紹介をみると見事に「夏候淵」「夏候惇」という誤字が受け継がれている(汗) しかも他の誤字も受け継がれているぞ(汗)
あ、検索対策に書くけど正しくは「夏侯淵」「夏侯惇」ね。

※関連記事
「恋姫†夢想」コミカライズ&アニメ化が決定

※追記 『真・恋姫†無双 ~乙女繚乱☆三国志演義~』
 
※追記 『恋姫†夢想』『真・恋姫†無双』

※追記 Web恋姫†夢想(2010年12月20日)

芝豪/著『呂蒙』(2007年12月3日)


  • 2007年12月14日(金) 18:09 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,863
小説 PHP研究所から結構、歴史上の人物名が付いた歴史小説の文庫が出ており、三国志関連の人物名の付いた小説本も過去、何冊かでている。最近では2007年3月1日には風野真知雄/著『荀彧 曹操の覇業を支えた天才軍師』が発行されている。

・PHP研究所
http://www.php.co.jp/

その流れで2007年12月3日に芝豪/著『呂蒙 関羽を討ち取った、知勇兼備の名将』が発行された。
文庫書き下ろしの長編歴史小説とのこと。780円

<関連>立石優/著『龐統』(2008年1月7日)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/797

※追記 劉備 趙雲 諸葛亮 周瑜 曹操 関羽(2009年5月8日)

『三国志大戦3』稼働開始(2007年12月13日)


  • 2007年12月13日(木) 18:01 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,904
ゲーム

 実際のカードを筐体上で動かすことでそれに対応した部隊を画面上で動かしコンピュータあるいはネットの向こう側の人間と対戦するアーケードゲーム『三国志大戦』。2005年3月15日より正式稼働して以来、すっかり三国志関連のゲームとしてお馴染みになり、続けて2006年5月24日にはその二作目となる『三国志大戦2』が稼働した。
その三作目となる『三国志大戦3』が2007年12月13日に稼働したとのこと。同時に、三国志大戦3公式ウェブサイトが下記のように公開された。

・三国志大戦3公式ウェブサイト
http://www.sangokushi-taisen.com/