Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 01月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

メモ:月刊DaGama


  • 2010年1月27日(水) 19:48 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,231
ムック ※前記事 まとめメモ:歴史パラダイス

 前記事で、光栄(コーエー)から1995年2月から1996年4月まで10号分刊行された『歴史パラダイス』についての情報をまとめたが、「さらにその次の『月刊DaGama』は情報が見あたらなかったが、『歴史ファンワールド』については見かけたので、次回はその情報についてまとめる」と書いたものの、国立国会図書館のサイトから少しは情報を取得できたので、光栄(コーエー)から出版された投稿雑誌『月刊DaGama』について記事を立てる。

・GAMECITY  (コーエー総合ポータルサイト)
http://www.gamecity.ne.jp/

・国立国会図書館 NDL-OPAC
http://opac.ndl.go.jp/

 上記サイト「国立国会図書館 NDL-OPAC」にて「ダ・ガマ」で検索すると、下記のようなページが出てくる。

・国立国会図書館 NDL-OPAC(書誌 詳細表示)
http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000099341/jpn

まとめメモ:歴史パラダイス


  • 2010年1月26日(火) 22:32 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,205
ムック ※前記事 まとめメモ:光栄ゲームパラダイス

 前記事で、光栄(コーエー)から1993年3月から1994年12月まで10号分刊行された『光栄ゲームパラダイス』についての情報をまとめてみたが、続いて、『歴史パラダイス』について同様に刊行情報をまとめてみる。さらにその次の『月刊DaGama』は情報が見あたらなかったが、『歴史ファンワールド』については見かけたので、次回はその情報についてまとめる。

・GAMECITY  (コーエー総合ポータルサイト)
http://www.gamecity.ne.jp/

 どんな本なのか、上記のコーエー総合ポータルサイト「GAMECITY」の「カタログ」の「History」で今、『歴史パラダイス』のVol.6の情報を下記へ引用する。つまりは「歴史ファンのための情報&投稿本 」

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
歴史ファンのための情報&投稿本

 ゲームパラダイスから進化した投稿本シリーズ。ターゲットを歴史に絞り込み、よりディープな読者&投稿者を対象に。『大三國志倶楽部』などの人気コーナーでマイナーな武将(曹豹など)が人気を博す。月刊Da Gamaに発展的解消を遂げた。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まとめメモ:光栄ゲームパラダイス


  • 2010年1月25日(月) 19:12 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,836
ムック ※関連記事 歴史ファンワールド残党リンク

 上記関連記事で書いたように以前、光栄(コーエー)から『光栄ゲームパラダイス』、『歴史パラダイス』、『月刊DaGama』、『歴史ファンワールド』といった投稿本が出ており、下記にリンクを張る書き込みでも触れたように、それらには『三国志』『三国演義』関連の投稿も含まれている。それらの雑誌に投稿していた方には商業方面や同人方面で今も活躍している方々もいると聞く。

・Re:回答ありがとうございます。おかげですっきりしました。 (※三国志ファンのためのサポート掲示板内書き込み)
http://cte.main.jp/c-board.cgi?cmd=one&no=2924

 下記のコーエー総合ポータルサイト「GAMECITY」の「カタログ」の「History」で今、それらの刊行を確認すると、「歴史パラダイス Vol.6」しか情報が載っていない。

・GAMECITY  (コーエー総合ポータルサイト)
http://www.gamecity.ne.jp/

 しかし、近年では流通のサイトから、例えば下記のような「Amazon.co.jp」から刊行状況を確認することができる。

・Amazon.co.jp: 通販 - ファッション、家電から食品まで
https://www.amazon.co.jp/

TOKYO NEWS MOOK『レッドクリフ』関連(2008年10月2009年3月)


  • 2009年11月14日(土) 12:38 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,763
ムック ※関連記事 呉宇森(ジョン・ウー)監督『レッドクリフ(RED CLIFF)』報道まとめ

上記記事にあるように映画『レッドクリフ』の公開に合わせて、各社から三国志関連のいろんなムックや書籍が出ていたんだけど、以下は多分、「三国志ニュース」でフォローし忘れなので情報中継。

TOKYO NEWS WebStore(mook)
http://www.tokyonews-webstore.com/mook/

図解 三国志 群雄勢力マップ(2009年6月16日)


  • 2009年6月19日(金) 18:52 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,386
ムック ・三国志―正史と小説の狭間~満田剛のブログ
http://mitsuda.blogtribe.org/

・満田剛〔監修〕『図解 三国志 群雄勢力マップ』について (※上記ブログ記事)
http://mitsuda.blogtribe.org/entry-d6f7853defde64b6e98b295207f0fca4.html


上記ブログの記事で知る。
満田剛/監修・有限会社バウンド/編集・DTP『図解 三国志 群雄勢力マップ』というムックが2009年6月16日に1785円でインフォレストから発売されたという。

・INFOREST | インフォレスト株式会社 |
http://www.infor.co.jp/

※関連記事
 三国志 赤壁伝説(2009年4月下旬)
 2006年2月「三国志-正史と小説の狭間」

※追記 【三国志街道】孔明の夢~街亭・五丈原~(2009年8月18日-24日)

※追記 イラスト図解 三国志(2010年9月29日)

もっとも不思議な世界史ミステリー画像(2009年1月9日)


  • 2009年5月16日(土) 00:50 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    3,097
ムック 前回の記事で下記、出版社のサイトを見たときに気付いたこと。

・コアマガジン
http://www.coremagazine.co.jp/

どうやらコアマガジンから2009年1月9日に『もっとも不思議な世界史ミステリー画像』というムックが発売したという。定価600円。上記サイト内での煽りの一つが「1800年の時を超えレッドクリフの謎を解く!」となっており、どうやら一部、映画『レッドクリフ』の写真が使われているとのこと。
良い悪いは別として、三国志ファンの気付かぬ内に三国志関連に取材したムックが出ているだなんて、『レッドクリフ』の影響力はすごいんだな、と。
それでどれぐらいの三国志関連があるかというと、「第一章 三国志ミステリー」と銘打ち、一章まるまる18ページもあるそうな。

別冊宝島1612 三国志 英傑大事典(2009年3月23日)


  • 2009年3月31日(火) 23:39 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,918
ムック ※関連記事 書羅盤より2009年2月発売の書籍

上記記事で紹介した、メールマガジン『書羅盤・チャイナブックナビゲーター』の2009年第6号(総189号)(2009年3月31日発行)で気付いたのでメモ。

・宝島チャンネル
http://tkj.jp/

2009年3月23日にムックの『別冊宝島1612 三国志 英傑大事典』が発売したという。ISBN:978-4-7966-6922-1。980円。
2008年10月21日発売の『別冊宝島1573 三国志 最強決戦読本』同様、『レッドクリフ』の公開に合わせた形だね。

※関連記事
 別冊宝島1573 三国志 最強決戦読本(2008年10月21日)
 呉宇森(ジョン・ウー)監督『レッドクリフ(RED CLIFF)』報道まとめ

※追記 三国志演義のウソとタブー(2009年4月9日)

※追記 三国志英雄・豪傑イラスト大事典EX(2010年12月21日)


・別冊宝島1612 三国志 英傑大事典
http://tkj.jp/book/book_20161201.html

出版社のサイトの上記ページより下記へ内容を引用。

--引用開始-----------------------------------------------------
三国志の基礎知識から武具・計略まで一挙解説!!
「三国時代」ライブラリー

今、三国志が熱い! およそ1800年前の出来事だというのに、映画『レッドクリフ』をはじめコミック、ゲームになるなど、その人気はとどまることを知りません。
さて、三国志の中で、もっとも心躍るシーンといえば、個性的な武将の大暴れに、軍師が繰り出す荒唐無稽な計略の数々です。本書は、「黄巾の乱」に始まり「赤壁の戦い」を経て「蜀漢平定戦」に終わる三国志の時代を、武将や軍師、将軍の妻たちの完全描き下ろしカラーイラストとともに解説するものです。著名イラストレーターがイマジネーション豊かに描き下ろした、美麗かつ新鮮な三国志群像をお楽しみください。
また、巻頭では『レッドクリフ Part2』を大特集。映画の副読本としても必携の一冊です。
--引用終了-----------------------------------------------------

レッドクリフ Part II 公式ビジュアルBOOK(2009年3月2日)


  • 2009年3月 9日(月) 12:48 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,546
ムック ・講談社BOOK倶楽部
http://shop.kodansha.jp/bc/


上記サイトを見ると『レッドクリフ Part II 公式ビジュアルBOOK』が映画『レッドクリフ Part II』の公開に先駆けて講談社より2009年3月2日に発売したようだね。編者は『1週間』編集部。ISBN:978-4-06-215281-5。1500円。

内容を上記サイトから下記へ引用

--引用開始-----------------------------------------------------
ジョン・ウー版「三国志」ついにクライマックスへ!

これ1冊で『レッドクリフ Part 1・2』&「三国志」博士になれる!
●『レッドクリフ』裏話満載のジョン・ウー最新インタビュー
●映画のストーリーや合戦を写真とイラストで徹底解明
●映画をさらに楽しくする、「三国志」の歴史がひと目でわかる
●『三国志演義』、映画、小説、コミックの違いを完全対比!
--引用終了-----------------------------------------------------

三国志・赤壁の戦い 天下分け目の群雄大決戦(2008年11月21日)


  • 2009年1月 6日(火) 23:34 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,414
ムックレッドクリフ』効果でいろんな三国志関連本が出版されているんだけど、結構、見逃しているね。
その中の一つが下記のもの。PHP研究所より。小説かな?

・PHP研究所
http://www.php.co.jp/

上記サイトより下記へ引用。
--引用開始---------------------------------------------------------
三国志・赤壁の戦い
天下分け目の群雄大決戦
著 者 童門冬二著 《作家》
主な著作 『男の老子』(PHP研究所)
税込価格 1260円 (本体価格1200円)
判 型 四六判上製
発売日 2008年11月21日
コード ISBN978-4-569-70483-8
在 庫 あり
--引用終了---------------------------------------------------------

※関連記事
 童門冬二/著『新釈 三国志』(日経ビジネス人文庫、2008年1月9日)
 PHP研究所からの書籍三種

図説 合戦地図で読む 三国志の全貌(青春出版社2008年11月10日)


  • 2008年11月21日(金) 00:12 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,805
ムック

・青春出版社
http://www.seishun.co.jp/

上記サイトを見ると、『正史三国志群雄銘銘伝』(光人社2005年7月)、『三国志検定―群雄の乱世に知力で挑め! 』(青春出版社2006年5月1日)でお馴染みの著者の書籍、坂口和澄/著『図説 合戦地図で読む 三国志の全貌』が2008年11月10日に青春出版社から1344円で出たようだね。

上記サイトから下記へ内容を引用。

--引用開始---------------------------------------------------------
B5判図解・図説シリーズ
図説 合戦地図で読む
三国志の全貌
坂口 和澄 著

ISBN:4-413-00979-7
Cコード:C0022
判型:B-5判ソフトカバー
ページ数:112
定価:1,344円
(本体:1,280円)
初版年月日:2008年11月10日

内容紹介
黄巾の乱から魏・呉・蜀の滅亡まで…『三国志』のすべてがわかる! キーポイントとなる戦いを取り上げ、『三国志』の流れがよくわかるあらすじでまとめあげました。めまぐるしく変わる勢力図と版図、人物関係、戦いの全貌をわかりやすく図解。入門編としてもサブテキストとしても、三国志ファン必携の一冊です!
--引用終了---------------------------------------------------------

『三国志』のすべてを知ろうと思えば素直にまず『三国志』を読めば確実だと思うんだけど、そういうツッコミは野暮なんだろうね。未確認だけど内容紹介を見ると図解とかしているようだし。
しかし、人物ごとに書かれてる歴史書の『三国志』で、その「流れ」とか「あらすじ」って一体、何のことだろう。

※関連記事 逸話で綴る 三國志(2008年12月5日)

※追記 図解 三国志 群雄勢力マップ(2009年6月16日)

※追記 図説 地図とあらすじでわかる! 倭国伝(2011年5月15日)

※追記 いまさら聞けない三国志の大疑問(2010年10月9日)

※追記 真説 その後の三国志(2012年5月18日)