Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2021年 09月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 1件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 64 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

月刊 DaGama 1997年5月号


雑誌 ※前の記事 中国古典小説研究 第22号(2019年3月31日)

 2021年4月10日土曜日、8時3分、2019年12月3日BS11放送 「電光超人グリッドマン」第36話「ぎくっ!スケバンゆか!?」を見る。怪獣がドライヤーに入り込んで、その風を受けたら金髪になって、女の子はツッパリに、中年女性は「女王様とおよび」とか今、やったらいろいろ問題だよな(笑)というか。90年代でも古くないか?あ、男の子も金髪になって「不良になっちまった」って言われた、ど、ドラゴンボール? 京都駅に向かう。駅のホームで「チコちゃんに叱られる」で三国ネタが出たことを知るけどすでに手遅れ、再放送も終わってた(後で記事化した)。

※関連記事 チコちゃんに叱られる!(NHK総合2021年4月9日)

 列車内で三国志ニュースの記事「三国志の英雄 人気の秘密(2009年?-)」を書く、9時52分、新大阪駅で仕上げる。10時50分、神戸のブックカフェCha-ngokushi(ちゃんごくし)に到着。11時33分、昨日に続いて黄巾党オムライス注文。

・Cha-ngokushi (Changokushi) on Twitter
https://twitter.com/Changokushi

※関連記事 史記 第4巻(ビッグゴールドコミックス1994年7月20日発行)

※新規関連記事 パリピ孔明 5巻(2021年4月14日)

 店長が古本で購入したいろんな三国関連の本を物色していて、全部、目を通してそれぞれ記事にしたかったのだけど、結果的に今回の記事にした本に阻まれる。

  

 それは光栄(現コーエーテクモゲームス)の月刊『DaGama』1997年5月号。上の写真の切れている右の方。他のも機会があれば、ね。

・駿河屋 - <中古>付録付)DaGama 1997年5月号 月刊 ダ・ガマ (ゲーム雑誌その他)
https://www.suruga-ya.jp/product/detail/ZNON4731

※関連記事 メモ:月刊DaGama

※新規関連記事 川本喜八郎 三国志百態(ギャラリー新宿高野 1984年1月26日-2月8日)

※新規関連記事 月刊 DaGama 1997年4月号(1997年2月28日)

※次号記事 月刊 DaGama 1997年6月号

 それでツイートしたメモをただ箇条書きに並べて参照リンクを並べるだけなんだけど、それでも結構な量になる。
 12時33分、二階堂善弘先生試訳、中川諭先生監訳「三国志平話」(pp.106-109)連載開始号で、ちゃんとp.106「NIFTY-Serveの歴史フォーラム・イベント館の「三国志会議室」において、平成八年四月より連載中の『三国志平話』の翻訳…」て書いてる。いやパソコン通信とは聞いていたのだけど、参照文献として挙げれる程のはしらなかったので。チャットや掲示板のようなのを想像してたんだけど、今の言葉でコンテンツってのが近いのだろうね。

※関連記事
 2005年7月31日「三国志シンポジウム」雑感2
 ノート:三国志学会シンポジウム(2013年9月21日)

 下記に該当部分を引用する
p106
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一、本訳注の訳文は、NIFTY-Serveの歴史フォーラム・イベント館の「三国志会議室」において、平成八年四月より連載中の『三国志平話』の翻訳(監訳:中川諭(ハンドルネーム「鯉迷道人」)、試訳:二階堂善弘)をもとにし、さらに修訂を加えたものである。 一、本訳注は、主として訳文を二階堂が、注釈を中川が担当し、その後両者で訳文・注釈の両方にわたって協議して作成した。したがって訳文・注釈ともに二階堂・中川の二人で責任を負うべきものである。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 やはり某 ドン・ガ馬超さんの投稿を探してしまうのだけど、三国のところにないな、とおもってたら、p.52の「封神演義」の所で発見! ちきんぢょーぢ さんと同じページで!

※関連記事
 『日本まんが』第弐巻で三国ネタ
 アーカイブ化される連環画(連環画研究 第8号 2019年3月10日印刷)

 投稿ページのp.105の「大三國新聞」のコーナー、イラスト付きのハガキで『三国志集解』から陳宮の出身地を見つけた、って書いてるけど、そこにコピーされてる集解の文を読むと『後漢書』伝六十五呂布伝(張邈伝)から引っ張ってるだけなんだけどね。そういうズレとかも楽しいな!ネット普及以前。

 p.33「DaGamaMedia-Net」に「秋の旅行は山口に決定!/三国志館オープン」の記事。山口県でピンと来た人はいると思うけど、山口県の三国志城の旧名は三国志館。でも1998年9月開館なので一年ズレこんだってこと?それと問合せ先が「石城の里 三国志館/JR山陽本線岩田駅前」になってて場所も予定と変わった?

※関連記事
 「石城の里 三国志城」設立10周年
 石城の里 三国志城 休館(2015年4月22日-)

 川本喜八郎先生のインタビューは第9回。つまり連載企画で1回だけだと研究材にならない感じ。

※関連記事
 【対談】尽きぬ『三国志』の魅力(潮1998年1月号)
 特集対談 諸葛孔明の魅力と秘密(歴史読本ワールド1991年8月号)

 17時20分、三国志ニュースの記事「三國興立功双雙六(草林舎2011年10月)」アップ。こういうバグっている寒さの時は〆に天下の ほうとう !あったまって美味しい!つか、今日は店長に 4月10日でフォーとう(ほうとう)の日って言われたー(笑) ※写真は2020年5月31日のもの

  

 横山『史記』は6巻初めの方まで。閉店時刻で帰宅へ。

※次の記事 メモ:ぶらぶら美術・博物館 大人気!「三国志」展(BS日テレ2019年8月27日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/5665
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。