Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2021年 12月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 64 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

空旅中国 英雄が駆けた道 蜀の道(NHK BSプレミアム2021年9月26日)


テレビ ※関連記事 空旅中国 英雄が駆けた道 孔明の北伐(NHK 総合2021年9月27日)

上記関連記事の確認で知ったこと。編集短縮版のせいか、同番組の三国ものがまだ続くよ、って感じなんだろうけど、三国ワードがなかったんでスルーしてしまった。いや清岡的に「蜀」は三国ワードではなく地名。

下記番組ページの下記各回ページにあるようにNHK BSプレミアム合にて2021年9月26日日曜日15時57分から16時15分まで番組『空旅中国 英雄が駆けた道 』「蜀の道」が放送されるという。上記関連記事と同じくNHK BSプレミアムの同名番組の短縮編集版(今回は18分)といったところだろう。今回気づいたのは今回が初回ではなくて、下記番組ページによると実は5月に少なくとも3本この短縮編集版が初回放送されたと。以下関連記事と共にまとめてみる。一週間ごとに短縮編集版が放送されてたようだね。ちゃんと内容を確認してないけど下記関連記事で触れた番組「空旅中国 孔明が挑んだ蜀の道」のショートカット版を並べたイメージ。

 初回放送日: 2021年5月7日 空旅中国 英雄が駆けた道 蜀の道(NHK BSプレミアム2021年9月26日)
 初回放送日: 2021年5月14日 空旅中国 英雄が駆けた道 孔明 天下への道(NHK 総合2021年9月13日)
 初回放送日: 2021年5月28日 空旅中国 英雄が駆けた道 孔明の北伐(NHK 総合2021年9月27日)

・空旅中国 - NHK
https://www4.nhk.or.jp/P5713/

※関連記事 空旅中国 孔明が挑んだ蜀の道(NHK BSプレミアム2019年8月14日)

・空旅中国 英雄が駆けた道「蜀の道」
https://www.nhk.jp/p/ts/P1W3K19MV8/episode/te/WQ57Y3Q81Z/

上記ページから下記に内容文を引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中国の歴史大作「三国志」。なかでも天才軍師として名高い諸葛孔明が宿敵、魏を倒すため進んだ道の上をドローンで飛ぶ。大自然の絶景と各地に残る孔明の伝説を紹介。

BSプレミアムで放送したドローン映像による紀行番組「空旅中国」から、三国時代の天才軍師・諸葛孔明が、宿敵・魏を倒すため進んだ道を紹介。今回は、四川省の成都から北へ、大巴山脈へ続く全長600キロの“金牛道”の上を飛ぶ。孔明は人馬が進みやすいよう、険しい山道に石のガードレールを作り、柏の木を植え木陰を作るなど知恵と工夫をこらした。中国の歴史大作「三国志」の歴史舞台を、大自然の絶景とともに味わう。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/5818
  • 空旅中国 英雄が駆けた道 蜀の道(NHK BSプレミアム2021年9月26日)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。